goldhead さん プロフィール

  •  
goldheadさん: 関内関外日記
ハンドル名goldhead さん
ブログタイトル関内関外日記
ブログURLhttp://goldhead.hatenablog.com/
サイト紹介文双極性障害II型の人間がジプレキサ食いながら書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供278回 / 256日(平均7.6回/週) - 参加 2017/02/08 20:35

goldhead さんのブログ記事

  • むずかしすぎるぜ経済 黙って働いてりゃええだろ
  • 自由のジレンマを解く (PHP新書)作者: 松尾匡出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2016/02/16メディア: 新書この商品を含むブログ (11件) を見るこの経済政策が民主主義を救う 安倍政権に勝てる対案作者: 松尾匡出版社/メーカー: 大月書店発売日: 2017/05/05メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るこの二冊の本を読んだんだがようわからん。水産業における勝川俊雄先生の言い分のように納得できるが、どうも経済につ [続きを読む]
  • さて、帰るか
  • 雨天中断になったあと、ラジオ中継のエモやんと巨人の阿部と実況アナが、カープの整地技術について「土嚢をかついでくるならネコ車を使ったらどうだ」だの、「阪神園芸に比べて人数が少ない」だの、なにやら変な悪口大会になっていておもしろかった。……おもしろかった、といえるのもカープのいいところが出た上でラッキーな勝ちをいただいたからだ。悪くない。雨の中の現地のファン、おつかれさま、おめでとう(もっと試合を見た [続きを読む]
  • さて、帰るか
  • 昨夜は何時に寝たのだろうか。午前0時は過ぎていたとは思うが、4時だの5時だのまで起きていたとか、座椅子で6時までうとうとしてしまったということもない。ともかく、普通に寝た記憶しかない。次の記憶は今朝の午前9時だった。目がさめてトイレに行った。もう少し眠りたいと思ったので、マウスピースをポリデントに沈めて、またベッドに戻った。そしておれは二度寝から目をさました。枕元のiPhoneを見る「16:50」。「?」iPhoneの [続きを読む]
  • 心の病とは言うけれど……
  • 心の病とは言うけれど……、身体にくるのが精神疾患じゃないのか。医師に言わせたらそうじゃないというかもしれないけれど、この頃おれの思うこと。決して、仕事に行くのが嫌だな、という気持ちでベッドに転がってるわけじゃないんだ。脳とその指令が身体に到達しないから、のたうちまわってんだ。そのところが、どうも健常者には理解されていないようなので、遺言のつもりで書く。身体が、動かないんだ。切断だ、切断。おれは動こ [続きを読む]
  • オーツ、グラノーラ、レノアありがとうございます。
  • お恵みものでございますオーツ、グラノーラ、レノアありがとうございます。みな、おいしくいただかせていただきます(……ひとつ死ぬような)。いや、死なないように、ふたつ美味しくいただきます。……とはいえ、グラノーラは牛乳的なものをかけて食べればおいしい。日食オーツ。これは?日食オーツ オートミール 500g出版社/メーカー: 日本食品製造メディア: 食品&飲料購入: 17人 : 153回この商品を含むブログ (6件) [続きを読む]
  • 勝手に予防ごっこしてろ 川西千秋『自殺予防学』を読む
  • 自殺予防学 (新潮選書)作者: 河西千秋出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/06メディア: 単行本 : 13回この商品を含むブログ (4件) を見るなんだよ、自死をすすめるような本(※著者は実行しました 須原一秀『自死という生き方』を読む - 関内関外日記)につづいて「自殺予防」かよ、というところもあるが、予防するというところに希望があるかもしれないのである。単に本棚の近くにあったからという理由があるかもしれ [続きを読む]
  • ※著者は実行しました 須原一秀『自死という生き方』を読む
  • 自死という生き方 (双葉新書)作者: 須原一秀出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2009/12/09メディア: 新書購入: 1人 : 40回この商品を含むブログ (9件) を見る「もともと明るくて陽気な人間が、非常にサバサバした気持ちで、平常心のあま、暗さの影もなく異常性もなく、つまり人生を肯定したまま、しかも非常にわかりやすい理由によって、決行される自死行為がある」ということを今から立証しようとしているのである。 [続きを読む]
  • 立憲バッカー
  • 民進 枝野代表代行 「立憲民主党」結成を表明 | NHKニュース民進党の枝野代表代行は記者会見し、衆議院選挙に向けて、事実上の合流方針を決定した希望の党について、目指してきた理念と政策の方向性が異なるとして、新党「立憲民主党」を結成する意向を表明しました。知らない間にアメリカで乱射事件が起きていたりいろいろな政党ができていたりと(知っていたらおれは政界事情通かフィクサーかという話だが)、選挙を前にゴタゴタ [続きを読む]
  • たしかに清宮幸太郎はカープに似合わない
  • www.hochi.co.jp球団幹部は「行かないということことは、(指名を)しないということ。ものすごい選手だと思うが、うちのスタイルに合わない」と明かした。現場は足の速い選手を要望しているという。言われるほど清宮は守備が下手じゃないし(ポジションは限られているが)、足も見た目ほど遅くない、という話をどこかで読んだ。とはいえ、カープが求める「走れる」は野間や菊池クラスなのかもしれず(そんなのめったにいない)、 [続きを読む]
  • 2017年夏アニメ感想
  • そろそろアニメの「期」が変わる。おれは夏のあいだ、なんのアニメを観ていたのだろうか?異世界食堂異世界に日本の洋食屋が現れる、というお話。これを「日本スゲー」系に分類する気もないが、なんというか異世界転生ものの亜種ではあろうな、と思った。博打ものだが、ほとんどがイカサマ絡みであって、もっと頭脳戦をみたかった。なお、エンディングは相当にお気に入りの模様。DIVE飛び込みもの。途中までしか見ていない [続きを読む]
  • スプリンターズステークスは獲ったけど
  • 第51回スプリンターズステークスの本命はファインニードルだった。これがうまい具合に差してくることを考えていた。一方で混戦だという思いもあった。だから三連複5頭ボックスという、おれが好きな買い方の割に結果が出ていない馬券も買った。まず本命のファインニードル、Mデムで一番人気のレッドファルクス、中山得意のメラグラーナ、先行馬少なめの中で有利そうで虎石も推すワンスインナムーン、内枠から最内強襲があるのではな [続きを読む]
  • さて、帰るか
  • 小雨のなか、ずったらずったら歩いて安アパートに帰って、時間も遅かったのでパスタを茹でていたら、会社から出頭要請。普通だったらカッとなるところだが、落ち着いたこころで「晩御飯を食べたら行きます」とメール。おれはこのところ、遠くない時期に自殺するであろうことを予期しているので、ちょっとやそっとじゃカッとしたりしない。落ち着いている。どうせ死ぬのだ。……と、言いたいところだが、「もう死ぬ人間にくだらん命 [続きを読む]
  • お豆ありがとうございまう
  • ま、おま、お豆、お豆ありがとうございます。おまえ、というか、おれ、豆まみれでございます。豆はいいです。グリーンピースはちょっと苦手だけど(食感)、ソラマメもちょっと苦手(カエルっぽいから)だけど、ほかの豆は、こ、好物なんだな。というわけで、ハインツのビーンズ電子レンジでちーん。けっこうな量がある。味がついているので、そのままスプーンですくって食う。食う。食う。豆、豆、豆。……なんかいい感じの貧民感 [続きを読む]
  • バッタの人たちの住むところが無くなってしもうた
  • 排水口にたまった土からコムラサキが生え、繁り、実もそろそろ色づこうというころ。こんなんなってもうた。土曜だったか日曜だったか、昼ごろ起きて、なんかごそごそ外から音がしてて、「近所に植木屋でも来てるのかな?」と思ったら、このアパートやった。コンコン、とドアがノックされたら、赤い制服を来た便利屋のおっさんがいた。「いまから洗濯物を干している下の雑草をやりますけどいいですか?」というので、寝起きで髪型が [続きを読む]
  • いろいろと惜しい 『コップ・カー』
  • COP CAR/コップ・カー [Blu-ray]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)発売日: 2016/08/02メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (6件) を見るCOP CAR/コップ・カー(字幕版)発売日: 2016/08/02メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見るコップンカー。骨粉か? いや、『コップ・カー』(←じぶんでも面白くないのわかってて、それでも書かなければいけないときってあるよね?)。アメリカのど田舎で10歳くらいのガキ [続きを読む]
  • お米と鯖水煮缶ありがとうございます
  • とか言ってると、ごはんと鯖水煮缶が送られてきます。ありがとうございます。さばの水煮缶の話をします。さばの水煮缶はいいです。どこがいいかというと、そのまま醤油でもかけて食べてもいいし、お好み焼きに入れてもいいし、トマト缶と缶同士で煮込んでもおいしいからです。ここでサバの水揚げ量の年次グラフを見てみましょう。嘘です。サバはきっと月の裏側からやってくる。ナチスの秘密基地からやってくる。そして空を飛ぶ。そ [続きを読む]
  • オンブバッタのようにしれっと生きられないものだろうか?
  • 台風が去ったあとのこと。アパートのドアを開き、ドアを閉める。鍵を置く。ふと観葉植物を見る。なにか変だ。そこにいる。しれっとそこにいる。「いや、わたしたち枝葉ですよ。お気になさらずに」というふうにいる。いやいやいや、ちょっと待て。いくらなんでもしれーっとしていても、君らバッタやん。オンブバッタやん。葉っぱ違うやん。部屋の中におったらいかんやん。というわけで、両の手を覆いかぶせるようにして、二匹とも外 [続きを読む]