鈴木ライト さん プロフィール

  •  
鈴木ライトさん: 山旅GOGO
ハンドル名鈴木ライト さん
ブログタイトル山旅GOGO
ブログURLhttps://montrek55.com
サイト紹介文登山・山飯・テント泊〜山旅へ行きたくブログ...かも?
自由文山旅の楽しさと、面白さと、ちょっとしたお役立ち情報をおとどけします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/02/07 22:59

鈴木ライト さんのブログ記事

  • 丹沢クリステルと丹沢キャサリンPart3〜新しい名札
  • 先週、丹沢クリステルと丹沢キャサリンの、最近の様子をお知らせしたばかりですが…週末に行ってみると…二人とも新しい名札を新調して、ご機嫌そうな様子でした。(^_^;今や、丹沢の人気者になった丹沢姉妹。彼女達の動向が気になっている人も多いことでしょう。ということで、一応、その時の模様を報告しておきます。●丹沢クリステルと丹沢キャサリン丹沢姉妹をご存知ない方は、こちらの記事からご覧下さい↓・丹沢クリステルと [続きを読む]
  • ’18夏山テント泊登山計画7〜塩見岳Part4☆蝙蝠岳への稜線を歩きたい!
  • 塩見岳Part3の最後のほう(Part1〜Part3のまとめ)に、ちょっとだけ触れていた蝙蝠岳(こうもりだけ)。蝙蝠(こうもり)という特徴のある名前がついた山なので、名前だけは知っていましたが…どんな山なのかは知りませんでした。今回、塩見岳へ登るルートや危険地帯等を調べている時に、塩見岳〜蝙蝠岳への稜線歩きが最高!という記事を目にしてから、気になっていた山なんですが…調べているうちに…どんどん…行きたくなってき [続きを読む]
  • 丹沢クリステルと丹沢キャサリンPart2〜杖と失くした名札
  • 丹沢クリステルと丹沢キャサリン(2018年3月31日)今年(2018年)の最初の記事で、丹沢クリステルと丹沢キャサリンと、その後の…異変についてレポしましたが…気になっている人も多いことでしょう。(^o^)あれから、ちょっとした変化がありましたので、再びレポします。●丹沢クリステルと丹沢キャサリン 何にそれ?という方は、まずこちらの記事をご覧下さい↓ ・丹沢クリステルと丹沢キャサリンPart1 丹沢クリステル…杖(つえ) [続きを読む]
  • 丹沢・大倉高原山の家Part2〜近くの水場(沢)を探しに行く
  • 大倉高原山の家(2018年3月25日)丹沢山中で唯一のテント場がある、大倉高原山の家(おおくらこうげんやまのいえ)。 山小屋は閉鎖されてしまいましたが、テント場は当分の間は利用可能です。ただし、水場が利用できない(断水中)ので、ちょっと不便なんですが… 近くに水場(沢)があるようなので…探しに行ってきましたー!★Part1はこちら↓ ・丹沢・大倉高原山の家〜山小屋は閉鎖!テント場は利用可能!近くの水場(沢)の場 [続きを読む]
  • ’18夏山テント泊登山計画5〜脚力強化トレーニング
  • 塔ノ岳・大倉尾根〜花立山荘付近から(2017年7月)夏山シーズンまであと4ヶ月。 テント泊縦走のために、減量の次にやっておくべき事は…脚力強化です。 冬の間に落ちてしまった脚力を、夏山シーズンまでに回復、さらに脚力アッップを目指します!軽量化よりも脚力強化!テント泊登山を快適に楽しむためには、軽量化が必須です。 装備や食料の軽量化もちろんですが、体重が増加していたら、減量という体の軽量化も重要ですね。’18 [続きを読む]
  • ’18夏山テント泊登山計画4〜塩見岳Part3☆危険地帯は?
  • 前回のブログの続きです。 今回は、もう一つの懸案事項、塩見小屋〜塩見岳の危険地帯について。 あとは、危険地帯を通らない縦走コースも検討してみました。塩見小屋〜塩見岳の危険地帯?について危険地帯の場所昭文社「山と高原地図」で、塩見小屋〜塩見岳の間に2箇所の「危」マーク(通行に注意をようするところ)が付いていますね。 地図上には、「岩場の急坂注意」とだけ記載されています。ガイドブック等を調べてみると、 塩 [続きを読む]
  • ’18夏山テント泊登山計画3〜塩見岳Part2☆逆コースの検討
  • 前回のブログの続きです。 南アルプス・塩見岳への登山計画を立てていますが、2点ほど懸案事項がありました。 今回は塩見岳から北岳や、仙丈岳まで縦走する場合の逆コースについて、調査・検討してみました。(その前に塩見岳の西峰と東峰について少しだけ。)塩見岳についてPart2(西峰と東峰)塩見岳には、西峰(3047m)と、東峰(3052m)の2つのピークがあります。 三角点は西峰におかれていますが、東峰のほうが5m高いんですね。一 [続きを読む]
  • ’18夏山テント泊登山計画2〜今年登りたい山☆塩見岳Part1
  • 塩見岳(2013年10月撮影)今年登りたい山。まずは、南アルプスの塩見岳(しおみだけ、3047m)です。 去年(2017年)の登りたい山にもあげていたんですが、交通が不便でなかなか行けなかったので、今年こそ登ってみたい山ですね。塩見岳について塩見岳は、日本百名山のひとつで、南アルプスの中央に君臨する堂々とした山です。 近くに高い山がないので、独立峰のような存在感がありますね。君臨するという表現がぴったりです。深田 [続きを読む]
  • 百名山・天城山(万二郎岳〜万三郎岳)〜雪山トレッキング
  • 万三郎岳山頂2018年の初登りは、日本百名山のひとつ、伊豆の天城山に登ってきました。 伊豆は暖かいと思っていたし、1400mほどの山なので、雪が積もっているかどうか微妙な感じでしたが、行ってみると完全な雪山でした。(^_^;)天城山と天城越え天城山(あまぎさん)は、伊豆半島の中央を東西に横切る天城山脈の山々の総称です。 伊豆半島最高峰の万三郎岳(ばんざぶろうだけ、1406m)、万二郎岳(ばんじろうだけ、1299m)、東端に [続きを読む]
  • ’18夏山テント泊登山計画1〜PDCA☆まずは減量!1日1食ダイエット
  • 2018年の夏山テント泊登山に向けて準備を始めました。 ちょっと早い気もしますが…今のうちから始めないと…間に合わない!それは…減量です!PDCA〜去年のテント泊登山を振り返るまずは、去年の登山計画〜山行を振り返って見ることにします。 いわゆるPDCAサイクルのPlan(計画) → Do(実行)→ Check(評価)にあたる部分です。●PDCAサイクルとは 事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan( [続きを読む]
  • テント泊の小技10〜サンダルは持って行かない!Part2
  • キーン (KEEN)・シャンティサンダルを持って行かない時の、テント場の登山靴の履き方を紹介します。 今回はPart2ということで新方式です!乞うご期待! ハードル上げ過ぎ…(^_^;)テント場の登山靴の履き方とはテント泊にはサンダルがあると便利ですね。 でも…サンダルは嵩張るので持って行きたくない。 しかし…サンダルが無いと、テントの中に出入りする時の、登山靴の脱ぎ履きが面倒くさい!ヒモを結んだり、解いたりすることな [続きを読む]
  • テント泊の小技9〜ジップロックでゴミ箱作ろう!mark2
  • 新作完成!ジップロックゴミ箱mark2以前のブログで、テント泊生活でも、ゴミ箱があったら便利なのに… ということで、ジップロックで作るゴミ箱を紹介しました。以前、作ったゴミ箱は↓こんなのです。以前のブログは↓こちら。 テント泊の小技〜ジップロックでゴミ箱作ろう! ※ゴミ箱の作り方の他、ゴミの持ち運び方法等、詳しく紹介しています。 その後、研究に研究を重ねて…(嘘です)この度、新作のゴミ箱が完成しました!パ [続きを読む]
  • 丹沢クリステルと丹沢キャサリン〜その後…異変が…
  • 丹沢キャサリン(左)と丹沢クリステル(右)以前のブログにチラッと書いたんですが、丹沢クリステルについて、ちょっと掘り下げてみました。以前のブログは↓こちら。 丹沢・塔ノ岳〜大倉尾根コース(バカ尾根じゃない) 丹沢クリステルとは塔ノ岳・大倉尾根登山口丹沢クリステルとは、丹沢・塔ノ岳の大倉尾根の登山口付近(上の写真の右側)に立っている、乗馬服を着た人形(女性)です。 人形は2体あり、もう1体には丹沢キャサ [続きを読む]
  • 尾瀬沼〜燧ヶ岳テント泊☆下痢と雉撃ちPart3(燧ヶ岳〜尾瀬沼)
  • [前回ブログの続き]今年の夏(2017年8月)に、尾瀬・燧ケ岳(ひうちがたけ)へ登ってきた時の2日目(後半)のレポです。燧ヶ岳〜尾瀬沼見晴新道12:50頃。 燧ヶ岳の最高峰・柴安?(しばやすぐら)から下山開始。尾瀬ヶ原と至仏山を正面に見ながら見晴新道(みはらししんどう)を下って行きます。予定では、俎?(まないたぐら)まで戻って、ミノブチ岳の手前からナデッ窪コースを降りるつもりでしたが、見晴新道を下るコースへ変更 [続きを読む]
  • 尾瀬沼〜燧ヶ岳テント泊☆下痢と雉撃ちPart2(尾瀬沼〜燧ケ岳)
  • [前回ブログの続き]今年の夏(2017年8月)に、尾瀬・燧ケ岳(ひうちがたけ)へ登ってきた時の2日目(前半)のレポです。尾瀬沼キャンプ場の朝翌朝5:00頃。 雨は止んでいました。\(^o^)/辺りはもう明るくなってきています。 トイレへ行ったついでに、尾瀬沼のほうまで行ってみました。尾瀬沼東岸尾瀬沼の表面に、朝もやがかかっていて幻想的な雰囲気です。テント場は樹林に囲まれているので、天気がわかりにくかったんですが、こ [続きを読む]
  • 尾瀬沼〜燧ヶ岳テント泊☆下痢と雉撃ちPart1(大清水〜尾瀬沼)
  • 至仏山から見た燧ケ岳(2015年10月撮影)今年の夏(2017年8月)に、尾瀬・燧ケ岳(ひうちがたけ)へ登ってきた時の記録です。 またまた、時期はずれになってしまいましたが…忘れないうちに書いておきます。 もう、だいぶ忘れてしまいましたが…※下痢と雉撃ちの話はPart2以降です。尾瀬と燧ヶ岳について尾瀬というと湿原のイメージが強かったんですが、深田久弥の百名山に数えられる、至仏山(しぶつさん、2228m)や、燧ケ岳(ひうち [続きを読む]
  • スリーピングマット空気漏れの件☆ニーモ・テンサー20S
  • スリーピングマットが空気漏れ!今年の夏(2017年7月)、テント泊中にスリーピングマットが空気漏れで使えなくなりました。(;_;)その時は、スリーピングマットの代わりに、ザックを背中に敷いてなんとか凌いだんですが… 山のテント泊をはじめて10年ぐらいになりますが初めての経験でした。最近のブログで何度か書いていたんで、気になっている人もいるかも知れませんね。その後、空気漏れのスリーピングマットはどうしたのか?修 [続きを読む]
  • テントの張り綱結びにおすすめ!エバンス・ノットの結び方2つ
  • エバンス・ノットテントの張り綱結びに便利な、エバンスノットの結び方。2つの方法を紹介します。エバンス・ノットとはエバンス・ノットとは、ロープや紐で伸縮自在の輪をつくる結び方の一つです。山でテントを張る時に、張り綱のペグ側(地面側)に利用すると便利なんですが、結び方を知らない人も多いんじゃないでしょうか?慣れれば簡単に結べるし、解くのも簡単です。 割りと単純な結び方なので、1回覚えれば忘れることもな [続きを読む]
  • 室堂〜立山テント泊☆曇りのち雨一時晴れ③(雷鳥平〜雄山往復)
  • 室堂平付近から見た立山[前回ブログの続き]北アルプス・立山テント泊2日目のレポ(後半)です。 雷鳥平〜室堂〜雄山雷鳥沢キャンプ場〜雷鳥沢キャンプ場とマイテント(翌朝9:20頃)2日目の朝9:20頃。小雨が降る中、とりあえず、立山を目指して出発します。天気が良くなれば、雄山の先の大汝山、富士ノ折立まで行けるかも?立山とは雄山・大汝山・富士ノ折立の3つの山の総称なので、やはり、3つの山を登りたい。逆に、天気が悪化した [続きを読む]
  • 室堂〜立山テント泊☆曇りのち雨一時晴れ②(雨の雷鳥沢キャンプ場)
  • [前回ブログの続き]北アルプス・立山テント泊2日目のレポ(前半)です。雷鳥沢キャンプ場〜翌朝降り続く雨…2日目の朝、5:00頃。 周囲はだいぶ明るくなってきましたが、昨晩から降り始めた雨は、まだ降り続いています。(;_;)予定では6時頃に出発して、立山三山(別山〜立山〜浄土山)を時計回りに縦走する計画でした。雨さえ降ってなければ、そろそろ準備を始めている時間ですが、気温も低くて寒いので、雨の中を出発する気にはな [続きを読む]