iland さん プロフィール

  •  
ilandさん: 板読みデイトレ225
ハンドル名iland さん
ブログタイトル板読みデイトレ225
ブログURLhttp://225.liblo.jp/
サイト紹介文最大保有枚数10枚のデイトレ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供516回 / 302日(平均12.0回/週) - 参加 2017/02/17 19:58

iland さんのブログ記事

  • 【報告】会員数推移 0人→0人  2017.12.08〜2017.12.12
  • 少なくとも、数ヶ月間様子を見てドカーンレベルを計っておくのが懸命と思います。これまでの実績から、0.1%の確率で−50万円全力投げを食らう可能性がございます。経験値が上がるほど、危険度は減る可能性がありますので、数ヶ月分実績が出た後の方がご検討されるには有利です。ダメ戦略なら、数ヶ月を待たず−100万円クラスのドカーンカーブを描くはずですから。 [続きを読む]
  • 含み損を出さず、安心できる勝ち方など存在しない
  • その理由は、モンスターはいつも魚釣りをしているから。釣っておいて、一番効率の良いときに思いっきり逆へ振る。下げるフリしてジワジワ上げる。上げるフリしてジワジワ下げる。他、何でもありですが、流れに乗ろうとするとかなりの確率で逆へ振られる。新戦略、「板読みデイトレ225」は、押し目、戻りを狙うので、エントリーしたその瞬間は、含み損を抱える場合が多い。結局、モンスターが仕掛けるワナに対して逆張りすることが、 [続きを読む]
  • で、肝心の見通しは?
  • こればかりは、本人の私にも分かりません。2017年12月以降の損益実績で判断するしかありません。しかし、このタイミングで新戦略を打ち出したこと自体、先般、お知らせしました試行錯誤の段階を終了したことを意味します。実用に耐えるかどうかは、今後の検証結果次第です。せめて、三ヶ月間、マイナス損益に転落しないことを祈りたいところ・・・。と、この程度です。今、申し上げられることは。 [続きを読む]
  • 板読みとは何を読んでいるのか?(私の値動き予測には、Hyper SBIが必須)
  • その説明の前に、私の値動き予測はHyper SBIの板でなければならないことを申し上げておきます。その理由は、売り玉が緑、買い玉が赤という具合に色が付いているから。もし、これらの色分けがなければ、私の値動き予測法はまったく成り立たないのである。板回転から、戻りと上げ勢いを区別し、押し目と下げ勢いを区別するための要素は、板回転具合、緑大玉(3ケタ)、赤大玉(3ケタ)、緑中玉(2ケタ)、赤中玉(2ケタ)、緑小玉(1ケタ)、赤 [続きを読む]
  • 新戦略 板読みデイトレ225 の 危険度 見分け方法
  • ひとことで言えば、押し目と戻りに的確にエントリーできているかどうかです。1回当たりの新規建玉数のバラツキを見れば一目瞭然です。危険度の低かった取引は、下表のように毎回1[枚/回]かつ損益が1,000[円/枚]以上の場合です。一方、危険度の高かった取引は、2[枚/回]、4[枚/回]、6[枚/回]、10[枚/回]が混じる場合です。それらは、読みが外れた場合の尻拭いを示します。 [続きを読む]
  • 新戦略 板読みデイトレ225の解説
  • 戦略名 板読みデイトレ225(1) 中心視野に板とローソク、周辺視野に指標群を置いたデイトレです。  いかなる組み合わせの指標群でも、それらだけで未来の値動きを予測することは絶対に不可能である。 常に、板読みが先行しなければ値動き予測は成り立たない。 と言っても、激しく流れる数字を読むことは不可能だし、読めたところで何の意味もない。 私が読んでいるのは、板回転具合と大ざっぱな数字の桁数の流れだけ。 (2) 押 [続きを読む]
  • では、なぜ続けているのか?
  • たぶん、諦めていないからだと思います。値動き予測法の発見を。中心視野にローソクと板回転を置き、バイクラ・セリクラから値が逆行していくパタンとそれらなしに値が順行していくパタンを見分けること。周辺視野に前者を見分ける手がかりとしての指標群を置くこと。と、ここまでの骨子はつかんでいるのですが、そこから先へはなかなか進めない。youtubeで見かけた有名ディーラーは、ローソクと板回転だけを見ていつもエントリー [続きを読む]
  • 大スランプ進行中。毎日、3〜5万円のドカン降下を予想。
  • 再三、危険予告をしております。自己責任、自己選択は、どこまても自由ですが、最後は苦情も後悔も矛先はなくなりますこと、あらかじめお知りおき頂けますようよろしくお願い申し上げます。なお、会員さんが1人でもいらっしゃる場合、戦略を消滅させることもシグナルを停止することもできません。このまま永久に堕ちていく可能性も十分にありますこと、これまで予告してきた通りです。 [続きを読む]
  • 強いトレンドでは、値振れノイズが大きく30円損切り設定は無理があった
  • 忙しすぎて、発注ミス(6枚連続投稿や7枚)まで加わり散々だった。ダブり発注ミスは、システムタイムラグ中、注文済みか未注文か分からなくなった場合に起きる。システムタイムラグは、その日によりあったりなかったりする。ということで、30円損切り固定は忙しい場面で無理があったので取りやめます。500円損切り設定、戦略自由に戻します。現在、私の順位は38/38人中、−70万円でダントツビリ。試行錯誤中につき、まだまだ堕ちる [続きを読む]