sunlight 16 さん プロフィール

  •  
sunlight 16さん: 釣りTシャツを作ってみたよ。
ハンドル名sunlight 16 さん
ブログタイトル釣りTシャツを作ってみたよ。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/taaaa0324/
サイト紹介文釣りTシャツやルアー紹介,たまーに釣り日記を書いてます
自由文オリジナルのデザインでシンプルな釣りTシャツ作っています!
釣りが好きな方は是非覗いて見てください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 231日(平均1.5回/週) - 参加 2017/02/08 11:41

sunlight 16 さんのブログ記事

  • 【疑問】ロックフィッシュは夜でも釣れるのか!?
  • 夜のロックフィッシュは釣れるのか前から疑問に思ってたけどあんまり本腰入れてロックフィッシュのナイトゲームてやったことなかったのでやってみようかと場所はロックフィッシュ(ハタ類)で魚の数も多い九州の長崎県ポイントに着いたのは夕方ちょうど良い夕マヅメの時間帯とりあえず水深も分からないのでジグヘッド21gて広範囲に探っていく着底して巻き上げようとすると重みが…ロックフィッシュ特有のガツガツした当たり!フォー [続きを読む]
  • 【真の釣りバカ!?】毎日釣りに行きたい人に送るメッセージ!!
  • 皆さん毎日釣りしてますかー!?仕事で休日しか行けない人や家の事情でなかなか行けない人がほとんどでしょうね(^^;行けるものなら毎日釣りに行ってそれで生活してみたいものです。今回はそんな釣りが好きな人の為にこんなTシャツを作ってみました!はい、見たまんま!『毎日釣り日和』!笑毎日釣りに行きたい方や行きたくても行けない方とりあえず釣りが好きな方どんな方にも着てもらえるTシャツです!(^^)釣りの漢字の一部には針 [続きを読む]
  • 【フロッグ】蛙目線!? そっちじゃないよ!!
  • 今回は久しぶりに海釣り以外のデザインを考えてみました夏といえばトップゲーム前からフロッグで何か作れないかと思っていたけど,なかなか良いデザインが思い付かず後回しになっていました今回のテーマ,フロッグもシンプルで面白いデザインが最低条件です蛙の親子とフロッグパッと見で分かるよう子蛙が間違えてフロッグの上に乗ってしまってるイラスト。ただそれだけです(笑)英語のThat is not it は日本語で『そっちじゃない』親 [続きを読む]
  • 【ショック!】玉島のシーバスに網を破壊された!!(;o;)泣
  • 玉島ハーバーアイランド(E地区)で良型のシーバスが釣れていると聞き久しぶりに行ってみました港に着いたのは夜の9時岸壁には多くの船が停泊している話によると船の灯りにベイトが集まりそれを補食しにシーバスなどが集まるとかとりあえず様子を見てみるとベイトはサヨリ?イワシ?よく見えないが8センチぐらいの小魚が逃げ回っているベイトのサイズからルアーはブローウィン803投目ぐらいに明暗の境をゆっくり引いてくるとゴン [続きを読む]
  • 【釣りTシャツ】1フィートは何センチ??
  • いきなりですがあなたは1フィートが何センチなのか分かりますか?ロッドの長さを表す『フィート』意外とセンチに直すと,どれぐらいなのか知らない人が多いですよね僕も最初は知らずにフィートやインチの意味が分かりませんでした。そんな経験もあり一目で分かるような換算表をイラストで分かりやすく作ってみました【ポイント】パッと見何の数字を表しているのか分からない人もいるかもしれませんが,見る人が見れば分かるイラスト [続きを読む]
  • 【シンプル】釣り用傘クロスワークがシュールすぎるww!!
  • 斬新というかシンプルというか考えはなかなか面白い。日差しを防ぎ突然の雨も防げる要するに防水の麦わら帽子みたいなただそこまでして傘にこだわる必要があるのか…カッパと帽子で良いような気もするが(笑)一応商品説明メリットは何と言っても両手が塞がらないこと。夏の強い紫外線もカットでき,多少の雨でも防げるので突然の雨でも大丈夫。紐付きなので、多少の風邪が吹いても飛ばされない15gとコンパクトに収納出来るので持ち運 [続きを読む]
  • 【簡単!】手軽にロッドをカスタムする方法
  • 最近流行りつつあるロッドカスタムいくつかのメーカーからも出されているが,winnのロッドラップテープが格好良いうえに誰でも簡単にカスタムすることができる種類は「コンツアー」と「ショートオーバーラップ」の2つがある。コンツアー長さ:1117mm幅:25mmテープ厚:0,6 1,1 2,0mmカラー:11色ショートオーバーラップ長さ:1117mm幅:30mmテープ厚:11mmカラー:17色テープ長さは共に同じだが,幅や厚みに少し違いがある。winnの説明よ [続きを読む]
  • 【必見】磯でルアー釣りがしたくなる動画!
  • 最近よく釣りをする時にスポーツカメラなどで釣行の動画を撮影しYouTubeなどにアップしている方が増えている僕自身釣りの動画を見るのは好きで色んな方の釣り動画を見ている。このブログを書いている時点で特に再生回数が多い訳ではないが,久しぶりに見ていて面白い動画を見つけたアムズデザイン(ima) ルアー Sasuke SF120 裂波 RP103 コットンキャンディ 017484新品価格¥5,287から(2017/6/10 14:17時点)ルアーで磯のヒラスズキを [続きを読む]
  • 【格安!?】15000円でマグロを釣る方法!!
  • 最近気になっている釣り雑誌ルアーマガジンソルトがプロデュースしている沖縄美ら海マグロ釣りツアータイトルにも書いた通り15000円でマグロを釣ることができる道具のレンタルもあるので手ぶらで参加することができ釣ったマグロは帰港して食べたり自宅に送ることもできる。(送料は別)【なぜ15000円でマグロを釣ることができるか。】一隻の船の定員は最大6名6名全員で参加した場合1人当たり11000円5名だと1人当たり13200円4名だと [続きを読む]
  • 釣れる気がしない!?スマホ(iPhone)カバー I do not feel like fish catch
  • ブログのタイトルが『釣りTシャツ作ってみたよ』なのに全然デザインの紹介してないからそろそろ釣りTシャツの紹介しときます(笑)て言っても今回はTシャツじゃなく試作品でスマートフォン(iPhone)のカバーです。デザインは前にTシャツで作ってたネガティブなやつです日本語で『釣れる気がしない。。』実際にスマホカバーにプリントするとこんな感じちょっと寂しいけどシンプルがモチーフなのでワンポイント的な感じで販売サイトはTシ [続きを読む]
  • 【発見!】ぶっ飛びくんの代わりになるルアー!?
  • ジャンプライズのぶっ飛び君が好きで結構多用してたんだけどこの間遂にラインの高切れ?で痛恨のロスト。。釣具屋に新しいぶっ飛びくんを買いに行くもちょうど在庫切れで店には無かったのでせっかくなので他に代わりになるものはないかと探しているとたまたまロンジンのレビンヘビーを発見全長:95mm ウエイト:28g 交換推奨フック:#4 最初は興味本意で買ってみたんだけど,これが意外と使いやすく飛距離もぶっ飛び君並に飛ん [続きを読む]
  • 【日本最大級】エギングサミット2017開催!
  • 今回で4回目となる紀伊半島エギングサミット開催日は2017年5月28日場所は和歌山県田辺市 扇ヶ浜公園昨年は約400人が参加した日本最大規模のエギングサミット今年は500人の参加者が予定され,年々人気が増している注目のイベント。エギング大会はもちろんエバーグリーンやヤマリア,ガンクラフトなどのメーカーも参加予定で数多くの有名アングラーのトークイベントも開催される。(参加予定のプロアングラー)上杉貴人 内芝励 岡隆 [続きを読む]
  • 【簡単】女性にオススメ!? イカ活チャ器
  • イカ締め専用のツールイカ活チャ器函館のイカ漁師と北海道大学の教授が考案し作られたイカ活チャ器内臓を傷つけずにイカの神経を剥離することで誰でも簡単にイカを締めることができ鮮度を長時間保つことができる。スルメイカからアオリイカ,甲イカ,ヤリイカなどほとんどのイカに対応しています。胴体と内臓の接続部を剥離するだけなので特に力もいらず簡単に締めることができるので女性の方や数を多く釣られる方にはオススメ。どう [続きを読む]
  • 【大丈夫?】エコギアが懲りずに新製品を作ったよ。
  • ロックフィッシュゲームをする人なら知ってる人も多いであろうエコギア『魚の好む強い匂いと味のカプセル』を商売文句にしてワームに匂いと味を付けてるやつ。だいぶ前に脂肪族ポリエステル成分で作られた生分解性ワームEチューブ『水中の微生物で分解する』をコンセプトに作ったのは良いが店内で保管中に分解劣化し返品の山で失敗作だったとか。最近じゃロックフィッシュゲームなどでよく使われるバグアンツやロックマックスが有 [続きを読む]
  • 【結果オーライ】先行者に感謝!困った時のブローウィン(Blue Blue)
  • 3/29 大潮 岡山県某所今日はバチ抜けの確認ついでに短時間釣行下げを打ちたく満潮の時間に合わせていつものポイントに入るつもりが,あいにく先行者有り。話しを聞くと今来たばかりらしいので仕方なく第2候補のポイントへ移動しかし最終的にはこれが吉と出る2ヶ所目のポイントは外灯が絡んでいて微妙に明暗があるぐらい。流れはあまりなくバチ抜けは期待できない案の定着いてしばらく観察するもバチらしき姿は確認できないまだ [続きを読む]
  • 【劣化】BROVIS ハイブリッドスピンの弱点,トラブルについて
  • 1年以上同じルアーを使い続けているとどうしても避けられないのがルアーの傷みロストせずに1年以上使えれば十分良い方なのかもしれないが。今回は僕もよく使うBROVISのハイブリッドスピンについて1年以上使い倒した結果,出てきた不具合,トラブルを紹介したいと思います。ボディーとジグヘッドの接続部の剥がれまず紹介するのがこのボディーの剥がれについてですどうしてもジグヘッド部とワーム状のボディー部分は一体型ではない [続きを読む]
  • 【これは便利!】オフショアの強い味方 SHIMANO フィッシュファインダー
  • SHIMANOから出されている探検丸 スマート フィッシュファインダーフィッシュファインダー専用のアプリをダウンロードすることで手軽に釣り場の水中映像をスマホに映し出すことができるフィッシュファインダー本体も単3電池2本で稼働でき,水面に浮かべるだけで自動で電源が入り余計な配線の接続も必要なし。スマホとの接続もWi-Fiで接続するだけです。水温や水深はもちろん,土壌の固さや底の形状まで表示してくれますなによりフィ [続きを読む]
  • 【※注意】PEライン POWER PRO Zの盲点。(SHIMANO)
  • ソルトウォーターゲームをする方なら知っている人も多いであろうSHIMANOから出されているPEライン『POWER PRO Z』今までのPOWER PROよりも原糸自体を太くすることで繊維が切れにくく根擦れ,糸擦れにも非常に強く耐摩耗性能をパワーアップさせた今回の「POWER PRO Z」他にもSHIMANO独自の加工技術EBT製法を採用し強い直進性と低伸度を実現したらしい。まあそんなことはどうでもいいとして本題に入るまずはこのスペック表を見て頂き [続きを読む]
  • 【DAIWA】SaqSas(サクサス)が信用できない件
  • さて、名前からしてスペシャルに胡散臭いSaqSas(サクサス)DAIWAから出されているフックですね。DAIWAのSaqSas 公式文によると従来のメッキ処理では実現することができなかった驚きの貫通力をもつ表面処理テクノロジー。針の表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施している。今まで合わせきれなかった小さなアタリや,掛け損ねていたアタリを逃さずキャッチ。今までの針と一味も二味も違う「サクッと刺さる」感覚は,1度体感する [続きを読む]
  • 【面倒臭い】モアザン ミドルアッパーの残念な点(DAIWA)
  • シーバス釣りをする方なら知っている人も多いであろう職業釣師,オヌマンこと小沼正弥氏が監修し作られたモアザン ミドルアッパー(DS-35)ダイワ ワーム モアザン ミドルアッパー 3.5インチ 銀粉生イワシ新品価格¥777から(2017/3/23 04:23時点)公式文で簡単に説明するとミドルアッパーはシーバス用ストレートミノーのオーソドックスな形で特長は超ソフトマテリアル。柔らかさの中にも耐久性があり,シーバスが吸い込んだ際に柔軟に [続きを読む]
  • 【初心者必見!】簡単なナイトシーバスの釣り方
  • 今回は久しぶりに岡山県玉島でシーバスゲーム行きたいポイントがいくつかある中,今回は時間があまりない為,過去に実績のある大型船などが岸壁につけている港へここは夜になると船の灯りに小魚が寄ってくる為フィッシュイーターのシーバスも集まってくるあまり大型のシーバスはいないが潮などタイミングが合えば数釣りが楽しめる素晴らしいポイント潮が低いと足場が高くなりルアーの操作が難しくなるので,満潮の時間に合わせて入る [続きを読む]
  • 【斬新!】面白い形をしたバチ抜け用ルアーを見つけた!
  • その名も『Hatena?』なかなか面白いデザイン実用的かつ遊び心のあるハンドメイドルアーを作られている青嶋晃氏の作品ですスペックは8gで7cm税込み価格で2376円カラーは全部で6色あるみたいですスイム映像 デッドスローの動きは本物のバチそっくりハンドメイドによる受注生産の為発送までに1週間〜1ヶ月かかるそうですしかし個人的に気になるのは飛距離。この形を見た時の最初の印象は面白い形をしているなあーと思ったの [続きを読む]
  • 【必要?】ボートアジング専用のタックル買う人とかいるの??
  • 三重県の尾鷲を中心に流行りつつあるボートアジングバチコン(バーチカルコンタクト)といい水深の深い所でアジの群れがいる層に仕掛けをコンタクトに落としアジを釣る仕掛けは単純でリーダーの本線にワームをつけたジグヘッド,オモリをエダスににとる水深が割りと深い為にナイロンだと伸びがあるので,感度の良いPEラインが使われるボートで釣れるポイントに行きアジが釣れる層まで教えてくれるので,釣れないことはほとんどないのも [続きを読む]