管理人YG さん プロフィール

  •  
管理人YGさん: サッカー監督名将ファイル
ハンドル名管理人YG さん
ブログタイトルサッカー監督名将ファイル
ブログURLhttp://fbcoach.jp
サイト紹介文欧州リーグと各国代表チーム、日本代表を率いた名将・名監督を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 231日(平均1.4回/週) - 参加 2017/02/12 14:13

管理人YG さんのブログ記事

  • チッチ(アデノール・レオナルド・バッチ)
  • Embed from Getty Imagesグアラニで指導者としてのキャリアをスタート。以降、ブラジルの名門コリンチャンスやパルメイラス、UAEのアルアインなどを率いた。コリンチャンスを率いて2度、全国選手権制覇。2012年クラブワールドカップでは欧州王者・チェルシーを下しコリンチャンスを世界一に。この歴戦の名将にブラジルサッカー連盟は過去に2度の監督就任オファーを出したものの、チッチこのオファーを辞退。しかし3度目のオファー [続きを読む]
  • レオナルド・ジャルディム
  • Embed from Getty Images2014年、モナコの監督に就任すると、若手中心の攻撃的サッカーを披露して一躍知られるようになり、2016/17シーズンにはリーグアンで優勝。気鋭若手監督として一躍注目を浴びる存在となった。選手歴プロサッカー選手としてのキャリアはない。監督歴2001年、マデイラ島にあるADカマーシャにアシスタントコーチとして入団。2003年に監督に就任。若干27歳で監督デビューを果たし、5シーズンの間チームを率いた [続きを読む]
  • ジネディーヌ・ジダン
  • Embed from Getty Imagesワールドカップ優勝、チャンピオンズリーグ優勝などサッカー選手としてあらゆる栄冠を手にし、1990年代後半から2000年代前半にかけて「世界最高のサッカー選手」と称えられたジダン。2015-16シーズン途中からいきなりレアルのトップチームの監督に就任するも、その年のチャンピオンズリーグで優勝、翌年はリーグ優勝、チャンピオンズリーグ優勝と、順調な滑り出しを見せている。監督としては戦術の幅が多く [続きを読む]
  • FIFAワールドカップ&UEFAユーロ歴代優勝・準優勝監督
  • 2016EURO開催国 フランス優勝 ポルトガルフェルナンド・サントス準優 フランスディディエ・デシャン2014W杯開催国 ブラジル優勝 ドイツヨアヒム・レーヴ準優 アルゼンチンアレハンドロ・サベーラ2012EURO開催国 ポーランド/ウクライナ優勝 スペインビセンテ・デル・ボスケ準優 イタリアチェーザレ・プランデッリ2010W杯開催国 南アフリカ優勝 スペインビセンテ・デル・ボスケ準優 オランダベルト・ファン・マルワイク2 [続きを読む]
  • クラブ&代表監督の在任期間ランキング
  • Embed from Getty Images44年間オセールを指揮したギ・ルー監督欧州1部リーグ監督※1954年(UEFA発足年)以降のデータです1位ギ・ルーオセール(フランス)1961〜2005年【44年】リーグ優勝1回2位ロニー・マクフォールポータダウン(北アイルランド)1986〜2016【29年】リーグ優勝4回3位アレックス・ファーガソンマンチェスターU(イングランド)1986〜2013【27年】リーグ優勝13回4位マット・バスビーマンチェスターU(イングランド [続きを読む]
  • ローラン・ブラン
  • Embed from Getty Imagesボルドーを就任2年目でリーグ優勝に導き、その後、フランス代表監督を経て、パリサンジェルマン監督に。チームをリーグ3連覇、フランス史上初となる国内4冠を2年連続で成し遂げる偉業を達成したが、チャンピオンズリーグでの不十分な成績により2016/17シーズンをもって退任。今後が注目される若手監督だ。選手歴1983年にモンペリエでキャリアをスタート。ポジションはDF。1991年にセリエAのナポリへ移籍し [続きを読む]
  • ボラ・ミルティノビッチ
  • Embed from Getty Images数々の弱小国を率いてワールドカップで結果を残す手腕は「ボラ・マジック」と呼ばれ、メキシコ代表、コスタリカ代表、アメリカ代表、ナイジェリア代表を決勝トーナメントに、中国代表をワールドカップ初出場に導いた。しかし代表でこれだけの成績を残しているにもかかわらず、セリエBのウディネーゼ以降、監督の声がかからなかったのは不思議。選手歴パルチザン・ベオグラードで選手としてのキャリアをスタ [続きを読む]
  • ホセ・ペケルマン
  • Embed from Getty Images現役引退後、タクシー運転手など様々な職を転々とした苦労人。32歳でアルゼンチンのチャカリタのユース監督に就任し指導者の道へ。45歳の時、U-17とU-20アルゼンチン代表監督に就任。U-20アルゼンチン代表はワールドユース選手権で3度優勝、U-17は南米ユース選手権2回優勝という輝かしい成績を収め、A代表監督に昇格。リケルメ、サビオラなど「ペケルマン・チルドレン」と呼ばれる選手たちを率い、ワールド [続きを読む]
  • 南米年間最優秀監督賞
  • ウルグアイの新聞「El País」によって選出されている「南米年間最優秀監督賞」受賞者一覧です。1986カルロス・ビラルドアルゼンチン代表1987カルロス・ビラルドアルゼンチン代表1988ロベルト・フレイタスナシオナル(ウルグアイ)1989セバスティアン・ラザロニブラジル代表1990ルイス・クビジャナシオナル(ウルグアイ)1991アルフィオ・バシーレアルゼンチン代表1992テレ・サンターナサンパウロ(ブラジル)1993フランシスコ・マ [続きを読む]
  • ハンス・オフト
  • Embed from Getty Imagesオランダ人で父親はアフリカ系黒人の移民。日本代表監督として初のアジアカップ優勝を果たし、日本のサッカーをレベルアップさせた。しかし、続くワールドカップ予選ではドーハの悲劇で出場を逃がした。日本代表監督時代には、戦術を理解させるために「スリーラインをコンパクトに保ち、選手間の距離を縮める(スモールフィールド)」「ボール保持者の周りでトライアングルを作りながらパスを回す」「コー [続きを読む]
  • ルチアーノ・スパレッティ
  • Embed from Getty Imagesローマ時代に、生粋のCFを置かない戦術「ゼロトップ・システム」を考案。細かなパス回しとMFの走り込みを組み合わせた攻撃サッカーはセリエAで最も美しいサッカーと言われた。対戦相手のビデオなどによる戦術的分析をかかさず、手持ちの駒で非常に効果的な戦いを見せることが多い。彼の非常にプロフェッショナルな発言やチームに尽くす姿勢から、フロントをはじめ選手からの信頼が非常に厚い。選手歴イタリ [続きを読む]
  • ルシアン・ファブレ
  • Embed from Getty Imagesスイスリーグのチューリッヒで名を上げドイツへ。ヘルタベルリンを経てボルシアMGでは低迷する古豪をリーグ4位、その翌年にはリーグ3位に導く。若手育成にも定評あり。選手歴スイスのヌーシャテルで知性的なゲームメイカーとしてプレー。1985年、左膝の半月板、前後十字靭帯を含む複数靭帯断裂の重傷を負った。怪我からのカムバック後は、1987年からセルヴェットに移籍。1991年に現役引退。スイス代表とし [続きを読む]
  • オットー・レーハーゲル
  • Embed from Getty Imagesギリシア代表をユーロ優勝に導いた名監督。ギリシア国民はレハーゲルを神話のヘラクレスに例え「レハクレス」と称えた。彼の名を高めたのは1981年から率いたブレーメンで、14年の長期政権だった。この成功を機にバイエルンミュンヘン監督に就任するも、スター選手との確執もあって1年で退団。その後、2部のカイザースラウテルンを1部に導き、翌年、昇格初年度で優勝に導く。スモールクラブを率いてジャイア [続きを読む]
  • エルネスト・バルベルデ
  • Embed from Getty Images2007年、エスパニョールを率いてUEFAカップで準優勝して名を上げる。2010年には日本代表監督候補にもなるが辞退。その後、2度目となるオリンピアコスでリーグ制覇。アスレティックビルバオでは4年間安定した成績を収めている。選手歴スペイン2部のチームでプレイした後、エスパニョールで2シーズンをレギュラーとしてプレイ。バルセロナに移籍するが、レギュラーにはなれなかった。その後、アスレチックビ [続きを読む]
  • ロナルド・クーマン
  • Embed from Getty Imagesクライフ監督下のバルセロナでグアルディオラとともにチームを牽引。ヨーロッパを代表するリベロとして活躍をみせた。フリーキックの名手としても知られる。引退後はベンフィカ、PSVを率いてチャンピオンズリーグで好成績を収め、名監督として認知されが、その後に指揮を取ったバレンシアとAZで失敗し、監督としての評価を失墜させる。しかし、2011/12シーズンより指揮したフェイエノールトで好成績を収め [続きを読む]
  • ホルヘ・サンパオリ
  • Embed from Getty Images南米のクラブチーム監督を歴任。2011シーズンよりウニベルシダ・デ・チレの監督に就任。リーグ優勝など数々のタイトルを手にして南米屈指の名将といわれるようになる。2012年よりチリ代表監督に就任。2014年のワールドカップでは予選リーグで王者スペインを2-0で撃破、決勝トーナメント1回戦でブラジルに敗れるも、その攻撃的サッカーは注目を浴びた。2015/16シーズンよりスペインのセビージャ監督に就任す [続きを読む]
  • ルイス・エンリケ
  • Embed from Getty Images監督経験が少ないにも係わらずバルセロナの監督に就任。当初は不安視されたが、初年度からリーグ、チャンピオンズリーグ、コパデルレイで優勝。熱血漢で厳しい規律を求めたことからメッシら主力選手との確執も生まれたが、ネイマールとスアレス獲得によるSNMトリオの活躍もあって、結果的には3冠を達成した。翌年もリーグ優勝を達成。しかし2017年3月、プレッシャーを理由に同シーズン限りでバルセロナ監督 [続きを読む]
  • エクトル・クーペル
  • Embed from Getty Images1999年から率いたバレンシアで堅い守備を武器としたカウンターサッカーを作り上げ、チャンピオンズリーグ2年連続決勝進出という結果を残した。2001年にはイタリアのインテルの監督に就任し、2002/03シーズンにはセリエA準優勝。シルバーコレクターというあだ名がつけられていたが、欧州屈指の指導者と高く評価された。近年は欧州のビッグクラブからは離れている。2015/16シーズンよりエジプト代表監督に就 [続きを読む]
  • リュディ・ガルシア
  • Embed from Getty Images魅力的な攻撃的サッカーを武器に、フランス3部のディジョンを2部に昇格させ、中堅クラブのリールを史上3度目のリーグ優勝に導き名を上げた。ローマでもトッティらの信頼を集め、2年連続でリーグ2位という好成績を収める。2016/17シーズンのマルセイユでの戦いに注目したい。選手歴1982年にリールでプロデビューし、1988年にクラブを離れるまでに約170試合に出場した。1992年、怪我のため28歳の若さで引退。 [続きを読む]
  • クラウディオ・ラニエリ
  • Embed from Getty Imagesチェルシー、ユベントス、インテル、ローマ、バレンシアなどビッグクラブを渡り歩いてきた経験豊富な監督で、常にジョークと笑顔を絶やさない。どのチームでも極端に悪い成績は残していないが、1部リーグでの優勝経験は1度もなく、メディアから授かった称号は「無冠の帝王」。それが2015/16シーズン、64歳にしてレスターシティに奇跡の初優勝をもたらしたのだ。翌シーズンは成績不振で途中解任されるも、 [続きを読む]