junjun さん プロフィール

  •  
junjunさん: 時をこえて・・・《シンイ2次小説》
ハンドル名junjun さん
ブログタイトル時をこえて・・・《シンイ2次小説》
ブログURLhttps://ameblo.jp/jun1215jun6575/
サイト紹介文ドラマ「信義ーシンイー」の 2次小説を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供491回 / 249日(平均13.8回/週) - 参加 2017/02/17 12:17

junjun さんのブログ記事

  • bonds of love〜愛の絆 78
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Gentiana〜あなたとともに・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚ [続きを読む]
  • Gentiana〜あなたとともに・・・ 30
  • ヨンの出征までの10日間。ヨンは出来る限り屋敷に戻ってきて家族の時間を大切に過ごしている。 ウンスもまた、出来るだけヨンとウォンソン、そしてユリの時間を作るよう心掛けていた。 朝餉の時はもちろん、湯あみ、夕餉、そして、夜寝る時も、家族4人で眠るようにした。寝台の横に、ウォンソンとユリの小さな寝台を誂え二人を寝かせていた。 ヨンの出征が2日後に迫った夜。 『ん・・・?ウォンソンとユリは・・・?』 「あ・ [続きを読む]
  • bonds of love〜愛の絆 77
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Gentiana〜あなたとともに・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚ [続きを読む]
  • Gentiana〜あなたとともに・・・ 29
  • 湯あみを終え、夕餉の食卓を囲むヨンとウンス。ヨンは、ウォンソンを片腕で抱き、器用に離乳食を食べさせている。ユリは、乳母のソヨンから乳をもらいスヤスヤと眠っている。 ウンスは、ヨンの為に夕餉の料理を取り分け、ヨンの近くに置いた。 「ウフフ・・・本当に器用なんだから・・・ウォンソンに食べさせるの、私よりも上手ね・・・」 ウンスは、ヨンを揶揄うように言った。 『そのような事は・・・しかし、子の成長は1日1日変 [続きを読む]
  • bonds of love〜愛の絆 76
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Gentiana〜あなたとともに・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚ [続きを読む]
  • Gentiana〜あなたとともに・・・ 28
  • 修医堂を後にし、馬車へと乗り込む。ヨンは、ウォンソンを片膝に乗せると、もう片方の膝の上にユリを抱くウンスを抱き乗せた。 「ヨン・・・重いわ。お役目で疲れているのに・・・」 ウンスは、膝から降りようとジタバタする。 『重くはありません。むしろ、このまま時が止まってしまえばよい・・・』 ヨンはウンスと子供たちを確りと抱きしめた。 「・・・何か、あるのね・・・わかったわ・・・お屋敷に戻ったら話を聞かせて・・ [続きを読む]
  • bonds of love〜愛の絆 75
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Gentiana〜あなたとともに・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚ [続きを読む]
  • Gentiana〜あなたとともに・・・ 27
  • 役目を終え、ウンスと子供たちが待つ修医堂へ迎えにいくヨン。その足取りは重く、心も暗く沈んでいた。 修医堂の門を潜り、ウンスの私室から、典医寺から、トギとミョンウォルが訪ねてきているのかにぎやかな笑い声が聞こえてきた。 近くの木の上で、護衛についていたリュウに、ヨンは声をかけた。 『変わりはないか・・・?』 「あぁ、問題ないが・・・しかし、女人が3人も揃うと、賑やかだ。テマンは、屋根の上で警護できずにこ [続きを読む]
  • bonds of love〜愛の絆 74
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Gentiana〜あなたとともに・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚ [続きを読む]
  • Gentiana〜あなたとともに・・・ 26
  • 康安殿。ヨンは、王の前に跪き頭を垂れている。 「上護軍。一体どうしたのだ?何故、そのような事を・・・」 王は、ヨンの姿にとまどっている。 『王様。元が、兵1万をもって、高麗への進軍の準備をしていると報告がございました。』 「1万・・・か。」 『はい、王様そして、その総指揮官を務めますのが、高麗から元へ渡った、チェ・ユ。チェ家の遠縁にあたる男でございます。』 ヨンは、深々と頭をさげ、王の言葉を待った。 「 [続きを読む]
  • bonds of love〜愛の絆 73
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Gentiana〜あなたとともに・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚ [続きを読む]
  • Gentiana〜あなたとともに・・・ 25
  • スリバンの隠れ家から、皇宮へと戻るヨン。大門を潜り、典医寺から修医堂、そして兵舎へと続く道を足早に歩いていく。 修医堂の近くを通り過ぎようとしたとき、風にのって、花の香が鼻をくすぐった。ふと足を止め、振り返り修医堂へと歩みをすすめた。 《今のところ、異変はございません。穏やかにお過ごしでございました。 今は、お子様方とともにお部屋でお過ごしでございます。》 姿をかくし、護衛についた迂達赤がヨンに告 [続きを読む]
  • bonds of love〜愛の絆 72
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Gentiana〜あなたとともに・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚ [続きを読む]
  • Gentiana〜あなたとともに・・・ 24
  • 「どうやら、奇皇后が、高麗襲撃にむけて兵を募っているらしい。どうやら、その総指揮官が、チェ・ユなんだ・・・」『まことか?!』 師叔は国境沿いで調べてきた内容をヨンに伝えた。キチョルが天門前で息絶えて見つかったことを耳にした奇皇后は、何かと、高麗へ報復を図ってきた。紅巾の勢いに圧されながらも、その機会をうかがっていたのだった。 高麗を捨て、元に渡ったチェ・ユ。元々、チェ家の分家の当主だった。文武共に [続きを読む]
  • bonds of love〜愛の絆 71
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Gentiana〜あなたとともに・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚ [続きを読む]
  • Gentiana〜あなたとともに・・・ 23
  • チュホンを走らせ、ヨンはスリバンの隠れ家へと急いだ。途中、屋根の上から指笛が聞こえてくる。ヨンは、気配を探りながら、先を急いだ。 あの指笛は・・・緊急事態を知らせる音・・・確かに、何かが起きているという事か・・・? ヨンは、逸る気持ちを堪えながら、チュホンを走らせた。市井の街並みから脇に入り、小高い丘をスリバンの隠れ家へと向かう。途中、背後から駆けてくる蹄の音が聞こえてきた。ヨンは、そのま [続きを読む]
  • bonds of love〜愛の絆 70
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Gentiana〜あなたとともに・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚ [続きを読む]
  • Gentiana〜あなたとともに・・・ 22
  • 兵舎へ向かう途中、あの迂達赤がヨンの前に再び現れた。ヨンは、迂達赤を睨みつける。 「上護軍。先ほどは、おくつろぎのところ申し訳ありません。急ぎ、お知らせしたいことがありましたので、やむを得ず・・・」 修医堂に現れた迂達赤が、ヨンの前で俯き立っている。 『紛らわしい呼び出しをするな。一体なにがあった。内容によっては、お前、覚悟は出来ているんだろうな?』 ヨンは、鬼剣をガチャリと鳴らす。 「あ、はい、それ [続きを読む]
  • bonds of love〜愛の絆 69
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Gentiana〜あなたとともに・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚ [続きを読む]
  • Gentiana〜あなたとともに・・・ 21(訂正)
  • 修医堂のウンスの私室で、お茶を飲みながら、ウンスはクァンとヨンジュンから修練の状況を聞いていた。 ヨンは、クァンとの会話が頭の中から消えず、ウンスの様子を、瞬きをするのも忘れたかのように見ていた。「上護軍!上護軍はこちらにいらっしゃいますか?」 突然、修医堂の庭から、ヨンを探す声が聞こえてくる。 『何だ?騒がしい。俺に何か用か?』 ヨンは不機嫌極まりない声で、ウンスの私室から庭へ向けて声をかけた。 「 [続きを読む]
  • bonds of love〜愛の絆 68
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Gentiana〜あなたとともに・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚ [続きを読む]
  • お詫び
  • いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。 ここ数日、お話のお届け時間が激しくズレまくり、申し訳ありません。また、コメント、メッセージのお返事が出来ず心苦しく思っています。 浮上できるよう、気持ちを切り替えに勤しんでいるところですが・・・・もう少しお時間をいただくことになりそうです。 また、お話をお届けする時間ですが、今しばらくズレてお届けする可能性があります。ご了承ください [続きを読む]
  • Gentiana〜あなたとともに・・・ 20
  • 修医堂のウンスの私室。ウォンソンとユリを寝台に寝かせるとウンスは、いそいそとお茶の準備を始めた。その姿をヨンは愛おし気に見つめている。 「ヨン・・・ちょっといいか?」 ヨンの後ろ姿にクァンが声をかけた。 『あ?あぁ・・・。』 クァンがヨンを私室の外に誘い出す。 『なんだ?何か話でもあるのか?』 「いや、大したことではないが・・・奥方の様子はどうだ?」 『ウンスの・・・?』 ヨンは怪訝な様子でクァンをみた [続きを読む]
  • bonds of love〜愛の絆 67
  • ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆いつも「時をこえて・・・」にご訪問いただきありがとうございます。本編「Gentiana〜あなたとともに・・・」 限定記事「隊長の浮気・・・?!」をお読みいただきありがとうございます。 「bonds of love〜愛の絆」は現代のヨンとウンスのお話となります。 広く、暖かなお心で見守っていただければ嬉しいです。by junjun゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚ [続きを読む]
  • Gentiana〜あなたとともに・・・ 19
  • 修医堂へ続く道。ヨンはウォンソンを抱き、ウンスは、ユリを抱いて歩く。 修医堂の先には、懐かしい迂達赤兵舎。何度も、歩いたその道。 胸を弾ませ、心を躍らせながら歩いた道。喧嘩して、泣きながら走った道。貴方(貴女)へと続く道・・・ 今、かけがえのない宝を抱いてかけがえのない貴方(貴女)と歩く・・・ この穏やかで幸せな時がいつまでも続くようにと祈りながら・・・ 修医堂では、高麗全土から筆記試験と面接を [続きを読む]