pengin さん プロフィール

  •  
penginさん: ほかほかニュース丼
ハンドル名pengin さん
ブログタイトルほかほかニュース丼
ブログURLhttp://karfrw.com
サイト紹介文今ホットな話題や最新ニュースをお届けします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2017/02/18 18:34

pengin さんのブログ記事

  • 不仲の熟年夫婦はペットを飼うと良いって本当?問題点の指摘も…
  • 仲が良くないシニア夫婦はペットを飼うことによりペットがクッション役となって夫婦関係を維持することができる場合があるようです。しかし、夫婦が病気にかかったり亡くなったりして面倒を見られなくなってしまった時にペットが取り残されてしまうという問題もあるので安易に飼わないでほしいという意見もあがっています。◇夫婦関係「満足6割、不満1割強」私が所属する「ハルメク 生きかた上手研究所」では2018年1月下旬 [続きを読む]
  • 【悲報】国産うなぎが品薄で値上げ!来年はさらに高くなる!?
  • 今年は国産うなぎの価格が高くなっていますが、来年はさらに値上がりしそうです。ニホンウナギの稚魚の池入れ数量(養殖池に入れた数)が過去5年で最低ということで、来年は今年よりも品薄になることが予想されます。ちょっと前( 昨年)にはうなぎが安くなるというニュース(【朗報】今年の土用の丑はうなぎが安くなるかも!!)もあったんですけどねえ…。来年のウナギかば焼きの製品価格が今年以上に値上がりする可能性が強まってきた [続きを読む]
  • ミシュラン人気老舗ラーメン店が閉店 その理由が悲しすぎる…【函館】
  • 北海道函館市にある人気ラーメン店が、4月末に惜しまれながら閉店しました。この店は函館の老舗ラーメン店「星龍軒」です。ミシュランガイドに掲載される人気店で毎日行列ができていたのに、なぜ閉店することになったのか、その理由が悲しいと話題になっています。なぜ、店を閉じるのでしょうか。星龍軒の店主 佐々木由了さん:「仕込みがきつい…。もう60過ぎて半ばになるのに、こんなに働いて、みんなが喜んでくれればいいけど、 [続きを読む]
  • 田村正和が芸能界引退を決意!「これはもうアカンな…」ネットの反応は?
  • 俳優の田村正和さんが芸能界引退の決意をしていることがわかりました。田村さんをテレビで見られなくなるのはさびしいですが、数年前から声がかなり小さくなっているのが気になっていました。以前どこかのインタビューでも声が出なくなってきたと話していました。納得のいく演技ができなくなっているのなら引退も仕方ないですね。これからはのんびりと自由に過ごしてほしいと思います。本誌が原宿(渋谷区)の老舗中華料理店で俳優 [続きを読む]
  • 飛行機の座席指定おすすめの位置はどこ?ネットの意見は?
  • 飛行機を予約する時に座席を事前に選ぶことができますが、どの席にするか迷いますね。前方、中央、後方、窓側、通路側などありますが、どのあたりの席が良いのでしょうか?席の位置によるメリットとデメリットを見ていきましょう。まず客室最後方部。ここのデメリットは、降機に時間がかかることと、気流の悪いなかを飛行する際、前方客室よりも揺れが大きいことです。飛行機の重心は、主翼近くにあるメインギア(主脚)付近のため [続きを読む]
  • 【訃報】日高晤郎死去…突然の知らせに北海道民からショックの声
  • 北海道では知らない人はいないのではというくらい有名なラジオパーソナリティ日高晤郎さんが亡くなりました。STVのラジオ番組「ウイークエンドバラエティ日高晤郎ショー」は毎週土曜日朝から夕方まで9時間の生放送でした。これを35年も続けていたとはすごいことです。私は北海道生まれなので小さい頃から聴いていました。今は道外で生活していますが、たまに帰省してラジオから日高晤郎さんの声が聴こえてくると懐かしい気持ちと、 [続きを読む]
  • 坂口憲二、難病で無期限活動休止を発表…ネットの反応は?
  • 俳優の坂口憲二さんが難病のため無期限の活動休止を発表しました。事務所も退社するということです。6年も前から症状で苦しんでいたんですね。難病なので大変だと思いますが、回復してまた活躍する姿が見たいですね。俳優の坂口憲二(42)が31日、国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死(えし)症」のため、無期限で芸能活動を休止することを発表した。所属する芸能事務所「ケイダッシュ」も契約満了となる5月末で退社する。6年 [続きを読む]
  • 女子高校生が妊娠すると学校の勧めで退学に追い込まれる!?ネットの声は?
  • 女子高校生が妊娠・出産を理由に学校から退学を勧められ、実際に退学したケースが2年間で32件あったことが文科省の調査でわかりました。本人が高校生活を続けたいと思っていても退学を進められた例もあるということです。ただ、「自主退学」ということで懲戒として強制的に退学させられた例はなかったようです。今の学校には妊娠した高校生が通学を続けられる環境が整っていないので難しいかもしれないですね。ネットではこのニュ [続きを読む]