のほほんママ さん プロフィール

  •  
のほほんママさん: のほほんママ 乳がん2年生(^^)v
ハンドル名のほほんママ さん
ブログタイトルのほほんママ 乳がん2年生(^^)v
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/rosemary324/
サイト紹介文のほほんと生活していたのほほんママに2016年2月乳がん宣告。2017年2月乳がん2年生になりました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 361日(平均1.5回/週) - 参加 2017/02/16 10:25

のほほんママ さんのブログ記事

  • 断捨離って難しい・・
  • 1年ほど前からゆるーく断捨離を始めたのほほんママ先ずは自分の衣類着なくなったものは処分思い入れの有るものは処分するのに勇気が必要だったけど無ければ無くても何の問題もないこのスッキリ感爽快さミニマリス... [続きを読む]
  • 年賀状
  • 去年は母が亡くなり喪中だったので出せなかった年賀状今は時代の流れでLineやメールで済ませがちだけど主人の仕事関係の方や親戚の方には年賀状を出します無地はがき・年賀状【10枚セット】インクジェット紙 ※イ... [続きを読む]
  • 見た目
  • 今年、町内会の副会長と小学校の役員をしているのほほんママ秋は行事が多く9月の敬老会を皮切りに町内の秋祭り学校のバザーの準備などイベントが多くてんてこ舞いだった。。。先週末バザーも終わり取り敢えず大... [続きを読む]
  • 祖父と孫との距離感
  • のほほんママには中2の娘と小2の息子がいます隣接する実家には去年7月に母が亡くなりのほほんママの父が一人で住んでいます母が居た時は 子供たちが所謂「ばあばん家」として頻繁に出入りしていましたが母が... [続きを読む]
  • 魚の目
  • ちょっと汚い話でごめんなさいここ3ケ月ほど右足の人差し指の付け根下の辺りに魚の目が出来て市販のテープ状の薬を貼って対処してましたバンドエイド タコ・ウオノメ保護用足ノ裏4枚BAND-AID(バントエイド)【メ... [続きを読む]
  • ショック!!!!
  • 10月だというのになんなんでしょ この寒さ。のほほんママはフリース引っ張り出して着てます。。。東京では最高気温12℃????60年ぶりの寒さって・・・10月って言ったら心地よく秋晴れが続くイメージなん... [続きを読む]
  • 秋色
  • この時期 大好きなのが秋色に変わったアジサイの花それをドライフラワーにするのが大好きです何とも言えないニュアンスのある秋のアジサイそして散歩がてら近所の山道に落ちている山栗を拾ってきて栗ご飯にした... [続きを読む]
  • コスパ良すぎ
  • 季節の移り変わりは早いですねー朝晩すっかり肌寒くなりました昨夜は中秋の名月でしたね我が家はお月見団子を作って子供たちとお月見しましたよ何気ない出来事ですが親子で月を眺めるって幸せだなって思いました... [続きを読む]
  • 術後1年半検診
  • ***************************************これまでの経緯2016年 1月   左乳首から汁が出る     しこりを発見2月3日 乳がん宣告      左乳房に2.6?のしこり      ステージⅡaの診断2月26日 ... [続きを読む]
  • 秋の気配???
  • この夏東日本では雨が多かったですね仙台の36日連続の雨って一体どうしたんでしょう・・・夏休みの間中 雨が降っていたのですね何とも言えない気持ちになります。。。洗濯モノ乾かなくて大変だったことでしょ... [続きを読む]
  • Jアラート
  • 朝はだいたい5:40くらいに起きるのほほんママ主人と息子も起きてきて朝食の準備をしていると・・・携帯からアラーム音。。。テレビの画面が急に変わる何これ???ミサイル?!!!!!北朝鮮はお盆前にグアムを... [続きを読む]
  • きれいだー
  • こんなの見つけた生きたタマムシ8月ごろ卵を産み、3週間くらいで幼虫になり、固い木の中へもぐりこみます。そこで2年以上生活して、6〜7月に親のタマムシとして姿を現します。成虫は真夏の2ケ月くらいの寿命で... [続きを読む]
  • ハーバリウム
  • ちょっと前から気になっていたハーバリウムWikipediaによると、ハーバリウムとは、複数個の植物標本を表す言葉とのこと。しかし、最近では、植物を特殊な液体に浸けて保存しているおしゃれなインテリアの名前とし... [続きを読む]
  • 一周忌
  • 先日 母の一周忌を済ませました去年の6月27日激しい痛みと高熱の為救急搬送され24時間持つか持たないか・・・の状況でしたが小康状態を保ち2週間の緩和ケアの末7月11日に亡くなりました幾つになっても母の存在と... [続きを読む]