のと あきこ さん プロフィール

  •  
のと あきこさん: ゆるさ100%
ハンドル名のと あきこ さん
ブログタイトルゆるさ100%
ブログURLhttp://utrera.blog105.fc2.com/
サイト紹介文スペイン南部より ゆるりとお届け。スペイン生活、フラメンコ、など日々更新。
自由文フラメンコの歌に使われるアンダルシア弁を教えています。スペイン語の豆知識、スペイン南部で生活していて起こる疑問などについて書いたりしています。愚痴?(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2017/02/17 02:39

のと あきこ さんのブログ記事

  • ロシオ
  • 今週末はロシオ巡礼があるみたいですね。ウエルバに Virgen del Rocio という教会?があるのですが、アンダルシアの各地から歩いて馬車を引き連れて、歌いながら踊りながらそこのロシオ目指して歩いて行きます。レブリハの教会からは火曜日に出発したみたいです。日曜の夜中に聖母像が教会の外に出されて、何万人の人がそこに集中して、触りたがる。そしていつも聖母像は人に担がれて出てくるのだけど、人の波にいつもさらわれて [続きを読む]
  • ヒターノが好き?
  • フラメンコの話で、かなり大雑把な言い方をするけど、フラメンコは別にヒターノが作った、という証拠、文書などは存在しないから、これはヒターノのものではない、みたいな言い方をするスペイン人がいる。正直、ヒターノのカンテヒターノ、バイレヒターノなどを見れば一目瞭然だと思うのだけど、スペイン人でフラメンコに憧れる人間で、どうしても自分がフラメンコ的に人種として遅れをとりたくないというか、劣ってる種族(ヒター [続きを読む]
  • 親の影響。
  • ちびっ子にとって、親の影響というのはすごく大きい。と、言葉にするとすごく簡単だけど、本当にものすごく大きい。大事なのは、ゲームを買ってもらったかとか、遊園地に連れてってもらったかとか、レストランに連れってってもらったかとか、そんなことでは一切ない。実際、うちの両親は毎週のように私を遊園地に連れて行ったらしいが、まったく記憶がない。そんなことよりも覚えてるのは、おばあちゃんの膝に座って一緒にテレビを [続きを読む]
  • 気づいたこと。
  • うつ ってね。頑張って頑張って頑張って、何かをやりたい時。やってるんだけど、できない時。自分の力ではどうにもならないことを、どうにかしようとしてる時。そんな時の無力感。ずばり、これが原因です。環境を変えたい時とか、本当は逃げるしか道はないんだけど、なんとか頑張って環境の方を変えようとしたりね。お天気に逆らうみたいなもんでね。雨がそんなに嫌だったら、もう雨が降らないところに行けばいいんですよ。ほんと [続きを読む]
  • 突然の来客
  • 穏やかな日曜の夕方、玄関のチャイムが鳴った。のぞき窓から見ても、全然知らない男性だった。ドアを開けると「ミゲルはいますか?」「え、えぇ、、、どちら様ですか?」「僕たち、グラナダから来たんです!ミゲルに会いに来たんです!ぜひフラメンコの話をしたくて!」「うーん、ちょっとまだパジャマ姿なので、、ちょっと会えるかどうかわかりませんよ。聞いてみます」結局、ちょっと内心ビビりながらも、家に入ってもらった。男 [続きを読む]
  • 【お知らせ】 スペイン語個人レッスン 生徒さん募集
  • レッスンはスカイプのビデオ通話で行います。パソコンやiPad、タブレット など画面の大きなものが必要です。スカイプのチャット機能に書き込みながら(黒板がわり)、クラスで習ったことをご自分でノートに書いてまとめていただきます。テキストは一切必要ありません。最終的にはご自分のノートがテキストになります。さらにそれとは別に、もう一冊ノートを用意していただきます。こちらは秘密の宿題用です。スペイン語の辞書(ハ [続きを読む]
  • お尻をたたく その2
  • 昨日の記事の続きです。私は生徒さんにいつも復習をお願いしてるんですが(結構、懇願w)、時間がない方が多いようです。1分でもいいからラジオを聞いてね、と言っていたんですが、どうも1分ではほとんど意味がなさそうなことが判明したので、5分ということにしました(笑)復習!復習!と言ってるんですけど、机に向かってガッツリ復習!をしないといけないと思ってる方も多くて。。。だから、そういう時間が取れなくて〜と言 [続きを読む]
  • お尻をたたく
  • 大人の勉強は大変です。中学生や高校生と違って、まずは生活が違います。学生だったら、勉強しないといけないときは勉強を優先していいわけです。それが本業ですから(笑)大人は仕事とか家事とか、市役所とか病院とか、生活があるわけですね。さらには、親戚づきあいや、お友達から飲みに誘われたり、イベントに誘われたり、人によってさまざまですが、いろいろなことで時間をもっていかれるわけですね。特にスペイン語とかそうい [続きを読む]
  • 虫が嫌い。
  • 私は虫が嫌いだ。ふと、窓を見て、「あー、カミキリムシみたいのが窓の外にはりついてる」と思ったら、逆光で見づらかったのでよく見たら、内側にいるわ。。。。キモイ・・・・・どうしよう・・・・ [続きを読む]
  • 聞き取り練習について。その2
  • 昨日はスペイン語の聞き取り練習について書いたけれども、もう少しそれに触れてみる。生徒さんと話していて、やはりラジオは全然わからないと言っていて。当然のことだと思う。でもテレビだと、やっぱり映像があるから少しわかるんですよねー と。あたりまえです。でもそれって、もしかして、消音してもだいたい何言ってるかわかってないですか?それ、聞き取り能力が伸びてるんじゃなくて、勘が冴えてきてる んです。スペイン語 [続きを読む]
  • スペイン語聞き取り練習のためのテレビ視聴。
  • スペイン語の生徒さんには、毎日3分でも5分でもいいから、スペインのラジオを聞いてくださいと言っている。今やネットで現地のラジオもテレビも視聴できるわけだから、いちいちCD付の教材とか買わなくてよくなった。便利な時代になったもんだ。(それで商売してた人にとっては、商売あがったり)私が現地のテレビやラジオを強くおすすめする理由は、日本で視聴できるスペイン語だと、南米のスペイン語もかなり多く、スペインのス [続きを読む]
  • ヒターノって。
  • 今、テレビでは Gipsy King とか、ジプシーなんちゃら という番組をやっている。Reality といって、日本でいうと ムツゴロウ王国の暮らし とか、子だくさん家族 とかの家にテレビが入って彼らの生活ぶりを放送するもの。台本があるんだとか、ないんだとか。なにせ、ヒターノたちの生活大公開!みたいな感じで、ちょっと面白おかしく事件が起きたりする。うちの旦那や親戚は、みんなヒターノなので、そういう番組を見て、「 [続きを読む]
  • かちゃりーと。
  • Feria de Sevilla が始まりましたね。セビージャのフェリアといえば、元の始まりは馬や動物の見本市?みたいな感じだったようですが、今ではみんなフラメンコの衣装や馬に乗る衣装など着飾ってお出かけするスペインの三大祭りの一つです。フェリアというものは、4月のセビージャを皮切りに、各地で行われます。(ちなみにレブリハでは9月です。)カセータというテント小屋がたくさんあって、グループごと、団体ごとにカセータを [続きを読む]
  • 歓待する。
  • 歓待する ということについて。日本で大事なお客さまを歓待したいとき、たとえば高級レストランとかに連れて行ってあげるのも手だと思う。つまりはお金を使う、ということ。なんだけど、歓待するのに必ずお金が必要かというと、そうではない。ただ、時間はかかるものだと思う。相手の好みや、何をしたら喜んでくれるか、それを考えること。それについていろいろ下調べをしたり、準備をしたり、そういうことには時間がかかる。その [続きを読む]
  • 完璧じゃない。
  • 人間って、なんでもできて、誰の助けも必要のない人なんていない。人にはそれぞれ違う能力が備わってる。料理が得意な人と、皿洗いが得意な人。歌が得意な人と、絵を描くのが得意な人。電話で話すのが得意な人と、メールを書くのが得意な人。それ以外にも道を覚えるのが得意だったり、掃除が得意だったり、人それぞれ。別に、すべてが一人で完璧にできなくたっていい。自分が得意でない部分は誰かに助けてもらっちゃえばいい。そう [続きを読む]
  • 一日一歩。
  • カテゴリをスペイン語にしてみたけれど、なんにでも言えることだよね。チーター(お名前失念)の 365歩のマーチ という歌があるけど(古いw)、物事を進めるには、本当に一歩一歩なんだな、と思うわけ。特にスペイン語みたいな外国語を大人になってから勉強するって、結構しんどいことだと思うわけ。やっぱり、中学校、高校時代の脳とは入り方が全然違うんですよ... 一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩下がるうまい [続きを読む]
  • OS物語
  • 実は、パソコンを新しくしました。というのも、弟の結婚式で一時帰国したときに購入したノートパソコン、私の扱いが悪いせいで、床に何度か落としまして、画面とパソコン本体の接触が悪く、全然画面が映らなくて。いや、角度を変えながらやれば映ったりするので、しばらく騙しだまし使っていたのだけど、旦那が夜寝る前に、部屋でインターネットでテレビを見ながら寝たいというので、そんな画面では不可能(笑)ということで、3年 [続きを読む]
  • 母さんに誓って。
  • Curso de Andalu というビデオがユーチューブに出ている。アンダルーといえば、私がいるスペイン南部(アンダルシア)の方言のことだ。何回か見たことがあるが、昨日も少し旦那と見た。旦那は当たり前だが、そこで使われてる言葉ははっきりわかるし、再現できる。そして、まじめな顔で言った。あぁ、へレスの人ってこういう言葉使うね。たまに頭に来るのが(ここからヤンキー風)「へい、ブラザー!俺の言ってることは本当だよ! [続きを読む]
  • huelga a la japonesa
  • Huelga a la japonesa 日本風ストライキという言葉があるらしい。こないだは国際女性デーで、女性たちが男女平等の権利を求める大規模なデモがスペイン全土で起きた。DV がエスカレートして殺される女性のニュースが続く中、そういう事件が起きるたびにこんなデモが起きる。結局、いつもそういう残虐な事件の被害者は弱い者、女性や子どもなのだ。さて、それはおいといて、日本風ストライキとはなんぞや?気になったので、FBで聞 [続きを読む]
  • スペイン語の重要性。
  • フラメンコ留学でスペインに3ヶ月も滞在すればスペイン語をしゃべれるだろう、と思って全くスペイン語を勉強しないでスペインに来る方が多いです。私は語学留学でスペイン語知識ほぼゼロで来ましたが、まぁ大変でした(笑)頑張りましたけど。語学留学の場合、頑張れば報われます。何もわからないうちからスペイン語のみで進められていく授業。でも、頑張ればなんとかなる、、、、はずです。周りがヨーロッパ人で若者ばっかりで、 [続きを読む]
  • Renfe のストライキ?
  • 在スペイン日本大使館からメールでお知らせが来た。3月2日(金)は 鉄道会社 RENFE のストライキだって。24時間って書いてあるから、1日中って意味なんだろうね。ネットで時刻表とか見ても普通に時刻が書いてあるけど、事前にどの電車がないとか公表してたらストにならないか。まったく電車がないとかさすがにない・・・・かな?どうなんだろう?でも毎年こういったストライキ(Huelga)で駅に電車がキャンセルされた乗客 [続きを読む]
  • 心をこめる。
  • フラメンコのカンテは難しい って、よく聞きます。難しいです。うん。まずはスペイン語の問題。でも、逆にいうと、これがあるからこそ、気軽にその道に入る気になれるのではないかと思います。ある意味、特権でもあり、問題でもあり。普通のスペイン人の感覚だと、「カンテが好きなんだよねぇ。。え?自分が歌う?とんでもねぇっす!無理無理!」となるのが一般的です。だからこちらで アフィシオナード と言うと、「フラメンコ [続きを読む]
  • シンクロニシティ
  • シンクロニシティ という言葉がある。スピリチュアルな人たちは、なにかにつけて 「 シンクロだわ〜? 」 と言うのが好きだ。(私も信じてるw)なんだけど、こないだはびっくりなことが起きた。日本人のお友達の紹介で、そのお友達が家にやってきた。一人は仲良しのエリちゃんと誕生日が同じでしかも一回り下で干支も同じ。すごい。そしてもう一人は。。。。。。なんか君、見たことあるね。っていうか、○○さんっていう親戚 [続きを読む]
  • 旦那の夢。
  • 旦那が「今、ホアン・タレガの夢を見ちゃったよ」と言った。「おい、ミゲル!この女の子は誰だい?」「僕の妻のアキコですよ」そしてなんか歌ってたらしい。私がいるのに、私は聞けない。なぜなら旦那の夢の中だから(笑)ビデオだったら見せて!と言えるけど、こればっかりはどうしようもない。私  「ホアン・タレガと知り合い?」旦那 「当たり前だろ」う〜ん、、、世界が違いすぎて想像できん。気が向いたら、バナー押してくだ [続きを読む]
  • 最近の 「フラメンコ」 と呼ばれるものについて。
  • 2018年ももう2月に入った。古臭いことを言っていると、もう21世紀なんだぜ!とか言う人がいるけれど、なんだかその発言は好きではない。古臭い ってなんだろう?古い ってなんだろう?たしかに、連絡方法として煙を焚いてのろしを上げていたら、さすがに「電話使いなよ」と言いたくなるが、法律に触れなければオリジナルで面白いと思ってしまう。たとえば雨ごいをするのに、誰か生贄にならないといけない、とかなったら  [続きを読む]