ぽち猫 さん プロフィール

  •  
ぽち猫さん: ねこの家
ハンドル名ぽち猫 さん
ブログタイトルねこの家
ブログURLhttps://chatmaison.blog.fc2.com/
サイト紹介文猫好きな機械音痴が綴る、夢日記やどう森&ポケモン関連のプレイ日記が無造作に詰め込まれたブログです。
自由文初めまして、ぽち猫です。
猫とカタツムリと同居中の機械音痴です。

主に夢日記、どう森&ポケモン関連のプレイ日記を書いていこうと思っています。
…思っているだけです。
あくまで思っているだけで、予定はいつでも未定です。

ゆったりのんびり、猫のように気ままなブログを目指して頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供757回 / 365日(平均14.5回/週) - 参加 2017/02/11 14:26

ぽち猫 さんのブログ記事

  • 「わちーふぃる村」物語 第279話
  • こんにちは、ぽち猫です。Mちゃんから「夢占いしてあげるから、単語だけで説明してね!」とメールが来たので「いじめ→追突事故→ケーキ屋さん→隠れん坊→水田→親と子(少女と青年)の家族愛→手拭い職人の葬式…で、とても感動的な内容だったよ!」と返事をしてから、早数時間…(未だに占いの結果が届きません…)。「どう森」プレイ日記は追記に書いています。 [続きを読む]
  • 「わちーふぃる村」物語 第276話
  • こんにちは、ぽち猫です。今日、見た夢は“母と一緒に大き目の四角いタライいっぱいに入れられた黄色い砂の中から、海の生き物を模ったフィギュアを発掘していく”という、とても楽しい内容のものでした(「水を入れたら解けるって、聞いたことがある!」の一言から、ホースで水を入れてジャボジャボと砂の塊を解していました…)。「どう森」プレイ日記は追記に書いています。 [続きを読む]
  • ペットマト栽培日記<41日目>
  • こんにちは、ぽち猫です。夜10時に寝て、朝6時に目を覚ます…という、とても健康的な睡眠時間を堪能しましたが、その時に見た夢が“大晦日の夜10時に寝て、気が付くと年を越していた”という、何とも言えない内容のものでした(夢の登場人物が“あまり話した事がない同級生”だった事も、何とも言い難いポイントです…)。「窓辺菜園」計画日記は追記に書いています。 [続きを読む]
  • 「わちーふぃる村」物語 第274話
  • こんにちは、ぽち猫です。今日は一日中、祖母の介護認定の審査と病院の付き添いをしていたのですが、祖母が「娘が三人で、孫は男の子一人だけ。」と、隣に居る孫の存在を全否定する発言を笑顔で言い放った時は、流石に悲しい気持ちになってしまいました(祖母の子供は母と叔母の“二人”だけですし、孫は私と従弟Sの“二人”です…)。「どう森」プレイ日記は追記に書いています。 [続きを読む]
  • ポケットキャンプ 第25話「村長、ついにやり遂げました。」
  • こんにちは、ぽち猫です。祖母宅から回収してきた人形が「わたーしはえんとーつそうじーやさーん!」と長々と歌っていたので気になって色々と調べていたのですが、ネルルちゃんの歌える曲に“チム・チム・チェリー”が入っていないと知って戦慄が走りました(知り合いに「夢でも見てたんじゃない?」と笑われたのですが、私はその人に教えてもらうまで曲の存在すらも知らなかったのですよね…)。「どう森」プレイ日記は追記に書い [続きを読む]
  • 「わちーふぃる村」物語 第273話
  • こんにちは、ぽち猫です。とてもストーリー性の強い夢を見たのですが、漫画を読んでいる時の感覚で物語が進んでいたので、上手く文章にまとめられる自信がありません…(私が絵を描ければ良いのですが、四コマ漫画すら描いた事がないので諦めました…)。「どう森」プレイ日記は追記に書いています。 [続きを読む]
  • 「わちーふぃる村」物語 第272話
  • こんにちは、ぽち猫です。夢日記アプリ内でコメントのやり取りをした事のある方が「ぽち猫さんが夢日記を書くのを止めてしまったので相談が出来なくて…。」というようなタイトルの夢日記を投稿していた事に気付いて、物凄く焦る夢を見ました(「いや、退会してないから!最後の投稿から、まだ1ヶ月くらいしか経ってないからね!」と、画面越しにツッコミを入れていました…)。「どう森」プレイ日記は追記に書いています。 [続きを読む]
  • 添付イラスト画像 まとめ6
  • こんにちは、ぽち猫です。また携帯の調子が悪くなったのか、“ブックマーク”のデータが全て吹っ飛んでいました…(見た時は顔面蒼白になりましたが…よく考えると、交換した時から入っていたオススメ公式サイト一覧等も綺麗に消えていたので、逆にスッキリして良かったのかもしれませんね)。追記に今まで投稿した、イラスト関連の画像の説明が書いています。 [続きを読む]