Gou さん プロフィール

  •  
Gouさん: ちょっと気になる!〜大阪発史跡旅〜
ハンドル名Gou さん
ブログタイトルちょっと気になる!〜大阪発史跡旅〜
ブログURLhttp://kininarugou.blogspot.com/
サイト紹介文大阪を中心にちょっと気になる神社仏閣や史跡、お出かけスポット等に行ってみた記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2017/02/15 13:11

Gou さんのブログ記事

  • 科長神社(南河内郡太子町) ・夏祭りには舟形だんじりも出る式内社
  • 科長神社2018年7月訪問科長神社(しながじんじゃ)は大阪府南河内郡太子町山田にある神社です。平安時代の「延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)」という書物にも名前のある、いわゆる式内社と呼ばれる由緒ある神社で河内国石川郡9座のうちの一つです。太子町にある唯一の式内社で、多くの神々を祀っていることから八社大明神(はっしゃだいみょうじん)との別名もあります。科長神社(南河内郡太子町)東に金剛山地の岩橋山から [続きを読む]
  • 鹽竈神社・正神神社(羽曳野市) ・東北地方に縁のある神社
  • 鹽竈神社・正神神社2017年12月訪問鹽竈神社・正神神社(しおがまじんじゃ・しょうかみじんじゃ)は大阪府羽曳野市西浦にある神社です。鳥居にかかる額に二つの神社の名が書かれていることから二社が同一境内に鎮座しているようです。決して広くはない境内ですが、周囲の古い街並みの中に溶け込む厳かな雰囲気の神社です。鹽竈神社・正神神社(羽曳野市)歴史と概要鹽竈神社・正神神社に関しては現地案内板や公式なホームページが [続きを読む]
  • 狭山池水天宮(大阪狭山市) ・さやま遊園を護る水の神
  • 狭山池水天宮2018年4月訪問狭山池水天宮(さやまいけすいてんぐう)は大阪府大阪狭山市狭山にある神社です。狭山池東側の防災公園である「さやか公園」の近くで、新しい住宅街に鎮座する小さな神社ですが、駅からさやか公園や狭山池に向かう途中の交差点の角という目立つ場所にあるので目にする方も多いと思われます。狭山池水天宮(大阪狭山市)歴史と概要狭山池水天宮の鎮座するこの辺りは、明治まで狭山藩の藩主である北条家の [続きを読む]
  • 【街歩き】通法寺跡と源氏三代の墓(羽曳野市・南河内郡太子町)
  • 通法寺跡と源氏三代の墓2018年3月訪問通法寺跡は大阪府羽曳野市にあった仏教寺院の跡で、通法寺は河内源氏の菩提寺でした。その名は現在も寺の跡地周辺の「羽曳野市通法寺」や「富田林市通法寺町」として地名に残っています。源氏三代の墓とは、通法寺跡から隣の太子町にかけて点在する河内源氏の祖である源頼信から続く、源頼義、源義家の三代の墓所のことです。通法寺跡に残る山門この辺りは石川右岸(東)の田畑と古い街並み [続きを読む]
  • 大堀八幡神社(松原市) ・平成27年に新築移転した八幡社
  • 大堀八幡神社2018年2月訪問大堀八幡神社(おおぼりはちまんじんじゃ)は大阪府松原市大堀にある神社です。松原市の大堀というと、屯倉神社のある「三宅」同様に、阪神高速道路の出入口があることで地元以外の人々にも知られた地名かと思われます。大堀八幡神社(松原市)現在は、中央環状線をはじめ、阪神高速14号松原線・西名阪自動車道・近畿自動車道・阪和自動車道を接続する松原JCT(ジャンクション)などの交通の大動脈が [続きを読む]
  • 壺井八幡宮(羽曳野市) ・日本を動かした河内源氏発祥の地
  • 壺井八幡宮2018年3月訪問壺井八幡宮(つぼいはちまんぐう)は大阪府羽曳野市壺井にある神社です。南河内を南から北に流れる石川の右岸(東側)にある小高い丘の上に鎮座するこの神社は、八幡太郎と呼ばれた源義家や鎌倉幕府の創始者である源頼朝といった日本史に名を残す人物を輩出した河内源氏の氏神として有名です。壺井八幡宮(羽曳野市)穏やかな流れの石川と、古い街並み、そして葡萄畑に囲まれたとても静かな神社ですが、周辺 [続きを読む]
  • 西方院(南河内郡太子町) ・聖徳太子御廟がある叡福寺向かいの寺院
  • 西方院2017年12月訪問西方院(さいほういん)は大阪府南河内郡太子町太子にある寺院です。宗派は浄土宗で、山号は南向山(なんこうざん)、寺号は法楽寺。聖徳太子御廟がある叡福寺の道路を挟んで向かい側にあるこのお寺は、聖徳太子が死去した後に出家した三人の侍女(乳母)が剃髪して仏門に入り、墓前にお堂を建立して、太子の冥福を祈ったのが始まりと伝えられ、今も叡福寺とともに参詣する人が多い寺院です。西方院(南河内郡 [続きを読む]
  • 国府八幡神社(藤井寺市) ・允恭天皇陵のすぐ東にある八幡宮
  • 國府八幡神社2017年11月訪問国府八幡神社(こうはちまんじんじゃ)は大阪府藤井寺市国府にある神社です。惠我長野北陵と呼ばれる允恭天皇陵(市ノ山古墳)のすぐ東に鎮座する八幡宮で、少し北にはかつて河内国の国府などがあったとされる国府遺跡、南には有名な道明寺や道明寺天満宮があります。国府八幡神社(藤井寺市)現在は近鉄の土師ノ里駅から直線距離で300mほど北東、府道12号線からも約200m北の住宅街の真ん中に [続きを読む]
  • 屯倉神社(松原市) ・式内社酒屋神社を境内社に持つ天満宮
  • 屯倉神社2018年2月訪問屯倉神社(みやけじんじゃ)は大阪府松原市三宅にある神社です。菅原道真公(菅公)を祀る天満宮ということで境内には梅が植えられ、毎年3月初め頃には梅まつりが催され多くの人を楽しませています。屯倉神社(松原市)また、「開運松原六社参り」といって、お正月の元旦から15日までに松原市内の五社と近隣の一社を参詣し開運を願う行事で巡る六社の一つに数えられるなど、初詣にも人気の神社のようです。 [続きを読む]
  • 科長岡神社(南河内郡太子町) ・叡福寺の境内に鎮座する神社
  • 科長岡神社2017年12月訪問科長岡神社(しながおかじんじゃ)は大阪府南河内郡太子町太子にある神社です。聖徳太子の御廟があることで有名な叡福寺の境内でも奥の方にひっそりと鎮座されています。墓所は「磯長」墓でこちらは「科長」神社ですがどちらも「しなが」と読みます。また、同じ太子町内の2kmほど南東には「科長神社(しながじんじゃ)」という式内社もありますが別の神社です。科長岡神社(南河内郡太子町)概要科長岡 [続きを読む]
  • 叡福寺(南河内郡太子町) ・聖徳太子御廟を守護する寺院と古墳
  • 叡福寺2017年12月訪問叡福寺(えいふくじ)は大阪府南河内郡太子町太子にある寺院で、山号は磯長山(しながさん)です。地名の由来でもある聖徳太子(厩戸皇子)の墓所とされる磯長墓(しながのはか)があることで有名です。聖徳太子といえば、第33代推古天皇を補佐し、十七条憲法や冠位十二階の制定、遣隋使の派遣などを行う一方、仏教を取り入れ神道とともに厚く信仰し興隆につとめた日本史上最も有名な人物の一人で信仰の対象で [続きを読む]
  • 富栄戎神社(富田林市) ・寺内町のえべっさん
  • 富栄戎神社2017年9月訪問富栄戎神社(とみさかえびすじんじゃ)は大阪府富田林市富田林町にある神社です。江戸時代からの古き良き街並みを残し、大阪府内で唯一国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、近年南河内でも有数の人気観光スポットになりつつある寺内町(じないまち)の東の端にあります。富栄戎神社(富田林市)戎神社といえば、大阪はもちろん、関西ではお馴染みの商売の神様「えべっさん」ということで、小さな神社 [続きを読む]
  • 允恭天皇陵(藤井寺市) ・古市古墳群北東端の天皇陵
  • 允恭天皇陵2017年11月訪問允恭天皇陵(いんぎょうてんのうりょう)は大阪府藤井寺市国府にある古墳で、遺跡名としては市ノ山古墳(いちのやまこふん。市野山古墳とも)とも呼ばれ、古市古墳群を構成する古墳の一つです。宮内庁により、惠我長野北陵(えがのながののきたのみささぎ)として第19代允恭天皇の陵に治定されています。允恭天皇陵(藤井寺市)の拝所への道現在はすぐ西に国道170号線の旧道、南には近鉄の南大阪線が走 [続きを読む]
  • 軽羽迦神社(羽曳野市) ・白鳥陵古墳に近く竹内街道沿いにある神社
  • 軽羽迦神社2017年8月訪問軽羽迦神社(かるはかじんじゃ)は大阪府羽曳野市軽里にある神社です。近鉄の古市駅から竹内街道を西へ進み白鳥陵古墳(軽里大塚古墳)を越えてしばらく行くと、外環状線に出る手前で当社を見つけることが出来ます。かつて賑わっていたであろう街道沿いの古くからの街並みの中に静かに鎮座しています。軽羽迦神社(羽曳野市)歴史と概要羽曳野市のホームページなどによると、軽羽迦神社が現在の地に建てられ [続きを読む]
  • 鍋宮大明神碑(堺市美原区) ・河内鋳物師ゆかりの神社の跡
  • 鍋宮大明神碑2017年7月訪問鍋宮大明神碑(なべみやだいみょうじんひ)は堺市美原区大保(だいほ)にかつてあった神社の跡地に立てられた顕彰碑です。鍋宮大明神は烏丸大明神(からすまるだいみょうじん)とも呼ばれ、古来この地域を中心に栄えた金属鋳造(溶かした金属を型に流し込んで物を造る事)の技術者およびその集団である河内鋳物師(かわちいもじ)と深いつながりのある神社でした。鍋宮大明神跡(堺市美原区)現在、顕彰碑は大阪 [続きを読む]
  • 広国(廣國)神社(堺市美原区) ・安閑天皇と多くの神々を祀る神社
  • 広国(廣國)神社2017年7月訪問広国神社(ひろくにじんじゃ)は堺市美原区大保(だいほ)にある神社です。大阪市と三重県熊野市を結ぶ国道309号線という幹線道路沿いに鎮座しています。現在、周りは田畑の広がる静かな場所ですが、かつてこの辺りは河内鋳物師と呼ばれる金属鋳造の技術者集団の本拠地として栄えていました。南から見た広国神社歴史と概要広国神社の正確な創建年は不明ですが平安時代中頃のようです。河内国丹南郡 [続きを読む]
  • 板茂神社(富田林市) ・だんじり祭りもある板持地区の神社
  • 板茂神社2017年10月訪問板茂神社(いたもじんじゃ)は大阪府富田林市西板持にある神社です。大阪府神社本庁のホームページによると、地域の名をとって板持神社(いたもちじんじゃ)という通称名もあるようです。板茂神社(富田林市)近年、富田林の観光名所として知名度がアップしている寺内町(じないまち)から石川を挟んで対岸にある板持地区の、普段は静かな古い街並みの中にある神社です。幼稚園の隣りにあります。歴史と概要板 [続きを読む]