トルカ好人 さん プロフィール

  •  
トルカ好人さん: トルカータス大好き人のブログ
ハンドル名トルカ好人 さん
ブログタイトルトルカータス大好き人のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/torqatus_no1
サイト紹介文京都西山でクリスマスローズ原種トルカータスを中心に暖地栽培方法を紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 312日(平均1.8回/週) - 参加 2017/02/06 14:56

トルカ好人 さんのブログ記事

  • トルカ圃場の雪景色
  •  京都西山も昨夜から雪が少しだけ積もりました。圃場の最低気温はマイナス1℃、午後2時の気温は4℃でしたが、我が家の庭の最低気温は同じぐらいですがお昼過ぎの気温はかなり低いです。 我が家は京都の西山の畔にあり京都市の中心部と比べると朝の最低気温は1〜2度低く、トルカ圃場はさらに2度ぐらい低くなります、夏場の最低気温が数度下がるとトルカ栽培は格段育てやすくなります。ありがたい場所にめぐり合えました。 こ [続きを読む]
  • チベタ原生地を再現
  • チベタ畑近くの斜面に試験的にチベタ株を植え込みました、15Lバケツくらいの穴を掘り赤玉、日向、多めの腐葉土を配合し10か所に15株位用土と共に植え込んでみました。この斜面は落葉樹が覆われており夏場はわずかに陽が入るぐらいです。 里山の谷間に点々とピンク色の花を咲いてるイメージです、枯れた高木は、持ち主がチェンソーで倒しそのままになっています、あえて倒れた木はそのままにしておきます。チベタ畑と同様育つ [続きを読む]
  • チベタ畑2
  •  今期のチベタ畑の植え付けも終わりました、開花の目標は再来年の春です、植え付け時花芽は付いていますが、ステムが伸びてきた時点で根元からカットする予定です。葉芽に力を付け株を充実させることを優先したいと思っています。標高が低く上手く育つか心配ですが、気長に栽培していきたいです。 チベタ畑の周辺はイノシシ、シカが多く9月くらいから春まで出没しています。トルカの圃場の周辺にも出没していますがトルカの葉は [続きを読む]
  • 今年の栽培総括
  •  今年のトルカ栽培では例年より水やりの頻度を高めました、実際には春の葉が展開時は毎日、夏場は例年では中2日ですが、今年は中1日または毎日にしました。ただ駄温鉢の底穴を大きく開けて水はけを良くしています。置き肥を置いているため肥料が良く効き、根の張りも良くなり結果的には良い根の株が多かったと思います。 もう一つは送風です。扇風機で風を当て加湿を防ぐためです、高価なトルカ株を枯らせないため春から初冬まで [続きを読む]
  • チベタ植栽
  •  久しぶりのブログアップです。トルカの花芽も膨らんできて私も気合が入ってきました、今後、定期的にアップしていく予定です。 まず今年の春より鉢植えで行ってきたチベタですが夏場に落としてしまいました、原因はいくつかあると思うのですが予定より葉の枯れが早く、水やりの頻度が多かったため根茎が傷んだようです。他にも原因はあると思いますが今期も4鉢挑戦しています。また後日栽培画像アップしていく予定です。今夏か [続きを読む]
  • 京都発トルカータス モンテネグロ葉姿
  •  京都もようやく梅雨になりました。先週まで乾燥した良い天気でしたので鉢の表土も乾き、毎日水やりをしていましたが、ここ数日表土が乾かなくなり中2日の水やりとなっています。 水やりは日にちを決めてするのではなく表土の乾き具合で行うのが良いです。鉢の大きさ、根の量、無機質の用土や腐葉土を入れた用土、置き場所、地域によって水やりの管理は変わると思います。我が家では9月に全量植え替え(根のチェックも含む)しま [続きを読む]
  • 京都発 トルカータス クロアチア葉姿
  •  6月7日の雨以来良い天気が続き気持ちの良い気候となっています。毎日とはいかないですが朝6時から7時ぐらいまでの作場の温度を記録しています、我が家の6月の朝の気温を昨年と比べるとかなり低くなっています。晴れの日が多く放射冷却のせいか、寒気が入っているのか区別がつきませんが、昨年から比べると4度〜5度低いようです。通常、この時期液肥は止めていますが今年はまだ一週間に一度薄めの液肥を与えています。昨年と今年 [続きを読む]
  • 京都発 トルカータス ボスニア葉姿
  •  梅雨入りの発表が6月7日にありましたが、それ以降雨が全く降りません。最高気温も25度前後で湿度も低く過ごしやすい日々が続いています。 昨年はクロアチア、ボスニア旅行で家族に水やりを頼んだこともあり、トルカの水やり頻度が少なかったせいか生育はあまり良くなかったですが、昨秋、根の量に比べて小さめの鉢に植え込み水やりの頻度を多めにしたことで、葉芽の生長が良くなっています。4月からの遮光も良く効いているためか葉は青 [続きを読む]
  • 京都発トルカータス 今年の発芽苗
  •  毎年少しづつですがトルカータス交配を行っています。出来るだけ同じ国、同じサイト同士での交配に心がけています。交配方法には人によっていろいろな考え方があると思いますが、私は自生地株同士のお気に入りの花を目指していきたいと思っています。 昨年より、浅間CRGの最上氏にお会い出来、発芽時の用土や後の管理方法を教えて頂きました、我が家の原種交配は開花まで5年位掛かりましたが、最上氏は発芽後の初期育苗方法 [続きを読む]
  • 京都発トルカータス 遮光と送風
  •  京都も最高気温が30度を超え日差しも強い季節になってきました。6月に入り梅雨になると少しましになってきますが、この時期、葉焼けや水切れはトルカにはダメージになるので気を使います。 我が家の作場は親株ばかりになりました。苗は近くに作った作場へ全て移行しています。遮光シートをもう一枚重ね2枚貼りにしています。60%の遮光シートを使用しているので80%以上の遮光が出来ていると思います。しっかりシートを貼る [続きを読む]
  • 京都発 トルカータス 葉先の傷み
  •  我が家の作場でトルカの葉先に傷みがある鉢が見つかりました、以前でしたら灰カビ病を疑い葉先をカット、殺菌剤の散布を行っていましたが、どうやらそれだけでは無い様に思います。葉の病気の可能性もありますが根が健康的に育っていないと思う様になりました。早速、根の確認を行いました、やはり根茎から新しい新根は出ていますが以前からあった根から新しい綺麗な細根が出ていませんでした。 葉の病気を疑うことも大切ですが [続きを読む]
  • 京都発トルカータス セルビクムの根を覗いてみました
  •  今年の2月に浅間CRGさんにて購入したセルビクムの自生地採取種子からの開花株の根を覗いてみました。本来この時期、根の成長が一番盛んな時期と思っていますが、今まで見たこので実際に様子を見る事にしました。 この苗は購入時に用土を出来る限り落とし我が家の用土に植え替え、水やりはテスト的に晴れの日はほぼ毎日、置き肥はIB化成肥料、3月からグリーンキングの併用、定期に1500倍に薄めた液肥を1週間に一度与え [続きを読む]
  • 京都トルカータス トルカの新しい置き場所
  •  我が家では主としてトルカを栽培していますが毎年自生地株が増え、少しづつですが種子からの実生株苗も増え、他の山野草も増えてきました。昨年より近くで良いところを探していたのですが山間で風通しも良く自宅か近いところに良い場所が借りられました。 3月に浅間KRGの最上氏が来られた時にいろいろ手伝い、助言を頂き完成しました。最上氏のブログにも当時スクープされましたが、少しづつですが実生苗や山野草を移動を行 [続きを読む]
  • 京都トルカータス 遅出の新葉
  •  今期4月の開花購入株に新葉がようやく広がりました。寒い栽培地で育てられていたためか新葉が出ていませんでした。京都の暖地ではほぼ全ての葉が広がり固まっており遮光ネットを貼っている状態でです。 作場は遮光ネットをはっていますが出来るだけ陽の当たる所に置いています、徒長を防ぐためです。後は他のトルカと栽培方法は同じです。クロアチア自生地株(6号駄温鉢) 根茎の真下にもう一つ新芽がありましたが今のところ出来来 [続きを読む]
  • 京都発トルカータス 番外 チベタヌス栽培その後
  •  我が家のチベタは葉の成長も終わり草姿はほとんど変わりがありません、今回、根の量、状態を見てみたいので鉢を崩して様子を見ました。 昨年の輸入苗で日本(京都の暖地)に馴れていないのか輸入時の根は黒くなり枯れていました。以前アツモリソウを栽培していた時、やはり同様の事があり思い出します。用土や栽培方法、環境(栽培場所)にあった根があるのではないかと思います、我が家の用土は無機質、毎日の水やり等、自生地 [続きを読む]
  • 京都発トルカータス 植え替え2
  •  昨年、Babin Potok の自生地株を5号駄温鉢に植え替えましたが、ここにきて表土が良く乾くため植え替えをすることにしました。  植え替えと行っても用土は落とさず鉢増しをするだけです。我が家では、この季節、葉が大きくなり水を欲しがるため晴れの日は毎日、雨の日や曇りの日は中1日で水やりを行っています。中には表土が早く乾いたり、湿ったままの鉢があるため工夫が必要です。湿った鉢は風通しの良いところに置き水分の蒸 [続きを読む]
  • 京都発トルカータス 植え替え
  •  我が家のトルカは葉が大きくなり成長が止まりました、この時期にあわして遮光ネットを張ります。ただ年に2,3株ですが花後に新芽(葉芽)が出てこない株があります。株の勢いが無いのに種を採ったり、花を長い間付けていたりするとでてきます。 新芽(葉)が出てこないからもう少し様子を見よう、秋まで待とう、と考えてはいけません。我が家でも毎年秋に植え替えしていますが植え替え後、半年以上経つと用土も古くなりかなり [続きを読む]
  • 京都発トルカータス 遮光ネット
  •  我が家の作場に例年通り遮光ネットを張りました、この時期は50%のネットを張り、梅雨明けにはもう一枚50%のネットを張ります。しっかり遮光することでトルカの葉は12月まで緑葉のまま残すことが出来ます。夏場まで葉が枯れずに持てば翌年の開花は問題ないですが、葉が残ることで秋以降の根の張りが良いと思います。 例年、9月に全てのトルカの植え替えを行い、根の確認と根量に応じた鉢に植え替えますが葉が残っている株 [続きを読む]
  • 京都発トルカータス番外 クマガイソウ
  •  我が家の庭植えのクマガイソウが開花しました、10数芽のうち6芽が開花です。クマガイソウを栽培するために遮光を兼ねてドウダンツツジを購入し夏場はほとんど陽が当たらない様にしています。肥料はほとんどあげません、落葉樹の葉が沢山落ちますのでこれで十分かと思っています。準素心花もしっかりした芽でしたが蕾は付きませんでした。来年に期待です。今期は素心の花も一つ咲きました。澄んだ色も綺麗です。 我が家のクマガ [続きを読む]
  • 京都発トルカータス 今期最終購入株の植え替え
  •  毎年、何株か自生地株を購入しますが、今期最後になると思う株です。良い株があるとの事で待ちに待ったトルカがようやく到着しました。早速我が家の用土で植え替えです。 この時期根の状態を見ながらの植え替えですが、根が鉢を廻り硬くてほぐれ無い株以外は用土を全て落とします。ほぐれ無い株は少しでも用土を落としながら我が家の用土で鉢増しを行い、水やりは我が家のトルカと別の管理となります、秋の植え替えまで枯れない [続きを読む]
  • 京都発トルカータス チベタヌス 暖地栽培テスト
  •  浅間CRG倶楽部より気化熱を利用した鉢の京都支部での暖地栽培テストの依頼がありました、うまくいくか分かりませんがデータを取りながら栽培していきます。栽培方法はお任せとの事で水やり頻度以外はトルカ栽培と同じ方法で行います。用土は小粒のみで赤玉6、鹿沼3、軽石1(日向土が切れていたため)の割合で作っています(シンプルです)、表土は水やり時、小粒の用土が動かない様に中粒の赤玉、鹿沼、軽石を適当に混ぜて [続きを読む]
  • 京都発トルカータス番外 暖地チベタヌス栽培その後
  • チベタムの葉が大きく展開してきました。相変わらず毎朝水やりをしています。1週間に一度液肥(1500倍)を水やり変わりに与えています。IBの置き肥も1カ月に一度交換しており、表土も苔が付き多肥栽培の感じです。以前にもチベタを栽培していましたが、この時期しっかり肥培した方が良いです。5月くらいまでは同じ栽培方法と思っていますがそれ以降はまだ考えていません。駄温7号浅鉢に植え込んでいます。[https://flower.blogmura.c [続きを読む]
  • 京都発トルカータス 表土の入れ替え
  •  ここ2、3日暖かくなり京都市内も桜が開花したと聞きますが、西山付近はいまだに咲いていません。今日、明日ぐらいには開花すると思います。ようやく春らしい気候となりました。 昨年9月に全てのトルカを植え替えを行い、秋以降、IBの置き肥を試したり水やりの頻度を多くしたところ苔が生えたり、冬の凍結で赤玉が崩れたりして汚くなってきましたので表土を入れ替える事にしました。汚れた表土を交換することによって鉢全体 [続きを読む]
  • 京都発トルカータス Bosanski Petrovac近郊 自生地株
  • Bosanski Petrovac近郊 自生地株です。我が家での今期開花株のアップは最後となります、やはり暖かさの影響が出て花弁の形や色合いが変化してきました。写真撮りの後ステムをカットし新芽の生長を期待します。我が家のトルカは新芽が出てきたところです、もう少しすれば綺麗な葉と以前撮った花をあわせてアップしていいきます。https://flower.blogmura.com/christmasrose/ranking.html [続きを読む]
  • 京都発トルカータス Babin Potok 大株
  •  今年の開花時にアップした株になりますが、この時期になるとステムが伸び自生地と同じぐらいの背丈になりました、我が家でも一番大きい株となります。背丈は30cmぐらいで花も沢山付けています。根量も多く10号弱のテラコッタ鉢に目一杯入っています、トルカ自生地株の我が家の見本株みたいなものでこれと同じぐらいの株を目指しています。なかなか大きくなりませんが。 根茎も大きくなっているので、今秋株分けを予定してい [続きを読む]