猫ママ さん プロフィール

  •  
猫ママさん: 発達障害一家・5人揃ってアスペ+ADHDだからできること
ハンドル名猫ママ さん
ブログタイトル発達障害一家・5人揃ってアスペ+ADHDだからできること
ブログURLhttp://www.nekomama03.com/
サイト紹介文三人息子 夫婦揃って自閉症スペクトラム・ADHDの当事者です。 アメブロから引っ越しました。
自由文20歳・社会人 一般就労 16歳・高1 全日制普通科 11歳・小5 普通級
アラフォー夫婦 大人の発達障害者
診断済みです(^ ^)
発達障害に関する基礎知識・障害許容への道のり・診断とその意味・就学や受験への取り組みなど…
リアルな子育てと、当事者の生活の中の気づきや工夫・思考の転換など、発達障害者やその子育てに役立つノウハウなどをお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 297日(平均3.0回/週) - 参加 2017/02/19 10:24

猫ママ さんのブログ記事

  • 名古屋大学女子大生殺人事件
  • こんばんは。猫ママです。今回は、 現在裁判中の「名古屋大学女子学生殺人事件」について。(*アメブロからの移転記事です。) この事件の報道を見てすぐ、「あ、また出たか・・・」  と思ったわけですが。*念のためですが、「また障害者が事件を起こした」と言う意味ではありません。「また障害者が叩かれる・・・」そして、「また他人事ではない事件が起きた」「止められなかったか・・・」と言う意味です。 まん [続きを読む]
  • ADHDの子育て・猫ママが長男から奪ったもの。
  • 長男20歳。社会人三年目となって、出張ラッシュに苛立ちが隠せない今日この頃。笑1週間の海外出張からやっと帰宅したと思ったら、来週は国内に二回出張があるんだとか。汗最初はぷちパニックで泣きそうでしたが、なんとなくパターンが入ってきたように見えます。、、、が、あまりにも頻度が高いと、疲れがどんどん溜まっていくので要注意。できることは、食事、睡眠、家の整理などの生活環境を整えるくらいですが、こ [続きを読む]
  • 発達障害児の就学・普通級について。
  • *このシリーズに関しては 言葉の言い回しを不愉快に感じる方が多いかもしれません。マイナス面も隠さず 現実的なことを書きますので 負担になる方はスルーして下さい。それでも読んでくださって なお不愉快な思いをする方がいたらすいませんm(_ _)mまた 記事の性質上 数値に触れ ある種の線を引くような表現も多くなります苦手な方はスルーして下さいm(_ _)m関連記事 発達障害児の就 [続きを読む]
  • 発達障害児の就学・特別支援級について
  • *このシリーズに関しては 言葉の言い回しを不愉快に感じる方が多いかもしれません。マイナス面も隠さず 現実的なことを書きますので 負担になる方はスルーして下さい。それでも読んでくださって なお不愉快な思いをする方がいたらすいませんm(_ _)mまた 記事の性質上 数値に触れ ある種の線を引くような表現も多くなります苦手な方はスルーして下さいm(_ _)m関連記事 発達障害児の就 [続きを読む]
  • 発達障害児の就学・特別支援学校について。
  • *このシリーズに関しては 言葉の言い回しを不愉快に感じる方が多いかもしれません。マイナス面も隠さず 現実的なことを書きますので 負担になる方はスルーして下さい。それでも読んでくださって なお不愉快な思いをする方がいたらすいませんm(_ _)mまた 記事の性質上 数値に触れ ある種の線を引くような表現も多くなります。苦手な方はスルーして下さいm(_ _)m前記事。発達障害児の就学に関する選択肢についてはこちら [続きを読む]
  • ADHDの子育て・小学校への入学と洗礼
  • 長男くん、現在20歳。社会人3年生。(毎回この説明 笑)初めての日曜出勤でお疲れ。本日は珍しく寝坊して、、、5分で出かけて行きました。笑猫ママです。出生時は問題なく、ただただ寝ないことに頭を抱える乳児期から始まった子育て。幼年期から多動が激しく、呼んでも呼んでも振り返らずに走って行ってしまう子供でした。今では立派な(今のところ 笑)社会人ですが、そんな未来は見えなかったあの頃。園の支えで [続きを読む]
  • 発達障害児の就学・入学までの流れと、選択肢の種類。
  • 進路の時期なので こんな記事をひとつ。就学に向けて 不安を抱えながら学校とのやりとりをしている親御さんが多いこの時期。関連施設でも 説明会や相談会が開かれるのはだいたい6月頃かなぁと思います。今回は 主に小学校の就学+普通級・支援級について。*このシリーズに関しては 言葉の言い回しを不愉快に感じる方が多いかもしれません。マイナス面も隠さず 現実的なことを書きますので 負担になる方はスル [続きを読む]
  • ADHDの子育て・園に助けられた4年間。
  • 現在20歳。本日は休日出勤の長男くん。近々またもや海外へ出張へ行くことになってご立腹 笑二度目の海外出張が決まった日は、お酒を買って帰ってきました〜〜〜  笑猫ママです。出生時から振り回された長男の育児。寝ない・聞かない・止まらない の三拍子だった彼は、顔を覗き込んでも目合わない子供でした。そんな長男に疑問を感じ、三歳時健診で疑問を投げかけ、玉砕した猫ママ。四年保育で入園をした園での様子 [続きを読む]
  • ADHDの子育て。走り回った長男の幼少期
  • 猫家の長男・現在20歳。先日 成人式を終えたばかりの社会人3年生です。全日制の工業高校を卒業した彼は、高校在学時にみんなと同じように学校の斡旋で就職試験を受け、一般的な形で就職しました。幼い頃から機械を触ることが好きだった彼は、希望通りの技術職に就き、大きな機械を作っています。高校時代から現在に至るまで無遅刻無欠席で通い、最近では初の海外出張もクリア!!家では物静かに本を読んだり、ゲーム [続きを読む]
  • 寄り道話・診断名について
  • 我が家の子供たちや私自身には 医師が出した「診断名」がそれぞれあります。それがまぁ 揃いも揃って「自閉+ADHD」なわけですが。だからと言って 全く同じなわけではもちろんなくて。とりあえず三人息子並べて見ても その印象はかなり違います。私のところに寄せられるメッセージに多いのは「精神発達遅滞ってどこからですか?」「うちの子はこの先 能力が伸びるんでしょうか? それとも知的になるん [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム⑩
  • 筋肉の付き方も バランスが悪いことが多くあります柔らかすぎる筋肉逆に 固すぎる筋肉.....極端ふにゃふにゃした動きになるか極端にカクカクした動きになるか....という印象力の入れ方も調整しにくいので なおさらです椅子などに長く座ったり 同じ姿勢を保つことが苦手でダラダラしてしまう子はふにゃふにゃくんな場合が多くあります関節が柔らかすぎたり固すぎたりすることもあるので違和感のある動きになっている [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム⑨
  • 想像が乏しい という特徴から繋がる特性として「見通しがつかないと不安になる」ということがありますわかる範囲でなるべく変更はしないですむように 予定や段取りを示しておくと安定した状態で過ごせることが多いです言語・動作の優劣と同じように 視覚と聴覚にも優劣がある場合がほとんどなので本人の得意な方の感覚で指示を示すようにするとさらにうまくいきます視覚優勢なら書いて示す聴覚優勢なら口頭で示すとい [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム⑧
  • 言葉の特徴では他に「受け取り方や表現が独特」「とても早口」「抑揚が独特」 などがあげられることが多いです独自の表現や造語があったり回りくどい言い方や理屈っぽい言い方が多かったり....年齢が上がると「屁理屈」に聞こえるような印象たとえ話や慣用句も理解しにくく言葉をそのまま受け取るので「違うよ」なんて相手の言うことを自分の中で正しい言い方に正そうとしたりで「揚げ足を取るな」なんてことも言われが [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム⑦
  • 言葉の認識もそんな感じで さらに想像力も乏しいので曖昧な表現や比喩的な表現は理解しにくいです直接的かつ具体的で単純な言葉を使うとうまく伝わりやすいと思いますあれ・それ・これあっち・こっち・そっちなども通じにくくペラペラ喋っているように見えるアスペルガー症候群の人たちでも混乱しやすい表現です代名詞ではなくそのものの名詞で「そこの本を片付けて」ではなく「机の上の赤い本を棚に入れて」というような言 [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム⑥
  • 「音」としては認識しているけど 「言葉」として認識できていない歌を聞いて 歌詞の意味とは無関係に音を追って繰り返し歌う時のような感じです言葉というのは 人間が他者とやりとりをする場合に圧倒的なシェアを誇るコミュニケーションツール他者との関係・コミュニケーションを行う能力や認識が乏しいのでその手立てとして存在する「言葉」を「言葉」として認識すること自体に時間がかかりますだから 喋ってはいる [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラム⑤
  • 自閉症スペクトラムの人たちは 必ず言葉になんらかの特徴がありますカナータイプの自閉症の場合言葉には明らかな遅れがあり中には意味を持つ言葉を話すことがないまま生涯を過ごす人もいますが多くの人は本人の成長のタイミングで言葉を使うようになっていきます一見全く話さないように見える人でも意外と相手の言葉はある程度理解していることが多いのも特徴です言葉の発達の基準は概ね1歳前後〜1歳半までに意味のある単語を [続きを読む]