ローズマリー さん プロフィール

  •  
ローズマリーさん: ただいま、セミリタイアしています。
ハンドル名ローズマリー さん
ブログタイトルただいま、セミリタイアしています。
ブログURLhttp://honeyrosemary.blog.fc2.com/
サイト紹介文ただいま、セミリタイア生活堪能中。社会復帰するのかしないのか、、毎日、ゆるゆる生活しています。
自由文長かった会社員生活を卒業。ただいま、セミリタイア生活堪能中。社会復帰するのかしないのか、、毎日、ゆるゆる生活しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 236日(平均4.4回/週) - 参加 2017/02/19 23:31

ローズマリー さんのブログ記事

  • 空き箱が知らない間に増えてしまっていたと言う話。
  • 先日、よく読んでいるお掃除屋さんのブログに、空き箱が部屋を占拠していると言う話を読みました。そのブログによると、汚部屋で、無駄に多いのが空き箱だそうです。確かに、いつか使うかも、、と取り置きしておく心境は分からないでもありません。かつては、私も段ボール箱の類は、いつか使うかも、、と取って置く派でした。しかし、、無駄に場所を取るので、大きな段ボールの類は、速攻処分するようにしました。なので、部屋の空 [続きを読む]
  • 心がざわつくとき。
  • かつての同僚たちとは、まだSNSで繋がっているので、彼らの活躍ぶりを見ることが出来ます。特に親しいメンバーでは、今でもグループでメッセージを交換しています。先日も、そのグループメッセージで、かつての同僚の昇進を知りました。その同僚とは、いくつかの会社で共に働きました。同じように壁にぶち当たり、同じように転職を繰り返しましたが、いつしか彼は、結果を残し、どんどんステップアップして行きます。どこで差がつ [続きを読む]
  • メンテナンスの必要なお年頃の話。
  • かつての同僚とは、今でもSNSで繋がっています。出会った頃は、20代だった我々も歳を重ね、最近は、体力が落ちただの、50肩になっただの、身体の不調を訴えることが少なくありません。半世紀近くを生きて来たのです。メンテナンスの必要な年齢になったのだと思います。先日、手の甲にシミを見つけました。手の甲から、手首に掛けて、何とシミが出現しているのです。顔は、日焼け止めでガードされているので大丈夫でしたが、無防備 [続きを読む]
  • 結局、人生、自分がどうしたいかと言う話。
  • 私がよく読んでいるブログに資産形成のブログがあります。ブログの著者は、元資産運用会社で富裕層相手に提案をしてきた方です。本も何冊か書かれているので、名前を言えばご存知の方も多いと思います。その方が、繰り返し言っているのが、何に投資すればいいのかではなく、人生どうしたいかと言うことです。つまり、リタイア後、年金プラスいくらのお金が必要か、そこから逆算して投資をしましょうと言うことです。極めてリーズナ [続きを読む]
  • 『ひよっこ』の愛子さんの話。
  • 朝の連続ドラマ小説『ひよっこ』が終わりました。私は、、失踪したお父さんが見つかった辺りからの視聴ですので、全部は観てはいませんが、終盤の、主人公みね子の暮らすアパートの住民のそれぞれの人生が明らかになって行く中、愛子さんの身の上話は、とても印象的でした。ひよっこの中で、一番、心に残っているシーンです。繰り返しになりますが、私は、終盤しか観ていません。そのシーンは、ざっとこうです。和久井映見演じる愛 [続きを読む]
  • 行動を変えると人生が変わるという話。
  • 私は、某女史が提唱している、モノを処分することは修行だという考え方が宗教のようで苦手でした。何だか、自分が手元に置いておきたいモノまで、無理やり処分し、それを我慢をすることが修行のように思えたのです。(あくまでも個人の感想です、某女史とその実践者を非難するものでは決してありません。)しかし、、先日、他の方のブログで、汚部屋だった部屋を片付けたら、自分に取って、不必要な人間関係まで切れた、という話を [続きを読む]
  • 親知らずを抜いた話。
  • 私の中で、最大の懸案事項であった親知らずを先日、抜きました。私の場合、親知らずは、しっかりと4本生えていたのですが、下の歯が虫歯になり、詰め物が取れて、歯がクラッシュしてしまいました。(しかも、両方とも。)片側は、既に何年も前に抜歯済みでしたので、今回は残っている側の抜歯になります。根っこが割れて、化膿している可能性があるから、できるだけ早く抜いた方がいいと言われ、意を決して先日、歯医者さんの予約 [続きを読む]
  • 人生100年時代だと言う話。
  • 人生100年と言われる時代です。60歳で定年退職しても、まだ40年も人生が続く訳です。いつも読んでいるブログで、リタイアの準備をされている方がいます。その方は、まだ50代ですので、人生100年とすると、リタイア後は、まだ50年近く、人生が続くことになります。十分稼いだので、自分一人が生きて行くだけの資産があるとのことです。方や、早期退職をして、起業した知り合いがいます。彼は、これまでの恵まれた給与や待遇を捨てて [続きを読む]
  • 格安携帯キャリアへ無事、移行完了した話。
  • 先日の格安携帯ショップの対応に我慢がならず、結局オンラインで移行の申し込みをした為、開通が期限ギリギリになってしまいました。私の場合、お父さん犬でおなじみの携帯キャリアの更新期限が昨日の9/20まででした。当初は、勝手に、子会社の猫でおなじみの携帯キャリアの開通を21日にすれば大丈夫だと思っていたのですが、それだと、2年契約の解約料9500円が発生することが判明します。移行先のキャリアへ問い合わせしたところ [続きを読む]
  • 時間は有効に使おうと言う話。
  • 歳を取るに連れて、変わって来たことがあります。それは、出来るだけ待ち時間を無くすと言うことです。歳を取って、堪え性がなくなって来たというのもありますが、どうも待ち時間が無駄に思えて仕方ないのです。今や、歯医者さんの予約から、レストラン、果ては、サポート窓口まで時間の予約が可能です。出かける際は、この予約を必ず入れるようにしています。しかし、、待つしかないという、どうしようもない状況もあります。それ [続きを読む]
  • 格安携帯キャリアショップの強制オプションの話。
  • セミリタイア後の懸案事項だった携帯料金の削減。ようやく、2年毎の更新時期になり、お父さん犬でおなじみの某大手携帯キャリアから、その子会社である猫でおなじみの携帯キャリアへ移行することにしました。まず、SIMフリーのスマホを入手します。iPhone8は、残念ながら時期的に間に合わないので、値段の下がったiPhone7をAppleストアで購入しました。次に、今の携帯キャリアからMNP移行の番号を取得します。こちらは、システムの [続きを読む]
  • 岡田美術館へ行った話。
  • 世の中、シルバーウィークの連休です。残念ながら、関東地方、台風の影響で生憎の雨模様です。ところで、先日、箱根小涌園にある岡田美術館へ出掛けてきました。目的は、喜多川歌麿の最高傑作と言われる肉筆画『深川の雪』と『吉原の花』です。これに複製の『品川の月』を併せて、雪月花の三部作が一堂に会する非常に貴重な展示会です。岡田美術館は、開館が2013年と新しく、今回の展示会があるまでは、観光地にある、しょぼい美術 [続きを読む]
  • 占いは人生の道しるべと言う話。
  • 占いは人生の標識のようなものと、5万人以上の手相を無料で鑑定しているゲッターズ飯田さんがブログに記してありました。彼は占いを統計学だと言い切っており、私もそれに賛同しています。統計学ですので、その生まれの人には、確かにその傾向があるのだと思います。私の知り合いに、本業の傍ら、趣味で占いの勉強をやっている人がいます。趣味と言いつつ、かなり本格的です。プロとしても十分やって行けそうなくらいの知識があり [続きを読む]
  • 人間はいつまで働けるのか、、と思った話。
  • 関東地方、今日は、久しぶりに気持ちの良い青空が広がっています。昨日、観ていた番組で、コンピュータと呼ばれた女性たちの話をやっていました。今の様に、高い性能のコンピュータがなかった時代、NASAでは、女性が、複雑な計算を計算機で担当し、コンピュータと呼ばれていました。男女差別、人種差別が当たり前だった時代、女性は、白人エリアと有色人種エリアに分かれて、与えられた仕事をこなしています。やがて、その中から、 [続きを読む]
  • 『閉店のお知らせ』の張り紙の話。
  • 先日、吉田の火祭りに行ったとき、メインの通りに面したお店の入り口に、閉店のお知らせの張り紙を見つけました。お店は、おしゃれな造りの建物で、よく見ると二階にもショップがあった様です。二階へ上る階段の手前には、まだ青々しいススキがさり気なく植えられています。ススキの奥には、古代エジプトでワインを入れていた様な、大きな煉瓦色の壺が置いてあります。二階建ての建物の屋上からは、何かの枯れた植物が、まるでモニ [続きを読む]
  • 吉田の火祭りに行った話。
  • 先日、山中湖に出掛けました。北口本宮冨士浅間神社へ参拝した際、その日が、火祭り当日であることを知りました。吉田の火祭りは、下記の吉田の火祭りのサイトに詳しく解説されています。http://www.mfi.or.jp/himatsuri/history.html===以下、引用開始===「吉田の火祭」は、夏の富士山の山じまいのお祭りとして毎年8月26日、27日におこなわれる北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社の両社のお祭りです。元来、火祭は、浅間神社で [続きを読む]
  • 自分の人生、自分で何とかするしかないと思う話。
  • サラリーマン生活を卒業し、起業・独立した知り合いが何人かいます。そして彼らの何人かには、お抱えの霊能力者がいます。占い師ではなく、未来を予知する霊能者です。社会人経験も豊富で、きちんとしたビジネスを立ち上げている彼らが、霊能者に頼っているのです。彼らは、霊能者に、自分自身のことや、ビジネスのことを相談しているそうです。私は、占い師には、何度も会ったことがありますが、霊能者には会ったことがありません [続きを読む]
  • 運の良さには理由があると言う話。
  • 先日、何かの番組で笑福亭鶴瓶が、『自分は運がいいと思う。』と言う話をしていました。彼は、誰からも愛されるキャラクタですが、仕事で訪問した際は、地元の神社に参拝しているようです。それは、NHKの彼の看板番組で、神社参拝のシーンが頻繁に放送されるので、神社があれば、毎回、必ず参拝しているのだと思います。そう言われて見れば、タモリもよく訪問した地方の神社を参拝しています。神様に愛されているからだと、スピリ [続きを読む]
  • 名刺とメンバーズカードを整理したと言う話。
  • 整理しきれない細々とした物を詰め込んだ開かずの箱以外に、まだ整理していないものがありました。名刺と名刺サイズのメンバーズカードです。名刺に関しては、仕事関係だけでなく、セミナーで知り合った人や元同級生の名刺が半端なくあります。仕事関係の名刺は、本来、退職する際に、勤務先に置いて来るのがルールですが、今は名刺管理ソフトにデータを入力してありますので、データをそのまま引き継ぎ、元の名刺は持ち帰って来ま [続きを読む]
  • 『大切に育てています。』という注意書きの話。
  • その家は、図書館に向かう途中にあります。大通りと裏通りに挟まれ、表通りには、商売用の入口が、裏通りには玄関があります。裏通りに面した玄関には、柵も塀もなく、狭いスペースには、もう何年もそこにあるであろう軽自動車が停車していました。軽のタイヤは全て空気が抜けており、車の中は、荷物で一杯です。車の周囲には、ゴミが放置されており、ゴミ屋敷のような様相を呈していました。そんな中、空いたスペースには、様々な [続きを読む]
  • 近所の空き家に咲くムクゲの花の話。
  • 近所に庭木と雑草が伸び放題の家があります。雨戸が、もう何ヶ月も閉まっていることから空き家なのだと思います。駅へ向かう途中にある一軒家ですが、これまで気に留めることはありませんでした。仕事を辞め、気持ちに余裕が出るようになると、周囲の様々な景色が目に飛び込んで来るようになり、空き家であることに気が付きました。これまで気がつかなかったのですが、ブロック塀に囲まれた庭には、塀に沿って何種類もの木が植えら [続きを読む]
  • 片付けの第一歩は、物の分類からと言う話。
  • 世の中、どうやらお盆休みのようで、昨日から、高速道路の渋滞情報がトップニュースになっています。毎日が日曜日の私に取って、お盆もお正月もいつもとは変わらない日常です。ところで、先日から、開かずの箱の整理を開始しました。開かずの箱とは、細々とした書類やらメールやら、旅先で入手した観光案内やら、いつかは片付けようと箱や袋に、まとめて仕舞い込んでいた物です。ちなみに我が家には、この開かずの箱やら袋やらが、 [続きを読む]
  • セミリタイア生活のフリーダムと言う話。
  • 朝から、うだるような暑さです。どうやら、今日は、今年一番の暑さだったようです。働いている間は、炎天下だろうが、氷点下であろうが、会社には行かなければなりません。夏は、駅に着くまでにすでに大汗をかいています。会社に着いて、最初の仕事は、化粧を直して、デオドラントシートで汗をかいた首筋や背中を拭くことでした。それを考えると今の、炎天下の日にわざわざ出掛けなくてもいいと言うのは、本当に何よりです。私の知 [続きを読む]