ハチ さん プロフィール

  •  
ハチさん: はちみつろく
ハンドル名ハチ さん
ブログタイトルはちみつろく
ブログURLhttp://noncesole.space/
サイト紹介文30代、9歳年下のイタリア人男性と国際恋愛→失恋→ドイツ人男性と刺激的な大人の主従関係にいます
自由文地方都市在住。日本で会社員として働く30代。9歳年下のイタリア人男性と国際恋愛するもあっさりとフラれ拍子抜けの失恋から束の間、友達だったドイツ人男性と体の関係になりました。友達以上恋人未満、彼とちょっぴり刺激的な大人の主従関係にいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/02/21 13:23

ハチ さんのブログ記事

  • 清算の時
  • 毎夜恒例、この夜もドイツさんと仲良く歯磨きをしていました。裸で・・・( ̄▽ ̄;)ソファで戯れた後でしたのでこんな格好だったわけですが、素っ裸のドイツさんとは違い私の方はスカートを履いていました。しかしスカートだけ身に着けているというのも逆に変態度が増しているようで恥ずかしいのです。それに気づくとね(^^;)ところで、隣で誰かが歯磨きをしていると歯ブラシの動かし方や向きを真似したくなるのは私だけでし [続きを読む]
  • 女性からのセクシーなオファー:敢えて宣言する女性の存在
  • SNSの普及で写真の共有も頻繁にするようになった私が送るものと言えば特に意味のないトカゲや蝶の写真だったりします。花粉や風邪の時期にはローション配合のティッシュだったりと製品を知らない人には有用な写真であることもありますが、基本的に私の写真にセンスはなく目的のないものがほとんどです。しかしドイツさんの周りではこの写真共有機能を有効的に活用している人たちがいらっしゃいます。それは、自分の売り込みです。 [続きを読む]
  • ドイツさんと教えてちゃん:ドイツを表す言葉
  • 私はときどき極度の教えてちゃんになります。気になったものを気になっただけ聞いているので、鬱陶しいと思われているんだろうなぁと思います(^^;)だけど自分で調べてみようと思うほどに興味はなかったりするので、自分でも最低だと思いますが親切に教えてくれたものを覚えていないということもたまにあります・・・( ̄  ̄;)特に知り合って最初の頃は日本人らしくドイツと言えばビールとソーセージが有名・・・くらいにし [続きを読む]
  • オンラインで良い英語の練習相手を見つける
  • 今年に入って新しく英語の練習相手になってくれたのは、日本語の勉強に熱心な年下のアメリカ人女性です。隔週で質問をしたり会話をしたりしています。彼女の良いところは、私が録音して送った英語のボイスメールを添削してくれることです。どの部分の発音が良かった・悪かったとリストアップしてくれて、発音の悪かった単語やフレーズは親切にもゆっくりと通常の喋る速さとを録音して送り返してくれます。そしてさらに、似ている発 [続きを読む]
  • イタリアで広がりつつある?日本人女性の悪い噂
  • 久しぶりにイタリア関連の話題です。今月に入ってこのような話を聞くのは2度目なのですが、残念なことに変な日本人女性の話を耳にしています。ソースは私のイタリア人の友達のお兄さんと、日本に住んでいる日本人の彼女を持つ外国人の友達です。彼らから聞いた話の中の日本人女性は同一人物ではありませんが、共通しているのはパートナーがいながらも他の男性を物色していることです。それもイタリア人男性限定で、です( ̄▽ ̄; [続きを読む]
  • 深夜3時の奇妙な二人②:私の崩壊
  • 「Pull your hair behind the ear. Do you know what I will? I’ll slap you 」何がどうしてこうなったのか・・・( ̄  ̄;)私は驚きのあまり何も言葉が出ませんでした。ただ、夜中の3時からビンタって土曜日もまだ始まって間もないのに散々なんですけど・・・( ̄  ̄;)と、今は思います。 逆らう者容赦なしな一方的なお言葉を頂いて混乱もあったのでしょうか。正面にいる彼を見ているはずなのに、私の視界は彼を数秒間消し去 [続きを読む]
  • 深夜3時の奇妙な二人①:I love youの意味は・・・;
  • ドイツさんとまた飲みに行きました。彼の方でちょっと良いことがありまして、この夜はそのお祝いで私たちは遅くまで彼のお友達が経営するというバーで飲んでいたのです。マスターはもちろん外国の方で、お客さんも外国人の方が多く外国語がたくさん飛び交うお店でした。皆さん明るくて、僕たち出会えばもう友達!な感じですごくオープンで、ノリが悪く人と打ち解けるまでに時間のかかる私は終始たじたじしてしまいました。彼らに良 [続きを読む]
  • 不定期オープン、アイロンがけ専門店
  • ときどき、ドイツさん家ではアイロンがけ専門店がオープンします。この道30年と言っても過言ではない店主(ドイツさん)が見せるアイロンショーはそれはもう見ものです。テキパキと慣れた手つきでアイロンを使いこなし服を仕上げる技はアイロンがけのプロのようでかっこいいです。私もやってみたいなぁと思ったので、ドイツさんにやらせてと頼んでみたのですが速攻で「ダメだ」と言われました(^^;)彼の家にいる間の家事は洗い [続きを読む]
  • ドイツさんと街で待ち合わせをした結果
  • ドイツさんが飲みに連れて行ってくれることになったので、とあるお店の前で待ち合わせをすることになりました。実はこの日は初めて彼の自宅近くではないところでの待ち合わせでした。今までは最寄りのバス停か家に直行するかだったので。結果、日本人の私は集合場所を間違えていました・・・( ̄▽ ̄;)「バカ!」「すみません・・・( ̄  ̄;)」スマホ越しにドイツさんの声が聞こえます。近くに同じお店が2軒もあるなんてこと、 [続きを読む]
  • ドライフルーツをヨーグルトに漬けた価値
  • 私は乾物が大好物です。レーズンや各種ドライフルーツ、ナッツ類など手元にあるとすぐに200gの大袋も1袋空けてしまいます。1日も持ちません・・・( ̄▽ ̄;)これは非常に太ります。体質的に乾物を多く摂取するのは良くないと分かっているのですが、それでも食べてしまいます(そもそも一気に食べるから問題が起きるのですけどね・・・)。そんな私ですが、最近自分の中で人類の進化を体験しまして、ドライフルーツをヨーグルトに [続きを読む]
  • 始まりは1通のメールから⑥
  • うすうす感じていた何かがおかしい、でもその何かが分からず色々ややこしくなってしまった、ポーランドさん含め、ドイツさんとぎくしゃくしてしまったお話です。「But your heart is mine 」 えーっと、何・・・?( ̄▽ ̄;) ドイツさん家でふたりしてシーン・・・としてしまったこの時間の長いこと長いこと。クリティカルヒットで身体の動かし方を忘れてしまった私が多分こんな顔( ̄▽ ̄;)でフリーズしている間に、隣に座る [続きを読む]
  • 始まりは1通のメールから⑤
  • うすうす感じていた何かがおかしい、でもその何かが分からず色々ややこしくなってしまった、ポーランドさん含め、ドイツさんとぎくしゃくしてしまったお話です。気が進まなかった次のドイツ会ドイツさんの「来い」という号令で思い腰を上げて彼の家へ向かった日。案の定、会った側から10分の1くらいに小分けにしたような文句の繰り返しを聞かされましたが、この日はその終わりの兆しが見えていました。招かれたリビングルームで二 [続きを読む]
  • 始まりは1通のメールから⑤
  • うすうす感じていた何かがおかしい、でもその何かが分からず色々ややこしくなってしまった、ポーランドさん含め、ドイツさんとぎくしゃくしてしまったお話です。気が進まなかった次のドイツ会ドイツさんの「来い」という号令で思い腰を上げて彼の家へ向かった日。案の定、会った側から10分の1くらいに小分けにしたような文句の繰り返しを聞かされましたが、この日はその終わりの兆しが見えていました。招かれたリビングルームで二 [続きを読む]
  • 始まりは1通のメールから④
  • うすうす感じていた何かがおかしい、でもその何かが分からず色々ややこしくなってしまった、ポーランドさん含め、ドイツさんとぎくしゃくしてしまったお話です。ドイツさんの誤解ポーランドさんに永遠のさよならを言った私は、家に帰ってから悩んでいた時間も含めて少しの間不運が続いていました。ですがポーランドさんのせいではありません。原因はドイツさんです。彼の機嫌がどうしようもなく悪かったのです。何故かと言うと、私 [続きを読む]
  • 始まりは1通のメールから?
  • うすうす感じていた何かがおかしい、でもその何かが分からず色々ややこしくなってしまった、ポーランドさん含め、ドイツさんとぎくしゃくしてしまったお話です。ポーランドさんの告白。彼と付き合う!?「僕と結婚を前提に付き合ってほしいんだ」「えっ・・・( ̄▽ ̄;)」 ポーランドって日本みたいにこんな感じで男女のお付き合いを始めるのですか?それとも私が日本人だからあえてでしょうか。どこかで日本の「告白」について [続きを読む]
  • 始まりは1通のメールから②
  • うすうす感じていた何かがおかしい、でもその何かが分からず色々ややこしくなってしまった、ポーランドさん含め、ドイツさんとぎくしゃくしてしまったお話です。ポーランド人と日本人で京都観光、そして・・・休日を利用して大阪から京都にやってきたポーランドさんと私。大阪では観覧車の後に映画を見に行き、お買い物にも少し時間を当てたので予定より遅くなりましたが、夜には京都に着きました。大阪でもプラン通りとはならなか [続きを読む]
  • 始まりは1通のメールから①
  • うすうす感じていた何かがおかしい、でもその何かが分からず色々ややこしくなってしまった、ポーランドさん含め、ドイツさんとぎくしゃくしてしまったお話です。ポーランドさんの計画と来日事の始まりは1通のメールでした。数か月前にインターネットの言語学習サイトHellolingo で知り合ったポーランド在住のポーランドさんから急きょ、「日本に行くよ!」とメールが入ったのです。えー、本当に?じゃあ3カ月後くらいかな?・・・ [続きを読む]
  • 謎の多い、顔なしさんという人物
  • 顔なしさんとは、オンラインで知り合った、何人なのか、どこの国からやってきたのか、どこに住んでいるのかもわからない、お友達と呼べるのかも分からない人です。この始まりは去年の夏でした。 「今日から君をタマと呼ぶことにするよ。よろしくね、タマ」 ・・・( ̄  ̄;) ・・・と実際にはよくある日本人女性の名前で自分の本名にかすりもしない名前を付けられてから早半年。顔なしさんは未だに謎なままの人であります。なぜ彼 [続きを読む]
  • しばらく見ないうちにおじさんになったドイツさん
  • 今年も早3月に入ろうとしていますね。約3カ月の空白を経て久々にドイツさんに会った時のお話です。まだ今よりも寒さが厳しかった夜、彼のマンション付近に着くと、仕事の帰りだという相変わらずファッショナブルなドイツさんが待っていました。ドイツさんと冬服はコートがとてもお似合いで素敵でした。彼の背の高さも久々に会うと前に会った時よりも背が伸びているんじゃないかと勘違いするほど大きく思えました。彼のセンスの良さ [続きを読む]
  • インターネットで友達を作る難しさ
  • 英語を勉強するようになってから外国人の友達を作ることにかなり時間を割いてチャレンジした時期がありました。しかし友達が欲しいと切に願っても実際には思うようにいかなかったのでした・・・( ̄▽ ̄;)最初は上手くいきそうに思えても、1カ月、3カ月、半年とだんだんと話さなくなったり、1年、2年と交流が長く続いたとしても突然ダメになってしまうことも実体験から多いように思います。オンラインだけで実際に対面していない [続きを読む]
  • 難波のとあるパブ
  • 久しぶりの休日らしい休日、外国人の友達とお買い物で大阪は難波に行ってきました。結局ほぼウインドウショッピングで終わりましたが、いろいろ見て回るのも悪くありませんね。夜ご飯も済ませて街をぶらぶらしていると、とある看板の前で友達が言いました。「この店は”hook up”で有名な店だよ」「そ、そうなんだ・・・( ̄  ̄;)」どうしてそんな情報を教えるのだろう・・・私が無口過ぎて話すことがなかったのかな・・・( ̄ [続きを読む]
  • 分かりやすい英語と分かりにくい英語
  • 英語で外国人と話すようになって思ったことのひとつに、「この世には分かりやすい英語と分かりにくい英語がある」というのものがあります。私の英語力が乏しいというのもあるのですが( ̄  ̄;)、同じような内容の話をしているのに話をしている人が変われば分からないということがたまにあります。文法の構造はパターンだし語順も決まっているのだから理解できるはずなのですが・・・。国別にどこどこの国の人の話す英語が苦手・ [続きを読む]
  • 彼が恋しいチョコレートプリン
  • ドイツさんは私のことを時々「Worthless 」とか「Useless 」とか言います( ̄  ̄;)実際、私も自分で自分のことをそう思っているところが少しあったりするのですが、指摘されるとやっぱり気持ちがしょんぼりしてしまうので、それを少しでも挽回できたらいいなとお菓子作りに挑戦してみました。なぜお菓子作りだったのかというと、私にはドイツさんとの何気ない会話の中で手に入れた「チョコレートプリン」というカードがあったの [続きを読む]
  • “I’m popular”ドイツさん、他の女に手を出す
  • 「I often eat random pussies 」「そうですか」 久しぶりのドイツさんネタです。ドイツさんが忙しいというので、連絡はできるだけ邪魔にならないようにと最小限にしていたここ2ヶ月くらい。思ってもみなかったことを告げられたのは一昨晩のことでした。彼に暇ができたのか久しぶりに長く話せる時間があったのでLINEで話をしていました。ちょうど仕事が終わった後だったんでしょうね。窓際のテーブルに置かれたビールの写真ととも [続きを読む]
  • イタリア人とハトの関係性
  • イタリアの街で見かける小鳥はイタリアに住む人たちに似てフレンドリーです。スズメなどの小さい鳥は警戒心が強いと思っていましたが、イタリアで出会った小鳥たちはわりと近づいても飛び立たないですし、間近で写真を撮れたりします。広場などでパンくずや食べ物をあげたりしている人を見かけるので、イタリアの人たちが彼らに優しく接しているのが関係しているのではないかなと思います。若いお兄さんもきれいなお姉さんもおじさ [続きを読む]