人事部マネージャー さん プロフィール

  •  
人事部マネージャーさん: 娘の中学受験と妻の子宮がんとトーキョーライフ
ハンドル名人事部マネージャー さん
ブログタイトル娘の中学受験と妻の子宮がんとトーキョーライフ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/livinginthecity/
サイト紹介文人事部マネージャーによる、子宮がんの妻、日能研で2018年に中学受験の娘、その下の息子との東京生活。
自由文いきなり、健康だった妻が子宮がんになった、と聞かされたら、サラリーマン各氏はどうしますか。
初めての娘の中学受験、どう向き合いますか。
新しいラグジュアリーホテルや、人気の食べ物屋ができたら、行ってみたいと思いませんか。
最近、会社に入ってくる若者をどう思いますか。
現代の就職活動っておかしくないですか。
それらに向き合って、文章化していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2017/02/22 10:59

人事部マネージャー さんのブログ記事

  • アメリカ国内線手荷物事情
  • 米国一箇所目の滞在地について、まだまだ書きたいことはあったのだけれど、それを書いていると、現実の日程進行と離れていってしまうので、やむなく次の目的地であるニューヨークへ移動、という話になります。国際線と繋ぎでこの区間は航空券を発券しているので、私は手荷物... [続きを読む]
  • 顔パス
  • 羽田空港の出国審査で、初めて機械による顔認証ゲートで出国手続きをした。成田の帰国では何度も経験があるが、出国では初めてである。そう考えると、導入の順序が逆のような気がしなくもないけど。進化したiPhoneなどを使用していないこともあり、顔認証というのは馴染みが... [続きを読む]
  • ミス エアポート
  • 素人が軽々しく言うことではないと思いますが、羽田空港というのは、とても設計ミスだらけの施設に思えます。駐車場に入るクルマと出るクルマが必ず交差する造りになっていたのは問題になりましたが、第一ターミナル中央部のエレベーターやエスカレーター周りも、とても面倒... [続きを読む]
  • 高いの大好き
  • 間もなく米国出張です。また、その手のシリーズか、と呆れる方もいらっしゃると思いますが、またしばらくお付き合いいただければと存じます。ビジネスというか我が社の収益や、世界経済的な視点は置いておいて、若干円高になってきていることが嬉しい。出張は遊びではない、... [続きを読む]
  • いじめない宣言
  • いわゆる正月休みが終わる。残念ではあるが、幸いなことにつらくて仕方ない、とは思わない。世の中には、会社や学校が始まることがつらい方達もいることだろう。その点、大学生の多くは、そういう気持ちにはならないのではないか。小中高や会社のような強制性が低いからかも... [続きを読む]
  • 首が回らない
  • 誕生日や年明けというのは、1年というか、「年」を意識するというか、要するに年をとったな、と実感することが多い。そのせいかは知らないが、40代になってから、年明けに体調を崩すことが多い。受験のあった昨年もそうだった。御多分に洩れず、今年は首回りが痛い。正確に言... [続きを読む]
  • タイミング
  • 年明けすぐに海外出張の予定があり、実は落ち着かない日々が続いている。在宅で、行った先での「仕込み」と不在中の「片付け」を並行して進めている。まあ、これが1年ずれていいて良かった。受験直前であった昨年だったら、どうなっていたのやら。妻の子宮がんもあと半年とか... [続きを読む]
  • 昔はもっと混んでいた
  • 昔に比べると、正月のクルマが渋滞しなくなった。千葉に住んでいたので、昔は、初日の出帰りのヤンキーとか、毎年すごい渋滞だった記憶がある。成田山新勝寺への初詣の影響とか。やはり、全体としてクルマは減っている印象だ。もちろん、その方が嬉しい。正月の澄んだ空気が... [続きを読む]
  • 女の人のギャンブル
  • 基本的に福袋は買わないけれど、食べ物だったら買うこともある。ジョアンのパンとか。洋服の福袋って、買う人と買わない人に大きく分かれる。通販で洋服を買うかも同じ。買う人と買わない人。女の人って、結構確信的に、それらの主義主張がはっきりしている。好き嫌いという... [続きを読む]
  • 365分の1
  • 今年もよろしくお願い申し上げます。そう言えば、1年前の大晦日は願書を書きながら過ごした。結局、受験しなかった学校の分も含めて。今は、少しは客観的に中学受験を振り返れるが、1ヶ月前に受験校が決まってないって、ちょっとヒドい感じがする。千葉受験も、結局数日前に... [続きを読む]
  • 振り返るまでもなく
  • 今年はいろんなことがあった。受験は1ヶ月少しで終わってしまったが、その後もこの文章を書き続けることができた。読んでくださる方がいることを、本当に嬉しく思う。実は、これらの文章を書き始めて、日記を書くのが疎かになってしまった。しかし、日記といっても、毎日何を... [続きを読む]
  • 労働時間を減らすための残業
  • 年末だが家で仕事。働き方改革や、有給休暇の取得促進の制度設計。悪い冗談だ。生みの苦しみというか、ここで私が頑張れば、社員の働き方は改革され、今よりも残業が減るなら、やるしかない。でも、冷静に考えると、今だってそんなに悪いわけじゃない。というか、有給を使い... [続きを読む]
  • あってもいいけど、なくてもいい
  • 私は年賀状を書かない。小中学生の頃は人並みに書いたが、高校生からは、そういう普通のことができないダメ人間になっていた。最初に入った会社では、一応、相互自粛というか申し合わせみたいのがあって、年賀状のやりとりはなかった。ラッキーであった。そして、今に至る。... [続きを読む]
  • 育てゲー
  • たまごっちの何が面倒かって、排泄をすることである。その前にトイレに連れて行くか、してしまったら、もちろん片付けなければならない。よく、子どものおむつを替えるのが好きとか得意というパパがいるが、私はそうではなかった。でも、愚痴もこぼさず、イヤな顔せず、我慢... [続きを読む]
  • 世の中カネじゃない、けれど
  • ふるさと納税は、最後の局面で相当悩んだ。私のいけないところは、考えて考えて、悩んで悩んで、結局テキトーな結論を出すところだ。娘の中学受験における受験校決定時は、ちゃんとした結論を出したつもりだが、もし落ちてたら、やっぱりそういうことだった、となっていたで... [続きを読む]
  • たまごっち
  • 私はケータイというかスマホでゲームはやらない。いや、ゲームというものを何もやらない。できないと言っても過言ではない。センスがないのだ。しかし、娘が私のスマホのLINEでたまごっちを始めて、その世話をしろと厳命されている。まあいいじゃないか、と始めたのだが、こ... [続きを読む]
  • 若者に席を譲ろう
  • しつこく書くほどの話題でもないのだが、東京オリンピックのボランティアが高齢者ばかりになるとの懸念があるという。難しい問題だ。もちろん、(私のような)高齢者というか年長者がやることに問題があるわけじゃないと思うが、若者がやらないことは問題だと思う。貴族の遊... [続きを読む]
  • クリぼっちを恐れるな
  • 仕事でやることが溜まっていたので、この3連休のうち、1日は出勤しなきゃな、と思っていたが、イヴだけはイヤだな、と思っていた。しかし、基幹システムの入れ替えやら、フロアのカーペット掃除やらで、結局24日しか選択肢がなく、仕方なく出勤と相成った。何もこんな日に、... [続きを読む]