plumeria さん プロフィール

  •  
plumeriaさん: Pas de Quatre
ハンドル名plumeria さん
ブログタイトルPas de Quatre
ブログURLhttp://pasd124.blog.fc2.com/
サイト紹介文花より男子の二次小説サイトになります。特に類と 総二郎が大好きですべてハッピーエンドなります。
自由文読むだけでもの足らず、とうとう自分で書いてしまいました。自己満足の表現不足とは思いますが、楽しんでいただけたらと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供695回 / 283日(平均17.2回/週) - 参加 2017/02/11 19:32

plumeria さんのブログ記事

  • カフェラテに浮かべたメッセージ・11
  • お台場にある大観覧車に向かったのはゆっくりと食事をした後の午後8時。シースルーゴンドラにしようかって言ったらものすごい勢いで嫌がられたから仕方なくカラーゴンドラにした。時間にして1周は16分らしい。今日はここもあんまり混んでいなくてあっさりと乗れた。「ここってさ、昼間に乗ったらレインボーブリッジの向こうに東京タワーが見えるんだよ?それにさ、もちろんスカイツリーでしょ。あとは東京ゲートブリッジも向こ [続きを読む]
  • 10月の向日葵 (70)
  • 旭川の大きなスーパーに買い物に来ていた。もう随分寒いからコートにマフラーまでして顔の半分ぐらいが隠れるような格好してるんだけど、そうでもしないと食品売り場なんて歩けないくらいだった。大きなカートに二つもカゴを乗せて、たった2人分なのに大量の食料品を入れていく。総二郎は珍しい物を色んな場所で発見してきてはカゴに入れていって、また何処かに消えていく。意外と子供っぽい所があるんだね・・・そんな彼の後ろ姿を [続きを読む]
  • Sister Complex ・番外編・5〜恋の予感 〜
  • <日本・高城邸>「あのさぁ・・・倒れたって言うから飛んで帰ってきたのに、ぎっくり腰って結果はなんだよ!人騒がせな・・・俺、そこまで暇じゃないんだけど!アメリカでの会議の数って知ってるよね?俺が一日いないとどれだけ処理が遅れると思ってんの?」東京の自宅マンションで父さんがベッドに寝たままで、母さんはバツが悪そうに側に座っていた。あんなに切羽詰まったような声で大至急でかけてきたから、命に関わると思って全部仕 [続きを読む]
  • カフェラテに浮かべたメッセージ (10)
  • 凄く気持ちが良くて、とってもいい香りがして・・・このままずっと寝ておきたい気分になっていた。でも・・・実は途中で気がついていた。これは牧野の膝の上で、俺の肩には牧野の手があって・・・そして髪を撫でられてる。本当はすごく擽ったくて飛び起きたかったけど、この温もりをまだ感じていたかった。だから、寝とぼけたフリして牧野の手を掴んでいたんだ。この手を離したくないな・・・まだ、何にも知らないのにね。この子のこと・・・俺は [続きを読む]
  • 10月の向日葵 (69)
  • 退院してから2週間が過ぎた頃、総二郎とまた検診のために病院に向かった。こんな地方の街ではそこまで心配しなくてもいいんだろうけど、西門のニュースで総二郎の顔もテレビでその日だけ何回も流れた。だからちょっとだけ警戒して伊達眼鏡なんてかけてる。しかも黒縁の・・・それがどうしても可笑しくて笑ってしまう!「何だよっ!これでもメガネが似合うって言われてんだぞ?かけるとさ、すごく真面目な人間に見えるだろ?」「ぷっ [続きを読む]
  • カフェラテに浮かべたメッセージ (9)
  • 朝は食べられないことのほうが多かった。花沢の自宅ではおそらく一度も食べてはいない、と思う。あんなに広いダイニングで一人っきりで食べても美味しくないっていうのもある。それも小さい時からだから、今更並べられてもね。それなのに毎朝豪華に出される朝食の中で、口にするのはコーヒーだけ。それも一口だった。「陽だまり」に行くようになってからだ。はじめはマスターのコーヒーとサンドイッチだった。それを食べる癖がつい [続きを読む]
  • 10月の向日葵 (68)
  • 『西門総二郎さんと言えば、あの有名な英徳学園で世界的企業の道明寺司氏とも同級生ですよね。さすがですねぇ、お相手は元華族の和泉家のお嬢様ですからお似合いですよねぇ。記者会見も見たかったですねぇ!』『西門流の方では総二郎さんの修業先は極秘とのことでしたが、よく行かれるのは京都の方と聞いていますよ?これだけの男性ですから見かけた人がツィッターとかに載せそうですよねぇ!』暢気な声が室内に響いて、笑顔でその [続きを読む]
  • Sister Complex ・番外編・4〜恋の予感 〜
  • TAKASHIRO HOLDINGの大会議室でこの大騒動の後2時間以上も遅れて説明会は始まった。正面には新商品開発担当者がずらっと並び、その中央には今時の女の子の格好をした翔子が、場違いな雰囲気そのままに座っていた。俺はその横に並んだ共同事業社のトップとして一番前の席に座ってモニターを・・・いや、翔子を見ていた。「それではMITと協力して開発した自動投薬器具のサンプルとそれに関する資料をお見せしましょ [続きを読む]
  • カフェラテに浮かべたメッセージ (8)
  • 「どうしよう・・・何着ていけばいい?スカート・・・ジーンズ?いや・・・やっぱりここはスカートだよね?ミニはだめよね・・・。何だか頑張ってる感じじゃない?出来るだけおとなしくしたほうが印象いいかも・・・でも、類はどんな格好が好きなんだろ・・・」朝から自分の部屋は泥棒が入ったよりもとんでもない有様で、足の踏み場もないほど持ってる服を広げまくった。それでも決められないで、もう何分間も頭を抱えていた。だって、褒められたいじ [続きを読む]
  • 10月の向日葵 (67)
  • 別荘で生活を始めて数日、つくしは自分で出来る範囲の家事を頑張っていた。もちろん、今は力を入れることが出来ないからやれる事は限られているが、それを助けることは苦ではなかった。むしろ何もできなかった時と比べると、これを幸せにも感じられるほどだ。それをつくしは申し訳なく思うのか、手伝ってくれとは滅多に言わなかった。時々見ていたら凄く危なっかしい。医者から言われているのは重いものを持たないことぐらいで、機 [続きを読む]
  • カフェラテに浮かべたメッセージ (7)
  • その日は朝からソワソワしていた。あれから毎日、類は来るんだけど、動物園の話は出ないから忘れちゃったんだと思っていた。明日が休みなんです・・・そう言ったらなんて言うかしら。あっさり仕事だって言われたら立ち直れないかもっ!!店内にはちょうどモーニングのお客様が途切れたところで、私も一息ついていた。そろそろ来るかな?・・・今日はまだ見ていない彼の事を思ってバゲットの準備をした。一番下にはチーズをひいて、その上 [続きを読む]
  • 10月の向日葵 (66)
  • つくしが助手席で寝ていたときに鳴ったのは志乃さんからの電話だった。運転中だしつくしがいる・・・慌てて電話を切って、名寄のスーパーについたときに折り返してみた。「もしもし・・・志乃さん?何かあった?」『あぁ・・・!総二郎様ですか?今はどこに・・・?私は今は自室ですから大丈夫ですわ』「今は北海道にいるんだ。つくしも一緒に・・・こっちで病院にいたんだけど、今日退院したんだ。ごめん、連絡できなくて・・・」ここでつくしに何が [続きを読む]
  • Sister Complex ・番外編・3〜恋の予感 〜
  • 「マサチューセッツ工科大学だと?・・・あんたが?」「その言い方って何よ・・・可笑しいかしら?MITは女子が45%なの。そこまで男子校のイメージが強い場所じゃないのよ?」いや、そういう意味じゃなくて!何回も言うが西門のお嬢様がマサチューセッツ工科大学で、しかもなんで工学部にいるんだ?あそこは留学生でも超難関中の難関で、そんじょそこらの頭じゃいけるような所じゃないし!TOEFLでは90点以上じゃないと無理だし [続きを読む]
  • カフェラテに浮かべたメッセージ (6)
  • 「さっきはありがとうございました。助かりました」「あんな事よくあるの?何にも言い返さなかったけど、本当の事言えば良かったんじゃない?」花沢さんに注文されたエビとブロッコリーのクリームパスタ、それとポタージュを並べて、深々と頭を下げた。あの後、お客さんは一気に減って花沢さんだけになっていた。マスターも煙草を吸ってくると言って裏口から外に出て行った。誰もいなくなった店内・・・花沢さんが目の前の椅子に座る [続きを読む]
  • 10月の向日葵 (65)
  • 次の日にこの病院を退院することになった。荷物なんて鞄一つだったからそこまでないんだけど、総二郎が色々買ってくれたものを纏めると紙袋3つ分増えていた。着るものもここに来たときは薄着だったから、冬用のワンピースを買ってくれていた。妊婦だからこれがいいだろ?なんていうけど全然お腹なんて出てないんだもの・・・こんなにダボダボのワンピースなんて・・・でも、クスって笑う自分がいる。「じゃあ、行こうか。精算も来なかっ [続きを読む]
  • カフェラテに浮かべたメッセージ (5)
  • マスターが10時に来て、割れたグラスを見て驚いていた。もう、しょんぼりして謝るしかなくて・・・思いっきり頭を下げて叫んでしまった。「ごめんなさいっ!私の不注意でこんなに割ってしまって・・・!弁償しますので金額を教えていただけませんか?確かマスターのお気に入りでブランド品でしたよね?同じものが買えるなら買ってきます!!・・・ごめんなさい!」「えっ?いや、気に入ってるのはそれじゃなくて隣のこれ。しかもつくしち [続きを読む]
  • 10月の向日葵 (64)
  • 「うん・・・出血は治まってますね。胎児の心音も聞こえていますし・・・無理はいけませんがこのまま病院というのもストレスでしょう?退院許可を出しましょう。整形の方も大丈夫のようですしね。明日にでも自宅に戻っていいですよ。くれぐれもお大事にね」「ありがとうございました。出産までお世話になると思いますので宜しくお願いします」「はい、もちろんです。頑張りましょうね!」産婦人科でも問題なくて退院許可が出た。それは何 [続きを読む]
  • Sister Complex ・番外編・2〜恋の予感 〜
  • 「西門翔子・・・さん?って茶道の西門流と関係ある?」「あら!西門流をご存知なの?えぇ、私は現家元の姪になります。えーと、あなたは?」現家元の姪?って事は総二郎のいとこって事か!これはまた・・・なんて偶然なんだ?ってか冗談じゃない!こんな所で西門の関係者と鉢合わせるなんて思ってもみなかった。しかもここは日本じゃないのに・・・!それによく見たら似ているのはつくしじゃなくて総二郎だ!ダメだ・・・日本人で黒髪っていえ [続きを読む]
  • カフェラテに浮かべたメッセージ (4)
  • 「きゃあぁーっ!」 「うわぁーーーーーーっ!!」 木目調の床には確かに多少の凹凸があって、たまにお客様が軽く躓いていたのよ!そして雨のせいで濡れてるわよ!でも、今日はそんなところで躓かなくてもいいんじゃないの?ってそんな事をこの瞬間に考えてる方がどうかしてる・・・私が持っていたカフェオレが、こともあろうか花沢さんの背中にっ!背広の背中のド真ん中に飛んでいって、見るも無惨な姿になっていたっ!多分、正面か [続きを読む]
  • 10月の向日葵 (63)
  • 手術から一週間が経って傷口の抜糸が行われることになった。この間総二郎は言葉どおりずっと私に付き添ってくれてて、足りないものも買いに行ってくれた。病衣から簡単な普段着に変えて出来るだけ歩いて体力の回復に務めた。食事も残さないように辛くても口に入れるようにして、日常生活を出来るだけ1人で頑張った。それでも、無理なところは総二郎に頼んで手伝ってもらう。お願いすることに慣れてはいけないと思いながらも、たま [続きを読む]
  • カフェラテに浮かべたメッセージ (3)
  • 今日は少し天気が悪くて小雨が降っていた。生意気だけど、こういう時って不思議とインコもテンションが低いのよね。別に外出するわけでもないくせに!「おはよう、そういちろうさん。今日は雨だね」「・・・・・・」「雨だったら挨拶も無しなの?頭にくるわね!そんなんじゃ客商売は出来ないわよ?」今日の朝はお客様が少なかった。今も店内には1人だけ・・・彼は今日は来ないのかしら。雨の日はこの道を通らないのかもね。そんな事を思い [続きを読む]
  • Sister Complex ・番外編・1〜恋の予感 〜
  • 一枚の葉書がニューヨークに届いた。見たくもないけど、つくしが3人目を産んだって幸せな家族写真だった。正真正銘「花沢つくし」になってもう6年目だ。今でも思い出すよ・・・俺が高城の子供じゃなくて、つくしと血の繋がりがあるって聞いた時のショック。そんな事をするヤツじゃないってわかってるけど、勝ち誇った花沢類の顔が浮かんで離れなかったな。二度と会わないと思ったのに、父、西門清四郎と共に花沢に行った時も俺の前 [続きを読む]
  • 10月の向日葵 (62)
  • <side千春>総二郎さんが家を出てからそろそろ2週間。お家元のご機嫌の悪さは日に日に増していった。相変わらず孝三郎さんはこの家にはほとんど帰ってこないし、家元夫人の体調も万全ではない。予定されていた行事や茶事もキャンセルして、西門流始まって以来の窮地に陥ってるようだった。「千春様・・・お茶のお稽古はあれから全然なさっていなのでしょう?もし宜しかったらこの私が少し見て差し上げましょうか?こう見えてもわた [続きを読む]
  • カフェラテに浮かべたメッセージ (2)
  • 「ご馳走様・・・あ、そうだ」彼はお会計を済ませると、その奥にあるそういちろうさんの場所に行く。これは以前からやっていたことで今日に限ってのことじゃなかった。そういちろうさんはこの人が好きなのよ・・・私には今でこそ挨拶してくれるけど、彼には頭を差し出して甘えてくる。花沢さんが指を出したらそこに自分の顔を擦りつけて眼を瞑るんだもの・・・!毎回これが羨ましくて睨んで見ていたのに!今日は他の人がいないんだもの・・・私 [続きを読む]
  • 10月の向日葵 (61)
  • 「腕の手術は無事に終わりましたよ。以前は応急手術だったようですから、今回はしっかりと神経を繋げています。ですが、今後も多少の痺れや違和感・・・力が入れにくいという症状はでるでしょうね。あと、首の方は今は手術を見送りましたが、このまま様子を見るということで良かったですね?幸い神経根は抜けていないのでこのままでも大丈夫かもしれませんしね・・・」「ありがとうございます。あの・・・退院はいつ頃になりそうですか?」 [続きを読む]