雑草会計士 さん プロフィール

  •  
雑草会計士さん: 雑草会計士の独立開業の道のり
ハンドル名雑草会計士 さん
ブログタイトル雑草会計士の独立開業の道のり
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/selfemployed_cpa-returns/
サイト紹介文日々死線をさまよっているような、厳しすぎる独立開業の日常をお伝えします。
自由文持たざる者がどのように生き抜くか、というか生き抜いていけるのか?ということを体で実践している会計士です。知識・人脈・資金力、その全てが不十分だけども0ではない、とても不安が残る状況で独立しました。
参考になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 271日(平均4.2回/週) - 参加 2017/02/17 17:55

雑草会計士 さんのブログ記事

  • 自分の独立の過程②
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。ずっと前に「自分の独立の過程」というタイトルで独立してからの生い立ちみたいなことを書いていました。今日はその続きを書きます。(ずっと忘れていました(;・∀・) )独立して半年後くらいになり、ようやく顧問が6社くらいになりま... [続きを読む]
  • 手っ取り早く「空いた時間を金に換える」には
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。「慣れ」っていうのはなかなか大したもので、最初は「こんな量やっていけるのかな・・」と思うことでも、数か月もすれば効率化と不安感が払しょくされてスイスイやれるようになります。会計事務所業務の中でも、「記帳業務」ってめちゃくちゃ慣れが大切です。この慣れというのは会計基準に精通していくという高尚なものではなく、「この会社は何件借入があって、毎月月末に引きとおしされてい [続きを読む]
  • メンターもタダでは会えないと思う
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。意識高い系のキーワードの一つとして、メンターってありますよね(`・ω・´)横文字で意味がぼやけてしまうのですが、要するに指導者とか師匠って意味でしょうか。色んな独立本やyoutubeの動画を見ると、メンターの存在は大事だ!ということは分かりました。で、最近私は独立してからそういう”心の師匠”のような人は誰だったかなあと思ってみました。すると。。■そういう存在の人は全くい [続きを読む]
  • 自分の境遇を利用して、毎月の出費を抑える方策
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。数日ブログを書くのが滞ってしまっていました(;´・ω・)最近、精神が不安定です(;・∀・)ところで、やっぱり毎月の手元に残るお金って多い方が嬉しいですよね。私もどうにかして多く手元に残す方法がないのかなあと思案してみました。すると、私の今の状況を利用しての方法がアイディアとして浮かんだんです。今、私は「個人事業」をやりつつ「株式会社」を設立して保有しています。その株式会 [続きを読む]
  • 監査パートを続けることも一つの道
  • 皆さん こんにちは。雑草会計士です。自営業のデメリットで一番キツイものは「収入が不安定」ということでしょう。しかし、その不安定さというものは逆に「いつ収入が上がるかもわからない」と言えます。(いや、やっぱり言えないでしょうね・・)サラリーマンなら年に1回の昇給ですが、会計事務所なら顧客獲得すればその都度増えます。私の事務所では10月に新しい顧客の契約があり、月で12万程アップすることができ、非常に有難 [続きを読む]
  • 金だけじゃないと強がってみる
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。私はもう後1ヶ月ちょいで独立して丸3年になります。監査法人から修行のために税理士法人へ転職したので、いったん給与はぐっと下がりました。その後独立して、初年度は税理士法人時代より低くなってしまいました(⌒-⌒; )そして、ようやく去年の所得でおそらく監査法人のシニアくらいでして、今年はもう少し上にいけそうという状況です。しかし、監査法人やめてもう7年経ちますので「もし監査 [続きを読む]
  • やっぱり思う、人脈の強さ
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。1日に1記事を書くかどうかのペースでしたが、今日は何となくまた書きたくなったので書きます。直近の記事で「今年、とうとう初めての監事のお誘いが来ました」と書いていたのですが、これまた書いた通りの無報酬なので、お金と言う面ではまったくプラスにはなりません。ただ、そういうポストに来てほしいと言ってもらえることが、自分のような”今まで鳴かず飛ばずだったと自覚していた人間” [続きを読む]
  • 独立当初の戦略
  • 皆さん こんにちは。雑草会計士です。会計士が独立する時、「会計士業務」と「税理士業務」のどちらもやることができるので、どのように時間を割り振ろうかと空想することもあると思います。もちろん私もその一人で、会計士業務 → 高単価だがスポット税理士業務 → 低単価だが継続ということで、”日々の生活費はまず税理士業務でカバーできるようになり、会計士業務で大きな利益を狙っていく”という、多くの人がとるであろ [続きを読む]
  • 年末調整の雑談
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。そろそろ年末調整の時期が近づいてきました(;´・ω・)組織にいた頃だと「なんかよく分からない紙を2枚もらったけど、名前書いて印鑑押せばいいのかな」くらいにしか考えていませんでした。でも、それを処理する側になるとかなり憂鬱です(^_^;)何度もブログで書いていることなのですが、やはり会計士は人事・給与面は苦手だろうと思います。最近、妻や子供を養っている場合(いわゆる扶養親族) [続きを読む]
  • 偶然の賜物 ”業種特化”
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。もう今年も終盤ですね。(昨日も同じこと書いたような・・)私の事務所のことなんで何にも参考にならないと思いますが、今年は「業種特化」に徐々になっていっちゃった年度でした。去年・一昨年は業種特化なんて考えずに、商工会議所や信用金庫の紹介とか、たまには税務署の講師をやったりしたことからキッカケができてお客様になってもらったことが全てでした。(ネットから偶然来てくれた人 [続きを読む]
  • 1年目の方がガッツがあった
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。今年もそろそろ終盤にさしかかり、自分のやってきたことを思い出してみました。1年(2015年)の時よりは多少は作業効率が上がったり、プレゼンでも緊張して声が飛んじゃったりすることは少なりましたが、それでも1年目の方がガッツがあったと思っています(`・ω・´)1年目よりも今年の方が顧客数は増えたのですが、そのキッカケは1年目に出会った人達からの紹介等でして、毎年徐々に人間力が [続きを読む]
  • 給与計算の話の続き
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。昨日の続きになりますが、私が給与計算をやりだした時の話を書きたいと思います。給与計算って聞くと、皆さん何をイメージされますでしょうか?「毎月変動するものを計算するんだから、それって残業代だよなあ」ということがまずは浮かぶでしょうし、さらに「普通に考えて、単に残業代が増えて終わりってことはないよなあ・・。そんな世の中簡単じゃないはず」と警戒するのかなと思います。↑ [続きを読む]
  • 給与計算+会計処理をセットで受注の場合
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。先日から給与計算のことをツラツラと書いていましたが、今日もそれに関することを書きたいと思います。給与計算って普通は■クライアントからタイムカードを回収■残業代、源泉所得税、雇用保険料 等を計算■紙の給与明細書を先方に送付という流れになります。これらをだいたい3日〜4日くらいでするのですが、一人事務所で給与計算+会計処理(=記帳代行)をするのであれば、なかなかの負担 [続きを読む]
  • 長期間の独立宣言をする心境
  • 皆さん こんにちは。雑草会計士です。最近、事業会社の経理に転職した友人からメールが来ました。独立をそろそろ考えているそうな(^-^;なので、先に独立している私に話を聞いてみたいとのことだったのです。しかし、実は既にその友人から2年くらい前から何回か(半年に1回くらい)そういう相談をされているんです。まあ、今回も前回と同じ結果になりそうです。で、先日別の知り合いが独立することもありましたので、自分を含めて [続きを読む]
  • 友人の有り難さ
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。ここ何回か給与関連のことを書きましたが、今回もまた関連することを書きたいと思います。私自身、給与計算や関連事項にはほとんど経験がないまま独立をしました。その時は、「私は会計・税務の専門家なのだ (`・ω・´) それ以外のことは知らん!関わらん!動じんわ!」とでも思っていました。しかし、ふつうにクライアントから年末調整やら定時決定やら賞与の源泉徴収のことやらを依頼さ [続きを読む]
  • 給与関連は修行の場がほぼない
  • 皆さん こんにちは。雑草会計士です。昨日給与計算関連を取り上げまして、その中で「事務所の方針によって業務担当が変わる」という文言を書きました。私の場合、勤務していた事務所では明確に分業体制になっていました。↑むしろ、大企業のように分業化が進んでいるという良い面なのですが。。ただ、私は将来独立をしたいと目論んでいましたので、そういうことも経験したかったのです。それをそのまま馬鹿正直に上司に言うわけに [続きを読む]
  • 給与計算ってどうしても苦手
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。今まで何回かブログでも書いてたことかもしれませんが、会計士が「税理士業務」で独立する際に最もネックになるのは■給与計算・社保の届出等だと思っています。この業務は試験でも触れないですし、監査法人でももちろんやらないでしょう。恐らく、監査で人件費科目を担当しても源泉所得税の納付や年度更新とかまで確認しないと思います。また、税理士事務所で修行したとしても、ここらへんの [続きを読む]
  • 独立しても評価されちゃうね、やっぱり
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。私も独立前には開業本をよく読んでいました。精神論的なこともけっこう読んでまして、多くの本に「何が自分の幸せかをしっかりと認識して、それを達成するための目標を掲げなさいね」という趣旨のことが書いていたと思います。つまり、■会社 → 否応なしに「出世」という明確な基準が与えられて、それを達成するのが偉いことだし、本人の幸せにもつながるだけど、一方■独立 → 明確な基 [続きを読む]
  • 誠実にやっていると特大ラッキーも
  • 皆さん こんにちは。雑草会計士です。私の知人が独立を決めたらしく、メールがありました。今度会って話を聞きたいとのことです。それは全くもってかまわないのですが、逆にそのメールで彼の状況を軽く聞いたことについて、とても驚いてしまいました。もはや”都市伝説”だろうと思っていた「のれん分け」をしてもらえるということなのです(;´・ω・)彼が勤めていた事務所はある特定の業種に特化していた事務所でして、その業種は [続きを読む]
  • 「愚者は経験に学ぶ」ことができてなかったショック
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。私は約3年一人で会計事務所をやってきて、そろそろ人手が足りなくなってきたなあと思っていました。(パートさん、妻と一緒にはやっていますが、有資格者とは組んでいないという意味です)↑先月までは「一人事務所」の方針でしたが、10月は誰かと組みたいという方針に変わってます。というか、そのどちらかを常にフラフラしている感じです。これって、おそらく独立2〜3年目の人には「わか [続きを読む]
  • 供給過多と言われても、うまくいっている人はいる
  • 皆さん こんにちは。雑草会計士です。先日、独立5年目くらいの先輩から電話がかかってきました。半年前に飲んでいて、久しぶりの電話でした。内容は「人が足りなくなったので、誰かデキる人がいないか」という相談でした。確か既に3人程は雇用していたので、さらに業務拡大しているということでしょう。わざわざ私に電話してくるくらいなので、もう今の人数ではこなせない状況になっているのでしょうか(^-^;その人のポリシーは「 [続きを読む]
  • 自分の独立の過程①(②は未定)
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。私はまだまだ独立した会計士としてはヒヨッコです。今年の年末でようやく3年間となる予定です。(それまでに潰れなければよいのですが)で、今回はこれまでの3年での精神的・経済的な波を書きたいと思います。独立して3か月くらいは「今までとは別世界にきた」ような感覚で、すごくチャレンジ精神に溢れていたような気がします。というか、スタート時にはその気持ちがなければ不安でやってい [続きを読む]
  • 会計ソフトの見栄え
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。私がこのブログを始めた時の趣旨は「独立のリアルな現場を伝えて、役にたつ情報を提供したい」というものでした。その趣旨を改めて思い出し、今日は必須の会計ソフトや税務ソフトの話をしたいと思います。(こういう記事を増やして、さらに詳しいことを有料の記事のサイトnoteで書こうかなとも考えています。)私は会計事務所勤務時代■弥生会計(会計ソフト)■勘定奉行(会計ソフト)■PCA [続きを読む]
  • 時流に乗った成功事例
  • 皆さん こんにちは。雑草会計士です。私の「会計事務所運営スタイル」は今流行りのクラウドをしたり、高単価クライアントをたくさん抱えるようなものではなく、ごく普通の個人会計事務所という形態です。少しだけ、「記帳代行業務」として「月4日ほど他社に訪問してそこで作業をする」という仕事もしていますが、基本的には■資料を郵送、もしくはメールでもらう■事務所(兼家)で記帳をする■月1で訪問、または数か月に1度訪問 [続きを読む]
  • ツテに頼る気はなかったのですが、振り返ると・・
  • 皆さん こんばんは。雑草会計士です。私は独立当初、ツテを頼らずに新規の営業で集客をしていこうと思っていました。別に独立心があるとかチャレンジ精神があるとかではなく、単にツテが見込めなかっただけなんです(;´・ω・)ただ、現在の顧問先を見てみると、意外と昔のツテから繋がっていったものがありました。今の顧問数29件中11件なので割合で言うと40%近くになります(;^ω^)”人脈のなさ”にはある程度自信があった私なので [続きを読む]