まつりょう(like_fish) さん プロフィール

  •  
まつりょう(like_fish)さん: まつりょう blog
ハンドル名まつりょう(like_fish) さん
ブログタイトルまつりょう blog
ブログURLhttp://like-fish.hatenablog.com/
サイト紹介文釣りが好きな学生の釣行記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 237日(平均1.1回/週) - 参加 2017/02/22 18:20

まつりょう(like_fish) さんのブログ記事

  • ちょこっとサブブログの宣伝
  • 魚を釣って食うだけでは飽き足らず、飼育もはじめました。今回はまだ公開していない記事の一部をこちらで紹介。__二枚貝の飼育問題!写真の水槽の中にいる二枚貝の名前は?はい、そうです。Ruditapes philippinarumdです。これはスーパーで売っている活アサリで、現在は家の60cm水槽で飼育しています。アサリやハマグリといった海水の二枚貝、タナゴの産卵でドブガイ、シジミなど淡水の二枚貝を飼育したい人が最初につま [続きを読む]
  • 久々に釣りに行きました!
  • みなさん、こんばんは。最近は忙しくてなかなか釣りに行けていませんでしたが、暇ができたので遊んで来ました。こういった休憩は必要ですね。常にフル稼動していると生産性も下がります。わーい! 魚釣りたーのしー!この時期は(この時期じゃなくても)つり針にエサが無かっても釣れますねぇ30分足らずでこの数。このブルーギルの塊を3箇所ほど作りましたよ。。。この池にはどれだけの数のブルーギルがいるのやら…そして、フェ [続きを読む]
  • 魚釣りからの お料理代行
  • こんにちは前にカワムツがたくさん釣れたので今回は友人を誘ってみました。が 、集合時間を決めたのにもかかわらず、先に現地に行き釣りをしていました。フライングでカワムツを10匹釣って、友人が来る前にガンガン照りの太陽にダウン。朝晩は寒くなってきましたが、昼間はまだ暑さがあります。そして、今回はエアレーションを止めてカワムツを撮影したが、帰って確認すると真っ暗な画像が。 あり、なんで?休憩していると友人 [続きを読む]
  • カワムツ釣り
  • (投稿した時間帯的に)こんばんは今回は近所の川で竿を振ってきたのでご報告します。(下ネタじゃないよ)早生品種の稲の収穫時期が近付いており、川の水を使うことがないので水深はかなり浅くなっています。餌はミミズを使います。仕掛けを投げるとさっそく大きめの針でしたが、問題なく釣れました。仕掛けを落とした瞬間に食らいついてくるのは楽しいですね。カワムツは意外と獰猛で、稚魚を追いかけていました。ルア [続きを読む]
  • 真夜中のガサガサのすゝめ
  • 以前から私は夜中にウシガエルを捕まえたり、アブラボテを捕獲してきました。今回は夜中の川遊びの楽しさを皆さんにお伝えします!夜の川は視界が狭く、ライトの光が当たっている場所しか見えませんが、ライトの当たっている一点に集中できるという利点もあります。そして、生き物を見つけてタモ網で掬う。もしくは下の写真のように素手で鷲掴み。暗いので何が取れるのかというドキドキがあります。この興奮は一度味わうと [続きを読む]
  • ○○○パスタ
  • このパスタ、美味しそうでしょ? (自画自賛)上に乗っかっているのは何かわかりますか??では、行程を見てみましょう1.骨と肉を分離させる。この写真で答えが出てしまいましたね。そうです。ウシガエルです。2.フライパンにオリーブオイルをも○みちみたいに高い位置から注ぎ、ニンニクのスライスと鷹の爪を炒め、いい香りがしたら肉を投下します。3.トマト缶と生クリームを加える4.パスタとソースを絡める5.盛り付け [続きを読む]
  • ナマズを釣って捌いて食う
  • 最近の私はウシガエルと格闘ばかりしているので、そろそろ読者様から「両生類じゃなくて魚を釣れ」と言われてしまいそうです。釣らねば。近くの川でルアーを投げたのですが、(6月上旬では)活性が低いのか食いついてこないむしろ逃げていく…今回はルアーではなく、ミミズ(フトミミズ)を使ってナマズを釣ります。フトミミズ。サクラの木の下の落ち葉とかを探すと表層にいます。クサガメやフナをバラしましたが、アタリが!やっとズ [続きを読む]
  • おいしいですよね、ウシガエル
  • 某ネタ画像の「おいしいですよね、カブトムシ」みたいなタイトルをつけてみました。早速、ウシガエルを調理していきたいと思います!!like-fish.hatenablog.com前回、素手で捕獲したウシガエルを使います。現地で締めて持ち帰り、内臓や皮の処理をします。もちろん、前々から言っていますが特定外来生物なので生体の移動は禁止されています。内臓や頭を切り落とすまではカエルだったが、皮を取り除くと一気に食材に見える。あと [続きを読む]
  • ウシガエル釣り part3
  • ウシガエルを釣る第三弾です。前回、前々回は友人と二人でしたが、今回は私一人で夜中に行きます。like-fish.hatenablog.comlike-fish.hatenablog.com 夜中なのでもちろん、真っ暗。ライトを照らすと、かろうじて陸と川の際(きわ)がわかります。とりあえず、暗くて怖いです。私、お化けは得意ではないので…散策していたらゴミに目が留まりました。昼間、バス釣りをしていた子供たち(小学校高学年〜中学生?)がいた場所です。バス [続きを読む]
  • タナゴ釣り
  • 今日はウシガエルを釣った(引っ掛けた)ポイントに来ています。実はここに平べったい体をした魚がいるので、「タナゴでは?」と思い、タナゴ釣りをしにきました。like-fish.hatenablog.comlike-fish.hatenablog.comちなみに、ブルーギル釣りも今回と同じ場所なのでブルーギルは釣りたくありません。絶対に。(ブルーギルに仕掛けが切られるのは堪ったもんじゃない)餌にはタナゴ用グルテンを使いました。ニンニク成分が配合されて [続きを読む]
  • ウシガエルを釣る part2
  • 今回もウシガエルを釣りますが、前回と違う点は私がウシガエルを釣らないという点。友人がウシガエルを釣るので、私はアシストに徹します。前回の記事like-fish.hatenablog.com昼間にもウシガエルの姿は見えますが、近寄るとすぐ逃げられるので夜まで待ちます。昼間の写真を撮ろうかなと思ったらキクラゲが目に留まりました。川と陸の際(きわ)。夜になるとこういった所にウシガエルがいそうですね。散策をしていると暗くなって [続きを読む]
  • 安行山を登る
  • 最初に書いておきますが、今回は釣りも料理も関係ありません。最近、運動不足なのか歳なのかは分からないが足腰が痛い。長時間PCを使って、レポートの編集作業(&ゲーム)後に寝るという不健康な生活を送ってきたので少しは体を動かそうと思い、(個人的に磐栄稲荷宮に行ってみたかったこともあり)京都府亀岡市にある安行山を登ろうと思います。生憎の曇り空ですが…(写真中央の小さく見える白いオベリスクみたいなのが平和塔)今から [続きを読む]
  • 小鮎を釣って調理する
  • 琵琶湖に友人と小鮎釣りに行ってきました。琵琶湖、小鮎で思いつくポイントは野洲川、宇曽川、芹川、彦根港と挙げるといくらでも出てきますが、大津プリンスホテルの前を流れている川で竿を出すことにしました。いわゆるドブ釣りというものです。道糸、ラセン、小鮎用サビキ、ナス型オモリの順につけます。使用した道具類Daiwa LIBERTY CLUB 万能小継 硬調 53Q (5.24m)サビキ(小鮎用仕掛け)ラセンナス型オモリ(1号)寄せ餌( [続きを読む]
  • ウシガエルを釣る
  • 山に行くとタケノコが顔を出す時期になりました。気温が暖かくなり、動植物の数が多く見られます。この時期になると夜中にナマズ釣りを始めるのですが、とある生き物の数が多くてナマズ釣りじゃなくなりますタイトルにも書いている、ウシガエルです。バスフィッシングの外道でよくウシガエルが釣れていました。また、夜中のナマズ釣りで足元から急に「ブオー、ブオー」と聞こえる鳴き声は非常に心臓に悪いです。今回はウシガエルを [続きを読む]
  • ブルーギルを調理する
  • 前回釣ったブルーギルの内、新鮮なブルーギルを現地で締めて持ち帰りました。(死んだ個体は穴を掘って埋めました)早速、捌いていきましょう三枚おろしはじめに書いておきますが、三枚おろしの方法はご存知だと思うので省かせていただきます。まず、ウロコを落とします。ブルーギルの背びれは棘があるので、ハサミ等で切断しておいた方が良いです。下の写真のように背骨まで切れ込みを入れてから、下方向にポキッとすると…写真 [続きを読む]
  • ブルーギル釣り
  • 日中の気温が20℃を超え、暖かくなってきました。本格的に釣りをしていこうと思います。今回はブルーギルの美味しい調理方法を研究(食材確保)するため釣ります。 はじめに ブルーギル 外来生物法 ウキ釣り 仕掛け 餌 あると便利な道具 いざ、実践 最後にはじめにブルーギル北アメリカ原産のサンフィッシュ科の淡水魚。日本でも広く分布して [続きを読む]
  • 用水路で小物釣り
  • 桜が咲き始め、お花見をする人がいますが、残念ながら鈍色の雲に覆われています。明日から3日間、雨の予報なので桜を見に来た人が多いです。早朝の気温はまだ寒さを感じますが、日中は暖かく、運動をすると少し汗をかく程です。今回は用水路で魚を釣ります。このポイントは自転車で通る際に魚影が見えたので前々から狙っていました。タナゴ竿で挑みます。大きい個体はいないのでこれで十分です。写真では撮れていませ [続きを読む]
  • モリーユ茸を調理する
  • はい、タイトルでモリーユ茸とか調子に乗って書きましたが、アミガサタケの事です。前回、山で野草を採取している時に偶然見つけたものです。▲アミガサタケ(モリーユ)アミガサタケが生えるピークは4月なので、私が採取した時期は少し早めです。しかし、4月に採取するアミガサタケはたいてい虫に食われているので、虫もあまり活動しない寒さが残る3月下旬に採取するのは良いのではないかと私は思います。▲採取したアミガサタ [続きを読む]
  • 京都で山野草狩り
  • 最近、日中は暑くなってきて公園のソメイヨシノの蕾が膨らんできました。日陰に入ると少し寒いですが、もう春ですね。世間ではそろそろお花見の時期ですが、私は友人2人と山に入ります。▲ ソメイヨシノのつぼみ暖かいのでカナヘビが出てきていました。▲ カナヘビカナヘビを捕まえるまでは気付きませんでしたが、足元に見覚えのある植物が…やった!フキノトウだ!!ちょっと伸びきってしまっているのが多いですが、フキノト [続きを読む]
  • ムラサキガイを求めて
  • ムラサキガイの貝殻を見つけた海浜公園にやってきました。相変わらずゴミが多いです。上の写真で手前の黒く見える部分は海藻や木材です。やっぱり、汚いですね30分ほど待つと潮が引いたので ムラサキガイ*1を探します。前にも書いたと思いますが、道具で砂を掘ると貝を潰す可能性があるので、手で砂を掘ります。10cmほど掘り進めるとヘドロが。転々と移動しながらムラサキガイを探します。一番最初に発見した貝はこちらソ [続きを読む]
  • 住宅街で魚を釣って食べる part3
  • 意外と人気? 住宅街で魚を釣って食べるシリーズ第三弾です。最近は暖かくなってアカミミガメも元気に活動しています。今日は風が強いし冷たいが、住宅街なので風が遮られている。意外と快適はじめに実は海で根魚を狙う予定でしたが、風が強くて寒く、波が荒かったので断念し、帰る途中にボラと格闘した川へ行きました。今回の装備そもそも、今回は川で釣ろうとは思っていなかった為、持っていたのはメバルロッドと五目釣りル [続きを読む]
  • 加古川 土手散策
  • 先週は冬型の気圧配置で冷え込みましたが、その寒さが嘘のように暖かくなってきました。いい天気です。散歩日和ですね (雲が少し多いけど)加古川の土手を歩きます。道中に何か発見できるでしょうか ブログ村の野生動物カテゴリーを少し意識して探しますスタート地点はJR神戸線の橋の下から一番最初に目に留まったのはコレ。何かわかりますか?果実はこんな感じです。よく見ると小さなトゲで覆われてます。テントみたいなものが [続きを読む]
  • ムラサキの貝について
  • 前回の海浜散策で拾ったムラサキガイについてです。あれから、気になったので調べてみました。ムラサキガイ (シオサザナミガイ科) 名前の由来は貝殻についている褐色の薄い膜(殻皮)の下は紫色だからと言われています。ムラサキガイやアケボノキヌタ、フジナミガイの見分け方としては、殻頂の位置や白線の有無の違い、貝殻の形で見分けることができます。ちなみに、このムラサキガイは兵庫県レッドリスト(2014) Aランク、環 [続きを読む]
  • 砂浜散策
  • ホームベースである海浜公園にまた来ました。以前から釣り用の餌を捕りに来ていた海浜公園です。しばしば貝類を見かけるので、今回はどんな種類の貝類がいるのかを調べることに。ライギョ調理の件でクレイジーだと思われてしまいそうなので今回は真面目にいきます。※注意 : 貝類専門でないため、貝の名称などが間違っている可能性があります。ご了承下さい。写真だと砂浜に見えるが、これはすべて打ち上げられた海藻や木材。写 [続きを読む]
  • ライギョを調理する
  • 皆さんはライギョ(雷魚)を知っているでしょうか?ライギョはタイワンドジョウ科の総称で、日本に人為的に持ち込まれ、カムルチー、タイワンドジョウ、コウタイの3種類が分布しています。観賞魚として人気があり、私も実際に近所のペットショップで売っているのを見ました。また、日本では食用とはされていませんが、海外では養殖が行われ、スーパーで売られるなどポピュラーな存在です。今回は去年回収したライギョ(今回用いたの [続きを読む]