トルカ好人 さん プロフィール

  •  
トルカ好人さん: トルカータス大好き人のブログ
ハンドル名トルカ好人 さん
ブログタイトルトルカータス大好き人のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/torqatus_no1
サイト紹介文京都西山でクリスマスローズ原種トルカータスを中心に暖地栽培方法を紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/02/06 14:56

トルカ好人 さんのブログ記事

  • 京都トルカータス 秋の植え替えについて
  •  我が家のトルカの植え替えもほぼ終わりました、8月下旬から実生苗、9月に入ると自生地株うの植え替えを行いました。 実生苗の植え替えには昨年から腐葉土を入れて栽培を行いましたが根の状態はあまり良くなかったです。暖地の我が家では腐葉土の使用は根を傷める様で今年の植え替えは前年までの用土を全て落とし、新たな無機質用土(自生地株様に使用している用土)に植え替えをしました。根の状態は途中が黒くなり傷んで切れた [続きを読む]
  • 京都トルカータス 自生地株の植え替え 理想の根
  •  毎年9月20日前後に自生地株の植え替えを行っています。  良い根、具合の悪い根、同じ栽培方法でも必ずあります。根の量、葉の大きさ、用土の量、鉢の大きさと株自体の強さが関係していると思います。我が家での栽培で今期は大鉢の根の状態があまり良くなかったです。原因は水不足のの様です、大きい鉢は葉も大きく数も多いのでかなり水を欲しがります、5号や6号鉢と同じ様に水やりを行っていたため細根が出ていませんでした。 [続きを読む]
  • 京都トルカータス 自生地株の大株植え替え
  •  2016年に東京在住のK氏と自生地にアシスタントとして訪れました、K氏がクロアチアでトルカのsd株、dd株を発見されました。初めての自生地訪問で貴重な株の発見に興奮した思い出があります、この株を我が家で預かる事になり早2年半になり、初年度は6号駄温鉢でも根が余裕に入り大きすぎる様な植え込みでしたが、昨年の秋は6号テラコッタロング鉢、今回は7号テラコッタに植え替えました。7号鉢は21cm、高さは25c [続きを読む]
  • 京都トルカータス 自生地株の植え替え
  •  我が家では毎年8月下旬から実生苗の植え替えが始まり、この時期自生地株の植え替えをしています。この夏は京都は大変暑く根の状態が心配していましたが鉢を大きくして植え替える株が多く安心しています。しかし同じ自生地株でも原因は分かりませんが根が傷んで作落ちししている株もあり栽培の難しさを感じています。 毎年の植え替えを行っていますが根詰まりが心配では無く、根茎と根の状態を確認するためです。中にはしっかり [続きを読む]
  • 京都トルカータス 実生株植え替え
  • 我が家では毎年トルカの植え替えを行っています、実生苗は8月終りから行いようやく終わりました。これからは自生地株や購入株の植え替えが始まります。浅間CRGで昨年持ち帰ったトルカ×ddアトロ苗の植え替えをしました、2016年発芽苗です。持ち帰った苗はしっかりしており初期栽培がしっかりしていたのでしょう。我が家での栽培方法は自生地株と同じ無機質用土での栽培です。置き肥と液肥の栽培で1年間栽培しました。2年後の [続きを読む]
  • 京都トルカータス 番外 原種シクラメン開花
  •  我が家に数鉢ある原種シクラメンが咲きだしました、一昨年大きめの株を購入しました、花の色や葉色に変異は無いですが豪華に咲きます。1カ月ぐらいは楽しめそうです。栽培方法は用土はトルカと一緒、水やりは少なめです、肥料は固形は少なめ、液肥主体で育てています。物差しは30cmです。グラエカム まだまだ蕾が沢山出来ています[https://flower.blogmura.com/christmasrose/ranking.html ] [続きを読む]
  • 京都トルカータス 実生苗の植え替え
  •  昨日の台風は私の記憶に無いほどの強風でした、我が家のガレージ上の雨よけ波板も破損し穴空き状態です、今ホームセンターに行っても品切れ状態なので今年中に直せば良しとします。トルカ畑は、いくつかの鉢が倒れていましたがほぼ無事は状態でした。一番の被害はチベタ畑です、倒木と猪の被害に遭い無残な状態になりました。近日中に元に戻したいのですが。最近、実生苗の植え替えを行っています、昨年の発芽苗です。根もしっか [続きを読む]
  • 京都トルカータス 自生地を訪れて8 受粉 虫画像注意
  •  トルカータスが開花すると当然受粉するために虫が花にやってきます。トルカの花のネクタリーには蜜が出ることは分かっていますが、全ての花に出ているのでしょうか、特別の匂いがするのか、虫達に見える色があるのでしょうか。自生地の気温は標高1000m位になると朝の気温は5℃位まで下がります、天気の良いお昼では20℃ぐらいまであがりこの時間になると様々な虫が現れます。ミツバチが飛んでいました、花の右下に飛んで [続きを読む]
  • 京都トルカータス 自生地を訪れて7 面白い花
  •   トルカータスの自生地の花色、花型は千差万別で面白いのですが、基本は剣弁花でグリーン、または花弁外側の色がパープル、こんな感じの花が9割以上を占めています。トルカの標準花と言えばこのタイプになると思います。 濃色タイプ、ベインタイプ、丸弁タイプ、小輪タイプは特異な奇花になるのでしょうか、このタイプを併せ持つ花の確率は非常に少ないです。自生地で1時間に見られる花の数を数えてみた事があります、大きな株 [続きを読む]
  • 京都トルカータス 自生地を訪れて6 大株と一本立ち株
  •  牧草地や草原ではステムが1.2本の株が多く、花の数も少ないです、栄養が少なく毎年開花しているかも疑わしいです。ひょっとすると2.3年に一度しか咲いていないのかもしてません。それくらい土壌の栄養状態は良くないようです。垣根や石垣の横には落葉した葉がたまりステムも太くしっかりした花姿になっています。今回 草原や牧草地では大株を見ることが少なかったですが、林の中に入り落葉が沢山ある所で綺麗な開花大株を [続きを読む]
  • 京都トルカータス 自生地を訪れて5 ゴールドもどき
  • 今回、自生地に行きましたが、K氏は新しい自生地を見つける目的もあるようでした。、ボスニアではDrinicやBrestovac、クロアチアではDonji.Babin.Potok, Vrhovine,など有名なサイトへも行きましたが、それ以外のサイトを見つけることも考えていたようです。特にクロアチアとボスニアの国境周辺。 結果的には両国で二つの大きな自生地を見つけることが出来ました。クロアチアではかなりの標高で1000m〜1200m付近でまだ残雪 [続きを読む]
  • 京都トルカータス 自生地を訪れて4 白い根黒い根
  •  自生地を訪れて草原や牧草地を歩くと必ず石灰岩が見えます、地面は腐葉土を含む土の下には2.3cm大からこぶし大の石灰岩が必ずあり、また大きな岩が多数あると思われます。雨水は全て地面に吸い込まれ通気性の良い状態になっています、日本で小さな川が沢山ありますがここの草原辺りは見当たりません。  自生地株の根は黒くなっていることが多いですが、我が家の用土で植えると白い根がままの事が多いです。腐葉土を多く含 [続きを読む]
  • 京都トルカータス 自生地を訪れて3
  •  クロアチアのトルカータスの自生地は Korenica, Donji Babin Potok, Vrhovine が有名ですが、これより西に向かって1時間ほど(1時間ですが現地では国道でも制限速度が80km位の所ももあります)行くと高速道路が走っておりその近辺で良い花を探してみました、K氏曰くムルチの特徴が良く出た所だそうです、ざっくりと言えばトルカ/ムルチになるのでしょうか、少し場所は違いますが変わった花が咲いていました。この地域はほとんど [続きを読む]
  • 京都トルカータス 自生地を訪れて2
  •  今回、自生地に行きましたがトルカ以外に開花していた野草も結構ある事に気づきました、前回の訪問よりも少し余裕が出てきたのでしょうか。トルカは草原の陽のあたる所で咲いているのですが、林の中に入るとニゲルが咲いていることがあります、純白の綺麗な花を見ると清楚な感じがしました。他に咲いていた画像をアップします。クロアチアの林の中で見つけました 清楚なニゲル雪割り草 林の奥の殆ど陽が当たらない所で咲いてい [続きを読む]
  • 京都 トルカータス 2018年自生地を訪れて1
  •  今年の4月初めから20日までクロアチア、ボスニア、モンテネグロを訪れました、2016年東京在住のK氏と二人で2度目です。羽田発ドーハ経由でボスニアの予定でしたが、ドーハ到着時ボスニア行き便に間に合わなくクロアチア経由でボスニアに入りましたが、2日目は2016年にdd、sd株を採取したクロアチアに入るためボスニア北部までレンタカーで移動で、現地時間の夜10時ごろようやく到着です。 翌日クロアチアに入り目的の場所 [続きを読む]
  • 京都トルカータス 葉の切れ込みの多い株
  • この頃、あまりトルカの話題が無いので、自生地株の大株の葉の切れ込み数を数えて見ました、この株は2016年採取株で昨年の秋には8号のテラコッタ深鉢に植え込んでいます。株元から高さ25センチを超えており、葉の大きさも直径30cmを越えています、この年の採取株の中では一番成長しています。葉の切れ込みは切れ込みの長さが3cm以上で85切れありました。ここまで多い切れ込み株は我が家でも少ないです。切れ込みの多いボス [続きを読む]
  • 京都トルカータス ボスニア 自生地株 細葉3兄弟
  •  京都は今夜台風の直撃を受けそうです、台風対策はしましたが、この頃想定外の話が多いので少し心配しています。何事も無ければ良いのですが。 我が家のトルカの中で細葉で花型の良い株はかなり少ないです、全般的な自生地株を見渡すと丸弁の整形花は幅広の葉が多い様に感じます、気のせいかもしれません。 我が家の細葉の株は3株揃いました、タイトルの3兄弟のフレーズはかなり古臭い感じです。いずれも6号駄温鉢に植え込んで [続きを読む]
  • 京都トルカータス 株元の腐敗病予防
  •  京都の最高気温もなかなか低くなりません、我が家のガレージ上のトルカ作場は連日最高気温が36度、最低気温が26度以上の日が続いています。50%の遮光ネットを2枚、終日扇風機での送風を行っていての温度です。  最高気温はそれほど気にしていませんが夜温が下がらないとトルカも疲労してしまい病気になりやすいと考えています。因みに近くの山にあるトルカ圃場は夜温が結構低くなり毎日21度前後に下がっています。 我が [続きを読む]
  • 京都トルカータス 腐敗病
  • 京都市内は、ここ1週間最高温度が38度を超えています、我が家トルカ作場の最高温度は36度、朝の最低温度は26度以上です。10年以上前にアツモリソウを栽培していましたがこの温度になるといきなり茎が倒れて枯れてしまう事がありました、アツモリソウ栽培で数年に一度の暑い夏を迎え、そのたびに全滅の経験があり止めてしまった経験があります。 我が家のトルカ作場では初夏から扇風機を使って送風していますが遮光ネットを張ると [続きを読む]
  • チベタの友達
  • ここ3日、全国的に暑いとの事ですが京都市内は大変な暑さになっています。昨日、夕立も無く夜寝る部屋の温度も35度もありました、クーラーが無いと寝られません。何時まで続くのでしょうか。  昨年、チベタの輸入苗を購入し根を綺麗に洗っていた時、チベタの根と違う根が2種類ありました、ブログにもアップしましたが、一つの根は枯れましたが、もう一つの根は成長し葉もしっかり出てきました。植物の名前は浅間さん所の最上氏が [続きを読む]
  • 鉢植えチベタの成長
  •  昨年の秋に輸入株を購入、チベタ畑、チベタ斜面に植え付けした残りの4株を鉢植えで挑戦しています。一昨年輸入苗を鉢植えした苗は見事に失敗しました、浅鉢ににいくつか植え込みましたが全ての苗が枯れてしまいました。 暖地での栽培方法の確立が目標です。自分なりに試行錯誤しながら栽培方法を見つけだしたいです、我が家ではトルカの鉢が95%を占めています、トルカ栽培以外の特別な栽培方法をしないのが条件です。 今回 [続きを読む]
  • チベタ斜面のその後
  • 昨年、近くの山の地主さんの了解を得て植えさせて頂きました、この時期雑草が覆いチベタの葉は全く見当たりません。近くに寄り雑草をかき分けて見るといくつかのチベタの葉が確認出来ました、葉は黄ばんだり枯れた物もありましたが株元はしっかりしています。来春の開花を見られるか分かりません。上手く育ってくれる事を願います。現在のチベタ斜面 雑草が覆い茂っています。テスト的に10か所に植え込んでいます、今年も追加で植 [続きを読む]
  • 久しぶりのアップです。チベタ畑
  • 4月の初めから中ごろまで東京在住のK氏と再度ボスニア、クロアチア、モンテネグロに行きました、この話はまた機会があればお話ししたいと思っています。帰国以降、いろいろ忙しくブログをアップすることがなく、ずるずると今になってしまいました。話題は少ないですがぼちぼちと再度アップしていくつもりです。昨年植え付けたチベタの輸入苗のその後です。チベタ畑の苗の葉は少し黄ばんできましたが根元はしっかりしているので大丈夫と思います、た [続きを読む]
  • 京都発 トルカータス 花茎切り
  • 我が家のトルカも一気に咲き進みましたので交配した子房が付いている花茎を除き、他の花茎を全てカットしました。花茎の横からは新しい新芽が出てきています、これからは病気から守り大きい葉が展開するように肥培や水やりをしっかりしたいと思います。お遊びでお皿に花を浮かべてみました グリーン、ベイン、ダブル、セミダブル、丸弁、剣弁いろいろあります。今年は極太の花茎が何本か出てきました、2016年原生地に行った時の自 [続きを読む]
  • 京都発 トルカータス トルカ交配
  •  今年もいくつかのトルカ交配を行いました、例外もありますが、基本は同じ国同士、同じ地方同士、セルフ交配が主です。セルフクロス交配は蕾が開く前から茶袋かけ開花後、おしべから花粉が出た時点で交配し茶袋を戻します、他株の交配は開花前に袋かけ、花弁が開いたらおしべに花粉が付くまでに受粉し、花粉の出ていないおしべをピンセットで除き袋をかけます。沢山のトルカ株はありますが先程述べた基本の交配となると受粉のタイ [続きを読む]