管理人YG さん プロフィール

  •  
管理人YGさん: サッカー監督名将ファイル
ハンドル名管理人YG さん
ブログタイトルサッカー監督名将ファイル
ブログURLhttp://fbcoach.jp
サイト紹介文欧州リーグと各国代表チーム、日本代表を率いた名将・名監督を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2017/02/12 14:13

管理人YG さんのブログ記事

  • ルチアーノ・スパレッティ
  • Embed from Getty Images引退後、所属クラブだったエンポリで指導者の道を歩み始め、下部組織のコーチなどを経て、1995/96シーズンより監督に就任。その後、サンプドリア、ヴェネツィアの監督を歴任するが、どちらもセリエB降格に降格させてしまい、続くウディネーゼでも降格の危機に瀕したことから「降格請負人」という異名を持ってしまう。なぜこんな成績の監督に引き続きオファーがあったのか不思議だが、2度目のウディネーゼ監 [続きを読む]
  • マリオ・ザガロ
  • Embed from Getty Images1965年に現役を引退した後、指導者に転身し、ブラジル国内の有力クラブの監督を歴任。またブラジル代表監督としても、1970年のワールドカップ・メキシコ大会で優勝を果たし、初の選手と監督でワールドカップのタイトルを獲得した(選手と監督、両方で優勝したのはベッケンバウアーとデシャンだけ)。その後1994年のワールドカップ・アメリカ大会ではカルロス・アルベルト・パレイラ監督のアシスタントコー [続きを読む]
  • プロサッカー選手経験のない名監督ランキング
  • 「騎手になる前に馬である必要はない」というのはサッキの名言だが、実際は選手出身の監督がほとんどだ。Jリーグにはプロサッカー選手の経験がない監督は5%しかいない。しかしセリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラには選手経験のない監督が20%ほど存在する。「騎手の能力と馬の能力は全く別のもの。元プロ選手ではない監督が多数誕生するようになれば、Jリーグももっと名監督を輩出できる」と個人的には思う。そこで、 [続きを読む]
  • マウリツィオ・サッリ
  • Embed from Getty Images銀行員として働きながらイタリアの下部リーグの監督を20年以上つとめキャリアを積んだ異色の監督。アマチュアチーム監督の時代から、対戦相手を研究し緻密な戦術をたてるというプロ顔負けの指導を行なっていた。そんなサッリは率いたチームを軒並み昇格させ、セリエDのサンソビーニでアマチュア最高峰のコッパ・イタリア・セリエDを制して一躍その名を轟かせた。2005/06シーズンよりセリエBのペスカーラ監 [続きを読む]
  • アジアカップ歴代優勝監督
  • 2019開催国 アラブ首長国連邦2015開催国 オーストラリア優勝 オーストラリアアンジェ・ポステコグルー(オーストラリア)準優勝 韓国ウリ・シュティーリケ(ドイツ)3位 アラブ首長国連邦マフディ・アリ(アラブ首長国連邦)4位 イラクラーディー・シュナイシル(イラク)2011開催国 カタール優勝 日本アルベルト・ザッケローニ(イタリア)準優勝 オーストラリアホルガー・オジェック(ドイツ)3位 韓国チョ・グァンレ [続きを読む]
  • 長谷川 健太
  • Embed from Getty Images初めて指揮を取った清水エスパルスで下位に低迷するチームを中位に引き上げ、2部のガンバ大阪を就任1年目にJ1に引き上げ、翌年にはJ1で優勝という快挙を達成。しかも両チームともに毎年安定した成績を残していることも特筆に値する。実績という点ではJリーグでNO.1の監督といえる。厳しい指導と固い守備からのカウンターを得意とし、ガンバ大阪就任時は失点の多かったチームに守備を徹底させ、同チームに多 [続きを読む]
  • エルンスト・ハッベル
  • Embed from Getty Imagesオーストリア・サッカーの歴史上最も偉大な監督。ヨーロッパの監督として初めてオフサイドトラップ、ゾーンプレスなど端の戦術をチームに導入し、「トータルフットボール」で世界的に有名になったリヌス・ミケルスもエルンスト・ハッペルを尊敬していたと発言している。フェイエノールトとハンブルガーSVでチャンピオンズカップ優勝。異なるチームでチャンピオンズカップを制した初の監督となる。1978年の [続きを読む]
  • ユルゲン・クリンスマン
  • Embed from Getty Imagesドイツの代表監督は元名選手が就任することが多いが、クリンスマンもそのひとり。U16、U21、U23ドイツ代表監督を務めた後、ドイツ代表監督に就任。2006年地元開催のワールドカップで下馬評を覆して3位に入るが、その後、就任したバイエルンでは結果を残せず。5年間率いたアメリカ代表では2012年のワールドカップでベスト16という成績を残す。若手重視、フィジカル重視の傾向があるが、戦術面でこれといった [続きを読む]
  • フェルナンド・サントス
  • Embed from Getty Images2016年、ポルトガルをユーロ優勝に導き、一躍名将の仲間入りを果たしたフェルナンド・サントス。しかしこの評価は遅きに失した感がある。ポルトガル、ギリシャなどで30年近く途切れることなく采配を振るい、どのチームも安定した結果を残しているのは特筆に値する。代表監督としてもギリシアをユーロベスト8、ワールドカップベスト16に導く。素晴らしい成功や画期的な戦術はないが、失敗もほとんどなく、「 [続きを読む]
  • フレン・ロペテギ
  • Embed from Getty Images選手歴ポジションはGK。1988年、地元のレアルソシエダプロデビュー。その後、レアルマドリード、ログロニェス、バルセロナ、ラージョなどでプレイ。ビッグクラブでは正GKにはなれなかった。1994年、スペイン代表デビュー。ワールドカップにも出場した。2002年、現役引退。監督歴2003年夏、スペイン2部のラージョ監督に就任するも成績不振で解任。その後、解説者等をしていた。しかし2010年、U19スペイン代 [続きを読む]
  • 2018FIFAワールドカップロシア大会 監督一覧
  • GROUP Aロシアスタニスラフ・チェルチェソフ国籍:ロシア 54歳サウジアラビアファン・アントニオ・ピッツィ国籍:アルゼンチン 50歳エジプトエクトル・クーペル国籍:アルゼンチン 63歳ウルグアイオスカール・タバレス国籍:ウルグアイ 73歳GROUP Bポルトガルフェルナンド・サントス国籍:ポルトガル 64歳スペインフレン・ロペテギ国籍:スペイン 大会直前解任フェルナンド・イエロ国籍:スペインモロッコエルベ・ルナール国籍:フラ [続きを読む]
  • 2017/18シーズン、主要チーム監督一覧
  • プレミアリーグマンチェスターUジョゼ・モウリーニョアーセナルアーセン・ベンゲルマンチェスターCジョゼップ・グアルディオラリバプールユルゲン・クロップチェルシーアントニオ・コンテトッテナムマウリシオ・ポチェッティーノリーガエスパニョーラバルセロナエルネスト・バルベルデレアルマドリードジネディーヌ・ジダンアトレティコマドリードディエゴ・シメオネバレンシアマルセリーノ・ガルシア・トラルアスレティックビルバ [続きを読む]
  • 森保 一
  • Embed from Getty Images指導者としてのスタートはコーチだった。森保はサンフレッチェ広島強化部のコーチを皮切りに、U19、U20日本代表のコーチ、サンフレッチェのトップチームのコーチ、アルビレックス新潟のコーチを歴任していた。2011年末、名将ペトロヴィッチ監督が退団することになり、早急に新しい監督を探す必要に迫られたサンフレッチェ首脳部は、コーチとしてキャリアを積んでいた森保を監督に抜擢する。主力の李忠成も [続きを読む]
  • チッチ
  • Embed from Getty Images本名はアデノール・レオナルド・バッチ。グアラニで指導者としてのキャリアをスタート。以降、ブラジルの名門コリンチャンスやパルメイラス、UAEのアルアインなどを率いた。コリンチャンスを率いて2度、全国選手権制覇。2012年クラブワールドカップでは欧州王者・チェルシーを下しコリンチャンスを世界一に。この歴戦の名将にブラジルサッカー連盟は過去に2度の監督就任オファーを出したものの、チッチこの [続きを読む]
  • レオナルド・ジャルディム
  • Embed from Getty Images2014年、モナコの監督に就任すると、若手中心の攻撃的サッカーを披露して一躍知られるようになり、2016/17シーズンにはいきなりリーグアンで優勝。その後も上位をキープし安定した成績を収めている。気鋭の若手監督として一躍注目を浴びる存在だ。選手歴プロサッカー選手としてのキャリアはない。監督歴2001年、マデイラ島にあるADカマーシャにアシスタントコーチとして入団。2003年に監督に就任。若干27歳 [続きを読む]
  • ジネディーヌ・ジダン
  • Embed from Getty Imagesワールドカップ優勝、チャンピオンズリーグ優勝などサッカー選手としてあらゆる栄冠を手にし、1990年代後半から2000年代前半にかけて「世界最高のサッカー選手」と称えられたジダン。2015-16シーズン途中からいきなりレアルのトップチームの監督に就任するも、その年のチャンピオンズリーグで優勝、翌年はリーグ優勝、チャンピオンズリーグ優勝と、順調な滑り出しを見せている。監督としては戦術の幅が多く [続きを読む]
  • FIFAワールドカップ&UEFAユーロ歴代優勝・準優勝監督
  • 2016EURO開催国 フランス優勝 ポルトガルフェルナンド・サントス準優 フランスディディエ・デシャン2014W杯開催国 ブラジル優勝 ドイツヨアヒム・レーヴ準優 アルゼンチンアレハンドロ・サベーラ2012EURO開催国 ポーランド/ウクライナ優勝 スペインビセンテ・デル・ボスケ準優 イタリアチェーザレ・プランデッリ2010W杯開催国 南アフリカ優勝 スペインビセンテ・デル・ボスケ準優 オランダベルト・ファン・マルワイク2 [続きを読む]
  • クラブ&代表監督の在任期間ランキング
  • Embed from Getty Images44年間オセールを指揮したギ・ルー監督欧州1部リーグ監督※1954年(UEFA発足年)以降のデータです1位ギ・ルーオセール(フランス)1961〜2005年【44年】リーグ優勝1回2位ロニー・マクフォールポータダウン(北アイルランド)1986〜2016【29年】リーグ優勝4回3位アレックス・ファーガソンマンチェスターU(イングランド)1986〜2013【27年】リーグ優勝13回4位マット・バスビーマンチェスターU(イングランド [続きを読む]
  • ローラン・ブラン
  • Embed from Getty Imagesボルドーを就任2年目でリーグ優勝に導き、その後、フランス代表監督を経て、パリサンジェルマン監督に。チームをリーグ3連覇、フランス史上初となる国内4冠を2年連続で成し遂げる偉業を達成したが、チャンピオンズリーグでの不十分な成績により2016/17シーズンをもって退任。今後が注目される若手監督だ。選手歴1983年にモンペリエでキャリアをスタート。ポジションはDF。1991年にセリエAのナポリへ移籍し [続きを読む]
  • ボラ・ミルティノビッチ
  • Embed from Getty Images数々の弱小国を率いてワールドカップで結果を残す手腕は「ボラ・マジック」と呼ばれ、メキシコ代表、コスタリカ代表、アメリカ代表、ナイジェリア代表を決勝トーナメントに、中国代表をワールドカップ初出場に導いた。しかし代表でこれだけの成績を残しているにもかかわらず、セリエBのウディネーゼ以降、監督の声がかからなかったのは不思議。選手歴パルチザン・ベオグラードで選手としてのキャリアをスタ [続きを読む]
  • ホセ・ペケルマン
  • Embed from Getty Images現役引退後、タクシー運転手など様々な職を転々とした苦労人。32歳でアルゼンチンのチャカリタのユース監督に就任し指導者の道へ。45歳の時、U-17とU-20アルゼンチン代表監督に就任。U-20アルゼンチン代表はワールドユース選手権で3度優勝、U-17は南米ユース選手権2回優勝という輝かしい成績を収め、A代表監督に昇格。リケルメ、サビオラなど「ペケルマン・チルドレン」と呼ばれる選手たちを率い、ワールド [続きを読む]
  • 南米年間最優秀監督賞
  • ウルグアイの新聞「El País」によって選出されている「南米年間最優秀監督賞」受賞者一覧です。1986カルロス・ビラルドアルゼンチン代表1987カルロス・ビラルドアルゼンチン代表1988ロベルト・フレイタスナシオナル(ウルグアイ)1989セバスティアン・ラザロニブラジル代表1990ルイス・クビジャナシオナル(ウルグアイ)1991アルフィオ・バシーレアルゼンチン代表1992テレ・サンターナサンパウロ(ブラジル)1993フランシスコ・マ [続きを読む]