えいたろう さん プロフィール

  •  
えいたろうさん: 歴史を感じよう
ハンドル名えいたろう さん
ブログタイトル歴史を感じよう
ブログURLhttps://ameblo.jp/hide4368/
サイト紹介文日本史が好きで物語や寺社遺跡巡りをしたことを書いています。それ以外の歴史のことも書いています。
自由文愛媛県新居浜市在住のえいたろうです。日本史について個人的に感じたこと、調べたことを連載物語形式で書いていきます。また、神社やお寺、遺跡巡りしたことも書いていきます。日本史以外の歴史、格闘技やテレビ番組等々にもふれていきます。そして…「オイラ、えいたろうの相棒のコアラだよ。是非読んでね。」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供510回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2017/02/22 18:44

えいたろう さんのブログ記事

  • 白の執権 〜第78話 義盛決起〜
  • 前回まではこちら??目次諸行無常の世の中…我は北条泰時(ほうじょうやすとき)が妹、竹子(たけこ)です。1213年5月、和田義盛(わだよしもり)の襲撃に備え、北条義時(ほうじょうよしとき)、泰時らは御所に参内しました。義時は御所にいた政子(まさこ)様を見つけるや、義時「姉上、和田勢が攻めてきます。ここは危のうございますので、鶴岡八幡宮にお移りください。」政子「では鎌倉殿の御台様も一緒にお移り致しましょう [続きを読む]
  • ひー様にサソリ固め⁈
  • 皆さぁ〜ん、大河ドラマ「西郷どん」見てますかぁ〜ん?第26回の感想は終わったよね…次回、第27回の予告で少し出てたし、ニュースでも取り上げられていましたが…なんと!長州力が出ます!長州力っていうくらいだから長州藩の藩士かなぁ?長州力が演じるのは長州藩の過激な尊王攘夷派の来島又兵衛(きじままたべえ)。来島又兵衛このニュースを聞いた時、長州さんにピッタリの役柄だなぁって思いました。この画像を見ると、「行け [続きを読む]
  • ディスる!ひー様、泣きそう!久光
  • 皆さぁ〜ん、大河ドラマ「西郷どん」見てますかぁ〜昨日の続きで大事26回の感想だよ〜いろんな人物が登場した第26回でしたが、面白かったのはひー様こと一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)とらっきょ…じゃなくいも…でもなく島津久光(しまづひさみつ)との絡み。参与会議を開いたまではドヤ顔だった久光。しかし、ひー様がディする、ディスる!久光が必死になってイギリスとの戦いは大変だったことを語ると…「イモが焼きイモになら [続きを読む]
  • 西郷どんは新しい顔、懐かしい顔
  • 皆さぁ〜ん、大河ドラマ「西郷どん」見てますかぁ〜今回の第26話から西郷さん、京で活躍するね。今回は新たしい顔、再登場の顔がたくさんいましたね〜まずは、西郷さんが京に向かう途中に会ったのが、糸(いと)さん、西郷さんの幼なじみですね。糸さん、元気だなぁー。糸さんとは後に…ね〜京では、西郷さんを噂してたのが…ついにでた〜坂本龍馬(さかもとりょうま)そして、勝海舟(かつかいしゅう)。2人は飲んでましたね〜 勝 [続きを読む]
  • 白の執権 〜第77話 泰時の手柄〜
  • 前回まではこちら??目次諸行無常の世の中…我は北条泰時(ほうじょうやすとき)が妹、竹子(たけこ)です。1213年、鎌倉では和田義盛(わだよしもり)が戦支度を始め、不穏な空気が漂っていました。将軍、源実朝(みなもとのさねとも)は和田義盛の館に使いを出し真意を問い糾しました。義盛は…「鎌倉殿(実朝のこと)に恨みはござらん。ただ、北条義時(ほうじょうよしとき)に傍若無人の仔細を問いただしたい。その為に用意を [続きを読む]
  • 鍛え上げたプロレスラー
  • また悲しいニュースがありました。プロレスラーのマサ斎藤さんが亡くなりました。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000025-tospoweb-fight1964年の東京オリンピックにレスリングで日本代表として出場し、1965年にプロレス入りしたマサさん。マサさんは当時としては身長は180?と大きくなかったけど、鍛え上げた体が凄い!この体、まさにプロレスラー!引退の時も同じような鍛え上げた体だったね。この体が本当のプロ [続きを読む]
  • 見かけた芸能人〜今日は東京の日
  • えいたろう!今日のブログ、手を抜いて「白の執権」の目次を再更新したなぁ〜!まったく〜えっ…と、今日は「東京の日」だそうです。今日のスタンプネタになっていますね。話を飛ばしたなぁ〜、まあいいや。今回のスタンプネタは…ーーーーー東京に憧れたことある?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしようーーーーー東京…20年くらい住んでいましたが、中高生の頃はあこがれていたと思います。今みたいにSNSやネッ [続きを読む]
  • 白の執権 〜第76話 別れても似たもの〜
  • 前回まではこちら??目次諸行無常の世の中…我は北条泰時(ほうじょうやすとき)が妹、竹子(たけこ)です。義時(よしとき)に執拗な挑発をされた和田義盛(わだよしもり)は決心します。義盛「かくなる上は北条を討つ!皆の者、戦支度を致せ!そして、我らと同意する御家人に声をかけよ!」あわわぁ、和田義盛さんが決起すれば鎌倉は荒れるよ〜一方、三浦義村(みうらよしむら)の館では義村の娘、優子(ゆうこ)が義村に会って [続きを読む]
  • 幕末ドラマに必ずな男たち〜続き
  • 皆さぁ〜ん、大河ドラマ「西郷どん」見てますかぁ〜前回のブログに続いて「西郷どんスペシャル第2弾」の感想〜、前回のブログはこれ??幕末ドラマに必ずな男たち幕末に欠かせない男たち…次は、岩倉具視(いわくらともみ)あっ!つるべーじゃん!演じるは笑福亭鶴瓶さん。思いっきりピッタリですね。岩倉具視の印象は…ずる賢いって感じでしょうか。明治維新には欠かせない人物ですが、自分は500円札のイメージがありますね。自分 [続きを読む]
  • 幕末ドラマに必ずな男たち
  • 皆さぁ〜ん、大河ドラマ「西郷どん」見てますかぁ〜こないだの回はドラマ本編じゃなかったね〜スペシャル版の第2弾として、これから「西郷どん」に欠かせない男たちの紹介でしたね。まずは…坂本龍馬(さかもとりょうま)演じるのは小栗旬さんでしたね。えいたろう、龍馬さんを誰が演じるか注目してたからね幕末に龍馬は要になる存在。西郷さんや大久保一蔵との絡みは注目です。さらに、ひー様(一橋慶喜)との絡みはあるのかなぁ [続きを読む]
  • 焼けるような暑さ
  • この時期になると、「暑いですね〜」というのが挨拶になっていますね。だって暑いんだもん!その挨拶のとおり、ホントに今日は暑い??日でしたね。豪雨被害のことを思うと、雨は降ってほしくないけど暑さが和らぐ曇り空くらいになってほしいと思います。この暑さ、熱中症に注意しなきゃね〜今日の夕方の夕焼け??夕焼けはキレイだったねー夕方だけど、外はまだまだ暑い状況です。夕焼けを見ると…明日も暑くなりそうです。もう豪 [続きを読む]
  • しろ柴犬
  • 自分がYouTubeでチャンネル登録をし、よく見るのが…しろ柴犬柴犬のしろくんと娘ちゃんが出ていて癒されるんだよね〜画像はお借りしました。昨日、YouTubeを開いて見ていたら…しろが亡くなったとありました…えっ!…しろくんが…肺水腫という病だったそうです。何才かな…確か…7,8才だったような…あまりの突然のことでショックでした。飼い主のお父さん、お母さん、娘ちゃんのことを思うと…悲しいですよね…いつも娘ちゃんに [続きを読む]
  • 猪木なら何をやっても許されるのか
  • 1986年のプロレスを語ります。今回も新日本プロレスだねUWF代表者決定リーグ戦で勝ち上がったのは藤原喜明。2月6日、両国国技館大会でのカードは、アントニオ猪木vs藤原喜明おぉ〜、藤原さんは猪木さんの弟子だよね。藤原のセコンドには前田日明らのUWF軍団。藤原は関節技を決めにかかりますが、なんと猪木さんは「角度が違う」とばかりに挑発します。猪木さん、ホントは痛いんじゃないかしら?そして猪木の下腹部への蹴りこれが金 [続きを読む]
  • 想像できない豪雨
  • 西日本の豪雨災害…想像できない被害状況です。自分のいる新居浜市は大きな被害はありませんでしたが、同じ愛媛県の地域では大惨事でした。愛媛県だけじゃないく、瀬戸内海を挟んだ広島や岡山も大変な被害だよね。テレビでの被害状況のニュースを見るたびにこれが現実に起こったことか…と心が痛むとともに改めて自然の怖さを感じます。今回、雨??降りが長いなぁと感じていました。確かに1週間くらい雨が続いていたね。なかなか [続きを読む]
  • 東京で行ったところって
  • いつも当ブログをご覧になって頂き、また「いいね」「ペタ」「コメント」「読者登録」等々を頂き誠にありがとうございます。先日、『ガキの使い』のスペシャル番組の「スマホなしで待ち合わせ」を見ました。面白かったね〜、えいたろうはこのコーナー好きなんだよね。その中で上京して行くところってお題がありましたね。番組では新宿アルタや東京タワー??等々ありましたが…ふと自分はどこへ行ったかを思い出してみると…最初に [続きを読む]
  • 白の執権 〜第75話 恐るべき挑発〜
  • 前回まではこちら??目次諸行無常の世の中…我は北条泰時(ほうじょうやすとき)が妹、竹子(たけこ)です。1213年、泉親衡(いずみちかひら)が起こした謀反の企てに加わり、捕まった和田義盛(わだよしもり)の子、義直(よしなお)、義重(よししげ)甥の胤長(たねなが)らを義盛は赦免を願いました。義盛さんは将軍の源実朝(みなもとのさねとも)さんに願いでたんだよ。義直、義重は許され解放されましたが、胤長だけは捕ら [続きを読む]
  • 素晴らしい俳優さん…
  • 悲しいニュースをネットで見ました。俳優の加藤剛さんが亡くなりました…https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000019-jij-sociえっ…加藤剛といえばテレビ時代劇「大岡越前」で有名ですね。自分は加藤剛といえば大河ドラマ「風と雲と虹と」ですね〜。主役の平将門(たいらのまさかど)を演じていました。「風と雲と虹と」はえいたろうが初めて見た大河ドラマなんだよね。幼いながら強烈に印象に残っている大河ドラマで [続きを読む]
  • 仲間が増える西郷さん
  • 皆さぁ〜ん、大河ドラマ「西郷どん」見てますかぁ〜やっと第25話の感想だね〜海辺に野ざらしの牢から助け出された西郷さん。川口雪篷(かわぐちせっぽう)の口移しで水を飲んだから西郷さん助かったんだよ。そして西郷さんは土持政照の案で座敷牢に移り、体も良くなり、村の子供たちに学問を教えるまでになりました。人は身分なんか関係ないよね〜、いい詩だぁ薩摩とイギリスの薩英戦争が起きると聞いた西郷さんは丸太を使っての見 [続きを読む]
  • 天下三不如意のひとつが暴れる⁈
  • 新居浜市は雨が降ってます…降り続いてます。いったい、いつまで降るんだろ…?各地で大雨による災害が起きています。土砂崩れ、そして川の氾濫…平安時代に権力をほしいままにした白河院。白河院は天皇の位を譲っても権力を握ったままだったんだよね。その白河院が意のままにならなかったのが『天下三不如意』(てんかさんふにょい)。つまり、双六の賽、すごろくのサイコロの目??山法師、強訴を起こす僧そして…賀茂川(かもが [続きを読む]
  • 白の執権 〜第74話 親衡の言葉〜
  • 前回まではこちら??目次諸行無常の世の中…我は北条泰時(ほうじょうやすとき)が妹、竹子(たけこ)です。1213年2月、鎌倉は騒然としていました。信濃国の御家人、泉親衡(いずみちかひら)が和田義盛(わだよしもり)の子、義直(よしなお)義重(よししげ)、甥の胤長(たねなが)らの謀反の企てが発覚したのです。親衡さんらは亡き源頼家(みなもとのよりいえ)さんの遺児、千寿丸(せんじゅまる)くんを担いで事を起こそう [続きを読む]
  • 藤原喜明が勝つ理由は⁈
  • 今回から1986年のプロレスを語ります。おぉ〜、新しい年になったね〜、で今回は?今回は新日本プロレスです。前シリーズ、リングに上がり新日本プロレスに参戦を宣言したUWF軍団。1986年1月3日から新シリーズ「ニューイヤーダッシュ’86」が始まりUWF軍団がリングに上がりました。てっきり新日本 vs UWFの対抗戦かと思ったら…始まったのはUWF代表者決定リーグ戦なんだい、それ?新日本代表はアントニオ猪木。UWFも代表者を決めろ [続きを読む]
  • 健康に〜七夕のお願いごとは何?
  • 今回はアメーバのネタに乗ってみます。ーーーーー七夕のお願いごとは何?#七夕2018 をつけてブログを書くと!?あなたのブログに何かが起こる!詳細を見るーーーーーもう七夕かぁ??えいたろうはどんな願いをするんだい?ん〜〜なんでジョジョのポルナレフが出てくるんだ?お願いは…自分の母、ツレ、娘ちゃん…みんな健康で過ごせますように…かな。えいたろう!オイラを忘れてるぞ!ってコアラも一緒だよ。この先、病気や事故 [続きを読む]
  • 『白の執権』のキッカケに⁈
  • 皆さぁ〜ん、当ブログの歴史連載物語『白の執権』お読みに頂き誠にありがとうございます。おや、今日は連載物語の更新じゃないよ。ちなみに『白の執権』の目次はこちら??目次1年前の今頃ですが、歴史連載物語は前作の『八幡の武将』が連載中でした。そして自分はその頃…その頃…えいたろうはハナ垂らしてたっけ?って垂らしてませんからー!鎌倉に行っていました。鶴岡八幡宮にも行ったね〜、1年前かぁ〜そして…源頼朝のお墓や [続きを読む]
  • 頑張った!日本チーム!
  • えいたろう!ブログ更新遅れてるぞ!何か疲れていて、やっと更新できました。昨日…今朝のサッカー??ワールドカップ、日本…惜しかったですね〜もうひと息だったね〜でも日本、頑張りました。力を尽くしましたね。ふと、プロレスのある試合を思い出しました。1986年3月13日ジャンボ鶴田vsアニマル浜口試合前、鶴田の勝ちは間違いないと言われていましたがリングに上がった浜口には敗色には包まれておらず覇気に満ちていました。 [続きを読む]
  • 白の執権 〜第73話 謀反に微笑み〜
  • 前回まではこちら??目次諸行無常の世の中…我は北条泰時(ほうじょうやすとき)が妹、竹子(たけこ)です。1212年の暮れ、鎌倉のある館で数人の武士が集まっていました。「では北条を討つと?」「うむ、北条に不満のある御家人はたくさんいる。それらを結集させるのだ。」「よし、我らは主人を説得しよう。」「わしは不満のある御家人に声をかけていく。」「ところで我らの旗頭は誰にするのじゃ?」「既に決めておる。今は亡き源 [続きを読む]