hspsthoughts さん プロフィール

  •  
hspsthoughtsさん: 僕が見た彼女 −HSP
ハンドル名hspsthoughts さん
ブログタイトル僕が見た彼女 −HSP
ブログURLhttp://her-hsp.net/
サイト紹介文HSPの彼女についての話。絵や写真なども掲載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2017/02/13 23:56

hspsthoughts さんのブログ記事

  • 春バテでも大丈夫
  • 春だ。 暖かくなって嬉しい限りだが、春はそういいことばかりでもない。 花粉症の人も多いし、みんな色々と出費がかさむ時期でもある。 知らない人に会ったり、はじめての場所に行くことも多いし、 HSPにとっ ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 彼女の右後ろと左斜め前
  • 彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • ある朝
  • 彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 失い
  • 彼女はテレビをみない。 ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。 汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・ もしかしたらニュースは ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 燻る-くすぶる
  • 彼女はある夜自分の中が激しく噴火したがっているのを感じた。 くやしい くやしいくやしいくやしい!! 怒りのような欲求不満のようなハラワタがとび出てきそうな そんな不快感。 そして熱。 食いしばった歯の ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 彼女の隣人
  • 彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • バランスボールの中の小人
  • 彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。 まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。 どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れな ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 夢の話3
  • 彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • スキン・ピッキング/Living
  • 彼女のスキン・ピッキングが始まったのは幼少期である。 彼女は保育園のお昼寝で使う布団の端から端まで血のドットを並べた。 血は皮をむしった彼女の唇からあふれ出たものだった。 こんなことをしたらおかしく思 ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • そのおびただしい全存在
  • 彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • イニシャルドリーム2
  • 彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 雪の夜
  • 夜道を歩く彼女の前にひとつの雪の塊りが降りてきた。 降ってきたのはたったひとつで、見上げてもそれに続くものはないかに見えた。 たったひとつで降りてきて、寂しかったろうなと思ったものの 宙を舞う小さなゴ ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 彼女の洞窟リテラシー
  • 彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 彼女のおでかけー駅
  • 彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 彼女のじんましん2
  • その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 彼女のじんましん
  • ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 彼女と少女のコスモロジー
  • 『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • (確固)
  • 彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な ... Copyright © 2018 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 彼女と声
  • 誰にでも何人かはいると思うが、 彼女にも別に悪い人ではないのだろうができれば避けたい人たちがいる。 彼女にとっては特異な声や話し方の持ち主たちだ。 ひとつはとても声が大きい人。 それから声が高い人。 ... Copyright © 2017 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 彼女のおでかけーお化粧編
  • 彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。 普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、 それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。 彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく ... Copyright © 2017 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 彼女のおでかけ
  • 彼女は実は結構服が好きだ。 あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、 クローゼットにある服はどれも気に入っている。 ただし彼女の深く深く考える癖はこういう ... Copyright © 2017 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 彼女が失うもの
  • 彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 ... Copyright © 2017 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • それが問題だ。
  • 最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。 やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。 思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。 運動をしろ、とか 好きな音楽を聴け、と ... Copyright © 2017 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 箱の中の
  • 彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。 そして何も感じなくなるのだと。 Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。 Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるよう ... Copyright © 2017 僕が見た彼女 -HSP All Rights Reserved. [続きを読む]