ZEN さん プロフィール

  •  
ZENさん: 金・白金投資ブログ
ハンドル名ZEN さん
ブログタイトル金・白金投資ブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/goldplatinumblog/
サイト紹介文金、白金トレードを第一に考え日々分析、商品先物取引は仕掛けが大事!判断材料とテクニカルも提供します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供441回 / 301日(平均10.3回/週) - 参加 2017/02/16 10:45

ZEN さんのブログ記事

  • 白金、叩き込みでダメ押しなるか?
  • 【NYプラチナ概況】12日のNY白金先物相場は、前日比−17.1ドルの875.7ドル。ドル高や金下落、原油急落を受けて戻り売り圧力が強まるが、売り一巡後は買い戻しなどが入って下げ一服。米FOMCで利上げが見込まれるなか、900ドル割れの水準で安値拾いの買いも入りやすいが、テクニカル面の悪化が圧迫要因に。 【「南アNew Plat」現物保有残高推移】12日の白金現物保有残高は、前日比−8.52オンスの775491.65オンス。【東京市場取組内部 [続きを読む]
  • 金、4500円哀れに抵抗もダメ押しは
  • 【NY金市場概況】12日のNY金先物相場は、前日比−5.2ドルの1241.7ドル。米FOMCで利上げ観測からドル高に振れたことなどが圧迫要因。また原油が急落したことも下げ要因となったが、売り一巡後は下げ一服。市場では下げ止まる前に心理的節目となる1200ドルまでの下落も意識されている。【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】12日のSPDRゴールド現物保有残高は、前日比変わらずの842.81トン。【東京市場取組内部要因】「一般 [続きを読む]
  • 白金、急激に戻るなら
  • 【NYプラチナ概況】8日のNY白金先物相場は、前日比−10.8ドルの883.7ドル。好調な米雇用統計によるドル高を受けて売り圧力が強まり、その後はドル高一服が下支えとなる場面も見られたが、テクニカル面の悪化による手じまい売りなどが出て下げ幅拡大、一代安値へ。 【「南アNew Plat」現物保有残高推移】8日の白金現物保有残高は、前日比−8.52オンスの775508.68オンス。【東京市場取組内部要因】「一般投資家のポジション推移」( [続きを読む]
  • 金、目先は戻り入りへ
  • 【NY金市場概況】8日のNY金先物相場は、前日比−4.6ドルの1245.2ドル。米税制改革法案の年内成立期待によるドル高が圧迫要因、米雇用統計は堅調な内容となったが、平均賃金の伸びが0.2%増にとどまったことからドル高一服、下支え要因に。来週の米FOMCで利上げが見込まれているがほぼ織り込み済み。【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】8日のSPDRゴールド現物保有残高は、前日比変わらずの842.81トン。【東京市場取組内部 [続きを読む]
  • 白金、値頃の買いはまだ
  • 【NYプラチナ概況】7日のNY白金先物相場は、前日比−8.3ドルの894.5ドル。米税制改革の協議進展によるドル高などを受けて軟調、ただ、パラジウム堅調で値を戻す場面も見られたが、戻りを売られて安値更新するとテクニカル要因の売りで出た一段安となった。 【「南アNew Plat」現物保有残高推移】7日の白金現物保有残高は、前日比−8.52オンスの775517.2オンス。【東京市場取組内部要因】「一般投資家のポジション推移」(直近30 [続きを読む]
  • 金、売り圧力強くも
  • 【NY金市場概況】7日のNY金先物相場は、前日比−13ドルの1253.1ドル。米税制改革の審議の行方は依然不透明であるものの、年内成立への期待は根強くNYダウは調に推移、安全資産である金にはテクニカル要因の売りが出て反落、新たな手掛かり材料も無く売り圧力がかかった。【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】7日のSPDRゴールド現物保有残高は、前日比−2.66トンの842.81トン。【東京市場取組内部要因】「一般投資家のポジ [続きを読む]
  • 金、ここでポジションバランスが
  • 【NY金市場概況】6日のNY金先物相場は、前日比+1.2ドルの1266.1ドル。約4カ月ぶりの安値を付けた反動から安値拾いの買いやショートカバーが入るが、米税制改革の審議の行方や、週末発表の米雇用統計の内容を見極めたいとの見方からも積極的な買いは手控えられる展開。ADP全米雇用報告は前月比19万人増と市場予想を上回ったが、相場への影響は限定的。【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】6日のSPDRゴールド現物保有残 [続きを読む]
  • 白金、900ドル割れはここ1年の
  • 【NYプラチナ概況】6日のNY白金先物相場は、前日比−14.7ドルの902.8ドル。トランプ大統領がエルサレムをイスラエル首都と正式に認定する方針を示し、中東情勢に対する懸念が高まったが、プラチナはアジア株急落に上値を抑えられた。一方、米税制改革の協議進展などを受けてドル高に振れたことや原油急落が圧迫要因となり、900ドル割れを試す展開に。 【「南アNew Plat」現物保有残高推移】6日の白金現物保有残高は、前日比−25.54 [続きを読む]
  • 白金、弱さが露呈
  • 【NYプラチナ概況】5日のNY白金先物相場は、前日比−8.5ドルの917.5ドル。米下院が税制改革法案について両院協議会を開くことを採決により承認、税制改革の協議が進展した。ドル高や金軟調が圧迫要因になったが、原油高などが下支えとなり売り一巡後の下値は限られた模様。ただ、英離脱交渉で合意が見送られたことで先行き懸念が残っている。 【「南アNew Plat」現物保有残高推移】5日の白金現物保有残高は、前日比−8.52オンスの7 [続きを読む]
  • 金、サポートライン割れで窓埋めへ
  • 【NY金市場概況】5日のNY金先物相場は、前日比−12.8ドルの1264.9ドル。米下院が税制改革法案について両院協議会を開くことを採決により承認、税制改革の協議が進展した為ドルは敏感に反応、売り圧力が強まった。中国やインドなど実需筋の買いが下支え要因だが、週末発表の米雇用統計や来週の米FOMCを見極めたいとする向きも出ている。【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】5日のSPDRゴールド現物保有残高は、前日比− [続きを読む]
  • 白金、抵抗帯下抜けも安値売りは
  • 【NYプラチナ概況】4日のNY白金先物相場は、前日比−14.6ドルの926.0ドル。パラジウム軟調や原油安を受け、テクニカル要因の売りから下げ幅拡大、924.3ドルまで下落。米上院で税制改革法案が可決され、ドル高に振れたことも圧迫要因。 【「南アNew Plat」現物保有残高推移】4日の白金現物保有残高は、前日比−8.52オンスの775559.78オンス。【東京市場取組内部要因】「一般投資家のポジション推移」(直近30日間)「外資系ファン [続きを読む]
  • 金、大きな動きには
  • 【NY金市場概況】4日のNY金先物相場は、前日比-4.5ドルの1274.3ドル。米上院で税制改革法案が可決され、ドル高に振れたことが圧迫要因、米利上げに対する見方が強まる一方、米韓合同軍事演習開始で北朝鮮情勢に対する懸念は残り、ロシア疑惑の捜査の行方も焦点に。【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】4日のSPDRゴールド現物保有残高は、前日比-1.18トンの846.93トン。【東京市場取組内部要因】「一般投資家のポジション [続きを読む]
  • 白金、突っ込み安を狙う程度で
  • 【NYプラチナ概況】1日のNY白金先物相場は、前日比−1.9ドルの775568.3ドル。売り先行で933ドルまで下落後、ドル安進行で下値を切り上げるが株安が圧迫要因、戻り売り圧力が強い展開となった。【「南アNew Plat」現物保有残高推移】1日の白金現物保有残高は、前日比−11789.43オンスの775568.3オンス。【東京市場取組内部要因】「一般投資家のポジション推移」(直近30日間)「外資系ファンドのポジション推移」(直近30日間) [続きを読む]
  • 金、売り圧力で下値は?
  • 【NY金市場概況】1日のNY金先物相場は、前日比+5.6ドルの1278.8ドル。フリン前大統領補佐官のロシア疑惑に関する有罪証言の報道でドル安・株安、金買い意欲が強まり1292ドル台まで上昇。その後は株価が持ち直すと急速に上げ幅を縮小、1280ドル台で堅調に引けた。【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】1日のSPDRゴールド現物保有残高は、前日比+8.56ンの848.11トン。【東京市場取組内部要因】「一般投資家のポジション推 [続きを読む]
  • 白金
  • 【NYプラチナ概況】29日のNY白金先物相場は、前日比−11.6ドルの941.2ドル。金下落やドル高が圧迫要因、好調な米経済や株高が下支え要因となるが、テクニカル要因の売りが加速して下げ幅を拡大。【「南アNew Plat」現物保有残高推移】29日の白金現物保有残高は、前日比−25.94オンスの787366.37オンス。【東京市場取組内部要因】「一般投資家のポジション推移」(直近30日間)「外資系ファンドのポジション推移」(直近30日間 [続きを読む]
  • 金、利上げ圧力で売られ
  • 【NY金市場概況】29日のNY金先物相場は、前日比+12.8ドルの1282.1ドル。北朝鮮がミサイル発射でリスク回避の動きが出たが、朝鮮半島での戦争はないとの見方から金の上値は限られた。一方、米税制改革の協議が進むなか、米GDP改定値が上方修正されたことや、イエレンFRB議長が議会証言で利上げ継続の見方を示したことが圧迫要因になった。【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】29日のSPDRゴールド現物保有残高は、前 [続きを読む]
  • 金、まだ大きくは動きそうにも
  • 【NY金市場概況】28日のNY金先物相場は、前日比+0.5ドルの1294.9ドル。米FRB次期議長候補のパウエル理事の公聴会を控えて押し目を買われる場面も見られたが、ドル高が圧迫要因。民主党の幹部が大統領と予定していた会合への出席を拒否したと伝えられて下支えとなる場面も見られたが、米上院予算委員会が共和党の税制改革法案を可決し、上値を抑える要因になった。【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】28日のSPDRゴールド [続きを読む]
  • 白金、抵抗帯突破なるか?
  • 【NYプラチナ概況】28日のNY白金先物相場は、前日比+2.0ドルの952.8ドル。金の戻りが売られたことやドル高で地合いを緩め、950ドル割れに下落する場面も見られたが、パラジウムの堅調が下支えとなって押し目を買われ上昇、9月20日以来の高値へ。ただ米上院予算委員会での税制改革法案の可決見通しなどを受け、ドル高進行から利食い売りが出て上げ一服となった。【「南アNew Plat」現物保有残高推移】28日の白金現物保有残高は、前 [続きを読む]
  • 白金、季節的優位性が勝るか
  • 【NYプラチナ概況】27日のNY白金先物相場は、前日比+5.5ドルの950.8ドル。アジア株下落による金堅調や、ドイツの政局に対する楽観的な見方を受けてユーロ高に振れたことが支援要因、ドル安一服を受けて上げ一服となるが、パラジウムの1000ドル台回復が下支えとなった。当面は米税制改革の審議の行方などが焦点。【「南アNew Plat」現物保有残高推移】27日の白金現物保有残高は、前日比−41717.85オンスの787400.96オンス。【東京 [続きを読む]
  • 金、ここから下げても値幅は
  • 【NY金市場概況】27日のNY金先物相場は、前日比+7.1ドルの1294.4ドル。中国の規制強化でリスク回避の動きとなったことやドル安が支援要因、ただ米税制改革の行方が注目されていることや、28日にはFRBのパウエル次期議長に対する公聴会が米上院で予されており、上値を買い進む向きは少なかった。【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】27日のSPDRゴールド現物保有残高は、前日比―1.18トンの842.21トン。【東京市場取組内部 [続きを読む]
  • 白金、決して強くはないが安値売りは避けたい
  • 【NYプラチナ概況】24日のNY白金先物相場は、前日比+4.6ドルの945.3ドル。ドイツの政局問題が解決に向かっていることなどを受けてドル安進行、プラチナの支援要因に。また米感謝祭明けで税制改革の協議が進むとの見方から先行き期待が出ていることも下支えとなっている。【「南アNew Plat」現物保有残高推移】24日の白金現物保有残高は、前日比+35800.94オンスの829118.81オンス。【東京市場取組内部要因】「一般投資家のポジショ [続きを読む]
  • 金、いよいよ下げ圧力が?
  • 【NY金市場概況】24日のNY金先物相場は、前日比−4.9ドルの1287.3ドル。米感謝祭明けのブラックフライデーで、年末商戦に対する期待感が高まるなか利食い売りなどが出て上げ一服。米FOMC議事録公表でインフレに対する見方が分かれ、ドル安に振れたことは支援要因だが、米議会での税制改革の協議が進むとの見方から利食い売りが圧迫。【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】24日のSPDRゴールド現物保有残高は、前日比変わら [続きを読む]
  • 金、4600円台前半で固めてくるか?
  • 【NY金市場概況】22日のNY金先物相場は、前日比+10.5ドルの1292.2ドル。10月の米耐久財受注高が弱気の数字となったことを背景にドルが軟調な展開、ドル建て金価格は買い先行となり1290ドル台を回復、引け後にFOMC議事録が発表されたが、12月の米利上げは織り込み済みで、現物価格は堅調な値動きを維持した。【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】22日のSPDRゴールド現物保有残高は、前日比変わらずの843.39トン。【東京市 [続きを読む]
  • 白金、下値は固いと見るべきか?
  • 【NYプラチナ概況】22日のNY白金先物相場は、前日比+2.7ドルの940.7ドル。プラチナ、パラジウムとも堅調に引けたが、ディーゼル車向けの需要の多いプラチナとガソリン車向けの需要や電子部品、歯科向け需要の多いパラジウムとの需給のタイト感の違いは明らか。パラジウムは現物、先物とも1000ドル台に乗せに対し、プラチナは940ドル台で戻りが抑えられている格好。【「南アNew Plat」現物保有残高推移】21日の白金現物保有 [続きを読む]
  • 白金、先週のレンジに回帰
  • 【NYプラチナ概況】21日のNY白金先物相場は、前日比+14.4ドルの938.0ドル。前日の急落を受けて安値拾いの買いが入ったことや、ドル安などが支援要因になった。【「南アNew Plat」現物保有残高推移】21日の白金現物保有残高は、前日比−8.71オンスの793344.01オンス。【東京市場取組内部要因】「一般投資家のポジション推移」(直近30日間)「外資系ファンドのポジション推移」(直近30日間)一般投資家のポジションは買い越し [続きを読む]