税務のK さん プロフィール

  •  
税務のKさん: 会計事務所の転職ルール
ハンドル名税務のK さん
ブログタイトル会計事務所の転職ルール
ブログURLhttp://onesprofession.net/
サイト紹介文会計事務所(税理士事務所)に10年で3回転職した私の体験談を書いています(・∀・)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 245日(平均2.8回/週) - 参加 2017/02/18 18:39

税務のK さんのブログ記事

  • 会計事務所転職エージェントランキング
  • 優良な会計分野求人とはどこで出会える?マイナビエージェント求人数5.0専門性5.0可能性5.0特徴:利用者満足度が非常に高い!マイナビが運営する転職エージェント、自社媒体が持つ強みを活かし他のサイトにはない独自の求人情報や経理や会計士といった専門スキルを持った方の求人情報が多いのが特徴。業界・職種別に専任制のチームが編成されキャリアアドバイアーのスキルも高く、サポートも的確にアドバイスしてもらえるので外せ [続きを読む]
  • 会計事務所の転職サイトランキング
  • 優良な会計分野求人とはどこで出会える?マイナビエージェント求人数4.0専門性5.0可能性5.0特徴:利用者満足度が非常に高い!マイナビが運営する転職エージェント、自社媒体が持つ強みを活かし他のサイトにはない独自の求人情報や税理士や会計士といった専門スキルを持った方の求人情報が多いのが特徴。業界・職種別に専任制のチームが編成されキャリアアドバイアーのスキルも高く、サポートも的確にアドバイスしてもらえるので外 [続きを読む]
  • 会計事務所1年目で不安に感じている方へ(10年後も食っていける仕事?)
  • 会計事務所に入社してまだ1年目だけど、この業界で本当に一生食っていけるのか?と、なんとなく不安に感じている方へ。先輩の手伝いや会計ソフトの入力作業をやらされているけれど、なんだかこの業界にずっといて大丈夫なのか不安…。所長がなんだか怖い雰囲気。周りの先輩も「あの人は変わっている」なんていってるし、本当についていって大丈夫なんだろうか…。こういう不安をお持ちの方も多いと思います。今回は、会計事務所で1 [続きを読む]
  • 会計事務所から一般企業(上場企業)に転職してみた体験談
  • 会計事務所から一般企業への転職を目指すという場合、転職先として選ぶ企業の規模は気になるところだと思います。私自身は中小企業経理と上場企業経理の両方を経験していますが、結論から言うと上場企業の経理職がおすすめです。上場企業を選ぶメリットとしては以下の2つが挙げられます。 ①給料などの福利厚生の面②仕事内容のおもしろさ いずれの面でも上場企業クラスの企業に入ると、圧倒的に良い環境に恵まれます。(会計事務 [続きを読む]
  • 会計事務所から1年間で転職するのはアリか?
  • 「せっかく入社した会計事務所。1年間ほど頑張ってみたけどどうも合わない…」と感じてしまっている方ももしかしたらおられるかもしれません。会計事務所は非常に小さい組織(従業員10名以内など)であることがほとんどですから、環境が自分の性格や適性にマッチしないということは実はよくあることです。「1年間で転職してしまうと、転職活動も不利になるかも?」と思われる方も多いかもしれませんが、次のような明確な転職理由が [続きを読む]
  • 会計事務所の実務経験は一般企業経理でも評価される?
  • 会計事務所で働き始めて3年。当初は税理士試験の勉強と同時進行で頑張ってきたけど、どうも違うキャリアプランに変更した方が良いような気がしてきた。一般企業の経理職は実務経験者でないと転職は難しいらしいけど、会計事務所での実務経験は一般企業経理でも評価されるのかな…?会計事務所で働いている人の中には、進路変更を求めて一般企業経理への転職活動を検討している方も多いかもしれません。今回は会計事務所経験者が一 [続きを読む]
  • 会計事務所と一般企業経理の仕事内容の違いは?
  • ごく簡単にいうと、会計事務所の仕事はお客さんの企業から「経理業務の難しい部分」を丸投げしてもらうことです。経理業務というのは、日常の仕訳入力のような比較的単純な業務と、決算や税務申告といった難しい業務の2つに分けられます。比較的単純な経理作業は顧客企業のスタッフに担当してもらい、会計事務所ではその作業のチェックと、決算や税務申告の業務を担当するというような形で役割分担を行うことになります。お客さん [続きを読む]
  • 経理に男性が転職するのは難しい?20代後半〜30代の求人選択ポイント
  • 男性の方が周りの人に「転職先として経理を目指している」という話をすると、「女性が中心の部署だから難しいんじゃないの?」といわれる…というケースはひょっとしたら多いのかもしれません。ですが、「経理は女性のもの」というイメージを持っている人のほとんどは、おそらく従業員数人〜数十名程度の小さな企業での実務経験しかない人だと思います。実際、中小零細企業では社長の奥さんなどが経理を担当しているというようなケ [続きを読む]
  • 会計事務所転職と年齢のシビアな関係
  • 会計事務所への転職では、年齢についての条件がある程度厳密に存在しているというのが現実です。今回は、未経験で会計事務所への転職を検討している方向けに、転職活動開始時点の年齢から取るべき戦略について解説させていただきます。20代前半の人想定年収:250万円〜300万円程度20代前半(20歳〜24歳)で会計事務所に入社するという人の多くが、社会人経験なし、または第二新卒の方です(大学卒業後、一般企業に就職したものの数 [続きを読む]
  • 転職で女性が会計事務所を目指す際に注意すべきポイント
  • 会計事務所を目指して転職活動を行なっている女性の中には、「会計事務所は女性が結婚、出産後にも働いていける職場環境?」といったことや「男性と女性で年収に格差があるのかも…」と不安に感じておられる方も多いかもしれません。今回は、女性が転職先として会計事務所を選択する場合に注意しておくべきポイントを解説させていただきます。実際に会計事務所への転職を成功させた2人の女性(25歳SEからの方と、29歳経理部からの [続きを読む]
  • 会計事務所は従業員の給与水準をどうやって決めている?
  • 会計事務所が従業員の給与水準を決めるときには、以下の基準を参考にしていることが多いです。 担当している顧問先の報酬合計×35%〜40%(労働分配率) 労働分配率というのは事務所が得ている報酬のうち、どれぐらいを労働者である従業員に分配しているか?という割合のことで、会計事務所の場合はだいたい35%〜40%が相場です。会計事務所の給与水準の具体例上の計算式から考えて、具体的にどのぐらいの給与水準が適正なのか具体 [続きを読む]
  • 会計事務所の転職では科目合格がある方が有利?
  • 会計事務所に入社する時点で、税理士試験の科目合格を何科目持っているか?はその人の給与の金額にある程度影響があります。なぜかというと、会計事務所職員のお給料というのは「担当しているお客さんの毎月の顧問料×担当件数」によって決まるからです。会計事務所職員のお給料は以下の計算式でおおよそ決まると考えて問題ありません。担当している顧問先の報酬合計×35%〜40%顧問先の報酬合計というのは「顧問先1件あたりの顧問 [続きを読む]
  • ブラックな会計事務所の見分け方【4つの具体的な基準】
  • ブラックな会計事務所を見分ける具体的な方法としては、次の4つの基準を知っておくと良いです。 ①給与水準②予想仕事量が適正か③所長の人格④働いている人たちの状況 ブラックな会計事務所にはこれら4つの基準それぞれから見て明らかな特徴がありますから、転職活動を行う段階で「ブラックな特徴」がある会計事務所を候補から外していくことが大切になります。以下、これら4つの基準それぞれの意味について順番に解説させていた [続きを読む]
  • 会計事務所の月末は忙しい?
  • 会計事務所の仕事というのは、基本的にはお客さんである得意先企業の決算と税務申告です。企業の決算と税務申告の期限は「決算月の翌々月末日まで」というのが法律のルールですから、月末に間に合うように仕事を進めていく必要があります。(例えば、3月決算の得意先の場合、5月31日までに決算と税務申告を完了しなくてはなりません)月末を目標に仕事を進めていきますから、必然的に月末近辺は忙しい…という状況になるわけですね [続きを読む]
  • 会計事務所の仕事に「ついていけない…」と感じている方へ
  • 会計事務所の仕事についていけない…と感じる場合、原因は次の3つのうちのどれかだと考えられます。 ①まだ仕事に慣れていない②会計事務所の仕事そのものが合わない③所長や会計事務所との相性が悪い 以下で順番に対処法を見ていきましょう。①まだ仕事に慣れていない会計事務所に入社して1ヶ月〜3ヶ月という方が「ついていけない…」と感じている場合、まだ今の仕事に慣れていないというのが原因であることがほとんどです。対処 [続きを読む]
  • 会計事務所の求人ピークは何月?
  • 会計事務所への転職を考えている方にとって、求人のピークはいつ頃か(いつ頃求人に応募するのが採用されやすいのか)は気になるポイントですよね。今回は会計事務所の年間の業務スケジュールから、採用求人のピークがいつ頃になるのかを解説させていただきます。会計事務所の求人ピークは8月〜9月会計事務所はおおよそ以下のようなスケジュールで業務が進んでいきます。 1月〜3月:繁忙期(確定申告業務)4月〜5月:やや忙しい時 [続きを読む]
  • 飲み会なしの会計事務所求人はどうやって見分ければいい?
  • 税理士試験の勉強時間を確保するために仕事の後は飲み会などで時間は取られたくない。飲み会などの無駄な時間がない会計事務所の求人に応募したい…。仕事をしながら税理士試験への合格を目指している人にとって、仕事の時間以外でプライベートの時間を確保できるかどうかは切実な問題ですよね。とはいえ、入社前に職場の環境や仕事以外での時間の使い方について確認すると言うのはなかなか難しいものです(面接で直接聞くぐらいし [続きを読む]
  • 【会計事務所のアルバイト】簿記資格を持っていると仕事に役立つ?
  • 会計事務所のアルバイトを探している人の中には、「会計事務所で働くには簿記を取得していないといけない?」「簿記何級以上を持っていたら給料が上がる?」あるいは「採用されてから簿記資格を取得するように言われる?」などなど、簿記に関しては不安に感じている人が多いかもしれません。結論からいうと、あなたが現在は簿記資格を持っていなかったとしても会計事務所のアルバイトに採用される可能性はじゅうぶんにあります。し [続きを読む]
  • 会計事務所に入るならおすすめはアルバイト?それとも派遣?
  • 会計事務所でアルバイトや派遣として働くことを検討している人の中には、「アルバイトと派遣の違いはどんなこと?」「給料が高いのはどちら?」「正社員に登用されやすいのは?」といった疑問を持っている方も多いかもしれません。ここでは正社員以外の採用方法で会計事務所に応募する場合の3つの選択肢(アルバイト、派遣社員、紹介予定派遣)について、それぞれのメリットとデメリットを解説させていただきます。会計事務所に正 [続きを読む]
  • 会計事務所では必ず税理士を目指さないといけない?
  • 会計事務所への転職を目指す人の多くは、税理士資格の取得を目指していると思いますが、必ずしも全ての人が税理士資格を目指しているわけではありません。※この辺りの事情についてはこちらの記事(>>会計事務所の実態)でも解説させていただいていますので参考にしてみてください。会計事務所希望者の中には、あくまでも税理士の補助業務をライフワークバランスを重視して選ぶという方も少なくないのです。これまで経理関連の仕事 [続きを読む]
  • 会計事務所の転職面接では筆記試験がある?
  • 会計事務所の面接時には、簡単な筆記試験を実施しているところも多いですね。筆記試験といっても大企業の筆記試験やSPIのようなものではなく、簡単な簿記の仕訳問題や、基本的な税法についての知識についての試験です。私が経験した中では「次の中で国税のものを選べ(法人税、事業税、酒税…)」とか「確定申告とはどういうものか簡単に説明せよ」といったような簡単な選択問題や記述問題が出題されていたように思います。あと、 [続きを読む]
  • 会計事務所、税理士事務所、税理士法人の違いは?
  • 会計事務所の求人情報を見ていると、「会計事務所」「税理士事務所」「税理士法人」といったように、いろんな名称をつけている事務所があるのに気づくと思います。その違いが気になっている方も多いと思いますので、解説させていただきますね。まず、会計事務所と税理士事務所というのはほとんど同じ意味です。税理士として開業するときには、「税理士事務所」が正式名称で、税理士会への登録もこちらで行います。実際には会計事務 [続きを読む]