つねぽん さん プロフィール

  •  
つねぽんさん: つねぽんの断酒日記
ハンドル名つねぽん さん
ブログタイトルつねぽんの断酒日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tsunepon55/
サイト紹介文つねぽんです。断酒生活の話より日々の話を紡ぎます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供333回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2017/02/13 21:41

つねぽん さんのブログ記事

  • 肩書き
  • 以前から感じていたのだけれど、やっと言語化できたことがある。肩書きへの囚われ。〇〇大学出身や、留学経験者、はたまた所属しているもので自分を縛ってきたと思う。ここでは書かないけれど、この所属するという感覚。プレッシャーを感じながら、そして所属している所に恥... [続きを読む]
  • 人としての成長
  • 飲まないからといって人格者になるわけではない。そんなことを声高に叫ぶ人がいた。それはその通り、目指すところがどこなのかだから。ただ、目指すところは人格を磨いたり、飲んでいる時には考えられなかったことを成し遂げていくことだと思ってる。だから元々が人格者では... [続きを読む]
  • こつこつと
  • アルコール依存症と言われて、同じ病気の人と話すと共通点が多い。とくに共感するのがこつこつ積み上げられないこと。これは努力をしないわけではなく、継続してひとつのことをやり遂げたり続けることを言う。お酒を飲んでいた約9年間が一番長かった習慣。だから何かしらセン... [続きを読む]
  • 穏やかに
  • 今日は大きな用事もないため、今まで降りたことのない駅に行ってみた。駒込駅。ちょうど池袋と上野の真ん中?あたり。六義園という場所に。なかなか穏やかな時間を過ごせた。大学時代、授業が終わり、アルバイトに向かうためバタバタしたり、物理的な余裕はあるのに心の余裕... [続きを読む]
  • ゆるすという行為
  • 今、アルコール依存症としての立場で自分の問題を見ることができるようになり、少し時間をもらえるようになった。さんざん迷惑をかけた人にはある程度謝った。ただ、どうしても謝るよりも謝られないといけないと思うケースがあった。元上司である。パワハラや精神的苦痛を繰... [続きを読む]
  • 不適合者
  • アルコール依存症者はあくまでアルコールによる問題は一部の状態のことをいうと。もちろんアルコールで人生をおかしくするのでアルコールが全ての問題だと主張する人がいてもいい。ただ、少なくともアルコール依存症者は初めから生きにくい状態で人生をスタートさせている可... [続きを読む]
  • 地に足をつける
  • 少し地から足が離れているかもしれない。仕事が順調なのにも関わらずフラフラと別の仕事を探す。重要なのは今何かが抜けるところだった。大事なことは今やらなければいけないことをきちんとすること。今まで積み重ねてこれなかったのだから大事なこと。今一度行動を振り返り... [続きを読む]
  • 飲んで電話
  • 飲んでいる時にブラックアウトを起こしてしまい、止めたくても止められなかったもの、それは電話をすることだった。当時狂った頭で夜の街に足を運ぶ中で知り合う女性がいた。若かったため、お金目当ての考えでいたことをわかっていながらも入れ込む自分。そんな女性に何をす... [続きを読む]
  • 飲まないから正常
  • 飲まなければ自分は普通の人だとする考えがある。残念ながらアルコール依存症の人は飲まなかった頃から普通じゃない。そしてお酒をやめてるからといって正常てまはない。大事なことはそれに気づけるか。よく、お酒をやめて数十年経っても感情が落ち着かない人がいる。やめて... [続きを読む]
  • 意外なことに
  • この病気になった時、いくつも目標を掲げたり、これから過ごす過程で叶えたい夢をいくつかノートに書いてきた。ふと最近までの結果を目にしてきた。努力をすれば叶うものから、自分以外の働きがなければ叶わないものまであったが、11個叶っていた。昔から掲げては挫折したり... [続きを読む]
  • 久々に飲む夢
  • 何ヶ月?一年?ぶりに飲んだ夢を見た。熊本に取引先の人と接待をする。前職の同僚や元カノがでてくるよくわからないシュチュエーション。そして接待のタイミングで何故かビールを抵抗なく飲んだあと違和感を感じる。ん?コントロールできてる?そこで夢は終わる。お酒を飲む... [続きを読む]
  • 笑顔の日々
  • 昨日、2年前から知り合った自分をよく知る人が、つねぽんは笑顔が増えたと言っていた。いつのタイミングからかわからないけれど、あ、笑っているなと思うことが増えているのは自覚していた。精神病院を退院して数ヶ月は多分自覚していなかったけれど笑うことが少なかったのだ... [続きを読む]
  • 入院します。
  • お酒ではなく抜歯するため。5月。昨年夏から再度歯の治療をしていて、左の奥歯の虫歯を治すためには親知らずを抜かないといけない。体を壊したため、血小板が正常値の半分以下のため、歯医者が大学病院で抜くように依頼をしたわけ。3年振りの入院。当時、歯は至る所で虫歯が... [続きを読む]
  • 飲まないために必要なこと
  • 今暮らす中で飲まないために必要なことは、決してコンビニやスーパーの酒売り場にいかなかったり、テレビでお酒のCMが流れたらチャンネルを変えることだったり、飲み会に参加しないことではない。大事なことはアルコールに問題があることを自覚して、1杯の酒に手をつけないこ... [続きを読む]
  • 狭い私見
  • 気をつけないといけないなと思うのは私見であっても狭すぎると他の人の考え方を受け入れられなくなることがある。特に人から言われた言葉を間に受けたりする場合や悪い方向にばかり捉える場合、それは考え方が固まっているからではと思う。自分の考えを押し付けない、考えと... [続きを読む]
  • 求めていたもの
  • 多分、小さな頃から求めていたものがある。孤独からの脱却だろう。両親は健在だし、兄弟もいる。各年代で友達もいた。しかし、人の輪にいると孤独を感じ続けていた気がする。だからなにか満たされないものを紛らわすため小さい頃は狂ったようにゲームをしたし、必要なかった... [続きを読む]
  • 翼がないなら走っていくわ
  • 昨日で坂本真綾ALL CLEARの全日程が終了。東京公演のみの参加になったけれどもとても楽しいものに。CDデビューが16歳ですでに20年以上のキャリアがある。今回のツアー名のALL CLEARの名前にあるCLEARという1月の新譜で書かれた歌詞が「翼がないなら走っていくわ」。10代の頃... [続きを読む]
  • ALL CLEAR東京1日目
  • 今しがたフォロワーさんが企画してくださったオフ会から帰宅中。もちろんお酒は飲まず。やっぱり健常者は1杯2杯飲んだら切り替えてノンアルコールなんだと。それはともかく、また1つ特別な日を過ごした。涙腺を崩壊させたのが2曲。光の中へマジックナンバーこの2曲は自分の人... [続きを読む]
  • 今飲んで苦しいなら
  • 今お酒を飲みたくなくても飲んでしまうなら病院にいくか自助グループに繋がる方がいいと思う。自力で止められるならとっくの昔にやめられているから。そして病院に行ってもお酒は一時的に止まるかもしれないけど、恒久的なものではない。止め続けるなら自助グループに繋がる... [続きを読む]
  • あたふた
  • 坂本真綾さんのライブの同行者が行けなくなってしまった。未だに突然の対応を迫られると弱い。Twitter上で多くのフォロワーさんが呼び掛けをしてくださり嬉しい。坂本真綾さんのライブに穴は空けたくない。前までにあまり思わなかった気持ち。mixiも使い頑張って譲渡先を探そ... [続きを読む]
  • 価値観
  • 人と同じ価値観だと思っていたのが飲んでいた時。その価値観から外れる人はおかしい人だと思っていた。おかしかったのは自分だったのだ。人のせいばかりにしていた。未だにその感覚はある。人とは価値観は違う、しかもだいぶ。そのことだけでもわかった今はだいぶ生きやすい... [続きを読む]
  • 高齢者
  • 常々思うが、アルコール依存症になって飲まない日々を積み重ね始めた高齢者はタチが悪い。特に上下関係が好きな人。自分の価値観を押し付ける。それも例えこっちが別のことに集中しているのに。とりあえずめんどくさい。傾向としてただお酒を止めているだけで、飲んでいる時... [続きを読む]