夫と死別した元乙女 さん プロフィール

  •  
夫と死別した元乙女さん: 夫と死別した元乙女のブログ
ハンドル名夫と死別した元乙女 さん
ブログタイトル夫と死別した元乙女のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nie058
サイト紹介文突然の末期がんの宣告、突然の夫の旅立ち 最後に着ていたシャツにしみ込んだ汗の重みを忘れない
自由文夫と死別しました。突然の末期がん宣告から数日でした。同じ経験をした人がまわりにはいません。伴侶との永遠の別れで私の「今」を失いました。同じ経験をした方の気持ちが知りたくて、また自分の気持ちを少しでも楽にしたくてはじめたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2017/02/15 17:09

夫と死別した元乙女 さんのブログ記事

  • 一羽の鳩 とコメントのお礼とおわび
  • コメントをくださったみなさまありがとうございます。大事な方をなくされて間もない方、まだまだ悲しみの中にいる方、ご自身もお辛い中、ありがとうございます。お返事できず申し訳ありません。今日からしばらく出かけてきます。湯治みたいなものです。今朝、窓を開けたらベランダの手すりに一羽、鳩がとまっていました。ちょっとびっくりしました。鳩なんて、それも一羽だけなんて見たことがなかったから。夫が、行っておいで。ゆ [続きを読む]
  • 休養
  • 一週間ほど休養&療養生活に入ります。以前から不調気味のところがありまして、ドクターには思いきった治療を薦められていますが、どうしても気がすすまず(深刻な病気では全然ないです)だましだましやってきたものの、やっぱり不調は不調なので、ゆっくり休養できるところに行きます。大学生の息子もひとりでなんとかやるだろうし、春休みだから祖父母宅に行ってもよいし、気になっていた冷蔵庫も落ち着いたので。実家の隣のおば [続きを読む]
  • 20年冷蔵庫の扉にくっついていたマグネット
  • 約23年ぶりに新しい冷蔵庫が来た。結婚してから長い間働いてくれて夫の思い出もたくさんある古い冷蔵庫は思ったより簡単に運ばれて行った。この古い冷蔵庫の扉に20年間ずっとくっついていたマグネットがあった。二十歳の息子が生まれた頃、仕事で夫は大きなイベントにかかわり、そのマスコットのマグネットを買ってきた。それを息子がわかるようになったのは喋りはじめた一歳半ごろだと思う。そのマスコットは◯◯べえ という名前 [続きを読む]
  • 夫が残したままのもの
  • 23年ぶりに買い替えた冷蔵庫は、明日届く予定。少し前にいつものホルモン注射(婦人科系に少々問題ありの為)の後、副作用でちょっと辛い。今回は身体中の関節が痛いし頭痛はずっと。しかし、冷蔵庫が届いちゃうから昨日は中身を片付けた。それから扉にマグネットで貼ってあった色んなものも、剥がした。見慣れていて気付かなかったものをいくつも発見。夫が残したままのものが何ヵ所も。マーガリン。夫がいなくなってからはほとん [続きを読む]
  • 世界がんデー
  • 2月4日は世界がんデー だったそうだ。朝刊をみたらどのページにも がん の記事。色々思い出し辛いけど、時間をかけて読んで見た。2020年までに 線虫 によるガンの早期発見の体制を整えていきたいという記事にとても興味をもった。医師が問題ありません と言っても尿を持って行って、線虫に判断してもらう。それでがんが少しでも早く発見できたらと思う。ずっと元気で 病気のカケラもなかった夫が突然の末期がんを宣告され、たっ [続きを読む]
  • きっと走っている
  • 夫は20代の頃から走っていた。マラソンやハーフマラソン、駅伝など出場した大会の数は私にはわからない。今日は住んでいるところの近くでマラソン大会があった。いや、まだ走っている人もいるかも(頑張って!)テレビでは大分の有名な大会が中継されていた。夫はその大会にもたぶん10回くらい出場したと思う。私も一度だけついて行った。初めての九州、初めての大分だったけど、観光はゼロ(笑)すべては夫のマラソンのためだから、 [続きを読む]
  • 小さな春
  • 今日は節分。恵方巻は食べないし、豆まきの豆も買い忘れてしまったけど、夫のお墓の隣のお寺で、護摩木祈願の受付があったからお願いしてきた。息子と夫の両親、私の両親、そしてやはり自分の分も。無病息災 病気平癒 心身健全息子は大学の期末試験だから学業向上にしてきた(笑)夫が亡くなった時は、神さまも仏様もいない!そう思った。しかしやっぱり、心のどこかでは信じているのかな?このお寺は夫と毎年、桜を見に来ていたし [続きを読む]
  • 1人で冷蔵庫を買う そして泣く
  • 我が家の冷蔵庫、結婚した時に買ったので間もなく23年。間に合わせで買った安い冷蔵庫だけどこの22年、故障もなく、故障の兆候と思われる氷が溶けることも全くなく電気屋さんに驚かれるくらいよく働いてくれている。しかし数年前からやたら音がうるさい。特に夏場はひどい。別の部屋まで振動が伝わって夜、目が覚めたこともあった。一昨年の夏、夫は言った。もう十分に元はとったから新しいの買おうよ。いつでもいいじゃない、壊れ [続きを読む]
  • 一人映画館
  • 昨年末、新しいタブレットを買った。それまで家で使っていたものは家族兼用。iPad が発売になって割とすぐに買ったもの。なのでとても古い。アップデートもできないしすぐに画面が真っ暗になるしバッテリーも持たない。そのうち新しくしようと話していたけど夫はいなくなってしまった。息子は大学でも使う自分用のを持っている。夫がいた時なら、相談して決めたのだろうけど今は私一人の決断。気楽と言えば気楽だ。そしてiPad mini [続きを読む]
  • 千佐子さん いがったな
  • 息子が朝早く出かけるため早朝5時半に起きた。外を見たら真っ暗。どんより雲が広がっている。ああーこれじゃ飛行機は見えないな。と、あきらめたけど、1分ほど粘ってどんより空を見続けた。ええ〜!飛行機飛んでる!どんより曇った隙間から飛んでいる。それも二機続いて。パパ〜、ありがとう。律儀に(笑)合図してくれて。おかげでお天気は今ひとつだけど明るい気持ちで一日がはじまった。そしてテレビをつけると芥川賞、直木賞の [続きを読む]
  • タイミング
  • 医療関係のお仕事をされている方からあるコメントを頂きました。人は生まれる時も最期を迎える時も科学では説明のつかないようなタイミングがあるのではと感じていますというものでした。お仕事柄、そういう機会に立ち会われることが多い方が感じられたことです。私の職業は全く違うものですが、その タイミングについては同じように思っていました。きっかけは祖母の死です。22年ほど前、夫と私は結婚式をちょうど二週間後に控え [続きを読む]
  • 朝と夜に開く本
  • 少し前にブックオフで見つけた本。タイトルに惹かれ、パラパラとめくった最初のページにあった文章に涙が出てしまった。このところこんな本やカードに縁があるのか、何だか私が探しているものが向こうからやってくるようだ。私は今でも泣く。昨晩は突然号泣していつものように枕に顔を押し付け叫んだ。買い物途中で夫がよく着ていた服に似たのを着て、おまけに背格好の良く似た人を見て、膝がガクンとしてちょっとのあいだ動けなく [続きを読む]
  • やるしかない
  • 市川海老蔵さんのドキュメントを見た。やるしかない 残された人間は私は俳優さんでもなんでもない。海老蔵さんのような重圧も背負ってはいない。でも 残された者 としたら同じです。幼い娘さんと息子さんの強さ、健気さ涙がでました。幼い子供を寝かしつけるコツを知っている海老蔵さん、驚きました。やっぱり麻央さんが側にいる。そう思いました。海老蔵さんとお子さんたちもそういつも感じていらっしゃるのでしょう。今日、年賀 [続きを読む]
  • 成人式
  • 明日は成人の日。我が家は昨年だった。男の子は晴れ着を着ることもなく、ヘアメイクの必要もなく(うちの息子の場合はそういうの無頓着)大学の入学式のスーツを着るだけ。写真館にも行かず家の前で亡き父の写真を持って写真を一枚とったのみ。本人は成人式の後、中学、高校の同窓会へ行き楽しい、でも心の中では複雑な日だったと思う。夫が病を宣告された時、私は言った。息子の20歳の誕生日はまだまだだよ、成人式もあるよ、病 [続きを読む]
  • 奥さんのおかげ
  • 昨晩、いつも見ている中居くんの「キンスマ」を見た。脳の病やがんを克服して、無事歌舞伎の舞台に立ち、子供さんの誕生にも立ち会う、中村獅童さんの特集だった。公にはなっていないけど、今の奥様との結婚前、脳の大きな病気もされ手術をしていたそうだ。獅童さんが言っていた。自分が助かったのは奥さんのおかげだと。奥さんが強引に人間ドッグの予約を取り、医師が様子を見ましょうと言っても再検査を予約してくれたから。妻が [続きを読む]
  • 存在
  • 年が明けてポストに数十枚の年賀状。数枚だけ、宛名は夫で「お元気ですか?」と書いてあるものも。喪中ハガキは出したはずだけど、亡くなったのが夫だと気付かないままの方もいたのだろ。こういう場合、どう書いてお返事するべきか少し悩む。ただ不思議な事に、夫の名前が宛名はっきり書いてあるのを見て嬉しい気持ちもあった。いつの日か、そういう年賀状はなくなるのだろうから。ほとんどの方の気遣いだろう。夫にふれた言葉を書 [続きを読む]
  • 年賀状
  • 夫のいない2度目の大晦日。今日はお墓の掃除をしていつもより多めにお花を供えた。年賀状、お世話になった方、夫の大事なお友達私を励ましてくれた友人、数十枚は書いた。疲れてしまってあとは明日以降。昨年は喪中ハガキ、今年は年賀状。正直言うとあまり年賀状を書く気分ではない。1年たっても、おめでとうございますと書く気持ちにはなれない。夫の姿が全く見えない年賀状も嫌だった。きっと常識的ではないだろうけど今回も夫の [続きを読む]
  • すべて今
  • 海老蔵さんの「すべて今にある」その言葉が心に沁みた。思い出も今にあるなんとなく私もそう感じています。家族が揃った夢を見て、よかった病気が治ったと思うそして目が覚めて現実に気付く私も同じことが続いています。でも夢の中も今と思たら幸せかもしれない。"天国からの贈り物 小林麻央さんが夫と子どもに遺したもの…海老蔵が初めて語る【Mrサンデー1224】" を YouTube で見る [続きを読む]
  • 号泣
  • 今日は1日に3度も号泣。私の心と体の芯にはたぶん永久に(悲しみ)があって、その周りに混乱とか怒りとか諦め、かすかな力、わずかの勇気そして否定、絶望そんなものがずっとぐるぐるまわっているみたいです。悲しみの芯は私が向こうの世界に行くまでなくなることはないのでしょう。子供が免許を取ったので、保険の変更をしようとパソコンを開いた。マイページにログインする為のIDを覚えていなくて、夫がメモしていた手帳を出して [続きを読む]
  • せっかくのクリスマスなので
  • 少し前に見た動画です。耳の聞こえない赤ちゃんが補聴器をつけて、はじめてママの声を聞けた時の様子だそうです。ママは赤ちゃんに「愛してるわ」何度も優しく話かけます。おそらく赤ちゃんは言葉を理解はできないでしょう。でもはじめて聞くママの声、愛してるわの言葉、チャーリーとママの心がつながっていることが、はっきりわかります。あんな小さな赤ちゃんがあんな表情をするのですね。何度見ても涙が出るし、心があたたかく [続きを読む]
  • サプライズ
  • 掃除をしていたら、息子の本棚の側に小さな紙切れが落ちていた。ゴミだと思って拾い上げた。本当に掃除機で吸いとらなくて良かった。小さな紙切れは裏向きで落ちていた。表を見たら、夫の字。◎◎君 お誕生日おめでとう息子への誕生日メッセージだ。何年前のものだかはわからない。我が家では息子の誕生日の前日深夜、夫と二人で彼への誕生日メッセージの小さな紙をあちらこちらに貼った。わかりやすいのでは、洗面の鏡(息子の目 [続きを読む]
  • 交流
  • 初めて電話で、ミディアムさんのセッションを受けた。向こうの世界との交流には、場所や方法は関係ないそうだ。直接会っても、電話でも、海外からスカイプでの相談も珍しくないみたい。今回でミディアムシップの体験は3回目。不思議だけど直感で決めたミディアムさんは3人とも素晴らしかった。3人が3人とも、亡き夫の様子を語り出す時に、揃って同じ言葉を言いました。夫を知る人ならたぶん100%に近いくらいにその言葉で表しま [続きを読む]
  • 計らい
  • 週末、夫と私の実家へ。それほど遠くはない。でも久しぶりの高速道路、一時間ちょっとですが、なんだか身体中が痛い。もう親孝行の為だけ と腹をくくって?出掛けた。私の母は今、脊椎菅狭窄でほとんど動けない状態。いつもなら私が行けばコロッケやポテトサラダなど私が好きなものを必ず作ってくれた。今回はそうはいかない。驚くことに以前は何もしなかった父が家のこと、母の用事をすべてやっていた。やはり母が一番気を許せる [続きを読む]
  • サイン わかったよ
  • ふたご座流星群、昨夜は見ようと思ったのに、寒くてあきらめてしまった。今朝、五時半頃目が覚めて窓をあけて空を見上げた。細い三日月がでていた。寒いけどすこしの間、三日月を見た。その時、そのすぐ横をサーッと星が流れた。キラキラキラキラと流れた。うわっ、向こうに行った夫が見せてくれたんだそう思った。寝る前にカードを引いた。引いた通りのことが目の前で起きた。偶然といったらそれまで。でも1日に数度も同じような [続きを読む]