どにゃるど.com さん プロフィール

  •  
どにゃるど.comさん: シーゲル流米国株ポートフォリオでアーリーリタイア
ハンドル名どにゃるど.com さん
ブログタイトルシーゲル流米国株ポートフォリオでアーリーリタイア
ブログURLhttp://donyarudo.com/
サイト紹介文「中配当成長バリュー株」中心ポートフォリオで早期リタイアを目指す投資状況を完全公開するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供322回 / 287日(平均7.9回/週) - 参加 2017/02/11 16:39

どにゃるど.com さんのブログ記事

  • 税制改革は大丈夫だと信じてるけど、大丈夫?
  • 税制改革案が下院を通過議会下院が16日に、税制改革法案を賛成227、反対205の賛成多数で可決しました。法案の審議は今後、上院に移ります。さっさと上院も法案を通して、税制改革を実行したとの実績を片手に、来年の中間選挙へといけばいいのですが・・・そうそう簡単にはいきそうにありません。上院通過は問題山積そもそも上院の共和党は100人の定員に対して52人と過半数ギリギリです。その上、税制改革にオバマケア向けの補助金 [続きを読む]
  • 保有していないIBM株の売却記事を見て、ポートフォリオ調整に動く
  • 他の投資家さんのブログ記事を読んで他の投資家さんのブログを拝見させてもらっていると、この秋はIBMを売却したという方が多いように見受けられます。IBMホルダーでない自分からすると、ようやく長い低迷から業績底入れ感が見えた決算内容だったのにと、一見すると感じます。しかし、IBMホルダーの方の立場にたつと、長期に渡ってIBM復活を信じてホールドを続けて、今回22四半期連続の減収ながらも、決算内容に光が見えました。そ [続きを読む]
  • 人工知能の勝者企業よりも、自分が敗者にならないことの方が大事
  • 人工知能の進化は人間の手を離れたアルファベット傘下のディープマインドが開発した人工知能が、2016年に囲碁の世界チャンピオンを破り、また世界最強の囲碁ソフトとされていた旧システムに100戦全勝したことで、人口知能の急激な進化を見せつけられました。そして、今や、人間が人工知能の進化させるのではなく、機械が自分で勝手に学んでいく、勝手に進化していく時代になっています。旧ソフトの「アルファ碁」は、実際の棋士に [続きを読む]
  • ボーイングは好決算もピークは近いか?
  • ダウをけん引するボーイングだがそろそろピーク?ボーイングの決算は、売上高は前年同期比2%増の243億900万ドル、純利益は19%減の18億5300万ドル、EPSは2.72ドルと市場予想を上回る好決算でした。ボーイング株は年初来で71%高と、ダウ平均の上昇率トップで、市場をけん引しています。8月25日の本ブログ記事:「絶好調銘柄ボーイング その戦略の大いなる誤算に注意」にて、ボーイングは原油安で、低価格路線への転換をせまられてい [続きを読む]
  • 21世紀フォックス争奪戦の行方は?
  • 21世紀フォックスにむらがる企業21世紀フォックスの買収合戦が白熱を帯びてきました。発端はディズニーでした。11月6日に経済テレビ局CNBCが、21世紀フォックスがウォルト・ディズニーとの間で、事業の大半を売却する方向で協議したことを報じました。ディズニーとの協議不調で、争奪戦にしかし、どうやら先週のウォルト・ディズニーとの協議は不調に終わったようです。その動きを待っていたかのように、新たな買い手が次々と現れ [続きを読む]
  • 新5カ年計画、やっぱり中国バブル崩壊の心配なし
  • アマゾンのAWS、中国から撤退!アマゾンのクラウドコンピューティング・サービスAWSが、中国市場をあきらめました。北京光環新網科技が13日に、「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」の中国法人を最大20億元(約340億円)で買収すると明らかにしました。さすがのアマゾンでも、中国政府というワイドモートは乗り越えられなかったようです。しかし、本当に世界はこの明らかな中国の不公平を、だまって見過ごすしか出来ないのでしょ [続きを読む]
  • 景気好調にも過熱感を感じず、だらだら上がっていきそうです
  • 景気・株価は好調ですが好決算後の、材料出尽くしで、調整入りしましたね。しかし、9月・10月とほとんど調整なくきたことを考えれば、好ましい調整だと思います。米国景気は好調です。いや、米国だけでなく、新興国・欧州・アジアといまや、世界中が好調といっていい状況です。しかし、そんな世界同時株高といっていい状況にもかかわらず、自分には過熱感は感じられません。過度の熱狂のない株高は、予想以上に長続きしそうです。 [続きを読む]
  • AT&Tのタイムワーナー買収は株主利益となるのか
  • エヌビディアの仮想通貨向けGPU売上高が大幅減エヌビディアは決算で、急成長している「ビットコイン」などの仮想通貨のマインニング(採掘)向けGPUの売上高が前期の1億5000万ドル(約170億円)から半分以下の7000万ドルに急減したことを明らかにしました。株式でエヌビディアは、いま最も絶好調な銘柄です。また、仮想通貨もバブルが懸念されるくらい好調です。それなのに、マインニング向けGPUの売り上げが激減のサプライズは、 [続きを読む]
  • IBMの逆襲がはじまる、量子コンピューターで1歩リード!
  • GEは、航空・電力・ヘルスケアの3大事業に集中へGEは、航空事業、電力事業、ヘルスケア事業の3大事業に注力し、その他の事業の大半から撤退する見通しのようです。このほか、GEオイル&ガスとの統合後、7月に上場企業となった油田サービス大手のベーカー・ヒューズの過半数株式を最終的に売却する方針のようです。そして、注目の配当に関する結果ですが、1株当たり現在0.24ドルの配当を50%減配の0.12ドルにすると発表しました。株価 [続きを読む]
  • 11.11 「独身の日」にアリババと中国の本気を見た、もう凄すぎです!
  • わずか13時間で2兆円の売り上げ、そして!中国では11月11日は「独身の日」と呼ばれていて、その日に合わせてネットでセールが行われます。独身者に、自分の為に品物を購入してと呼び掛けてはじまった「Eコマース祭り」です。とにかく勢いがスゴすぎなんです!午前0時から爆買い状態!とにかく買いまくりです。午前0時のセール開始からわずか28秒で売り上げ10億元(約170億円)を突破!3分1秒で100億元(約1700億円)を突破! 去年は100 [続きを読む]
  • 感情に任せて中国企業をあなどってはいけないと思う
  • AT&Tのタイムワーナー買収に司法省が条件AT&Tによるタイムワーナーの買収をめぐって、司法省が承認の条件として、ワーナー傘下のニュース専門局CNNなどの売却を要求していることが8日、明らかになりました。司法省の反トラスト局は、CNNなどを抱えるワーナー子会社のターナーか、AT&T傘下の衛星放送大手ディレクTVの売却を要求しているとのことです。それに対して、AT&Tはどちらの要求も受け入れられないとして、法廷闘争に向けた [続きを読む]
  • 割高か割安かを最優先すると致命傷を負いかねない
  • 記録的な10月今年の10月は、まさに最高値を更新し続けた月となりました。ナスダック総合指数は終値の最高値を12回更新しました。S&P500種指数も終値の最高値を11回更新しました。S&P500種は2.2%、ナスダックは3.6%、ダウ平均は4.3%、それぞれ値上がりしました。相場をけん引したのはやはりテクノロジーで、10月に7.7%上昇しています。市場の声は聞こえているか?今年の株式市場は、年初から一貫して声を上げ続けています。その声は [続きを読む]
  • IT大手の相次ぐ好決算で、巨大化が止まらない
  • IT大手が好決算を連発!アマゾン、アルファベット、マイクロソフト、フェイスブック、アップルの世界時価総額BIG5がそろって好調な決算を発表しました。この好調な決算を受けて共に株価が上昇しています。アルファベットは、スマートフォンでタップされる広告数が増えたことで、第3四半期の純利益が33%増加しました。また、広告以外の収入が40%増の34億1000万ドル(約3890億円)となり、さらに比較的新しいクラウド事業の強さも示 [続きを読む]
  • 正直いってアリババを完全になめていました
  • スプリント、今度はチャーターと交渉開始ニューヨーク・ポストが、ソフトバンクとCATV大手チャーター・コミュニケーションズがここ数日間にわたって合併交渉を行ったと報じました。記事では、現在話し合われているのが、スプリントによるチャーター買収なのか、スプリントとチャーターの合併なのか、などの詳細には触れていません。孫さんは、簡単にはあきらめないとは思っていましたが、さすがに動きが早いですね。アリババってど [続きを読む]
  • 自分の投資は「中配当成長バリュー株」に行き着きました
  • 司法省がAT&Tのタイムワーナー買収阻止へ司法省が、AT&T によるタイムワーナー買収計画の阻止へ向けて、反トラスト法(米独占禁止法)に基づく提訴を前向きに検討しているとの情報が入ってきました。司法省の反トラスト法部門は、買収阻止に乗り出す場合に備えて訴訟の用意を整えているとのことです。その一方、条件付きの政府承認につながる和解条件についても両社と議論していますが、司法省と両社はまだ合意に近づいていないと [続きを読む]
  • 本日は保有銘柄では最後になったバークシャーの決算発表
  • アリババは文句なしの好決算もアリババは文句なしの好決算でしたが、利益確定売りに押されて、-0.68%で引けました。決算数日前から高騰していたので、織り込まれ済ということでしょうが、この辺に中国企業への警戒感と人気のなさが伺えますね。個人的には、決算内容から売却する理由は全く見当たらず、予定通りホールドします。いよいよ最後、バークシャーの決算発表保有銘柄の決算発表のトリ飾る「バークシャー・ハサウェイ」の決 [続きを読む]
  • フェイスブックも最高益、本日はアップルとアリババの決算発表
  • 決算発表も終盤戦の山場に突入フェイスブックは、売上高が+47%と過去最高益、純利益も+79%、EPSも市場予想を上回り好決算でしたね。本日は、アップルやダウデュポン・スターバックスなどの決算発表が予定されています。注目は何と言っても、アップルですね。保有銘柄「アリババ」の決算発表本日は、保有銘柄第五弾「アリババ」も決算発表です。最近の決算内容の推移を見てみましょう。売上高:Q3 51億4000万ドル(+47.3%) 2017/ [続きを読む]
  • 下落するグロース株の地獄、底なしのアンダーアーマー!
  • アンダーアーマーの下落が止まらないアンダーアーマーの決算発表は、今回も絶不調決算でした。売上高が上場以来はじめて減少に転じ、EPSも市場予想を下回り、さらには通期見通しも下方修正と、マイナス方向にパーフェクトな内容でした。主力の北米での販売不振で、純利益も -57.7% と悲惨の一言です。この決算を受けて、株価はなんと21.78%も下落しました。株価は、最高値時から約90%の下落で、10分の1になってしまいました。まさ [続きを読む]