のと あきこ さん プロフィール

  •  
のと あきこさん: ゆるさ100%
ハンドル名のと あきこ さん
ブログタイトルゆるさ100%
ブログURLhttp://utrera.blog105.fc2.com/
サイト紹介文スペイン南部より ゆるりとお届け。スペイン生活、フラメンコ、など日々更新。
自由文フラメンコの歌に使われるアンダルシア弁を教えています。スペイン語の豆知識、スペイン南部で生活していて起こる疑問などについて書いたりしています。愚痴?(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2017/02/17 02:39

のと あきこ さんのブログ記事

  • 携帯盗まれた。
  • 実は先日、夕方のくそ暑い時間帯にバスに乗ってセビージャに行く用事があった。基本、なんでも時間がギリギリになってしまう性分(?)なので、バスの時間ギリギリにバス停に着いた。バスはバス停までの私の通り道、反対方向に行くので、間に合わなかったら通り過ぎるのが見える。時間ぴったりに着いて5分くらい待っていると、道路の向かい側からおばあちゃんが私に何か言っている。「バス待ってるの?」「はい」「少なくとも15 [続きを読む]
  • 家族の記憶。
  • 旦那は自分の公演のビデオや録音を聞くのが好きだ。そして、時々感極まって泣いたりしている。泣くのは、自分や家族が辛い時期とかだったりするんだけど。それについてずっと長い間、疑問だったのだが、自分なりに納得のいく解釈ができた。だって、自分の歌や踊りを見て、感動して泣くって、変じゃん。話は変わって、先日、Facebook にガスパチョの作り方をビデオに撮って、載せた。今はやりのユーチューバーみたい!(笑)それを [続きを読む]
  • 人々はわからない。
  • 人の判断基準なんて、案外いいかげんなものだ。先入観というものが全くなしでモノを見るというのは、本当に困難極まりない。先入観、というと誰かの入れ知恵みたいなもので、誰かから何かを吹き込まれた言葉みたいなイメージだが、ここでいう先入観というのは、それだけではない。たとえば外国の習慣などに触れる時、やはり常に自分の習慣、文化が下地となっている。どういうことかと言うと例えば、スペイン人を日本の家に招待した [続きを読む]
  • 書きたいこと
  • 書きたいことがたくさんあるんだけど、書けない。嬉しいこともあれば、残念なこともあり、怒ることもたくさんある。いろんな感情がもやもやと心の底から溢れてきて止まらないのだが、文章にできない。 [続きを読む]
  • プラスチック
  • 先日のG7サミットで、プラスチックごみによる海洋汚染の対策が話し合われましたが、その合意文書への署名を日本とアメリカが拒否しました。日本でもアメリカでもエコバックとか、そういう意識を持ってる人は多いと思います。どっちかというと、スペインはそういう感覚はごく最近になって出てきたような気がします。なんせ、それにスペインは署名したもんですから、今まで無料だった買い物袋に急に値段が付き始めました。いや、大手 [続きを読む]
  • メール
  • たまにブログのメールフォームからメールをいただきます。なるべく早めに返信するように心がけているのですが、私のメールはヤフーメールなので、もしかすると迷惑メールに返信が届いてるかもしれないので、ご確認ください。 [続きを読む]
  • 時間感覚。
  • 物事って、始まったら終わるんだな。そして時間になったら終わるもんなんだな。当たり前だけど、そんなことを感じてしまう一日。感慨深い。. [続きを読む]
  • 夏か。
  • 3〜4日前まで、こちらの気温は20度前後だった。が、昨日おとといくらいから、急に暑くなってきた。セビージャ、40度の一歩手前、なのか、届いたのか。20度から40度って、倍ですから。。。。. [続きを読む]
  • 日本語変換の香さん。
  • 去年からスマホを使っている。それまではネットは家でしか使えなかったし、メールとかもそんなにリアルタイムで見られなかった。もっともパソコン開いてる時間が長かったので、そんなに放置することもないが。今はスマホにして、メッセンジャーやLINEなどで、メッセージが届くとすぐわかるし、ネット通話が気軽にできる。それまではわざわざスカイプで待ち合わせしてかけていた。なので、Messengerとかで確認事項のメッセージがき [続きを読む]
  • ふるぼ。
  • さて、サッカーのワールドカップが始まった。もっとも私にとって、このフレーズはあまり意味がよくわからない言葉だ(笑)カップのことをスペイン語で COPA(コパ) という。ワールドカップのことを Copa mundial コパ・ムンディアル という。さて、サッカーはスペインでは非常に盛んなスポーツで、多くの人々はお気に入りのチームがあり(だいたいは地元のチーム)、それについて口論したりすることもある。バルでもテレビが [続きを読む]
  • 私の魂。
  • スペイン人は、誰かその辺の人に呼びかけの言葉としてHijo , Hija (イーホ、イーハ)という言葉を使う。意味としては、息子、娘、という意味だ。日本語で対応する言葉としては、話してる時に相手に対して「そうなんですよ、にいさん」「聞いてくださいよ、ねえさん」みたいな感じで使う、 「にいさん、ねえさん」 みたいな言葉だ。セビージャ人は、さらに付け加えてmi alma (私の魂)という言葉を使う。バルに行って何かを頼 [続きを読む]
  • もう6月。
  • 気がついたらもう6月。今年も早くも半分が過ぎようとしている。スペインに住み始めてから8年目になるけど、なんだかんだいろいろなことがあったなぁ。。。特にここに来てから先月が一番しんどかったかもしれない。助けに来る人が増えれば、きちんと問題を解決しようと向き合い、さらに問題が表面化してもっときつくなった、みたいな(笑)でも、まぁ、問題を解決したいのなら、表面化させないと解決には向かわないわけで、しんど [続きを読む]
  • 人の名前
  • スペイン人の名前は聖人から取っている名前がほとんどで、なおかつ、子どもの名前を付けるとき、男子ならお父さん、もしくはおじいさんの名前、女子ならお母さん、もしくはおばあちゃんの名前をつけるのが一般的だ。だから、名前を聞いて、だいたいどこの家の子どもかわかったりする。そして、その村の守護聖人の名前をつけることもあるので、名前を聞いてどこの出身か、想像できちゃったりする。なんだけど、聖人の数にも限りがあ [続きを読む]
  • ロシオ
  • 今週末はロシオ巡礼があるみたいですね。ウエルバに Virgen del Rocio という教会?があるのですが、アンダルシアの各地から歩いて馬車を引き連れて、歌いながら踊りながらそこのロシオ目指して歩いて行きます。レブリハの教会からは火曜日に出発したみたいです。日曜の夜中に聖母像が教会の外に出されて、何万人の人がそこに集中して、触りたがる。そしていつも聖母像は人に担がれて出てくるのだけど、人の波にいつもさらわれて [続きを読む]
  • ヒターノが好き?
  • フラメンコの話で、かなり大雑把な言い方をするけど、フラメンコは別にヒターノが作った、という証拠、文書などは存在しないから、これはヒターノのものではない、みたいな言い方をするスペイン人がいる。正直、ヒターノのカンテヒターノ、バイレヒターノなどを見れば一目瞭然だと思うのだけど、スペイン人でフラメンコに憧れる人間で、どうしても自分がフラメンコ的に人種として遅れをとりたくないというか、劣ってる種族(ヒター [続きを読む]
  • 親の影響。
  • ちびっ子にとって、親の影響というのはすごく大きい。と、言葉にするとすごく簡単だけど、本当にものすごく大きい。大事なのは、ゲームを買ってもらったかとか、遊園地に連れてってもらったかとか、レストランに連れってってもらったかとか、そんなことでは一切ない。実際、うちの両親は毎週のように私を遊園地に連れて行ったらしいが、まったく記憶がない。そんなことよりも覚えてるのは、おばあちゃんの膝に座って一緒にテレビを [続きを読む]
  • 気づいたこと。
  • うつ ってね。頑張って頑張って頑張って、何かをやりたい時。やってるんだけど、できない時。自分の力ではどうにもならないことを、どうにかしようとしてる時。そんな時の無力感。ずばり、これが原因です。環境を変えたい時とか、本当は逃げるしか道はないんだけど、なんとか頑張って環境の方を変えようとしたりね。お天気に逆らうみたいなもんでね。雨がそんなに嫌だったら、もう雨が降らないところに行けばいいんですよ。ほんと [続きを読む]
  • 突然の来客
  • 穏やかな日曜の夕方、玄関のチャイムが鳴った。のぞき窓から見ても、全然知らない男性だった。ドアを開けると「ミゲルはいますか?」「え、えぇ、、、どちら様ですか?」「僕たち、グラナダから来たんです!ミゲルに会いに来たんです!ぜひフラメンコの話をしたくて!」「うーん、ちょっとまだパジャマ姿なので、、ちょっと会えるかどうかわかりませんよ。聞いてみます」結局、ちょっと内心ビビりながらも、家に入ってもらった。男 [続きを読む]
  • 【お知らせ】 スペイン語個人レッスン 生徒さん募集
  • レッスンはスカイプのビデオ通話で行います。パソコンやiPad、タブレット など画面の大きなものが必要です。スカイプのチャット機能に書き込みながら(黒板がわり)、クラスで習ったことをご自分でノートに書いてまとめていただきます。テキストは一切必要ありません。最終的にはご自分のノートがテキストになります。さらにそれとは別に、もう一冊ノートを用意していただきます。こちらは秘密の宿題用です。スペイン語の辞書(ハ [続きを読む]
  • お尻をたたく その2
  • 昨日の記事の続きです。私は生徒さんにいつも復習をお願いしてるんですが(結構、懇願w)、時間がない方が多いようです。1分でもいいからラジオを聞いてね、と言っていたんですが、どうも1分ではほとんど意味がなさそうなことが判明したので、5分ということにしました(笑)復習!復習!と言ってるんですけど、机に向かってガッツリ復習!をしないといけないと思ってる方も多くて。。。だから、そういう時間が取れなくて〜と言 [続きを読む]
  • お尻をたたく
  • 大人の勉強は大変です。中学生や高校生と違って、まずは生活が違います。学生だったら、勉強しないといけないときは勉強を優先していいわけです。それが本業ですから(笑)大人は仕事とか家事とか、市役所とか病院とか、生活があるわけですね。さらには、親戚づきあいや、お友達から飲みに誘われたり、イベントに誘われたり、人によってさまざまですが、いろいろなことで時間をもっていかれるわけですね。特にスペイン語とかそうい [続きを読む]
  • 虫が嫌い。
  • 私は虫が嫌いだ。ふと、窓を見て、「あー、カミキリムシみたいのが窓の外にはりついてる」と思ったら、逆光で見づらかったのでよく見たら、内側にいるわ。。。。キモイ・・・・・どうしよう・・・・ [続きを読む]
  • 聞き取り練習について。その2
  • 昨日はスペイン語の聞き取り練習について書いたけれども、もう少しそれに触れてみる。生徒さんと話していて、やはりラジオは全然わからないと言っていて。当然のことだと思う。でもテレビだと、やっぱり映像があるから少しわかるんですよねー と。あたりまえです。でもそれって、もしかして、消音してもだいたい何言ってるかわかってないですか?それ、聞き取り能力が伸びてるんじゃなくて、勘が冴えてきてる んです。スペイン語 [続きを読む]
  • スペイン語聞き取り練習のためのテレビ視聴。
  • スペイン語の生徒さんには、毎日3分でも5分でもいいから、スペインのラジオを聞いてくださいと言っている。今やネットで現地のラジオもテレビも視聴できるわけだから、いちいちCD付の教材とか買わなくてよくなった。便利な時代になったもんだ。(それで商売してた人にとっては、商売あがったり)私が現地のテレビやラジオを強くおすすめする理由は、日本で視聴できるスペイン語だと、南米のスペイン語もかなり多く、スペインのス [続きを読む]