お犬とうさん さん プロフィール

  •  
お犬とうさんさん: 2/4家族 〜みんなが家に帰るまで〜
ハンドル名お犬とうさん さん
ブログタイトル2/4家族 〜みんなが家に帰るまで〜
ブログURLhttp://nekokasan.xyz
サイト紹介文脳出血で半身マヒとなった妻。もうすぐ1歳の次男は里親に預ける事に…家族皆が家に帰れる日までの体験記
自由文2017/1/12 妻がある日突然、45歳という若さで脳出血により開頭手術を行いました。
一命はとりとめましたが、妻には重度の半身マヒが残ってしまい要介護状態に。
さらにもうすぐ1歳となる次男は養育不可能として養育里親さんにお預けする事になり…

5歳の長男と共にいつか家族が再び揃う日まで頑張る父の奮闘記です。

医療制度、介護制度、育児制度の紹介などもしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2017/02/14 09:16

お犬とうさん さんのブログ記事

  • このサイトの今後について
  • 誠に勝手ながら、本サイトは1月いっぱいで終了します。理由は仕事が忙しすぎて書いている余裕がなくなってきたこと、そしていい意味で家の方は落ち着いて書くことが無くなってきたことです。次男が戻る日までここを続けていきたかったのですが、今月末でこのブログを開設してから1年が経過する事となり、ドメインとサーバーの契約更新が必要となりました、これもタイミングかなと閉鎖する事を決めました。To ここまで見守ってく [続きを読む]
  • 友人たちへの感謝
  • 今日でちょうど1年経ちました。1年前の私は今頃のんきにLINEで友人と他愛もない話をしていました、今思えばなんてのんきな(笑)思えば友人たちにもずいぶん助けてもらいました。妻が倒れてから、私は不安でいっぱいでした。当時の記録を見ても暗く不安にまみれた記憶がよみがえります…。あまり寝ることもできず、食事も喉を通らず2週間ほどが経過したころの週末、連れだって私の家に様子を見に来てくれました人たちが居ました。 [続きを読む]
  • 妹への感謝
  • 最近は平和な日々です。退院してからしばらくは、接し方を忘れていたのかどこかぎこちなかった子供たちとお母さんの関係も、思い出したのか「ぎゅーしよう」と妻に乗っかって怒られる長男の姿、一時帰宅でも「かぁたん」と言いながら妻を指さす次男。平和な日常と言っても差し支えないのではないかと感じることが増えました。家事にしてもヘルパーさんに夜ご飯はお願いし、ファミリーサポートで長男のお迎えをお願いしている関係で [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます(遅
  • 遅くなりましたがあけましておめでとうございます。昨年、あの絶望的に感じられた状況からそろそろ1年が経とうとしていると実感します。今思っても本当に激動の1年間でした。妻が倒れ、家族が半分になり、色々と不安な中でたくさんの方々に助けて頂きながら(今も助けて頂きながら)なんとか今年の正月を迎えることができました。次男はまだまだ帰ってこれそうにありませんが、それでも1か月に1度は会う事ができます。長男は少し [続きを読む]
  • サンタさんは来るかな?
  • 某ピザ屋さんのCMで「今年のサンタは働きません!」というのを見て「サンタさん来てくれるかな…」と不安がる姿がかわいそうながらかわいいw無事、サンタさんから希望していたLEGOを貰えてご満悦。次男は先週の1時帰宅の時にしゃべって歩くぬいぐるみを一足先にプレゼント。楽しく遊んでいてくれて嬉しい限りでした。日程が併せられなくて次男がいないクリスマスパーティーでしたが、それでも家族でクリスマスを過ごせることを( [続きを読む]
  • 二人とも花マル
  • リハビリ病院を退院した時、認識能力の低下と左側空間無視のリハビリ用にと言語のリハビリ師さんから自主トレ用のプリントを頂きました。私が渡すの忘れたりとかもしますが、コツコツ続けております。最近は小学校入学準備に用意した、学習用のプリントを長男にやってもらい私が採点し、妻がやったプリントを息子が採点して私がチェックしているのですが、長男が採点したプリントを見てほっこりした気分に。がんばって書いた花マル [続きを読む]
  • 帰宅後はじめての転倒
  • 一昨日の事、私がキッチンで洗い物をなどしているときでした。ガタッと大きな音と長男の鳴き声が・・・見ると妻が倒れ、長男の上に乗ってしまっていました。慌てて駆け寄って妻を起こしてソファーへ、長男は幸いにも大事は無く、倒れた時に杖が足をこすったのか少し皮がむけた程度、すぐに絆創膏を張ってやりました。その時は特に揉んだなかったのですが夜、そろそろ寝ようかなと思っていたころに「足が痛くて立ち上がれない」と妻 [続きを読む]
  • 一家そろって風邪
  • 仕事のほうが最近は忙しく、更新が滞っておりますがひとまず元気でございます。風邪だという事を除けばですが(笑)家庭内って一人がひき始めるとローテーションのように立て続けに風邪ひきませんか?ウチだけかもしれませんが、毎年この時期になると誰かがひいた風邪がまわりまわって全員が風邪にかかることが多い気がします。今回は妻からスタート、そして長男、私とめぐっております。天候も気温も不安定で過ごしづらいですね… [続きを読む]
  • 妻の誕生日
  • 11/28は妻の誕生日でした。仕事で遅くなってしまいケーキは無理かなぁと諦めていたのですが、乗換駅の駅中にちょっと有名(らしい)ケーキ屋さんが出店していました。ちょっとお高めでしたが今年1年色々な事を乗り越えた妻へのご褒美という事なんだろうなぁと感じ、小さなイチゴのケーキを購入。私は甘いものが苦手なもので、子供と二人で食べてもらいました。随分と気に入ったようで「生きててよかった!」と喜ぶ妻…「本当に比喩 [続きを読む]
  • 季節の変わり目
  • 更新が滞っております…。最近、めっきり寒くなってきましたせいか私が体調を崩し気味…先週末は熱が出ていたのですが、平日は微熱はあるもののなんとか動けるので会社へは通勤しました。こういう時に限って仕事が忙しく、休めずなかなかしんどいのですが職場の方々にフォローして頂きながらなんとか頑張っております。しんどい時は無理せず最低限だけ・・・というのが今年私が学んできたことです(笑) [続きを読む]
  • 障がい者手帳を受け取ってきました。
  • 障がい者手帳の審査が終わったので市役所に取りに来るようにという通知が市役所から届きました。手帳そのものが郵送で送られてくるものだとばかり思ってました…。「60〜90分ほどの面接があります」と書いてあるので本人が行く必要がるのかと思いきや「代理の方でも可能」という記載もあり、どういうことかわからず…。とりあえず市役所に聞いてみると「面接というか使用についての説明があります、その場で申請できる手続きもある [続きを読む]
  • やっぱりこうじゃないと!
  • 金曜日に長男をお迎え。ホームシックになってないかなぁと心配していましたが本人はまったくあっけらかんとしていました(笑)全然問題なかったか、と安心していたのですが職員さんから「三日目の朝にだけ少しだけ嘔吐がありました。そのあとはもう大丈夫、と言って普通に朝ごはんは食べてましたので大丈夫だと思いますが」どう考えてもストレスですね…申し訳ない気持ちと、弱音を言わず5日間過ごしてくれたことに感謝と、こんな [続きを読む]
  • やる気が起きない…
  • 長男がショートステイに行って三日目です…。ビックリするくらい何事もやる気が起きない!子供たちがいるから「しっかりやらなきゃ!」って頑張れてるんでしょうねぇ。もちろん妻の事もやっている(つもり)ですが、朝とお昼の準備とお風呂の手伝いくらい、晩御飯はヘルパーさんにお願いしているので急いで帰る必要もなく、相変わらず転倒は怖いものの前よりは歩きがしっかりしてきたので、四六時中心配をする感じではなくなってい [続きを読む]
  • 訪問リハビリが危うく受けられなくなりそうに
  • ちょっと前に費用の話に書いたのですが、今は訪問医による検診を月に2回でお願いしております。これが3万と高く、健康的には特に問題ないことも確認取れたのでそろそろ終わりにしようかと考えておりました。そして先日、リハビリ病院から連絡がありました。3か月経過するので担当医に指示書を書いてもらって提出して頂けますか?あ〜、なるほど。リハビリ継続するのに指示書が必要なんですね。そりゃそうか、とケアマネさんに連絡 [続きを読む]
  • 一週間のショートステイ
  • 本日から1週間、長男がショートステイでお泊りです。昨日はお泊り楽しみ〜と言っていたのですが、向かっている途中はなんだか元気がない様子…「どうした?」と聞くと「緊張しております」となぜか敬語で答えておりました…やっぱりお泊りは嫌なんだろうなぁ。でも弱音を言えないのは次男の事もあるのかもしれません…子供達には負担をかけてしまって色々と申し訳なくも、心配にもなります…。長男も次男も、帰ってきたらいっぱい [続きを読む]
  • 現在掛かっている費用など
  • 妻が倒れる前から比較して増えた費用などまとめてみようかと思います。■子供関連ファミリーサポート(子供のお迎え):15000■介護等出張リハビリ:約10000デイケア:15000レンタル機材(手すり、杖、車いす):2000訪問医の定期健診:30000大体毎月6万円くらいですかね…。並べてみると意外にかかっているなぁという印象です。訪問医に関してはそろそろ辞めてもいいかなぁと思っていたのですが、リハビリの指示書を書いてもらう [続きを読む]
  • 洗濯はおまかせ!
  • 早いものでそろそろ帰ってきてから二か月が経ちました。最初の頃は何もできなかった妻にも変化が少しずつ…洗濯が一人でできるようになった!洗濯物を洗濯機に入れて洗い、終わったらそれを籠に入れ、籠を杖のようにしながら歩く…装具を付けていればですが歩行はだいぶ安定してきたように感じます。最近は子供の朝の支度(ご飯食べさしたり…着替えをしてもらったり)もやってくれてうれしい限りです。おかげで朝に余裕ができまし [続きを読む]
  • やっと晴れてくれた
  • 雨が降ると保育園の送りがキツいです(汗)長男が通っている保育園は自転車で全力で漕いで15分ほど掛かるんですよね。歩くには遠い距離なので今のところ自転車で行く以外の方法が無いので長男はカバーの中に入って貰って私はカッパを着て通っていますが…中々にしんどいものです。先週、先々週は雨ばかりで朝は大変でした。今週は晴れて欲しいものです。 [続きを読む]
  • 子供のショートステイまとめ
  • ショートステイの簡単な説明と感想です。■申請方法市の管轄部署へ連絡し書類を提出することで利用ができます。施設に直接依頼するのはNGなので注意が必要です。また利用希望が多いと入所できないことがあるので事前に余裕をもって連絡する方がよいと市の担当者さんから説明がありました。料金ですが私の地域では1日3000円くらいで割高に感じますが受けているサービス内容を考えると妥当かとも思います。■当日の持ち物着替え(当 [続きを読む]
  • ショートステイのお迎え
  • 仕事が終わってすぐ、長男のお迎えに行ってきました。親がいないお泊りは保育園のお泊り保育以来、2回目で心配していましたが当の本人は充実した二日間を過ごしたようで「どうだった?」と尋ねると「楽しかったからまた行きたい!」と元気に答えてくれました。初めて利用しましたが便利に感じました。子供を預けるって心配ですし、育児から逃げているようで抵抗感があったのですが、一度預けてみると自分で思っているよりも寂しさ [続きを読む]
  • 子供のショートステイ活用
  • まだ先の事ですが、11月に1週間ほどいつもお願いしているファミサポさんが不在になると連絡をくださいました。しかし、代わりのファミサポさんを探すと時間が掛かる上に休日の…どうしたものかと考えていた時でた。市の方からショートステイを活用してはどうかとお話を頂きました。いきなり一週間預けるのは不安なので一度、1日だけ預かっていただく事となりました。午後からは仕事に行き、いつも通り家に帰ると…静かすぎる…なん [続きを読む]
  • 子供の集団生活の難しさ
  • 今日はちょっと子育ての苦労話でも…。私にとって子供の保育園にいるのは非常に居心地が悪いものです。以前、長男の保育園では暴力が多くビックリしたということを書きましたが最近はかなりマシになりました。酷かった頃は保育園で準備を手伝ったりしていると私にも蹴ってきたりしたものですが、最近はそれもなくなりました。それでもあまり居心地がいいものではありません、先日保育園の運動会でこんなことがありました。集合時間 [続きを読む]
  • 寒暖差が酷すぎる…
  • 風邪をひきました。先週は熱いくらいだったのに今週はすこぶる寒い…頑張って先週末に長男の服を買いに行っておいてよかった…寒い思いはさせずにすみました。そういえばついでにそろそろ寒くなるからと、妻のカーディガンを買いました。左腕の麻痺の事などを考えると、トレーナーのような被って着るものは大変で、ファスナーで閉じるタイプのものも難しいだろうと、買うときにもいろいろと考慮しないといけない事が多いですね。 [続きを読む]
  • 過保護になってないですか?
  • 意識はしてなかったのですが、ついつい手を出してしまっているようで…「大丈夫だから」と言われても危なっかしく見えてしまってついつい手伝ってしまいます。友人から「いろいろとやったほうが回復が早いよ〜」と聞いたこともあるのですが転倒が怖くてついついやってしまう。でも本当は良くない気もします。「優しい虐待」なんて言葉もあります、なんでもかんでもやってしまうと介護される側が考えたり動く必要が無くなってどんど [続きを読む]
  • 残念ながら雨での運動会
  • この時期はイベントがいっぱいですね。土曜日は長男の運動会でした。保育園に今の妻の状態を説明し、後ろの方で構わないので席を準備してくれないかと相談すると快くOKして頂けました。妻に伝えると大喜び「今週の土曜日だよね」「xx日だったよね」「明日だよね」とほとんど毎日のように言っていました。しかし、うちから保育園までは自転車で15分、歩けば30分以上かかる距離なのです…雨が降ってしまうと車いすで向かうには少し [続きを読む]