mucchi- さん プロフィール

  •  
mucchi-さん: つれづれなるままに
ハンドル名mucchi- さん
ブログタイトルつれづれなるままに
ブログURLhttp://chiakisan.seesaa.net/
サイト紹介文自宅及び周辺の野草花、家庭菜園、後期高齢者の日誌、教育問題の感想等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供295回 / 284日(平均7.3回/週) - 参加 2017/02/12 10:32

mucchi- さんのブログ記事

  • シーマニア
  • シーマニア 今日は、午前中、ふれあいサロン、昼食は同期会でビデオ上映もそこそこに95歳の従兄弟の葬儀、精進揚げと行ったり来たりでした。 この花は、2年前に私の誕生祝いに花が咲いている鉢を貰った花です。貰った当時は、ラベルが付いて、育て方などが書かれていたと思います。説明書の通り、茎が伸び、剪定してプランターに挿し芽をして増やしていました。 1年後には、花が咲くものと思いましたが、花は全く咲きません [続きを読む]
  • フーの木
  • フーの木 市生涯学習課の建物は元県立高校の建物の中にあります。元校舎を使っているので古い樹木もそのまま沢山で二階より高くそびえている木が並んでいます。 その中にフーの木が数本植えてあり、普段は気にもとめていないのですが、紅葉の時期になるとフーの木の存在感が一段と増してきます。 まだ、葉が色づいていない時、木の根元一帯に大人の親指と人差し指で輪を作ったくらいの大きさの実が沢山落ちていました。栗の実のよ [続きを読む]
  • クリスマスリース試作品づくり
  • クリスマスリース試作品づくりローズマリーの香りが書斎いっぱいに拡がっています。11月行事が終わると、もう気持ちは12月行事内容の頭に切り替わっています。 月刊雑誌、週刊誌などの編集者をはじめ季節によって仕事内容が違う場合は、真夏にクリスマスのことを考えたりする数ヶ月後の頭で仕事をしておられるのだろうなあと思う時があります。 12月のふれあいサロンはクリスマスリース作り。私は、別の会議のために参加で [続きを読む]
  • 子どもの居場所
  • 子どもの居場所 今日は第3土曜日、子どもの居場所の日でした。朝食をそこそこに会場の小学校へ行きます。午前10時開催ですが、早い子どもは9時過ぎには来てなわとび、けん玉、コマなどを広げると思い思い遊んでいます。もう、剣玉、コマ回しもだいぶん上手になってきました。女の子は、自然と縄跳びで遊んでいます。 10時に集合をかけても遊びに夢中で集めても興奮して静まりません。「読み聞かせをしましょう。」と「串か [続きを読む]
  • 先輩の出版物
  • 先輩の出版物 退職者の会で来年2月21日〜25日、文化会館展示室を会場に「趣味の作品展」を開催の予定で準備をしています。 出品者に「会員及びその家族(故人を含む)」としており、趣味の作品として「絵・書・彫刻・写真・工芸・陶芸・染色・手芸・文芸作品・出版物・研究物・その他(盆栽等)」としています。 市制100周年記念の一環として開催するので、会員であった故人も含めており、家族の了承を得て出品すること [続きを読む]
  • IN石炭館 「絵詞作家 内田麟太郎の世界展」のポスター、チラシ完成
  • IN石炭館 「絵詞作家 内田麟太郎の世界展」のポスター、チラシ完成 素敵なポスターとチラシが出来ました。 チラシは部屋の中に飾りとして掲げてもいいようですね。 大牟田動物園での開催は、盛況の内に終わり、引き続き、石炭産業科学館企画展示室で開催いたします。 原画展として色鮮やかな「わらうだいじゃやま」「ひたひたどんどん」また、滅多に観ることが出来ない貴重な下絵の資料も展示いたします。 併せて、展示中 [続きを読む]
  • 絵本作家の理解を通しての読書活動<br />
  • 絵本作家の理解を通しての読書活動 今年は、大牟田市制100周年に当たり、読書活動100の取り組みとして熱心に取り組んでいる小学校におじゃましました。特に、大牟田出身の絵詞作家内田麟太郎さんに焦点を当て、詩や絵本の作品を通して理解しようと様々な角度からの理解に取り組んでいる学校です。 麟太郎さんの絵本の世界に足を踏み入れた理由、絵本の様々なジャンルの絵本を出版し、詩集も多く、ジャンルの広さに子ども達 [続きを読む]
  • 福岡かき「秋王」
  • 福岡かき「秋王」 団地ふれあいサロンで恒例の柿狩りに行きました。朝から小雨交じりのあいにくの天気でしたが、午後は晴れるという予報を信じて久留米田主丸まで貸し切りバスを仕立てて行くと、天気は回復したものの、柿園の足下がぬかるので直接採るのは止めて柿園の建物倉庫へ行きました。 果樹園主が「折角来ていただいたので」と大皿に柿をむいて食べるばかりになって接待してくれました。 その柿を食べると、甘く、サクサ [続きを読む]
  • 我が家の菊
  • 我が家の菊 大牟田動物園では3日から菊花展が開催されていました。手塩に掛けた花が所狭しと陳列され、入賞者には菊を愛する常連の名前が挙がっていました。 以前、知人が菊の花を育てていましたが、「なかなか家を空けることが出来ない。」とこぼされていましたが、世話が行き届いた分、花が応えてくれるようで、花だけでなく葉っぱの勢いなども評価の対象にになっているようでした。 それに比べると、我が家に生えた菊はかわ [続きを読む]
  • 大牟田市動物園ズーフェイス・内田麟太郎の世界展
  • 大牟田市動物園ズーフェス・内田麟太郎の世界展 11・12日の2日間は、動物園の「秋のどうぶつ感謝祭」です。麟太郎の世界展展も動物園での開催は終了です。 土曜日は、市長さんも、日曜日は副市長さんもおいで下さっていました。日曜日は最終とあって秋のお祭りで入園者は多く、どこから来るのでしょうか、クイズラリーの景品引き替えも休みなく続きます。昨日は、牛の牛乳パック作りでしたが、今日はともだちやの絵の入った [続きを読む]
  • 絵本「ともだちや」コスプレ体験<br />
  • 絵本「ともだちや」コスプレ体験 絵本作家内田麟太郎の世界展in ZOOは明日で終わりとなり、11月26日からは場所を変えて、石炭産業科学館で12月10日まで開催されます。 今日と明日は、絵本「ともだちや」に登場するキツネのコスチュウムに変装して記念写真を撮ろうという特別企画が計画されました。 担当の方が苦心しただけあって絵本に出てくる衣装そっくりで、顔出しパネルより、もっと現実味たっぷり、提灯を両手 [続きを読む]
  • 女山神籠石(ぞやまこうごいし)<br />
  • 女山神籠石(ぞやまこうごいし) 運転免許証更新が5年ごとであったが、高齢者の75歳を境に3年ごととなったので、私と妻が一緒になってしまった。誕生月が2ヶ月違いなので、中をとって11月の今日、更新手付きに行きました。帰りに、みやま市の清水寺の紅葉を見に行きましたがまだ早過ぎました。 そこで、いつも素通りする女山神籠石(ぞやま こうご いし)を観に行きました。 まずは、読み方が分かりませんでした。 車で山 [続きを読む]
  • 柚子
  • 柚子 以前、青胡椒をいただいたので、庭にある青い柚子を採りに行くと今年は不作の年であったのか、少くなかったので、青胡椒を沢山貰い、それに似合う量の柚子を採らねばと全て採っていました。 毎年、取りこぼしがあるので、様々な角度から見てすべて採っていました。葉っぱの色と柚子の実の色が全く同じなので、特に丁寧に見て、完璧に採っていました。 ところが、妻から、料理用に少し残して置いて欲しかったと愚痴を言われ [続きを読む]
  • ベコニア
  • ベコニア ベコニアは数種類しか育てたことがありませんが、近畿に行ったとき「なばなの里」の巨大な温室にベコニアが育ててあるのには度肝を抜かれました。観光の名所だけあり、全てが大規模なのには驚き、我が家に帰って数鉢のベコニアの世話も出来ていないのは花に気の毒としか言いようがありません。 ベコニアの特徴を知り、温度と水気をしっかり管理すればいいものを他の草花と同じく区別もしないで水をやっているような、い [続きを読む]
  • 映画 雨あがる
  • 映画「雨あがる」 団地ふれあいサロンで、今日は映画の上映の日でした。いつも何を上映するか悩み最初は寅さんシリーズ、釣りバカ日記シリーズを上映していたが、上映する傾向もだんだん内容が変わってきました。 特に、介護施設等でも悩みは同じのようで、今回は高齢者にも好評な「雨あがる」を上映してみました。 始まるトップに「黒沢明」に対する哀悼の意が出てきたので、調べてみると監督のつもりで準備をしていたが脚本ま [続きを読む]
  • 詩人・絵詩作家 内田麟太郎<br /><br />
  • 詩人・絵詩作家 内田麟太郎 読み聞かせの方で、大の麟太郎ファンのTさんから電話があっていました。小学5年生の担任の先生から「内田麟太郎さんについて話しをしてくれる人を・・・」と。 もう人前で話す歳でもないのでと思いましたが、時期が時期だけにお受けすることにしました。 学校長から依頼の電話があり期日を設定することになり、「具体的な内容は学級担任と協議の上・・・」 実は、麟太郎君の事を知っているようで [続きを読む]
  • ホークス日本一
  • 写真は朝日新聞より転載ホークス日本一 プロ野球チームのソフトバンクホークスの会長は王貞治さんです。私は同年輩として高校時代から、素質もあったと思いますが、努力家として好きな選手のひとりでした。 福岡を本拠地とするホークスの監督になってから、強くても弱くてもファンで、今年は、6戦目でもう優勝を決めなければと思いながらテレビ観戦をしていました。 ただ、日常の生活のリズムは壊したくないので、夕食後プール [続きを読む]
  • ホークス日本一
  • 写真は朝日新聞より転載ホークス日本一 プロ野球チームのソフトバンクホークスの会長は王貞治さんです。私は同年輩として高校時代から、素質もあったと思いますが、努力家として好きな選手のひとりでした。 福岡を本拠地とするホークスの監督になってから、強くても弱くてもファンで、今年は、6戦目でもう優勝を決めなければと思いながらテレビ観戦をしていました。 ただ、日常の生活のリズムは壊したくないので、夕食後プール [続きを読む]
  • ピラカンサ
  • ピラカンサ 朝晩は冷えてブルッとするくらいになってきました。冷えると冷えるほどピラカンサの実の赤みが一段と増し、輝いて来ます。 ピラカンサも大きくならないように剪定はしているものの、つい剪定をサボっているとピョンピョンと新芽の小枝が伸びていきます。放っておくといつの間にか実が成るので剪定をためらい、だんだん大きくなっていきます。 また、枝に鋭いトゲがあるからあまりさわりたくなく、剪定ばさみで小枝を [続きを読む]
  • 内田麟太郎の世界in Zoo
  • target="_blank">内田麟太郎の世界in Zoo 今日は祭日。文化の日です。動物園へ平日は幼稚園の遠足と出会い、雨の日はのんびりした動物と出会いがあったので、今度は祭日の様子を見に出かけてみると、駐車場が満車でしばらく並んでいました。園内の子ども達は、クイズラリーのカードを手に持ちながらそれぞれの動物の檻の前で動物が動き回るのを楽しそうに見ています。 園内にある「ともだちシリーズ」のパネルの前で大きな声を出 [続きを読む]
  • コリウス
  • コリウス コリウスはシソ科で青ジソや赤ジソと同じ仲間ですが、葉は平滑なもの、深い切れ込みの入ったものや縮れのあるものなどがあり、葉の色はえんじ色・オレンジ・明るい黄色・サーモンピンクなど、それらの色に緑の縁取りのついたものなど、数多くあります。 我が家では、壁掛け鉢植えに寄せ植えのひとつとしてに観葉植物として重宝しています。花が咲き終わるといよいよ終わりです。コリウスのまたの名を金襴紫蘇(きんらん [続きを読む]
  • 市広報誌・市議会だより
  • 市広報誌・市議会だより 現職の時は、職場で目を通すくらいで熱心に目を通すことはほとんどありませんでしたが、退職すると目を通すようになりました。地元新聞である程度は把握しているつもりですがやはり市広報誌にはかないません。 しかし、関心がないとパラリとめくるくらいでした。市の方は、「広報誌で報せているから・・・」と安心しているようですが、ホントに報せたい場合は、広報誌だけでなくあの手この手で二重三重に [続きを読む]
  • ハロウィン
  • ハロウイン 先日、振り込みがあったので銀行に行くと窓口にカボチャ・オバケをデザイン化した絵が飾られていました。22日の日曜日に商店街でハロウィンのお祭りに300人が集まったそうです。子どもの居場所でも、子ども達が「今年はハロウインはせんとね?」とせがんでいました。百円ショップに行くと入り口にハロウイングッツがズラリと並んでいます。 お化け屋敷も子ども達にとっては楽しみにしているので、ほぼ同じ感覚で [続きを読む]
  • アケビ
  • アケビ 昨日は、クリーンデーなので市内一斉に清掃の日となっていましたが、市内一斉は雨のため中止となっていました。団地公民館では、午後1時から行うと連絡があり、その前に我が家のまわりの大溝と土手の草刈りをしました。午前9時頃から12時近くまでかかり、途中ガソリンを補給して頑張り汗ビッショリになりました。 午後から団地の皆さんと大溝さらえをしていると隣組の奥さんが見つけ指さした方向を見上げると大木から [続きを読む]
  • 大人のための朗読の部屋
  • 大人のための朗読の部屋 大牟田朗読の会主催の大人のための朗読の会の案内がありました。いつもYoshieの小部屋でお世話になっている龍芳枝さんの所属している会でもあります。 プログラムは次の通りでした。 ○ 武者小路実篤 「ぼたんとかき」 ○ 金子みすず詩集より   みえない星、 こだまでしょうか、つもった雪、この道、ひるの月 ○ 皆さんとの交流 ○ 瀬戸内寂聴  「私の京都 小説の旅」 ○ 新美南吉   [続きを読む]