Chimidorock さん プロフィール

  •  
Chimidorockさん: みかん。
ハンドル名Chimidorock さん
ブログタイトルみかん。
ブログURLhttp://chimidorock.blog.fc2.com/
サイト紹介文子供の剣道の撮影、風景、家族の日常を綴るブログ。 キヤノン(EOSやEFレンズなど)ユーザーです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 264日(平均4.8回/週) - 参加 2017/02/15 14:34

Chimidorock さんのブログ記事

  • Nintendo Switch、到着。
  • 子供生まれてからか、その前からか、TVゲームというのに興味がなくなり、それから10年以上、我が家にはTVゲームがなかった。子供にも買うつもりなかったし。だが、息子も学校でTVゲームの話になるし、欲しいという思いも芽生えてくる。当然のことだ。だけど、頑なにダメといい続けていた。なんでダメなんだろう。目が悪くなるからとか、勉強しなくなるからとか、外で遊ばなくなるからとか、いろんな理由はあるが、それは、本当にそ [続きを読む]
  • EF-M18-150mmの多様性。
  • EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM日比谷公園。もう葉っぱは色づき始めて、光の角度は夏のそれではない。いい感じ。何を撮っても写真映えする。 EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMいろいろ撮ろうと思ったら、広角だけじゃなく、望遠側も欲しい。となると、EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMが最適となる。日中だから、すべてISO100でOK。レンズの暗さは問題にならない。 EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMこの時期は光の [続きを読む]
  • 子供はつらいよ。
  • EOS 5D Mark IV, EF50mm F1.8 STM世の中、ハロウィンだろうと、クリスマスだろうと、友達が家でゲームしていようと、歯を食いしばって稽古する子もいる。子供のためにと思ってやらせているが、それは親のエゴじゃないのか、自問自答。21時前、練習が終わったあとの背中はなぜか寂しそうにも見える。考えすぎだろうか。嫌いだった50mm F1.8もなかなか悪くない写りをする。にほんブログ村写真 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 雨の散歩。
  • EOS 5D Mark IV, EF16-35mm F2.8L II USMあんまりにも雨が続くものだから、もう外を歩こうってことになって娘を連れ出した休日の午後。どしゃ降りもどしゃ降り。中途半端よりはいい。 EOS 5D Mark IV, EF16-35mm F2.8L II USM傘を持って歩くから、きっとノーファインダーになるだろうと、広めのレンズを5D4につけた。さすがにEF11-24mmはやりすぎなので、今や旧レンズと化したEF16-35mm F2.8L II USM。こいつの出番は意外と多いん [続きを読む]
  • ユニコーンガンダム vs 11mm
  • EOS M5, EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM11mmといっても、EOS M5のレンズだから、35mm判換算で18mmほどになってしまうのか。これくらい巨大なものを至近距離で撮ろうとすると無理がある。先日、久々に晴れたものだから娘を連れてお台場へ。 EOS M5, EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM前のガンダムの方が好きだったけど、こっちもかっこいいな。ユニコーンガンダムなんてアニメじゃ見たことないけど、造形としてかっこいい。呆然と立ち尽くす娘 [続きを読む]
  • 雨の日はマクロレンズ。
  • EOS M5, EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM井上陽水の曲が好きで、中でも「結局雨が降る」という曲が好きで、もうすぐ君が嫌いになって 今日から雨が降るってところが、とりわけ好きだ。(他にも名曲は数多あるが) EOS M5, EF-M28mm F3.5 マクロ IS STMで、連日の雨である。台風がすぎ、ようやく晴れが続くかと思ったのも束の間、今日もまた雨。激し目。また台風が来ているようだし、この週末も天気はきっと絶望的。近くの川が氾濫し [続きを読む]
  • 乗り鉄ならぬ乗り空か。
  • EOS M5, EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM飛行機の外観にはあまり興味ないが、飛行機に乗るのは好きだ。窓側限定で、空が晴れていることが条件だが、これが実に楽しい。下界を見下ろす感覚。 EOS M5, EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM鉄道を撮る人は、撮り鉄。乗るのが好きな人は、乗り鉄。私は、空男ではないので、さしずめ、乗り空か。 EOS M5, EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM EOS M5, EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMずーっと見ていて飽きない。18-1 [続きを読む]
  • 広角だってスナップで。
  • EOS M5, EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMスナップ撮影は、標準以上は欲しくて、できれば望遠を使いたいくらい。70-200なんて距離は最適。だけど、広角レンズにもいいところはある。寄らないと大きく写らないけど、逆を言えば、たくさん寄れるというメリットがある。その点、EF-M11-22mmはとても、いいレンズだ。カメラの存在感も感じさせないし、システムとしてはかなりうれしい。好きなセットである。今日は何撮ろう。雨だけど。にほ [続きを読む]
  • 紅葉を前にすると。
  • EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM紅葉がある。カメラを持っている。撮らないなんて人がいるんだろうか。それが、信じられないほど美しく萌えていたら、そりゃもう撮るしかないでしょう。あとは、それをどう切り取るか。 EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM一流の風景カメラマンは、瞬時に構図を決めてしまうというが、アマチュアはそうはいかない。最後まで決めきれず、汎用な構図になってしまう。とくに広角レン [続きを読む]
  • 雨天決行。
  • EOS 5D Mark IV, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMおそるべき幼稚園というべきか、軟弱な子供に育てないという教育方針か、今朝のざざぶりからして、今日の運動会は、体育館(延期なし)が妥当。と、この幼稚園に通わせる、ほぼすべての親が思った事だろう。体育館は嫌だけど、この雨じゃしょうがないよね。と。 EOS 5D Mark IV, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMしかし、回って来た連絡網はグラウンドでやる。だった。すげえ。ま [続きを読む]
  • シジミチョウに最接近。
  • EOS M5, EF-M28mm F3.5 マクロ IS STMマクロレンズで花を撮ろうとしたら、偶然にもシジミチョウがいた。食事中だった。シジミチョウに詳しくないので、正確な名前はわからないけど、食事の邪魔してごめん。この後、すぐに飛んで行ってしまった。ミラーレスの小型効果だろうか。昆虫にもあまり衝撃を与えずに近づけた。まあ、逃げられたけど、数枚は撮らせてくれた。それでも焦って撮ったから、顔にピンが来ていない。残念。このレ [続きを読む]
  • 背景ボケに憧れた日。
  • EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM一眼レフをやるまえは、背景ボケにとにかく憧れた。カタログを見ると背景のぼけた写真がたくさん載っていて、自分もこんなふうに撮ってみたいと思ったものだ。当時は、なぜ、自分が持っているカメラ(コンデジ)だとボケないんだろうと漠然と疑問に思っていた。カタログなんて、知識がない人間が読んでも、意味がわからないから、こうこう、こういう理由でボケると書かれていても、わか [続きを読む]
  • 日本の風景
  • EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM5D Mark IVのサイトを見ると、たくさんの写真家の風景写真が掲載されているが、(もちろん風景だけじゃないけど)どれもいいわけじゃないけど、さすがだな、と思う作品も多い。風景写真の作品でいいなと思うのは、石橋睦美さん、米美知子さん、中西敏貴さん、GOTO AKIさん。この4名がとりわけ素敵に見える。綺麗なところを綺麗に撮るというより、彼らが撮るところが、綺麗になるという感 [続きを読む]
  • 広角単焦点で動物園スナップ
  • EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USM動物園といっても、小さな小さな無料の動物園。無料でここまでいるなら、たいしたものだけど。またに訪れる動物園なので、機材もチャレンジできる。動物園といえば、望遠。そしてズーム。基本的に遠くにいるものなので、普通なら必須のはず。 EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USM持って行ったのは、EF35mm F1.4L II USM、一本。意外となんとかなるというか、まあ、これでもいいんじゃないか [続きを読む]
  • 野鳥 vs EOS 5D Mark IV
  • EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM被写体で、動き物といえば、電車や飛行機、野生動物、野鳥などがメジャーどころか。子供という意見もあるだろう。それぞれのジャンルで、熱心な愛好家がいる中、付け焼き刃でその被写体に向き合うと、たいていうまくいかないものである。かけている時間と、撮り方の知識、あとは熱意に差があるから。そりゃ勝てるはずがない。しかし、一つだけ、追いつける要素がある。機材である。 EO [続きを読む]
  • EOS M5が正解だった。
  • EOS M5, EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMEOS M6が発表されたとき、よし買うぞと思い待っていたのだが、レンズがほしくって、ひとまずEOS M5を買った。M5を未使用のまま売って、M6を買おうと思ったが、値段もそう変わらないし、売るのをやめてそのままM5を使うことにした。いろいろな理想はあるけれど、結果的にM6で正解だった。中身はM6もM5もほぼ、ほぼ一緒。内蔵EVFがあるかないか、はっきり言ってこれしか違いはない。M6の方が少し [続きを読む]
  • 開きすぎない。絞りすぎない。
  • EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USM雨が降っていると外に出たくなる。というか写真を撮りに出かけたくなる。しかし、家族がある身としては、子供を置いて、一人、撮影に出るっていうのも、なかなか気がひける。気がひけるけど、出かけたい。 EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USMこんな日はミラーレスだと、ちょい心配。雨に濡れた時のことを考えて、ここは5D4。多少濡れてもどうってことはない。レンズは、最強単焦点。 EOS 5D [続きを読む]
  • キヤノンのカメラは画質。
  • EOS M5, EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMEOS Mシリーズは、キヤノンが業界でも後発に出したミラーレスだが、それはそれは、いい評価をもらえていない。世間様から。あと出しで、なんでこんなにダメなんだって言われるのは、キヤノンに対する世間の期待の高さの現れなんだろう。 EOS M5, EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMデュアルピクセルというAF技術が搭載されるようになって、ようやくオートフォーカスも、他社と同レベルになった。と [続きを読む]
  • 剣道撮影は、結局この2本。
  • EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM久しぶりの剣道写真。カメラはすっかりEOS 5D Mark IV。なんだかんだで、やっぱり万能カメラだわ。で、レンズだが、いろいろ使ってきたけど、この2本こそ至上という結論になった。EF24-70mm F2.8L II USMEF70-200mm F2.8L IS II USM他が撮れないわけじゃないが、この2本あれば無敵であるということ。 EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM結局私は、キヤノン製、つまりEOSとEFレン [続きを読む]
  • 初撮、スピードライト600EX II-RT
  • EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USM, スピードライト600EX II-RT結局、使いどころがなくて、発光すらしていなかったスピードライト600EX II-RT。これじゃいくらなんでも気の毒なので、モデルを立てて撮ることにした。記念すべき最初のモデルは、17年産のカブトムシ。昆虫はフォルム自体がデザインなわけだが、カブトムシやクワガタは特にすばらしい。角をつかまれたまま、羽を羽ばたかせ続けるカブトがかっこいいな。 EOS 5D Ma [続きを読む]
  • 珍しく好みじゃないEFレンズ。
  • EOS 5D Mark IV, EF50mm F1.8 STMずばり、EF50mm F1.8 STMである。出番が少ないため、使ってあげなきゃっていう思いからなんとかスタメンで起用してみた。しかし、なんだろう。この違和感。そう、違和感があるのだ。何が悪いわけじゃない。具体的にはない。しかし、感覚的に、好きじゃない。色味というか味わいだろうか。安かろう悪かろうという議論で語るなら安いのにすげえレンズ、という評価。しかし、愛想がよくない。いまい [続きを読む]
  • スピードライト600EX II-RT、到着。
  • またまた、何を買っちまったんだろ。ブツ撮りなんてするわけないし、モデル撮影なんてもってのほかだし。まあ、いちおう理由はある。近々、大規模なパーティーがあって、その様子を撮らなきゃいけないわけで、一つくらいあってもいいかなと。以前、スピードライト430EX IIを持っていたけど、あまりにも使わないものだから売り払ってしまった。だったらスピードライト430EX III-RTでいいわけで、当然、そいつを買うつもりでいた。だ [続きを読む]
  • EF11-24mm F4L USMと子供。
  • EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USM物心つく前から、目の前にカメラがある生活。うちの子たちは、そんな家庭で育っている。ちびまる子ちゃんでいうところの、たまちゃんのお父さん。ごめんとしか言いようがないが、それはさておき、娘はカメラをほとんど気にしない。たとえ11-24mmという超広角で馬鹿でかいカメラが目の前に来ても。自分にとって、障害にならない障害物なのだ。 EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USMそんな子に育て [続きを読む]
  • EF11-24mm F4L USM、継続中。
  • EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USMこのレンズを使ったら、やっぱり11mm側を使ってしまうのが人の子というもの。大口径レンズを使うと、どうしても、ど解放で撮りたくなる感覚に近い。銀座四丁目の交差点。このレンズにかかれば、ご覧の通り、こういうことになる。EF8-15mmのフィッシュアイでは歪みすぎて、こうは見えない。 EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USM駐輪場の一枚。はるか奥に人物が写っているが、実際はけっこう近い距 [続きを読む]
  • バッタの羽化。
  • EOS 5D Mark IV, EF16-35mm F2.8L II USM昆虫大好きの息子は、皮肉にも、都心生まれ都心育ちなわけで、だから、虫の季節になるとなるべく自然へ連れて行き昆虫採集を思い切りさせてやる。週末、とある森に入ったところ、薄暗い葉っぱの上にバッタらしき昆虫の羽化に出会った。名前はまったくわからないが、とても神秘的。LEDライトで照らして、スポット測光にして撮影。ISO800で、F2.8・1/100秒。ライトの光量が多いので、十分の [続きを読む]