ちゅう太 さん プロフィール

  •  
ちゅう太さん: “カリスマ家庭教師” ちゅう太先生のブログ
ハンドル名ちゅう太 さん
ブログタイトル“カリスマ家庭教師” ちゅう太先生のブログ
ブログURLhttp://sendai-study.com/
サイト紹介文カリスマ家庭教師ちゅう太先生のブログです。“教えるとは希望を語ること”
自由文現在は複数の家庭教師センターに登録をし、20名ほどの生徒さんの指導をしています。私はこれまでに訪問家庭教師からオンライン家庭教師(インターネットを使った画面での指導)まで経験しております。実際に経験して思った事や私が教えている生徒さんの成長のこと、教育に関して思ったことなどを発信して行きたいと思っています。読んで頂けるみなさんの参考になればと思い書いていきたいと思いますので宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 201日(平均1.7回/週) - 参加 2017/02/14 14:41

ちゅう太 さんのブログ記事

  • 文章を書くコツはこれ!
  • 読み手がわかりやすいように文章を書くコツで一番大切なのは、「読み手がわかりやすいように気を配る事」です。難しい表現や、難解な漢字を使ったりしてカッコイイ文にしようとする必要はありません。それは自己満足で傲慢な文章です。文章はプライベートの日記以外、人に読んでもらうために書くわけです。それを敢えてわかりにくく書くのは矛盾しています。シンプルに言えばいい事でも、わざと回りくどい表現のわかりにくい文章は [続きを読む]
  • 文章を書くコツはこれで決まり!
  • 読み手がわかりやすいように文章を書くコツで一番大切なのは、「読み手がわかりやすいように気を配る事」です。難しい表現や、難解な漢字を使ったりしてカッコイイ文にしようとする必要はありません。それは自己満足で傲慢な文章です。文章はプライベートの日記以外、人に読んでもらうために書くわけです。それを敢えてわかりにくく書くのは矛盾しています。シンプルに言えばいい事でも、わざと回りくどい表現のわかりにくい文章は [続きを読む]
  • 苦手科目の原因とは
  • 「理論的思考」と「感覚的思考」数学は理性、英語は感性を養う学問であり、国語は両方の理性+感性=咀嚼力を養う学問と考えられます。もちろん数学の学習が感性を養う部分もありますし、英語の学習が理性を養う部分もあります。分析思考型人間は物事を感覚的に捉えることが苦手です。語学を習得するのに理屈を交えてしまって、直感的に覚えたり話したりすることが苦痛です。また、直感型人間は物事を理論的に考えるのが苦手です。 [続きを読む]
  • 社会の勉強法まとめ
  • 自分で問題をつくる 社会は先ず、用語を暗記することがカギです。ここでは、脳科学者の茂木健一郎さんが行っていた勉強法を紹介します。カードの表に、歴史の出来事などを3〜4行の文章にして、暗記しなくてはならない用語を()にして穴埋め問題を作ります。裏には、その答えを記入しておくのです。穴埋めになっている部分は、すべてテストに出てきそうな重要用語になっています。茂木さんは、この勉強方法で常に学年トップの成 [続きを読む]
  • 社会の勉強法まとめ
  • 自分で問題をつくる 社会は先ず、用語を暗記することがカギです。ここでは、脳科学者の茂木健一郎さんが行っていた勉強法を紹介します。カードの表に、歴史の出来事などを3〜4行の文章にして、暗記しなくてはならない用語を()にして穴埋め問題を作ります。裏には、その答えを記入しておくのです。穴埋めになっている部分は、すべてテストに出てきそうな重要用語になっています。茂木さんは、この勉強方法で常に学年トップの成 [続きを読む]
  • 文章を書くコツはこれで決まり!
  • 読み手がわかりやすいように文章を書くコツで一番大切なのは、「読み手がわかりやすいように気を配る事」です。難しい表現や、難解な漢字を使ったりしてカッコイイ文にしようとする必要はありません。それは自己満足で傲慢な文章です。文章はプライベートの日記以外、人に読んでもらうために書くわけです。それを敢えてわかりにくく書くのは矛盾しています。シンプルに言えばいい事でも、わざと回りくどい表現のわかりにくい文章は [続きを読む]
  • 文章を書くコツはこれで決まり!
  • 読み手がわかりやすいように文章を書くコツで一番大切なのは、「読み手がわかりやすいように気を配る事」です。難しい表現や、難解な漢字を使ったりしてカッコイイ文にしようとする必要はありません。それは自己満足で傲慢な文章です。文章はプライベートの日記以外、人に読んでもらうために書くわけです。それを敢えてわかりにくく書くのは矛盾しています。シンプルに言えばいい事でも、わざと回りくどい表現のわかりにくい文章は [続きを読む]
  • 苦手科目の原因とは
  • 「理論的思考」と「感覚的思考」数学は理性、英語は感性を養う学問であり、国語は両方の理性+感性=咀嚼力を養う学問と考えられます。もちろん数学の学習が感性を養う部分もありますし、英語の学習が理性を養う部分もあります。分析思考型人間は物事を感覚的に捉えることが苦手です。語学を習得するのに理屈を交えてしまって、直感的に覚えたり話したりすることが苦痛です。また、直感型人間は物事を理論的に考えるのが苦手です。 [続きを読む]
  • 思い出すことで記憶が定着する!
  • 思い出すという作業は、頭のウェイトトレーニングだと思ってください。これを行ってしまうと、記憶を引き出す力、つまり体でいうところの「筋肉」が衰えてしまいます。思い出している時は脳がウェイトトレーニングをしているウンウン唸りながら思い出している時は、ちょうどバーベルを持ち上げるトレーニングをしている時と同じです。どんどん唸ってください。その時が、もっとも記憶力が鍛えられている時間です。「もう覚えたから [続きを読む]
  • 親子の会話が多い家庭ほど子供は伸びる!
  • 子どもとお父さん、お母さんとの会話が小さいころからよくなされている家庭の場合、知能の発達が早いということがよく言われています。子どもが質問すれば、「今忙しいからあとで」と言わないで、できるかぎりの範囲で答えてあげるのが大切なことはいうまでもありません。食事のときは、テレビをつけっぱなしにしておくのではなく、賢い子を育てようと思ったら幼稚園や小学校や中学校であった出来事を話し合ったりすることが必要な [続きを読む]
  • 『国語力アップ』の訓練法を伝授!!
  • 本日は、『国語力』の訓練方法を伝授します!今回ご紹介するのは、私自身が生徒さんたちに毎回宿題として出している方法です。その前に、国語の重要性についてもう一度違う角度から述べてみたいと思います。国語力とは別の言葉で表すなら「咀嚼力(そしゃくりょく)」と言えると私は思います。難しい言葉が出てきましたが、咀嚼力とは、すなわち文章に限らず人の話の内容などをかみ砕いて理解することです。そして人間の経済活動と [続きを読む]
  • 英単語の暗記が苦手な生徒さんへのアドバイス!
  • 今日は私が教えている中学生の生徒さんへ教えている英単語の暗記方法(考え方)を書きたいと思います。皆さんはたくさんの英単語に出会って、それを覚えようとしてきたと思います。中学校3年間で約1500単語ほど習うと言われています。高校生だと4000〜5000語、大学受験では6000〜8000語と言われています。その膨大な英単語を覚えていこうとするとき、皆さんはどんな方法で暗記をしていますか?あやふやな単語に時間を配分する(苦 [続きを読む]
  • 英語は「ものまね」である!
  • 英語は、一言でいえば「ものまね」です。どういうことでしょうか。赤ちゃんと同じことをすると英語ができるようになる英語の勉強を考える時に、つねに考えてほしいことは、あくまで「英語は言葉である」ということです。つまり、そういう意味では「日本語と同じ」という事です。ですから「英語をどうやって勉強したらよいか」を考える時は、「日本語をどうやって勉強してきたか」を考えれば良いのです。みなさんは、日本語をどうや [続きを読む]
  • サイコロで一番出る確率が高いのは「5」だった!
  • 数学の確立の問題を教えているとき、生徒から質問があった。「先生、サイコロの穴(各数字)の数が違うので、重さが違うんじゃないですか?それだと出る確率は均等ではないですよね?」なんて鋭い質問だ(笑)言われてみればわずかに重さが違うはず。私も即答が出来ず、気になって調べてみました。サイコロの面の重さの差サイコロの表面の目の部分は、彫られてくぼんだ状態になっています。このことによって、各面の重さが異なり重 [続きを読む]
  • 英語は「ものまね」である!
  • 英語は、一言でいえば「ものまね」です。どういうことでしょうか。赤ちゃんと同じことをすると英語ができるようになる英語の勉強を考える時に、つねに考えてほしいことは、あくまで「英語は言葉である」ということです。つまり、そういう意味では「日本語と同じ」という事です。ですから「英語をどうやって勉強したらよいか」を考える時は、「日本語をどうやって勉強してきたか」を考えれば良いのです。みなさんは、日本語をどうや [続きを読む]
  • サイコロで一番出る確率が高いのは「5」だった!
  • 数学の確立の問題を教えているとき、生徒から質問があった。「先生、サイコロの穴(各数字)の数が違うので、重さが違うんじゃないですか?それだと出る確率は均等ではないですよね?」なんて鋭い質問だ(笑)言われてみればわずかに重さが違うはず。私も即答が出来ず、気になって調べてみました。サイコロの面の重さの差サイコロの表面の目の部分は、彫られてくぼんだ状態になっています。このことによって、各面の重さが異なり重 [続きを読む]
  • 思い出すことで記憶が定着する!
  • 思い出すという作業は、頭のウェイトトレーニングだと思ってください。これを行ってしまうと、記憶を引き出す力、つまり体でいうところの「筋肉」が衰えてしまいます。思い出している時は脳がウェイトトレーニングをしているウンウン唸りながら思い出している時は、ちょうどバーベルを持ち上げるトレーニングをしている時と同じです。どんどん唸ってください。その時が、もっとも記憶力が鍛えられている時間です。「もう覚えたから [続きを読む]
  • 国語で求められる4つの力
  • まず、国語で求められる力は、以下の4つに分かれています。読む力書く力聞く力話す力学校の教科書もこの4つに分かれています。この分類は国語も英語も同じですね。学校の教科書もこの4つに分かれています。この分類は国語も英語も同じですね。この4つの総合が「国語力」です。これらをバランスよく鍛えていく事が大切なのです。でも、普段から分けて意識する必要はありません。「お、最近聞く力が伸びてきたな」「来週はちょっと書 [続きを読む]
  • 国語で求められる4つの力
  • まず、国語で求められる力は、以下の4つに分かれています。読む力書く力聞く力話す力学校の教科書もこの4つに分かれています。この分類は国語も英語も同じですね。学校の教科書もこの4つに分かれています。この分類は国語も英語も同じですね。この4つの総合が「国語力」です。これらをバランスよく鍛えていく事が大切なのです。でも、普段から分けて意識する必要はありません。「お、最近聞く力が伸びてきたな」「来週はちょっと書 [続きを読む]
  • 数学の公式は工夫しだいで楽しく学べるんです!
  • みなさんは数学の公式をどのように覚えていますか?今日は、数学の公式を楽しんで学べる方法をいくつかご紹介します。公式カードを作って数学を楽しもう!公式はただ単に暗記するよりも、公式の証明や成り立ちを理解する方が効率よく覚えられます。そのために、表に公式を書き、その裏に導き方を書いたカードを作ります。そして、それをノートにすらすら書けるようなトレーニングをするのが効果的です。こうしたカードを作ると、ち [続きを読む]
  • 最近の中学受験事情と賢い志望校の選び方
  • 私が教える小学生でも、中学受験をする生徒が年々増えてきています。今回は中学受験に臨むための基礎知識や心構えについてまとめてみましたので、中学受験を考えている方は参考にしてみてください。最近の中学受験事情は毎年変化しています。そこに立ち向かうには、情報収集が一番のポイントです。また、どうすれば思い描いたとおりの将来を左右する学校選びができるのでしょうか?毎年変化する受験制度や動向近頃の中学受験では、 [続きを読む]
  • 数学は問題を解くだけでは学力は伸びない!
  • 数学の問題を解いている時、あなたはどういった姿勢で考えていますか?勉強のやり方として、「問題を解くとき」のみに意識していたのでは十分とはいえません。そこそこ時間をさいて勉強しているにもかかわらず、数学ができないという方は、次の様なことを繰り返しをやっていませんか?①参考書や問題集の問題を解く②解ければ答え合わせをする。解けなければ正解を見る③正解していれば丸をつけ、間違った箇所はノートに赤字で書き [続きを読む]
  • かしこい辞書の選び方、使い方を教えます!
  • 辞書は、国語と英語の学習をするには、欠くことのできないものです。しかし辞書を上手に活用している生徒は何人いるでしょうか。今回は、見落とされがちな辞書の上手な活用法を教えます!辞書の選び方のポイント辞書は子供の発達に応じて与えるというのが原則です。ときどき見受けられるのですが、入学祝いにもらったということで、広辞苑や大辞林を国語の辞典として小学生・中学生に与えているご家庭があります。英語辞典なら中学 [続きを読む]
  • ひなが巣立つ日 〜卒業おめでとう!〜
  • 毎年やってくる出会い別れの季節。今年は7名の受け持ちの生徒さんが卒業しました。卒業おめでとう!卵のからをやぶって、ひな鳥が黄色いくちばしをあけ、親鳥が虫をとらえ、口うつしに餌を与えます。何か月かたちました。ひな鳥は羽を広げ、バタバタと羽ばたきの練習です。巣立ちの日が近づいたのです。ある日とつぜん、巣から飛び立ちました。この日から、誰にも頼らずに自分で生きていくのです。私たち人間も同じです。中学生の3 [続きを読む]
  • 成績が上がらない人の問題集・参考書の使い方
  • 受験勉強はもちろん普段の勉強にも、問題集と参考書は必須です。その使い方が間違っていると成績がなかなか上がりません。今回は、成績が上がらない人の勉強法を紹介して、その改善案もお教えします。成績がなかなか上がらない人の勉強方法成績がなかなか上がらない人は、(1)問題集をたくさん持っている(2)教科書を軽視している(3)問題集・参考書のやり方、選び方、やる順序を間違えているという傾向があります。それはどう [続きを読む]