綾海 さん プロフィール

  •  
綾海さん: はじめての介護〜私、介護者1年生〜
ハンドル名綾海 さん
ブログタイトルはじめての介護〜私、介護者1年生〜
ブログURLhttp://ayami875498.blog.fc2.com/
サイト紹介文突然母が要介護になった、独身OL30代。介護うつ、まっしぐらです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 255日(平均1.1回/週) - 参加 2017/02/18 23:22

綾海 さんのブログ記事

  • 胃ろう増設へ。
  • ALSと診断された頃には言葉も聞き取りづらくなってたけど食べ物を飲み込むことも大変になっていました。母は呼吸器は拒否していて、胃ろうも嫌だと言ってました。私がやれば?と言ったりお医者さんにも言われたことで、胃ろうは増設することにしました。しかし、今いる施設には胃ろうの人がいない。看護師も9〜18時しかいない。看護師の勤務を長くして、受け入れ体制を整える。施設の成長のためにも対応させていただきたい。そう言 [続きを読む]
  • 病名が変わりました。
  • 整形にも神経内科にも原因がわからず治療もしようがないのでもう来なくていいと言われました。母は「また見捨てられた」といいました。なので、病院を変わりました。そしてその一ヶ月後に新しい病名が付きました。筋萎縮性側索硬化症ALSです。この病状で頚椎狭窄症と診断したことの理由がわからない。そう言われました。無駄な手術をして、症状を悪化させた可能性もあるそうです。狭窄症の手術がしたかったんですかね?この1年、 [続きを読む]
  • ケアマネ⑥
  • 4月か…。懐かしく思いながら書いています。母は介護付老人ホームに入所しました。私も居宅の担当ケアマネが嫌いでしたけど。何か言ってやるほど、私と会話もしてくれないケアマネでしたけど。彼女も私が嫌いだったようですね。入所の時のケアマネからの引き継ぎ書を、施設から内緒で見せてもらいました。母親に介護が必要であることは認識しているようだが、週の大半は自宅に帰ってこない。そう書かれていました。外泊したこと、 [続きを読む]
  • 入所面談&ケアマネ⑥
  • 入所は私ら兄妹の都合で日曜のみ。それに間に合わせるため、平日に休みをとって面談。感染症も面談も問題なく、入所の話はどんどん進みます。ある日、施設長さんから電話。なんとうちのケアマネから電話があったらしい。入所の話は本当か。そんな短時間に入所の話が進むなんておかしい。ちゃんと検討してるのかと施設にいちゃもんをつける内容。そして施設長さんに「あそこの娘さんは何度電話しても全然出てくれなくて困ってて…」 [続きを読む]
  • ケアマネ⑤
  • 兄も話したそうです。老健には入れなさそうだし、母の体調も悪くなってひとりで昼間家にいるのも本人も不安と言っているので預かってくれるところを探すつもりだと。そしたら私に老健から電話がありました。ケアマネさんとも話したけど入所どうする?ケアマネさんはショートを使うと言ってるけど、と。ショートってずっといられるわけじゃないんでしょ?利用されたいかたが多く、30日連続なんてのは絶対に無理。老健の説明にケアマ [続きを読む]
  • 神経内科
  • パーキンソンの検査は正常値。ドパミンはちゃんと出てる。筋肉に電気を通す検査もなんら問題はない。頭も筋肉もちゃんとしてるのにその伝達が上手くいってない?麻痺の進行度合いは早いけど症状はパーキンソンなので、とりあえず薬を飲んでみることになりました。副作用の心配がされたけど頭痛も吐き気もなく、しかし効果もない。母は自力でトイレに行くのも困難となりました。廊下に転がっていることも多く、私に発見されたり、デ [続きを読む]
  • ケアマネ④
  • 介護付施設なので、車イスが変わります。今までのものがいいかもと兄に買い取りを聞いてもらいました。何でも外用のは軽く、家の中のものも小回りの利くとてもいいものだったようで小売価格が15万ほど。使用済での買取りも10万超。とりあえず施設のものを使うことにしましたが、またケアマネから電話。あちらから電話があって問合せされてるそうですね。施設に入るのも簡単ではありませんよ、と。怖ーい(>_ [続きを読む]
  • ケアマネ③
  • ケアマネさんとも話しましたと老健の担当者が言った日から、入所の話が進まなくなりました。本人が入りたいと言ってるのに「ご本人の意向を」と。なんと母は、次のデイサービスで入所のお部屋を見学し、申込書を持って帰ってきました。これには私も兄も驚いたけれど。それでも今は空きがないからと、いつまで経っても会議にかけてくれません。母の体は悪くなる一方。以前より民間のホームを見学していた私は、そこそこよくて廉価で [続きを読む]
  • ケアマネ②
  • 在宅介護が始めるとき。唯一一緒に住むはずの私の意見を黙殺しました。施設に入れたいと言ったから。入所をしたいと言ったとき。老健も私も混乱しています、とえらい剣幕で連絡してきた。兄に。 [続きを読む]
  • うちのオトコ。
  • います、年上の。介護が始まってすぐの頃。追いつめられてましたね。結婚願望、なかったけど。介護老人せおった40才近い女と誰が結婚するだろう。私だったら逃げます。年金も少ない。貯金もどれだけあるかわからない。おかんの金を食い潰し、家も土地も売って、私も貯金できる余裕もなく、母が90才くらいで死ぬ頃には私も60才になる。旦那なし・子なし・金なし家なし・職なし・未来なし。母に対して、あんたのおかげで私の人生めち [続きを読む]
  • 介護付老人ホーム目指して!
  • ケアマネに阻止され、老健も二の足を踏み、とりあえず一度民間の施設へ。兄は病院と入所の手続きに疲れ、私は日々の生活に疲れ、母は早くどこかに入りたいという。空きはあった。金額もしかたない。ホームに提出する診断書と健康診断。診断書は総合病院。健康診断も総合病院ならすぐに結果が出せるだろう。?血液検査だし。しかーし。ホーム施設長さんから電話。(いいひとなんだ、これがまた)以前、総合病院でやってもらおうとした [続きを読む]
  • 原因不明?
  • 狭窄症による麻痺ではない。パーキンソンでもない。今度は神経に電気を流す痛い検査なんだそうな。日赤とか大学病院とか行ったほうがいいんじゃない?言ってみましたが、兄も本人もあまり病院に熱心ではない。なんでしょうね。二人とも施設入所に意欲的です。病気がわかんないのは不安じゃないんだろうか…。 [続きを読む]
  • 老健入所の危機。
  • ケアマネが阻止してる?兄は「待つしかないだろう」と呑気。私は当事者ですからね。行動あるのみ。モタモタしてると私の体がおかしくなってしまう。最近耳鳴りが続いていて電話が聞き取れませんし。老健よりお金がかかりますが、民間の介護付老人ホームに問い合わせ。空きあり!母に話すとどこにでも行くよ、と。実は入所の話をして、少し待たなきゃと言っていた頃にうんこ事件があったんです。私には文句いう資格もない。あなたが [続きを読む]
  • 老健に入所しよう。
  • 母はデイサービスで自分で言ったそうです。「ここに入所したい」申込書をもらって施設内の見学をして帰ってきました。まぁびっくり(^^)兄も私ももちろん賛成なので(兄嫁はもしかしたら反対かも)話を進めるだけ。1か月前には空いてたんですがなんと埋まってしまっていた。空き待ちとなりました。施設の方も、そんなにはお待たせしないかと…と。週末、会議にかけますねって言っていました。その後、ケアマネの訪問がありそこでまた [続きを読む]
  • 施設入って、の一言。
  • なかなか言えませんでした。姉は子どもに見捨てられて施設に入れられてる。そうなって初めて、ニートだった末の息子が母親の介護費用のために働き始めた。親の認知症が子どもを変えるなんて皮肉だねぇ…。最近聞いた母の言葉です。思い込みの激しい人なので事実とは相違があるかも。でも、捨てられた感覚なんですね。私はたくさんの施設を見てここに住みたいと思うものがたくさんありました。身内に迷惑をかけるより、世話してくれ [続きを読む]
  • 入所のススメ。
  • ずっと思っていました。いつかは施設にお世話になると。無理してガンバル必要もないと。でももう疲れちゃいました。介護はホントに大変です。相手もストレスためているので、私の場合は掃除をしたら怒られました。部屋に入ってくるたびに嫌みのように掃除ばかりして、不自由なんだから落としたりこぼしたりするのはしかたがないだろう、と。潔癖のキチガイ。一人で何だってできるんだから今すぐ出ていけ、と。反論しようとすると、 [続きを読む]
  • ストレス。
  • 気が強くて打たれ強い。自分のことをそう思ってたけど、何もしていないのに5?痩せ、髪は抜け、肌は荒れ。時にドカ食いし、注意力散漫。会社でもミス連発。他人の旅行話に耳を塞ぎ、食事の誘いも断り、頭の中はいつも介護のこと。自分の手足も動きづらい気がして…最近は耳鳴りがします。限界。。 [続きを読む]
  • 事件です。
  • 汚い話になります。出掛けて帰ってくると。母は「おかえり〜」という。車イスから落ちて床に転がってるときなんかは私の名前を情けない声で呼ぶ。その日は無音。死んでるかと思った。それと異臭。リビングに入ると、口をへの字に曲げた母。情けない顔で私を見つめる。フローリングにはうんこ。廊下にもうんこ。トイレの床にはうんこの山。頂点にトイレットペーパー。便秘症の母は下剤を飲んだ。間に合わずトイレ床に。足が上がらな [続きを読む]
  • 神経内科の診察。
  • 病状を見て、神経内科の先生。「パーキンソンかなぁ…」日を変えてドパミンが出てるかの検査。片側からの麻痺。言葉も出づらくなって。ヨダレもときには。認知症の疑い。痛みもなく。進行が早すぎる点は?だけど言われたらパーキンソンかも?と。結果。ドパミン出まくり。パーキンソンの疑いはなし。未だ原因不明は続きます。整形外科。神経内科の先生も驚いてたけど、「もう行かないんですか?」整形ではやりつくしたと言うしね。 [続きを読む]
  • 兄の家族。
  • 個人的な評価です。兄は優しいヒト。プライドが邪魔することもありますが、明るくていい兄貴だと思っていました。15年ほど前に結婚した嫁はブスで暗くて自尊心が高い。笑顔をあまり見たことがなく、自己中心的で、人に何かをするより相手が自分の為にどれだけのことをしてくれるのか、それだけを必死に査定している印象です。そんな嫁が家計を握っていて、彼女は本人にもうちの母親にも「お給料が少ない」と頻繁に口にします。どう [続きを読む]
  • ケアマネ。。
  • リハビリ病院に入院中に要介護2を取得したうちの母に地元の居宅支援事業所からケアマネさんが来ました。超元気なおばさん。介護保険制度全般のことを説明してくれたそうですが、聞いたのは兄。調べだしたらとことん、の私とは違って、ゆる〜い兄。家の改装からリースのもの、ケアプランまでほぼ言うがまま。私が自宅にいる時間も短く、母が一人の時間が多いのでお金なら何とかするからお任せできる施設を教えてほしいという私の意 [続きを読む]
  • デイサービス入門。
  • リハビリ入院を終えて在宅介護が始まったのが2017年1月。介護認定は取っていましたし、私が寝に帰るだけの生活なのでケアマネさんには、なるべく長時間ヒトと関わるケアプランをお願いしました。デイサービス、週3日。そして付き添える人間がいないので、窓越しに母から鍵を受け取り、自宅の中に入って介助しながら連れていってもらうという特別待遇。受けてくれるトコありました。感謝です(^^)と、母。「行かないよ、そんなもん [続きを読む]
  • 治療、振り出しに戻る。
  • 頚部脊柱菅狭窄症と診断され、手術1ヶ月、そして3ヶ月の回復期リハビリ病院の入院。症状は改善されないどころか、悪化は止まりません。手術をした総合病院に治らないと言いに行きました。術前の画像、術後の画像、検査を重ねて手術は失敗していない。適切だったと必死です。そういうことじゃないのに。キレイに手術してくれたんでしょ?それはもう理解ったよ。首の狭窄を治してダメなら、今度は腰の狭窄もやるとか。手足が動かな [続きを読む]
  • 家のなか。
  • 自分が住んでる家。あんまり気にしてなかったんです。寝に帰るだけでしたし。母が入院して。改めて家の中に気がつきました。汚ない。体が動かなくなり始めて、行動に時間がかかるようになって、掃除が今までのようにできない。薄々気づいていたけれど。家の中は母のテリトリーだったので私が触ると気に入らないのかと怒る。老化で片付けられなくなっているとか体が動かなってきてることを私が認めたくないのもあって。家に独りにな [続きを読む]
  • 施設を考える。
  • 目に見えて筋力の低下がわかる。このままでは数ヵ月後には独りでトイレにいけるかどうか。デイサービスは老健に行っていて母がとても気に入っているので1ヶ月ほど前に入所を聞いてみた。入れますよ、と。独りで過ごす時間の長い母。入所したほうが…。しかしその時点で仄めかすと「私にはまだ早い」と。お金もなんとかなるし、有料のホームを見学しました。全部で8つくらいかなぁ。認知がない母には、住宅型がいいかなぁって。個 [続きを読む]