goldhead さん プロフィール

  •  
goldheadさん: 関内関外日記
ハンドル名goldhead さん
ブログタイトル関内関外日記
ブログURLhttp://goldhead.hatenablog.com/
サイト紹介文双極性障害II型の人間がジプレキサ食いながら書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2017/02/08 20:35

goldhead さんのブログ記事

  • 阪神競馬場のうどん屋で詰められる
  • 仁川駅は思いのほか小さかった。この駅の最寄りに中央競馬の主要四場の一つがあるとは思えなかった。競馬場周辺の独特の空気がなかった。しかし、競馬場はそこにあったのだから仕方がない。到着時にちょうど一レースの直線。仕込んでおいた馬券は負けた。おれはパドックに行く。特徴的な屋根。しかし、サラブレッドはどこでも美しい。この馬など、いかにもオルフェーヴルの子供という感じがするではないか。世界のどの競馬場もつな [続きを読む]
  • おれの薄い本が出るらしいです。
  • おれの薄い本が出るらしいので、宣伝というか、予告というか……。dk4130523.hatenablog.com現在公開できる情報は、こちらさまのエントリーがすべてですので。なんというのか、自費出版ですらない。他費出版というのでしょうか。一人でも同人誌というのでしょうか。いや、お手伝いしてくれる方がいてのこと、というか、むしろ、おれは企画の時点からなにもしていないのですが。人任せで、なんなんでしょうか。まあ、神輿は軽いほう [続きを読む]
  • 人生、ソープ・ボックス・ダービー
  • おまえの車にハンドルはついていなかった。お前の車にはアクセルもなければブレーキもなかった。おまえはただ坂道を下るだけで加速され、まえに進むしかなかった。おまえの車にはハンドルがついていない。おまえの車にはアクセルがない。おまえの車にはブレーキもない。ただ、頭を低くして、風の抵抗を受けないようにして、進めるところまですすうむだけ。ただ、頭を低くして、できるだけはやく、進むだけ。おまえの車にはハンドル [続きを読む]
  • ベリヤの切手を飾るのこと
  • ある女性声優のラジオを聴いていたら、「自分はタンクデサントとして前線に出たくはない。スターリンの横で「グルジアワインは最高ですね」とおべっかを使っているのがいい」などと言っていた。……声優の名前を伏せる必要があるだろうか?そして、その発言を聞いたおれは「ベリヤか……」と思った。おれはラヴレンチー・ベリヤが好き……好きというと語弊があるが……ベリヤという人物と彼が生きた時代のソ連をちょっとだけ興味深 [続きを読む]
  • 竹内整一『ありてなければ「無常」の日本精神史』を読む
  • ありてなければ 「無常」の日本精神史 (角川ソフィア文庫)作者: 竹内整一出版社/メーカー: KADOKAWA/角川学芸出版発売日: 2015/12/25メディア: 文庫この商品を含むブログを見るなんとなく手にとった一冊。この本で言う「無常」は、釈尊の仏教のコアな意味での「無常」ではなく、「祇園精舎の鐘の声〜」的な、日本人の「無常観」に近い。というか、タイトルに「日本精神史」って書いてあるし。……「はかない」とは、「はか」が [続きを読む]
  • そうか、もう丸はいないのか。
  • 夜道、信号待ち、やけに赤く色づいた街路樹の葉を見る。単に赤信号の光を反射しているだけだった。丸佳浩がカープを去る。去って巨人に行く。おれはこのあいだ、こんなことを書いた。【お恵み】カープ残念の本麒麟ありがとうございます! そして、丸は……。丸のいないカープは……。 - 関内関外日記おれのなかでは98%くらいは巨人への移籍、残りの2%をロッテと残留が争っている、という見立てだ。というか、まあ巨人に行くのでは [続きを読む]
  • Siri、もっと光を!
  • 先日、夜道の帰り道。住宅街の隙間を縫うような、すごく狭くて、すごく暗い道。おれはマスクをしていてメガネが少し曇っていた。何度も通った道だが(通勤路ではないので、毎日通るわけではない)、「これはまったく前が見えん」となった。そこで思いついたのがiPhoneの背面ライトだ。あれを有効活用するときが来たのではないか。おれはiPhone XSを取り出し、右のボタン長押しでSiriを起動、「ライトつけて」と言った。すると、Sir [続きを読む]
  • 2018年 第38回ジャパンカップ & 5回東京最終日予想
  • ジャパンカップと明日の東京のおおよそのレースの予想を書く。明日、出かけることになってしまったので、実況を見ることもできなければ、Twitterを眺めることもできないからだ。べつに予想をブログに書いたからって、そのかわりになるわけではないのだけれど。あと、おれはべつに予想がうまくない。馬券はもっとうまくない。とはいえ、このところ少し調子がいい。とくに午前中当たる。準メーンとメーンで積み上げてきたものを溶か [続きを読む]
  • 体温計がないので体温計を買いに行った
  • ピザ。 pic.twitter.com/CUxd0tmQDl— 黄金頭 (@goldhead) 2018年11月22日昨夜はピザの日(おれによるおれのために制定された日。詳しく言えば、ラジオでマンボウやしろが「一ヶ月に一日宅配ピザをとるということを楽しみに生きていてもいい」というようなことを言っていて、「それは具体的にいいことだ」と思って以来、毎月の特定日前後に宅配ピザをとることにしているのである)。今日は何ヶ月かぶりにロードバイク乗ろうと [続きを読む]
  • 大船・補遺
  • sanpoo.jpサンポーさんに寄稿させていただきました。体調が戻ってきたあたり、大船のフラワーセンターに行った話です。とはいえ、散歩としても非常に短距離であり、なんというか、まあちょっと行ったよ、というところではあります。とはいえ、一生懸命に書きましたので、ご笑覧いただければ幸い。して、ちょっと大船のことについて書きましょうか。まあ、今までもブログで書いてきたような気もするのですが。まず、なんといっても [続きを読む]
  • 横浜の港にはハイゴッグがよく似合う
  • www.itmedia.co.jpなにやらガンダムの新しいプロジェクトが始まるらしい。あの『閃光のハサウェイ』の映像化もあるらしい。が、とりあえずこの「実物大ガンダム」だ。……って、もう。「実物大ガンダム」、飽きてきませんか? というのが率直なところ。静岡でも見たし、お台場でも見た。そりゃユニコーンも見たけど、しかしもうガンダム(RX-78-2)はいいんじゃないですか、と言いたい。そして、今度の設置場所は横浜の山下埠頭と [続きを読む]
  • 【お恵みもの】吟香鳥飼にお湯割りは……合わない【焼酎】
  • 吟香鳥飼お恵みいただきました。ありがとうございます。吟香鳥飼……米焼酎。ただ、飲んでみると「焼酎? 日本酒?」となる焼酎。箱の中の取扱説明書(?)では、ロックで飲めよ、感が強い。が、しかし、今日は寒い。寒い日には焼酎のお湯割りでも、という気分にならんですか。とりあえずお湯を沸かしてしまったのですね。で、お湯が沸くあいだに、ちょっと一口飲んだわけです。すると、どうでしょう、「やっぱりこれ、ロックじ [続きを読む]
  • ウーバーイーツ
  • ツモ! メンタンウーバーイーツドラドラ! ……という話ではないし、ウーバーイーツで注文したとか、配達したとかいう話ではないけれど、このごろこの横浜市中区でもUber Eatsのバッグを背負った人を一日に一回は見るくらいになった。流行ってんのかな、ウーバーイーツ。お気に入りのレストランの料理をすぐにお届け | Uber Eats をダウンロード | Uber Eatsしかしまあ、なんというか、ようわからんけど、この完成しきったように [続きを読む]
  • ヤギのいる根岸森林公園へ(天皇賞馬もいる)
  • 一週間前のことである。健康のためのウォーキングに、近場の根岸森林公園を訪れたら、こんな看板が立っていた。ヤギがいるのか! そう思いつつ、ヤギはいないかと園路を一周したが、ヤギは見つからなかった。ヤギなどそんなに簡単に見られるものではないのだ。が、こんな記事を目にした。dailyportalz.jpあれ、やっぱりいるのか。3時ごろがおやつタイムか。その時間くらいに行くか。そう思った。というわけで、おれはカメラを持っ [続きを読む]
  • たまには植物の本でも 『植物 奇跡の化学工場』を読む
  • おれはわりと植物の話が好きである。べつになにかの園芸植物にのめりこむわけでも、家庭菜園をするわけでも、そこらの樹木の同定ができるわえけでもないが、漫然と、漠然と好きだ。なかでも根粒菌の話などが好きで、「なに? イネ科で窒素固定?」とかいうニュースなど見るとテンションが上がる。遺伝子編集でつくられた窒素固定細菌が、化学肥料の“代替”になる日がやってきた|WIRED.jp一方、ピヴォット・バイオは、すでに自然 [続きを読む]
  • 【お恵みに】おれと獺祭【乾杯!】
  • はい、純米大吟醸獺祭50お恵みいただきましたー! つーか、なにこれ、なにこの、なんか、なんもせんで酒が贈られてくる生活? 素敵やん。素敵な人生に乾杯! ちゃんと冷蔵庫で冷やしておきます!が、とりあえず飲む、獺祭。美味しい。久々。久々、もいいところだ。おれが獺祭と名のつく酒を飲んだのは、15年以上前になるだろうか。20代も前半から中盤だ。めったに居酒屋などに行かないおれが(金がないので)、なんだったか居酒 [続きを読む]
  • なぜ世界はアニメ化したがるのか?
  • 買ってみたけど、これはすごいな。そりゃPhotoshopとか使えばできる加工なんだけど、それがリアルタイムで、この精度で、動画もいけるし、いやはや。 / “写真や動画を手書きアニメ風にするアプリ「Olli」が人気に 漫画家やイラ…” https://t.co/KSOxMXCXSe— 黄金頭 (@goldhead) 2018年11月8日……というわけで、「Olli」である。これが全く新しい、革新的な、見たこともないアプリだとは言わない。先行例があるかもしれな [続きを読む]
  • 『超越と実存「無常」をめぐる仏教史』を読む
  • 超越と実存 「無常」をめぐる仏教史作者: 南直哉出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2018/01/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る「超越と実存」と言われると、なにやら近現代西洋哲学(よくわからない)のような雰囲気があるが、実のところ「無常をめぐる仏教史」の本なので安心してほしい。いや、おれが安心しただけなのだけれど。とはいえ、もちろん、「超越と実存」は本書の大きなテーマである。これをもと [続きを読む]
  • シオラン『深淵の鍵』をざっと読む
  • E.M.シオラン選集〈5〉深淵の鍵 (1977年)作者: E.M.シオラン出版社/メーカー: 国文社発売日: 1977/08メディア: ?この商品を含むブログを見る国文社のシオラン選集の最終巻である。このシリーズが出た時点でのシオランネタも尽きた、という感じの一冊である。「ジョゼフ・ド・メーストル論」も、メーストルよく知らんし(いまWikipediaで読んでみたらちょっとおもしろそうな人だったが)、「ヴァレリーとその偶像たち」も、ヴァ [続きを読む]