お犬とうさん さん プロフィール

  •  
お犬とうさんさん: 2/4家族 〜みんなが家に帰るまで〜
ハンドル名お犬とうさん さん
ブログタイトル2/4家族 〜みんなが家に帰るまで〜
ブログURLhttp://nekokasan.xyz
サイト紹介文脳出血で半身マヒとなった妻。もうすぐ1歳の次男は里親に預ける事に…家族皆が家に帰れる日までの体験記
自由文2017/1/12 妻がある日突然、45歳という若さで脳出血により開頭手術を行いました。
一命はとりとめましたが、妻には重度の半身マヒが残ってしまい要介護状態に。
さらにもうすぐ1歳となる次男は養育不可能として養育里親さんにお預けする事になり…

5歳の長男と共にいつか家族が再び揃う日まで頑張る父の奮闘記です。

医療制度、介護制度、育児制度の紹介などもしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 248日(平均4.3回/週) - 参加 2017/02/14 09:16

お犬とうさん さんのブログ記事

  • 子供の集団生活の難しさ
  • 今日はちょっと子育ての苦労話でも…。私にとって子供の保育園にいるのは非常に居心地が悪いものです。以前、長男の保育園では暴力が多くビックリしたということを書きましたが最近はかなりマシになりました。酷かった頃は保育園で準備を手伝ったりしていると私にも蹴ってきたりしたものですが、最近はそれもなくなりました。それでもあまり居心地がいいものではありません、先日保育園の運動会でこんなことがありました。集合時間 [続きを読む]
  • 寒暖差が酷すぎる…
  • 風邪をひきました。先週は熱いくらいだったのに今週はすこぶる寒い…頑張って先週末に長男の服を買いに行っておいてよかった…寒い思いはさせずにすみました。そういえばついでにそろそろ寒くなるからと、妻のカーディガンを買いました。左腕の麻痺の事などを考えると、トレーナーのような被って着るものは大変で、ファスナーで閉じるタイプのものも難しいだろうと、買うときにもいろいろと考慮しないといけない事が多いですね。 [続きを読む]
  • 過保護になってないですか?
  • 意識はしてなかったのですが、ついつい手を出してしまっているようで…「大丈夫だから」と言われても危なっかしく見えてしまってついつい手伝ってしまいます。友人から「いろいろとやったほうが回復が早いよ〜」と聞いたこともあるのですが転倒が怖くてついついやってしまう。でも本当は良くない気もします。「優しい虐待」なんて言葉もあります、なんでもかんでもやってしまうと介護される側が考えたり動く必要が無くなってどんど [続きを読む]
  • 残念ながら雨での運動会
  • この時期はイベントがいっぱいですね。土曜日は長男の運動会でした。保育園に今の妻の状態を説明し、後ろの方で構わないので席を準備してくれないかと相談すると快くOKして頂けました。妻に伝えると大喜び「今週の土曜日だよね」「xx日だったよね」「明日だよね」とほとんど毎日のように言っていました。しかし、うちから保育園までは自転車で15分、歩けば30分以上かかる距離なのです…雨が降ってしまうと車いすで向かうには少し [続きを読む]
  • 衣替えの季節がやってきて
  • 寒くなってきました。そろそろ衣替えの季節です。大人は昨年の服を出せばなんとか問題ないのですが、子供がいるとそうもいきません。昨年は90の服で大丈夫だった長男も今は110の服を着ています、先日夏服を買ったばかりなので当然冬服はありません…買いに行かなければいけないのですがここで一つ問題が発生します。家の近くに子供服を置いてる店が無い住宅街なのですが子供服がある店が1件もないのです…隣の駅まで移動する必要が [続きを読む]
  • 健康診断がありました。
  • 会社の健康診断がありました。結果はまだですが測定は至って良好。昨年比、-10kg、おなか周りは8cm減。素晴らしいメタボ解消っぷり。「ずいぶん頑張られましたねぇ」と主治医さんからコメントは頂きましたが…頑張ったのはダイエットじゃないんだよなぁと感じ、なんとも複雑な気分になった今日この頃です。 [続きを読む]
  • 高次脳機能障害と育児とシチュー
  • 一時帰宅の時にあった事を少し書いておこうかと思います。妻がやってしまったことで本人はとてもショックに思っていますし書くのをやめようかとも思ったのですが、こういった事が起きたという事を残しておくことでご覧になった方が類似するトラブルを避けられるかもしれないと思い、あえて書く事にしました。 離乳食後期の次男、シチューにして具を柔らかく煮込めば一緒に食べられると聞いていたのでシチューを作りました。次男は [続きを読む]
  • 疲れたぁ(本音)
  • 次男の一時帰宅が昨日まででした…心から疲れた!まだ1歳半ってこんなに手が掛かるんだなぁと思いだした感じでした。妻はまだまだ子供が見れるような状況ではないですね…麻痺よりも高次脳機能障害による判断力低下がこんなに響いてくると思いませんでした(汗)子供のちょっとしたことについて、私たちはこんなに気を使っていたのか と思うと同時に これがわからなくなったかぁ… という事のオンパレードでした。甘く見ていた [続きを読む]
  • 次男の一時帰宅を前にして
  • 今週の金曜日から来週の月曜日までの3泊4日で次男の一時帰宅が決まりました!すごく嬉しいのですが考えてしまうのが前回の一時帰宅の事…児童相談所の方はこまめに一時帰宅をと言ってくれますし、私も当然嬉しいのですが、子供にとってはどうなんだろうかと考えてしまいます。まだ1歳の子供の環境をコロコロと変えざるを得ない事…前の一時帰宅の時に身を乗り出して手を伸ばしてきた次男の事を思うとこうして一時帰宅をするたびに [続きを読む]
  • ファインプレーに感謝!
  • 最近、疲れが取れないのか眠くて仕方ありません。とある朝、目が覚めると…一時間近い寝坊をしていました(汗)慌ててリビングへ行くと、すでに朝ごはんを食べ準備バッチリになった長男の姿が…「朝ちゃんと起きて下に来たから着替えと朝食はやっておいたよ」と妻が言います。ちゃんと一人で朝起きた長男にも当然感謝なのですが、食器棚から食器を出し、コーンフレークをお皿に出し、牛乳を入れるこの動作を妻ができたことにビック [続きを読む]
  • 生きるか死ぬかだけではない
  • ■高血圧という恐怖40歳が近くなってきたせいか雑談の時に体調の話をすることも多くなりました。会社の同僚と雑談中の事です。「高血圧で降圧剤飲んでたんだけど2か月くらい病院へ行ってないし。血圧も計ってないんだよねぇ」という同僚…すぐに有給を取ってでも病院へ行ったほうがいいと言いましたが、結局病院へは行ってない様子…とても残念です。さて、その方を病院へ行くよう説得している最中ですが「まぁ、最悪死ぬだけだし [続きを読む]
  • 公的機関はもっとIT化を促進してほしい
  • ■公的機関のIT事情に感じる事仕事でメールを使用しない人もかなり減ったのではないかと思います。ちょっとした連絡などはLINEなどを使用するケースも増えたと聞きます。にも拘わらず、日本の役所はなんでも電話・書面…完全に個人的事情なのですが、公的機関・民間機関含め申し込みや手続き、連絡がこう多くなってくると管理もなかなか大変になってきます。現在連絡がよくあるものを書き出すと・ケアマネージャー・リハビリ病院( [続きを読む]
  • 左側空間無視の介護での注意
  • 個人の感想ですが麻痺という目に見える症状より、高次脳機能障害というのは厄介なもので「本人に自覚が無い」、「介護者から症状が理解しづらい」というのがあります。■左側空間無視が起きている妻との日常生活①食事皿の左側を残して「ごちそうさま」という事が多々あります。もともと病院でもそうだったのか、帰ってきてから激しくなったのかわかりませんが「左側にまだ残っているけどもういらない?」と聞くと気がついて食べる [続きを読む]
  • 想像していたよりは平和な生活
  • もう少しバタバタするかと思っていたのですが以外に落ち着いています。というのも、妻が自力でトイレに行けるので(夜はおむつを念のためしていますが)それほど介護が大変ではないんですよね。妻が倒れた以降で追加されたのは作り置きのお昼を弁当と一緒に作っておくことと、装具を外すとまだ歩きが安定しないのでお風呂の椅子までの移動を手伝うくらいです。今年の1月、鼻に管を指して話すこともほとんどできず、体を起こすこと [続きを読む]
  • 障がい年金の受給に向けて
  • ■障がい年金の取得に向けての準備先日「この症状であれば障害年金の申請を行っても問題なく通ると思う」市の役員の方とお話ししていた際にこんな事を言われました。障害年金自体は知っていましたし、言われてみればそうかもしれないと思いましたが私の頭はそこに行きついたことはなかったのです。言われてみればそりゃそうだ。ということで年金事務所から説明を受けました。そして案内パンフレットをみて驚愕したわけです…■必要 [続きを読む]
  • 初めてのお使い(ハードモード)回答編
  • ■なぜ4つも離れた駅にいたのか長男のお迎えを済ませ本人から事情を聴いてみると、「帰りにファミサポさんから今日は用事で○○駅に行くって言ってたから…」なるほど、それでこんなところまで…どうやって来たかなのですがこれについては警察の方から説明がありました。「タクシーに乗って○○駅まで来たそうです、それから行き場所がはっきりしないので運転手さんが警察まで連れてきてくれたんですよ。」という事でした。ちなみ [続きを読む]
  • 初めてのお使い(ハードモード)出題編
  • ■前段ある日、いつもお願いしているファミリーサポート方から連絡ありました。「いつもの19時ごろに用事があるので17時のお迎えなら対応できますがどうですか?」長男はもう一人で留守番する事もできる、妻も家の中にいる分にはこの2週間特に問題が無い様子。19時になればヘルパーさんも来ることだし実質1時間ちょっと、二人にしていても平気だろう…こう考えた私は「はい、問題ないですよ。いつもありがとうございます。」と返答 [続きを読む]
  • 妻を介護するという事
  • ■まだまだ介護生活は始まったばかり妻が帰ってきて嬉しいのと同時に、介護をする生活が始まりました。まだ(?)46歳の妻ですが、脳出血によって後遺症が発生し麻痺して動かなくなった半身を引きずるように動かし、高次脳機能障害により記憶力・判断力が弱り、ろれつが回らなくなった姿はまるで20年後からタイムスリップしてきたかのようです。正直に言って見ていても辛いものがありますが、もっと辛いはずの妻はいつも「いろいろ [続きを読む]
  • 男は「頼る」のが苦手
  • ■男性に多いという介護殺人妻の介護をするにあたり、どれくらい辛いのか私には想像もできませんでした。具体的にどのようなことをすればいいのか、調べているうちに知ったのが「介護殺人」という恐ろしい現実でした。事件自体はニュースで目にすることがありましたが、その中の詳細な内容に興味を持つ事がその時はありませんでした。今は「私自身がそうならないために」事件に至ってしまった経緯や心情に興味を持つようになり見て [続きを読む]
  • 妻が倒れてから学んだ事・気を付けた事
  • 思えば妻が倒れてから半月以上が過ぎ、やっと妻が退院。最初の頃こそ苦しく辛く、それこそ死んでしまったほうが楽になれるのではないか…などと考えることもありましたが、多くの方々に助けて頂きなんとかここまでやってきました。いつからか「私のような状況に急に置かれることは誰にでも可能性自体はあり、確率を下げることはできても無くすことはできないのだ」と思うようになりました。急な不運に見舞われてしまった方がもしか [続きを読む]
  • 車いすを選ぶ
  • 少し戻って退院するちょっと前の頃。一時帰宅の時、フットレストが坂道や段差に当たって車いすが全く使い物にならず「車いすはちょっと無理かなぁ」と思っていました。しかし杖はまだまだ安定せず、家の中を歩くのも安心できない状況…なんかいい方法が無いものかと調べていると…車いすにもいろいろあるんですね。■自走用と介助用まず、自走用のものと介助用のものがあります。自走用のものはタイヤが大きくハンドリム(手で回せ [続きを読む]
  • 8/25 妻が退院しました
  • 1月12日に妻が入院、同月末には次男を預かっていただく事となり半分になってしまった我が家でしたが7か月と少し経った8月25日、妻が退院しやっと三人まで戻る事ができました。何度か一時帰宅をしていたせいか感慨深いものとかは感じず、妻が倒れる前と同じような平和な日々…ただ違うのは家事の一切を私がしている事と次男が居ない事。家事に関してはもう私の一日のリズムに組み込まれているので問題ないものの…ふとしたタイミン [続きを読む]
  • 明後日には
  • 明後日には妻が家に帰ってきます。不安と喜びとが複雑に入り乱れていますが日が近づくに連れてどんどんと大きくなっていきます。不安の原因の一端ですが…来週から帰宅後のリハビリ&介護計画をケアマネージャーさんと話し合い、すでに決めたのはいいのですがそれにあたり何をすればいいのか決まっていないのです。スケジュールは決まっているのに詳細が下りてこないという仕事でもよくある状況になっている次第です。(落ち着かな [続きを読む]
  • 視力が落ちた理由
  • 「遠くのものが見えない」意識がだんだんはっきりしたころ、妻からたまに言っていました、脳の障害で視力が落ちたり認識能力が下がったり、見えない・読めないという理由にもいろいろあるようで原因がはっきりしていないのですが…。前回の一時帰宅の時、気が付いたことがあります。目の焦点が合っていない…?特に疲れているだろう時に右の眼球の位置がおかしいのです。「もしかして今ぼやけてる?焦点合ってないけど」そう伝える [続きを読む]
  • かあさん、最後の一時帰宅
  • お盆という事で最後の二泊三日で最後の一時帰宅でした。今回は車いすはナシ、4点づえのみで帰宅です。帰宅だけであれば割とスムーズ「なんだ車いす無くてもなんとかなるじゃん!」と感じていた矢先の出来事でした。「買い物に行きたい」妻は一時帰宅のときは必ず買い物に行きたがります。高次脳機能障害の影響か、自発的に何かしたがることが少なくなってしまいましたが、買い物とゲームはやりたがります。前回の帰宅の時もスーパ [続きを読む]