凛 さん プロフィール

  •  
凛さん: 毒親に負けない
ハンドル名凛 さん
ブログタイトル毒親に負けない
ブログURLhttp://yu1111.exblog.jp/
サイト紹介文自分の為ならどんな手でも使う毒親育ちの私。これから逃げる為現在進行形の話のブログ。私に未来はある?
自由文私の親は強烈な毒を持つ最強の毒親。私は自分or親・家が変と気づいていてもそれを認めないでいた。サイコパス化している為周囲からしてみれば《良いご両親》。姉《毒姉》は既に家を出て結婚。私は昨年崩壊寸前で《毒親》という言葉を知り、ようやく逃げる事を考え…現在挫折しながらも1cmでも前進する為日々努力をしている。生まれる前の話しから現在進行形の生々しい毒からの解放劇。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 246日(平均4.9回/週) - 参加 2017/02/19 23:06

凛 さんのブログ記事

  • 住基支援5
  • 引っ越し当日1、転入届を出す2、相談する3、書類を提出私は相談開始時間を計算して転入届を出した。さて相談だが引っ越し後もあって安心したのか?泣く事はなかった。しかし…「搾取された?」の質問には「NO」と言って疑問視された。すかさず私は「《最低賃金》で働かせて満足する(毒)親」「お父さんは偉い人(養ってあげる)である事を守る人だった」と。相談員は余計に?... [続きを読む]
  • 住基支援の方法4
  • 引っ越し当日。転出届を出す前に「住民票の閲覧は私のみ出来る」正確な書類の名前は忘れたがそんな書類が存在する。そこにサインと何故自分のみなのか?理由を書くのである。これは半年間有効で延長は出来ない。私はサイコパス型猛毒父と毒母が不正に住民票を取り寄せる恐れがある為と記入した。その後転出届を出す。この際嘘の「引っ越し予定住所」を書くのである。これでこの腐っ... [続きを読む]
  • 住基支援の方法3
  • さて住基支援の方法に戻ろう。次に私が行ったのは新住所で相談だった。もちろん女性支援センターである。私はある程度の都会に引っ越す予定だったので私のような毒親もち、又はDVから逃げる女性を幾人か対応した経験がある街だったそして女性センターが併設されていたのでわざわざ女性センターに足を運ぶ必要もなかった。しかし…やはり新住所に引っ越し後に相談だった。ここに引っ越... [続きを読む]
  • 住民課の毒
  • そして私はルンルン気分で再び市の住民課を訪れた。そこで思いがけない事を言われる。それは…「住民票の閲覧制限は新住所で申請する」私は???私は仕事を休みこの住民課に来てまた別の日に仕事を休んで女性センターに行きまた仕事を休んで再びここにきた。この頃になると私の年休もなくなり休暇届けで休んでいるので「タダ」で来ているわけではない。「は???」と思いながら話を聞く... [続きを読む]
  • 住基支援の間違った方法。
  • 私は正確な方法がわからずネットで調べていたように現住所の役所に向かった。そこで、とある課の年配の男性、別のある課の女性2人がでてきた。因みにこの女性のうち1人は私服の女性、もうひとりは制服のばばあだったが、この制服のばばあがくせものだった。その話しはあとでするとして…私は市役所で紹介された女性センターで相談する事に決めた。警察はサイコパス型猛毒父の思うように... [続きを読む]
  • 住基支援2
  • 《夢がある嘘》からはじめよう。転出届を出す際、「引っ越し予定住所欄」に新住所を記入する。ここにでたらめの住所を記入するのである。これは役所に提出する大事な提出物にはかわりがないので《嘘》がOKか?役所の方にひとこえかけておくとよい。私の場合は《嘘》はOKだった。その為、過去に住んだ事のある東京の住所にした。前にも話をしたが私はこれで救われたと。さて、何で救われ... [続きを読む]
  • 住基措置の方法
  • 毒親からの逃げる為のマニュアル。これから数回にわけて詳しく書いていこうと思う。余り知られていないが《住所の閲覧制限》の方法は2種類ある1つは半年有効。(昔の住所で行う為更新はない)1つは1年有効。(審査後更新も出来る)また、戸籍の変更は少し面倒である(しかし、出来るとスッキリ!)(血縁関係がなくなる訳ではない)(つまり親子の縁が法律上消える訳ではない)また、昔の住... [続きを読む]
  • なんでもない一日がはじまる。
  • この頃ふと思ったことがある。朝起きて、お弁当を作りご飯を食べ、ゴミを捨て、駅に向かう。そして満員電車に揺られ、職場に向かう。仕事をして会社を出て駅に向かい買い物がある日は買い物をし何も無ければ自宅に戻る。この頃になると自宅に帰る時間でもまだ明るかった。なんでもない一日。ごくごくありふれた一日。ふと空を見上げて思った。私はここで障害者ではなく普通の... [続きを読む]
  • とことん毒親。
  • ある時、スケジュール帳を開いた。翌日の予定が気になった。それは…本来であれば半月前には届いているはずの【書留郵便】しかし、住所変更届けを出して間もない事もあり、中々届かない為、きっと宛先不明で発送元に戻っているだろうそう思っていた郵便物。(因みに住所変更届は引っ越し当日に提出)(この時既に引っ越し後1ヶ月以上は経っていた)◯日までに届かない場合は今日発送元に連絡を入れ... [続きを読む]
  • 毒親が消えたら幸せ。
  • 毒親って言葉を知ってからは色々毒親の事を書いているブログも見たりするようにしています。自分だけじゃない。そんな自分。私よりひどい事をされていた人もいてそれを読んでマシだったと安心する自分。私の方が酷いと悲しくなる自分。色々です。その中で毒親の事について死んでくれたら赤飯炊く。これってうまいなと思いました。私も今の段階ではこの先毒親が死んでも葬儀に出るつも... [続きを読む]
  • 不幸は蜜の味
  • とにかく毒親は不幸が大好きだった。お金がないこれがダントツの不幸。「お金がない」「じぇんじぇんがない」が口癖だった毒母に「ないないと言うと本当になくなる」と言ったら「ないんだから言って何が悪い」と怒鳴られた事があった。毒親にとって不幸は蜜の味。 [続きを読む]
  • 脳が萎縮
  • 毒親から逃げたのはいいけれど物を殆ど持ってきていない私はほぼこちらで買い揃える事になる。最低限生活するに必要なもの。思っていた以上にあって驚いた。店で私はある物を手に取った瞬間とても重い気持ちになった。それは…《ほうき》《布団たたき》説明書が付いていたら見て欲しいきっとこう書いてある。《使用用途以外で使わないでください》私はほうきで殴られていた。本来ほう... [続きを読む]
  • 腐った病院。
  • 今、過去を振り返ると辛い。そして、幸せになればなる程辛い。病院に行き、今の辛さを話したと同時に腐った病院の話をしてみた。まず、腐った診断書。これについては「ありえない!」と言われた。そして…「たまにいるんですよ。へんな先生(病院)が」とも。私は何やっていたんだろう?余りにも腐っていた環境が辛すぎて泣くことしかできなかった。そして…現在の辛い気持ちに... [続きを読む]
  • 逃げた夜。
  • とうとうこの日がやってきた。〇月〇日解放される。と決めていたが1週間程日程を早める事にした。理由はただひとつ。既に城はある。ここにいる必要は無い。しかし仕事の関係で城が決まった後も数日間我慢をした。そして…最後の荷物を両手に持ち、《探さないでください。さようなら》とだけ手紙を残し私は巣を後にした。駅までの道のり背後から車の明かりが見える度に心臓が止ま... [続きを読む]
  • 実父の葬式に行くと夫から半殺しにされた。
  • 殺人未遂事件。この時の詳しい話をしようと思う。毒母の父親が亡くなった。毒母はお葬式の為実家に帰ることになった。この時サイコパス型猛毒父はお葬式にはでませんでした。(因みに義母の時もでませんでした)毒母がお葬式から帰ってきた時サイコパス型猛毒父はいつものように機嫌が悪かった。そして夕食。毒母とサイコパス型猛毒父はビールを飲み始めた。そして…喧嘩がいつもの... [続きを読む]
  • 月収1万3千円
  • 障害者にされた頃の月収忘れていました。昔のブログを読み返すと1万3千円。よく生きていたなと思います。また、障害者雇用の時は約10万。約10倍なんて…ありえないよな。と。20万月収がある人で想像すると単純に200万になる計算。今はもちろん普通に生きているので10万のさらに倍以上です。34歳から、41歳の間人として生きる最低のところに生きていたことを考え... [続きを読む]
  • サイコパス型猛毒父の口癖
  • サイコパスだからサイコパス。サイコパス型猛毒父はわたしのことがすきだったんだろうと思う。これをいうと「はぁぁぁ???」と言われるだろうが…サイコパス型猛毒父はわたしが逃げる前まで「お父さんと◯◯は赤い紐で結ばれている」と言っていた。何度も言うがわたしは現在41歳である。41歳の娘に対して言う言葉ではないことは普通の人間ならわかるはず。つまりサイコパス... [続きを読む]
  • 汚いサイコパス型猛毒父
  • サイコパス型猛毒父はとにかく汚い身体にいいからと蜂蜜を買っていたが毒母がもともと料理のレパートリーが全くないのもあって蜂蜜が入っているチューブをチューチュー吸って食べていた。わたしはそれを見るたびに顔を歪めて「汚い」と叫んでいた。それを聞くたびサイコパス型猛毒父は「北ある」と意味のわからない言葉を言っていた。多分ジョークのつもりだろうがそれしか(ジ... [続きを読む]
  • 毒親から逃げると幸せしか訪れない。
  • 地獄。ここまで自分の人生を洗いざらい話をしたが地獄の話だけはしたくない。地獄にいた頃サイコパス型猛毒父のする事が余りにもサイコパスすぎる事件がおき周囲を驚かす事もあった。今、毎日大変だけれどようやく「普通」を生きる事が出来るようになった。これを聞けば、めでたし、めでたしに聞こえるかもしれないがそうでもない。余りにも過酷だった41年間と自ら手なした小さな幸... [続きを読む]
  • 青空
  • 今年1月。絶望の中で見た空。透き通るような青空。同じ場所で幸せを感じながら見ることが出来た。私は10ヶ月かけて生きる事を選んだ今という時間を噛み締めていた。 [続きを読む]
  • 当たり前の幸せ
  • 今、嗜好の変化が著しい。まず、やめる事が出来なかったお酒を飲まなく(飲めなく)なった。以前にも話をしたが、飲みたい、欲しいの感情がわかない。CMを見ても美味しそうとも思わない。生姜、ソース、炊きこみご飯…自ら手をつけなかったものを自ら買う(作る)ようになった。美味しいと思うから不思議である。全てが「毒」だったと思う。毒親から逃げたら、毒を身体が受... [続きを読む]
  • 神様
  • 私は新たに見つけた病院で泣きながら相談し、そして、薬も増えた。私は幸せになってはいけない人間。今まで毒親から受けてきた虐待いじめを受けた過去。全てが不幸であったように私はどこに行っても不幸と思った。しかし…神様はいた。少しずつ、幸せを感じる事が出来るようになった。本当に少しずつ。まだ耳の調子は悪い声も完全には戻っていない。しかし、目に出来... [続きを読む]
  • サイコパス型猛毒父、毒母から逃げるとそこは地獄だった
  • ここまで長い長い道のりだった。41年かけて、小さな幸せを手に入れた。私は幸せになってはいけない人ではない。私にも幸せになる権利はある。小さな幸せだった。きっと普通の人ならそれが幸せ???と思うような事でも幸せに感じた。ここにはサイコパス型猛毒父はいないここには毒母もいないたとえこの2人が血眼になって私を探していようとも今あるこの幸せを噛み締めたかった。... [続きを読む]
  • 幸せになってはいけない。
  • 幸せになってはいけない。テレビのドキュメンタリー番組で不幸な最期をとげた人、大きな罪を犯して亡くなった人そんな人たちを見た時、必ず没日を確認していた。もしも、私が生まれる前に亡くなっていたら私はこの人の生まれ変わりだから私は幸せになってはいけないずっとそう思っていた。私は鼻の横にホクロがある今は消えそうな薄いホクロになったが昔はもっと色が濃かった。... [続きを読む]
  • 嘘大好きサイコパス型猛毒父
  • 嘘大好きサイコパス型猛毒父お前は2年(専門学校在学中)で1000万円使った。ってのが口癖だった。ここでも書いたが卒業後に500、600、700と増えていき今では1000万円。使ったという。またいつもの嘘が始まった。と、呆れるだけだったけどなんとなく電卓叩いてみた。…。学費、家賃、光熱費除いて約月25万円使った計算。いやいやバイトしてたから…。月30... [続きを読む]