トマト農家 さん プロフィール

  •  
トマト農家さん: トマト農家のブログ
ハンドル名トマト農家 さん
ブログタイトルトマト農家のブログ
ブログURLhttp://tomatonouka.com
サイト紹介文妻と二人でトマト農家を目指し、農業を一から学んでおります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2017/02/21 16:44

トマト農家 さんのブログ記事

  • ハウス解体終了
  • ようやく、ようやくです。 ハウスの解体&移動&片づけが終了しました。 最後のハウスはジャングルで、本当に苦労しました。 以下が最後のハウスの解体中画像↓このハウスが、こうなりました。 ハウスの解体自体は、すっかり慣れてしまって楽ショーでした。 パイプを抜くのも、すべて手で抜けました。 このハウスは一人で作業することが多かったため、色々と自分がやりやすいように、やってみたかったことなどを実践してみました。 [続きを読む]
  • 人首小学校を残そう!
  • 先日、子供が通っている小学校「人首小学校」に行ってきました。一般公開の日だったのですが、僕らが小学生の時は授業参観日にしか親は来ないという感覚でしたが、最近では地域の方々やおじいちゃんおばあちゃんにも学校を公開するのですね。また人首小学校は生徒も26人と非常に小規模の学校で、先生の数も用務員さんを含めて7人と生徒一人に対しての割合が非常に高い学校です。全ての学級が複式学級で、1・2年生、3・4年生、5・6 [続きを読む]
  • キモを冷やしたゼ。
  • ハウスの解体はもう飽きました。最近は暑かった時を忘れるほどに涼しく過ごしやすくなりましたが、解体後のパイプをトラックに載せて、畑まで運ぶ際に、いつもの感覚でいると、汗や冷たい風で体が冷えてしまい体力が急に落ちてしまう現象に襲われました。そんな現象があるのかどうか知りませんが、単純に風邪をひきそうな感じと言えばいいのかもしれません。今回、運んでいたパイプハウスはジャングルのようになっていた物で、地面 [続きを読む]
  • 徒然なるままに…
  • 最近は、パイプハウスの移設に尽力しているわけですが、農業資金の確保とリフォーム費用が思った以上にかかった分もあり、解体&運搬&建設は全てセルフでやろうというふうに決めております。決めてしまうとやるしか無く、出来ないと言っていても何も進みません。進める為にはハウスの解体を覚えたり、トラックの運転を覚えたり、簡単な測量的なものも覚えたり、やってみて習得する事もかなりあります。お金を払えば出来る事ですが、 [続きを読む]
  • コツコツとトマトとプードル
  • 順調に時を重ねて、徐々に自分達の目指す状態に近づいて来ています。今日は師匠の所に研修に行ってきたのですが、もう管理作業はクライマックスです。残念ながら画像はありませんが、Uターン後の摘芯も終え、葉っぱ切りもどんどん進み、長い茎が露わになっていて、カットしたプードルに似ていると思うのは僕だけかもしれません。これまでもちゃんと管理されているトマト達だから、今もあんな風に優雅なプードルみたいになれるだろ [続きを読む]
  • 秋野菜、冬野菜が始まります。
  • 最近は、すっかり涼しくなってしまったもので、 あの暑かった頃が少し遠くへ行ったみたいで寂しく感じたりします。とはいうものの、この涼しさもいっときで、また30度を超える日がすぐそこの迫っています。過ごしやすい温度というのは人それぞれで、僕は少し肌寒いくらいがちょうど良かったりします。秋と春がいいですね〜。秋はなんといっても食欲の秋。今から準備をして立派な野菜を作りたいです。今年の夏野菜はまだまだ元気で [続きを読む]
  • 「プチぷよ」と「芸術」と「平和」
  • お盆の「プチぷよ」は子供からお年寄りまで大好評でした。気がつけばお盆に集まる親戚も増えたもので、それというのも、まだ小さかった僕らの世代もそれぞれに子供を持つほどに時間が過ぎ、おばあちゃんも元気でいる事に平穏な時間の流れを感じました。30人にも膨れあがった集合体が山盛りのプチぷよを食べるのは「あっという間」で、僕がバーベキューで焼いたお肉に夢中になっている間に「パッと」魔法の様に消えて行きました。こ [続きを読む]
  • プレミアムなプチぷよ
  • 「プチぷよ」は、僕の経験上、95%以上の確率で「美味しい!」とビックリするような「変わったミニトマト」だ。皮が薄く、ぷにぷにした食感がやみつきになる。糖度も高くなりやすく、特に子供に大人気だ。しかし、これをトマトだと考えると、トマト本来の味や食感とは違いすぎる。なので100%の人が受け入れるものでは無い。実際にプチぷよを嫌がった人は1人くらいしかいないので、確率は95%よりも高いかもしれない。そんなプチぷよ [続きを読む]
  • 思い切って明渠をリセット!
  • ハウス解体もやっとこさ終わり、次は解体したハウスを就農地まで移動するのだが、ここで少し問題が。ハウスを建設する場所は、田んぼである。正確に言えば、去年までは田んぼである。現在は、水も入れてないし、水の排水対策として穴を掘ったりしていた。一般的には明渠と呼ばれるものだ。何が問題かというと、具体的にハウス建設のレイアウトを作成していたのだが、どうも予定していたよりも建てられるスペースが狭いという事だ。 [続きを読む]
  • クスリのリスク
  • クスリには作用と副作用があることはご存知だと思います。 先日、蜂に刺され腕が赤く腫れて、体に発疹が見えたので念のために病院に行きました。 何よりも刺されたところがパンパンに腫れて痛かゆい感じだったので、我慢の限界でした・・・。 病院では抗体検査を行い、結果は1週間後です。(意味あるかな?) 塗り薬と抗ヒスタミン薬をもらいました。 抗ヒスタミン薬はアレルギー体質の人が症状を和らげる為に飲む物だと思いますが [続きを読む]
  • ゾッとする話 in ハウス解体
  • ハウス解体も順調に進み、こないだラストのハウスに手が掛かった。そんな中で、ある事件が…。毎日の気温も30度を超え、汗もダクダクだが水分を取れば問題ない。重いパイプを顔を真っ赤ににして運んでも、抜けないパイプを鉄が煮えたぎるような真っ赤な顔になって引き抜いても、熱中症にはならない。少し前に体調を崩したが、日頃の疲れが肝臓に蓄積されていたのだと思う。酒を飲まなくなってから、体調はすこぶる良い。では、事件 [続きを読む]
  • じゃがいもの祭りと巨大ズッキーニ達
  • 春に植えたジャガイモが、土寄せを一回したっきり、ほとんど手入れをしていない、申し訳ないジャガイモが、そろそろ収穫期である。ちゃんとジャガイモが出来ているのか、微妙な気持ちで畑に行きました。思い起こせば、春は種芋を腐らせ、種芋を再購入して挑んだジャガイモ大作戦でしたが、なかなか手がかけられなかった事に悔いが感じられ、この日を迎えてしまいました。果たして結果は…ん?結構おっきいぞ!数も少なくない。中に [続きを読む]
  • 山と草と肝臓くん
  • なんだか、山に住んでると色々な仕事が山積みになって、草刈りとかマジ半端ないっす。きちんと管理できていれば、少々の遅れだったりは挽回できるのでしょうが、草刈り以外の仕事(ハウス解体や圃場の水対策のための穴掘り)の進みがよろしくない状況でしたので、なかなか大の字で眠れない状況です。こういった状況を打破する方法としては、「やる!」とりあえず、やる!計画うんぬんで、結果があとからついてくると信じてガムシャ [続きを読む]
  • 集まれハウス!
  • 今年の天気は何ともハッキリしない天気というか、梅雨のシーズンなのに雨は少ないし、晴れるなら黙って晴れればいいものの、それもこのシーズンだからだって言えば仕方がないちゃないかと。 最近、ブログの更新はまったくしていなかった状況ですが、それも忙しいと言えばいいわけですが、ブログの更新をするよりも草刈りを30分でも多くやりたかったり、家の事だったり、農業の事だったり、「ああすればいい」「こうすればもっと [続きを読む]
  • 田舎の運動会
  • 今日は子供の小学校で運動会が開かれました。ブログを初めてからも運動会を記事にした事があったかと思いますが、今回の運動会は今までの運動会とは少し違いました。何が違うかそれは単純に子供の人数が違います。子供の人数が少ないと親の人数が違います。ギャラリーの人数が、シートの数が違います。場所取りも早起きして行列に並んで取った去年とは全然違く、少し早く行けばゴール前が取れるし、9時に来たって最前列がとれます [続きを読む]
  • ハウス解体と5センチに泣く
  • ハウスの解体が無事に終了しました。初めてブログを御覧になった方もいるかもしれないので、軽く自己紹介をしたいと思います。僕らは夫婦で農業を始めようと、岩手県奥州市水沢区から同じく奥州市の江刺区に引っ越しました。引っ越した場所は江刺でも奥地にある「米里」という所です。名前の通り、田んぼがたくさんあり、田園風景が広がる言わば「田舎」です。コンビニも信号も無い所なので「ど田舎」といった方が正しいですね。そ [続きを読む]
  • もっと勇気を。
  • 忙しや、忙しや。最近は時間の配分が難しいのです。どうあがいても1日は24時間だし、1分は60秒です。しかし、体感時間というのがあって作業によっては「あっという間」だったり、長ーく感じてしまったり。少し「いやいや」やっている面倒な作業は特に長く感じます。また、少し「いやいや」でやっている単調な作業は少し長く感じます。その逆に「張り切って」やっている単調な作業は体感速度が速いのですが、時間の進み方が遅いこ [続きを読む]
  • 桜と勝負。
  • 今日は、就農準備をしました。僕らはトマト農家を目指す立場であって、まだトマト農家というわけではありません。僕らはまだまだ「ひよっこ」です。いや「卵」か?農家になる前なので、卵なのかもしれません。僕らは水沢から江刺の米里に引っ越して就農を目指していますが、3年前に掲げた目標は、「1、農業をやる」「2、中古住宅を取得する」「3、農地は家のすぐ近く」という事でしたが、かなり目標通りに行っている事に気が付 [続きを読む]
  • 今ある道。
  • こんにちは。それとも、「こんばんは」ですか?「おはようございます」かもしれませんね。見る人によって時間が違うのでこの場でご挨拶はやめておいた方がよさそうですね。一つ勉強になりました。人は一つずつ勉強をして、学んで大きく成長していくものです。成功の陰には失敗があったり、数多くの苦労が隠されていたりします。成功が大きい人は大きな脚光を浴びるわけですが、その光に比例して見えない努力が存在するのだと思いま [続きを読む]
  • 動きと光
  • 久々の投稿になります。春になり、色々と動き出した、今日この頃です。春は出会いの季節であり、別れの季節でもあります。というのも、僕らが農業を始めるにあたり、バスケットで言えばピボット的な、違う言葉で言えば支点の様な存在が農業改良普及センターですが、その一番に頼りにしていたお方が「移動になったんです・・・。」ショックです。かなり頼りにしていました。思い返せば、長くて短いものですが、本当に一歩ずつ進んで [続きを読む]
  • 二年目の「ありがとう」
  • 今まで散々、訳の分からない内容で何とか続けて来たブログですが、農業研修も2年目になったことで、ブログも2年目になった事に気が付きました。単純な事ですが、結構そういう所を忘れていたりします。そして、気が付いた時に嬉しく思ったりしています。色々な人に助けられ、色々なものを見て感じ、1年は「あ!」っという間に過ぎていきました。研修先も変わったので、去年とはまるで違う状態で過ごしております。家が変わったのも [続きを読む]
  • ロボットとアダムとイブと
  • ふと頭に浮かんだことがありました。それは、今朝の話ですが、子供を小学校まで送る車内、ドラえもんのDVDを見ていましたが、ドラミちゃんの話の中でロボットの世界が描かれている物がありました。色々と考えていた為、詳しい内容はわかりませんが、カカシロボットが、お姫様ロボットに恋をするというお話でした。その話の中では、ロボットが感情をもち、人間と同じように身分があり、苦労するという話ですが、人間社会にはよくあ [続きを読む]
  • 倍返し
  • 今日は、僕が受給している農業次世代人材投資事業(準備型)の半年に一回ある面談の日でした。担当のあべさんは、とても穏やかな方で、もちろん知識も豊富ですので、面談とも相談会とも言える内容でした。幸いなことに、僕の周りの方々は、僕らが未熟な為、色々な支援をしてくださいます。普及センターにも顔を出しましたが、僕らには既にパワースポット的な場所になっています。いつまでも未熟というわけにはいきませんが、そうい [続きを読む]
  • たんぽぽのように
  • 農大研修も終わり、少しポカーンとしたいところですが、この雪がそうさせてはくれません。今日もトラクターの練習を兼ねて除雪をしました。師匠に借りた古いトラクターですが、エンジンの始動もスムーズでさすがっていう感じです。以前、維持のコツを聞いたのですが、ディーゼルエンジンですので予熱が必要ですが、本来であれば新しい時に予熱をきちんとしたいところですが、大事にしすぎると弱くなってしまって、古くなったときに [続きを読む]
  • ドーナッツの穴。
  • 完全な余談ですが、本日、愛犬の手術がありました。家で飼っているゴールデンレトリーバーですが、脾臓(ひぞう)ガンの疑いという事で、緊急手術になったわけです。本日、その手術が行われたわけですが、何とか無事に腫瘍が摘出できたという事で、とりあえずホッとしております。・・・良かったぁー。先生から話を聞くと、脾臓が腫れてソフトボールくらいの大きさになっていたそうです。かなり大きいようで、ゴールデンレトリーバ [続きを読む]