totoge さん プロフィール

  •  
totogeさん: totoge/ Spiky Plants Addict
ハンドル名totoge さん
ブログタイトルtotoge/ Spiky Plants Addict
ブログURLhttps://totoge.amebaownd.com/
サイト紹介文ディッキア、アガベ、棘もの植物ばかりを、独自の視点で提案する植物日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2017/02/08 11:33

totoge さんのブログ記事

  • 色鮮やかなレッドライン Agave Blue Glow|ブルーグロウ
  • 綺麗な形状なロゼットを持つ小型種のBlue Glow |ブルーグロウ直径60cm〜90cmまで成長し約45cmの葉の長さまでゆっくりと成長します。葉幅は2.5cm〜4cm、青緑色の葉で、エッジの聞いた鮮やかなの棘は、赤から黄色へグラデーションの美しい細かい棘が入り混じった形状を持っています。ほんの少しの灌漑で管理が可能で詳細な耐久性データは不明です。 Agave attenuataと [続きを読む]
  • totoge 江戸へ|アガベの山 Vol4.
  • 南の孤島は梅雨入りしたのですがまるっきり雨が降らない状況ダムの貯水率が50%切っちゃってる状況です。まとまった雨が欲しいですねそんな最中南の孤島でむっつり楽しく園芸しているものですが今回@style_of_chica さんにお声かけいただき芽の巣で不定期に開催されている アガベの山 vol4. へ参戦させていただける事になりました。去年はbottaに苗だけ出品させていただきましたが今回、私の方も店頭に立たせていただき接 [続きを読む]
  • Agave titanota Reo | アガベ チタノタ レオ
  • Agave titanotaでコンパクトに育つ品種はそんなに多くない中でまたやってきました。 Agave titanota Reo 【アガベ チタノタ レオ】 titanotaでコンパクトな種といえばAgave titanota "filigree”や上に展開していくAgave titanota Tower of Babelと私の知っている範囲ではこの2種なのですがこのREOもこのコンパクトな部類に入ると思います。大きい迫力のあるtitanotaも魅力的ですがコ [続きを読む]
  • 刺々しいのシーズン開幕
  • 3月に入って一気に気温が上昇してきて植物たちの目覚めと眠りにはいるちょうど境目のシーズン。Dyckiは開花シーズン突入。数年前までは探すのが困難だった植物が開花して結実し種子を生み出す。ネットが普及し、いろんな垣根が低くなりいままで見たことない出逢いや体感が容易になってきてることを実感します。Dyckiaは1度花を咲かすとよほどこじれない限り来年また花を咲かせるようになります。年々花が咲く品種が増え [続きを読む]
  • ゴジラ肌 | ハオルチア・ニグラ(Haworthia nigra)
  • 福岡のイベントでつながった植物仲間のplants workの中尾さんから未開の植物、硬葉系ハオルチア ニグラ(Haworthia nigra)を譲っていただき手探りながらゆっくりと楽しんでいます。 アガベ、ディッキアと違って尖っていなく刺してくることもなく成長もゆっくりでじっくり楽しむ趣を感じられます。百入茶に黒緑を混ぜたような深いなんとも言えない色に葉の質感がごつくてゴジラっぽいそ [続きを読む]
  • 謎の太陽|Agave 'Solar Eclipse'
  • 南の孤島で育成しています 。Agave 'Solar Eclipse’【アガベ チタノタ ソーラーエクリプス】 初夏までの新葉には斑が出てくるけど展開するにしたがってグリーンの厳ついtitanotaに戻っちゃいます。オアハカの石灰岩崖で発見されたこの種は寒暖差に反応するのか?水質なのか土壌の影響はたまた太陽光線の種類で安定するのか?USの方でも趣味かの方がLEDを使ったりいろいろ検証しているみたいですが未だ解明されず斑が入 [続きを読む]
  • wild ancestor | Agave titanota
  • 昨年、あるtitanotaをstyle of chika氏がUSから導入しました。 ☆さん(@style_of_chika) ? Instagram写真と動画 フォロワー2,885人、フォロー中280人、投稿813件 ― ☆さん(@style_of_chika)のInstagramの写真と動画をチェックしよう このtitanotaを見た瞬間に自生地で生えているかのような野生のtitanotaの姿とダブっていまいいてもたってもいられず [続きを読む]
  • 原点 | Agave titanota Gentry
  • Agave titanotaといえばagaveのなかで知名度が高い品種の一つで最初はtitanotaという方は多いと思います。植物では当たり前なのですがtitanotaのバリエーションの幅の広さに収集癖のある方の心をくすぐりますね私が育て始めた時はそこまで探求していなくバリエーションもここまであるとは思ってもいませんでした。最初に育て始めたtitanotaは肉厚の棘がこの時点では厳つめのタイプを育てていました。用土の配合、水遣り [続きを読む]
  • 銀葉の期待 | Agave sebastiana 'Silver Lining'
  • Agave sebastiana 'Silver Lining'Synonyms:A. shawii ssp. sebastiana花の色:黄色 locality:Isla de Cedros Islas de San Benito Isla Natividad 高さ:約90cm〜約150cm幅:約60cm〜90cm20〜25℃ 60cm〜90cmに広がる中型種のAGAVEで、厚みのある錆青磁のような青白橡の灰色まじりの葉に細かい湾曲した棘のバランスで綺麗なロゼ [続きを読む]
  • ブーフォン・ハエマンソイデス|Boophone haemanthoides vol.1
  • ブルータスに掲載されていた、南アフリカので2ページぶち抜きのBlubにやられ手を出してしまった。 ブーフォン・ハエマンソイデス|Boophone haemanthoideslocality:South Africa Western Cape Vredendal最初は私の環境に合うだろうと夏型と言われているブーファン・ディスティチャから育ててみていつかはぜったいハエマンという思いでディスティカも思いっきり楽しんでいました。ディスティチャも localityによって葉の [続きを読む]
  • ブーフォン・ハエマンソイデス|Boophone haemanthoides vol.2
  • それから冬が終わり夏の管理は手探り状態でとりあえず雨にはあてずの直射日光下でしっかり乾いたら水遣りする感じで鉢を持って軽くなったら大体で水遣りを施していました。完全休眠することなく冬がやってきました。また鬱憤を晴らすように葉を出してきましたこの瞬間テンションがあがります。あのぎゅっと詰まった畝り葉が成長点の奥底からぐわっと出てきそうな様を見かけた時は『 [続きを読む]
  • 植木鉢
  • 植物と鉢は切っても切れない関係です。育成を重要視するとプラ鉢の方がいいと言う声もありますが芸術的な要素を取り込み楽しみたいと一度は必ず考えると思います。育成と芸術性ががっちりマッチするとより眺めてて優越感に浸れると思います。でもこれは人間のエゴかもしれませんが植木鉢という一つの文化を楽しむのもこれまた一興です。 ひとつひとつ職人の手で作られた、様々な素材の [続きを読む]
  • Agave guadalajarana | アガベ グアダラハラナ
  • ポタトラムのようなイシスメンシスのような双方のいいとこ取りしたかのようなアガベ。Synonyms  Agave guadalajarana Trelアガベ グアダラハラナ60cm〜90cm位の大きさに成長します。パドル形状の灰青色の葉を展開し、魅力的で形の小さくてコンパクトなロゼットを形成し、葉のヘリに沿って緋色と紅緋が入り混じったspinesがランダムなサイズ、カーブで特徴的な葉を構成しています。子株を出しにくい個体だそうです。葉 [続きを読む]
  • アガベの脇芽
  • アガベの脇芽ができたり輸入時に付いたまま到着して植える際に外れたりした場合はうちの場合は寄せ植えしています。大体5〜8センチになるタイミングで鉢わけしています。植え替え時にどのサイズまで大きくしようかと想定して鉢のサイズを決めています。外す大きさによりますが発根しないのもあればぐんぐん差がついたりするので同等のの管理をすると安定のサイズまでだいたい揃えることができると思ってと鉢が多くなっ [続きを読む]
  • 冬の畝り【ブーファン ハエマンソイデス】
  • 南の孤島は1月の平均気温17度の環境で動いてきました。ブーファン ハエマンソイデス【Boophane haemanthoides 】冬型の植物で南の孤島でどう動くか?うまく育つことができるのか不安と期待で育ててきました。 昨年も上手い具合に葉が展開してきてしっかり休眠することなくまた展開してきました。夏の管理がよくわからなく雨ざらしだけは避けて少々水遣りの管理で乗り切りました。ハエ [続きを読む]
  • 王妃姫甲蟹錦
  • 一昨年、探しに探して出会った。王妃姫甲蟹錦。なりふり構わず探していたので出逢ったときの衝撃が抑えきれずにすぐに交渉してお迎えすることができました。友人の親株から厳選したコレクションの中から選んでもらってそれから出ている脇芽を外してダイレクトの送ってもらいました。 2016年10月導入親株の完成系がかなり良かったのでサイズなど関係なく育ててみまし [続きを読む]
  • Black Spine
  • Agave titanota 'Black and Blue' 【cv.Blue Ball】今年も'Black and Blue'にの棘の黒さに拘ってみたいです。棘の色がどういう風な管理で冴えてくるのか観察が必要です。ただ単に太陽にガンガン当てればいいという事でもないかもしれないのでどう攻めて行こうか試行錯誤です。 [続きを読む]