りおみー さん プロフィール

  •  
りおみーさん: りおみーのブログ ニュースとお笑いに不毛な突っ込み
ハンドル名りおみー さん
ブログタイトルりおみーのブログ ニュースとお笑いに不毛な突っ込み
ブログURLhttps://ameblo.jp/xmckmnfzx/
サイト紹介文主にお笑いのネタに関して、時々ニュースに関して、「これってどういう事?」をロジカルに分析してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2017/02/23 10:55

りおみー さんのブログ記事

  • 必要最低限の大喜利?1/3
  • 大喜利らしくないというか、大喜利の基本形というか、、、□□□□□□大喜利第一歩□□□□□□このブログでの主張は、「『笑い』とは、『笑いのフォーマット』に『突っ込みたい気持ち』」。そうすると、「笑い」を獲りたい時にするべき事は、「笑いのフォーマット」を提示する事。大喜利で「笑い」を獲りたい時にすべき事も、もちろん同じです。大喜利における「笑いのフォーマット」の作り方は一つではありませんが、手っ取り早 [続きを読む]
  • 雑?クソネタ?それとも逸材?…牧野ステテコ
  • クオリティが高ければいいという訳じゃありません……でも、実際は意外に……?□□□□□□はじめに□□□□□□遡りますが、『女芸人No.1決定戦 THE W』で、優勝した「ゆりやんレトリィバァ」さん以上に強烈な印象を残したのが、準優勝の牧野ステテコさんです。芸歴13年という牧野ステテコさんは、ポールダンサーに扮して上から目線のネタを披露しました。□□□□□□基本□□□□□□例えば、下記の記事から引用する [続きを読む]
  • 濱田祐太郎R1ネタは「自虐」?
  • 濱田祐太郎さんは「自虐」?他の人の言動を笑ってるのに?□□□□□□はじめに□□□□□□『R-1ぐらんぷり2018』優勝の濱田祐太郎さん。そのネタは、「あるあるネタ」らしい特徴を備えていて「あるあるネタ」と受け取られる(←前号をご覧ください)と同時に、「自虐ネタ」とも説明されます。「自虐ネタ」は、自らに関する「下方評価」を提示して笑いにするはず、、、ところが濱田さんのネタの多くは、形式的には、まわりの第三者 [続きを読む]
  • 濱田祐太郎R1ネタは「あるある」?
  • 濱田祐太郎さんは「あるある」?「あるある」って何が面白い?□□□□□□はじめに□□□□□□『R-1ぐらんぷり2018』優勝は、芸歴5年目の濱田祐太郎さんでした。【注:ニュース、番組出演等でご存知かと思いますが、濱田祐太郎さんがどういう人か知らない体で読んでください。。。】いくつかのネットの記事を読んでみましたが、濱田さんの事は、「しゃべくり」、「漫談家」、「自虐ネタ」、「あるあるネタ」などと、説明されてい [続きを読む]
  • 反復…笑いの言葉(4)2/2
  • 前号続きです。。。お笑い分析研究69号修正□□□□□□前号まとめ□□□□□□放送作家の方によると、「反復」は笑いの基本構造の1つで、「反復」とは、「ギャグやボケを繰り返し使うことで笑いを誘」う事だそうです。でも「繰り返す事」としか言いようがない「反復」が、「何故笑いになるか」「どんな笑いのフォーマットがあるか」は、それぞれ異なるでしょう。前号では、「単純リピート」と「ダウンタウン松本人志さんの『天丼 [続きを読む]
  • 反復…笑いの言葉(4)1/2
  • 超簡単!!!……に見えて???お笑い分析研究69号修正□□□□□□はじめに□□□□□□プレジデントオンラインのこちらの記事(http://president.jp/articles/-/22033?display=b)では、放送作家の方が、「笑いの基本構造」として以下の8つを挙げています。1.ボケ2.勘違い3.誇張法4.反復5.ダジャレ6.のっかり・スカシ7.時事ネタ8.差別・自虐ネタ放送作家の方によると、「反復」は笑いの基本構造の1つで、「特徴と効果を知っておけ [続きを読む]
  • イッテンモノ試作3
  • 「イッテンモノ」試作の別パターン、、、□□□□□□はじめに□□□□□□正月明けてから見た「イッテンモノ」のゲストは、フィギアスケートの村主章枝さんでした。(遅延放送です、、、)前々号ではボケのパターン、前号では突っ込みのパターンを先に決める方法で漫才を作りましたが、今号では、メモをとって、エピソードを元に作ってみました。やっぱり、見てない方には伝わらないかも知れませんが、申し訳ありません、、、□□□ [続きを読む]
  • イッテンモノ試作2
  • ボケが先か、突っ込みが先か。。。□□□□□□はじめに□□□□□□正月放送の「イッテンモノ」(テレビ朝日系)は二本立てで、ゲストは二階堂ふみさんと菜々緒さんでした。菜々緒さんのトーク内容で、漫才を作ってみました。前号は、ボケのパターンを決めてから作りましたが、今号は、突っ込みのパターンを決めてから作ってみました。□□□□□□試作□□□□□□◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇「菜々緒さん、スラッとして [続きを読む]
  • イッテンモノ試作1
  • 時間が無いのでシンプルに作ってみました……□□□□□□イッテンモノ□□□□□□「イッテンモノ」(テレビ朝日系)というバラエティ番組をご存じですか?レギュラー出演者は、千鳥、サンドウィッチマン、三四郎。ゲストを迎えて経歴、趣味等をトーク、、、その後、レギュラー陣とゲストMCの芸人の中から指名された2名の即席コンビで、トーク内容をもとに制限時間10分でオリジナル漫才を作って披露する、、、……という、なかなか [続きを読む]
  • 「ボケ」…笑いの言葉(1)
  • 「ボケ」が「ボケ」たる所以!□□□□□□はじめに□□□□□□プレジデントオンラインのこちらの記事(http://president.jp/articles/-/22033?display=b)では、放送作家の方が、「笑いの基本構造」として以下の8つを挙げています。1.ボケ2.勘違い3.誇張法4.反復5.ダジャレ6.のっかり・スカシ7.時事ネタ8.差別・自虐ネタその記事によると、「ボケ」とは、「とぼけた受け答えをすることで、話の中におもしろみをつくり出」す事。た [続きを読む]
  • KOCリポート「ゾフィー」
  • 笑いを阻害するものは、あなたの内にあるかも?□□□□□□はじめに□□□□□□アサ芸プラスの記事(http://www.asagei.com/90277)によると、「キングオブコント2017」でのあるネタが批判されたそうです。それは、お笑いコンビ「ゾフィー」が1stステージで披露した、「母親が家出した理由に悩む父子」のネタ。「ゾフィー」は、上田航平さんとサイトウナオキさんのコンビ。問題のネタは、母親が家出し、理由が解らないと悩む父親と [続きを読む]
  • ○○じゃない事が基本?
  • ありふれた笑いです、、、だからこそ一工夫。。。□□□□□□例1□□□□□□女:「お昼にサンドイッチ作ってきた。」男:「わー!美味しそう!」女:「たまごサンド好きでしょ。さぁ、どうぞ、、、」男:「・・・」女:「どーしたの?」男:「ボクはぁ、ユミタンにぃ、たまごサンドあーんちてほちーの♪あーんちてぇ♪」女:「やだぁ、カズくん恥ずかしい!子供じゃないんだから、、もぅ、、はい、あーんしてぇ♪」男:「あーん( [続きを読む]
  • 話が面白くなくても……ゆりやんレトリィバァ
  • 面白くない……でも笑えます。。。□□□□□□はじめに□□□□□□『女芸人No.1決定戦 THE W』の優勝はゆりやんレトリィバァさんでした。『女芸人No.1決定戦 THE W』自体は、放送前からケチがついてましたし、放送後も色々言われてます。システムとか、採点方法とか、演出とか。私の感想も、正直、、、ノーコメント、、、です。。。ただ一つ言えるのは、ゆりやんレトリィバァさん圧勝。圧勝だけに、番組としては面白くないとも言 [続きを読む]
  • キャラを利用する…とろサーモン
  • ディスコミュニケーションキャラは損か得か?注:記事中のセリフは正確ではありません。□□□□□□はじめに□□□□□□Mー1グランプリ2017の優勝は「とろサーモン」でした。正直、「和牛」かなって思ったんですが、ん〜、まぁ、好みとしか言い様がないですね。他のコンビも結構面白くて、「ゆにばーす」とか強烈でした。出演順の影響って、確実にありますよね。優勝したとろサーモンは、久保田かずのぶさん(ボケ)と村田秀亮さん( [続きを読む]
  • 誇張法…笑いの言葉(3)
  • 何時でも、何処でも、お手軽に使えます。。。でも……お笑い分析研究68号修正。□□□□□□誇張法□□□□□□「笑い」は、「笑いのフォーマット」を感受して、「突っ込みたい気持ち」になる事。つまり、笑いを獲りたかったら、「笑いのフォーマット」を提示すれば良い訳ですが、、、シチュエーションに合った「笑いのフォーマット」を作るのは難しいですね。その中でも、幅広いシチュエーションで、しかも簡単に笑いのフォーマッ [続きを読む]
  • どーでもいぃ話です……
  • 前号、前々号で取り上げた、「ジブリパーク」のニュースを受けて盛り上がった大喜利、、、「こんなジブリパークは嫌だ」……どーでもいぃ話なんですが、、、□□□□□□個人的な好みですが…□□□□□□個人的には、この「こんな○○は嫌だ」という形式のお題は、あまり好きではありません。何故って?大喜利の一つの面白さを潰してしまうからです。大喜利で笑いを作る第一歩は、「お題のプロパティ」から逸脱する事により、「笑 [続きを読む]
  • 大喜利。ジブリに寄せてみた、、、
  • ジブリを愛するが故、、、お笑い分析研究70号修正前号続きです。□□□□□□前号要約□□□□□□「ジブリパーク」のニュースを受けて、Twitter上で盛り上がった大喜利、、、「こんなジブリパークは嫌だ」大喜利の第一歩は、「お題のプロパティ」から逸脱する事と考えると、このお題の場合、「アミューズメントパーク」、「ジブリ」等から逸脱すればいいはずです。「アミューズメントパークのあるべき姿」から逸脱するなら、●「 [続きを読む]
  • 大喜利。ジブリから離れてみた、、、
  • ジブリを愛するが故、、、お笑い分析研究70号修正□□□□□□はじめに□□□□□□2017年6月1日、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園に「ジブリパーク」を造る計画のニュースがありました。Pouchの記事(https://www.google.co.jp/amp/youpouch.com/2017/06/02/436946/amp/)によると、「ジブリパーク」のニュースを受けて、Twitter上で大喜利が盛り上がったそうです。(その後、他のメディアでも取り上げられていました。)そのお題 [続きを読む]
  • KOCリポート「かまいたち」2本目2/2
  • 前号続きです。お笑い分析研究74号後半加筆□□□□□□前号要約□□□□□□KOC優勝のかまいたちのファイナルステージのネタは、「店員のミスで小さすぎるウエットスーツが脱げなくなった客(山内)」と、「強引に脱がそうとする店員(濱家)」とのやりとり。(敬称略)このコントのディスコミュニケーションは、店員(濱家)が、着せた小さいサイズのウェットスーツを無理矢理脱がそうとする行動を繰り返すという、基本それだけ。その行 [続きを読む]
  • KOCリポート「かまいたち」2本目1/2
  • 全く別物です!お笑い分析研究74号前半加筆□□□□□□はじめに□□□□□□ファーストステージでは、バランスのいい構成のネタを披露したKOC優勝のかまいたち。ファイナルステージでは、全く違う笑いをぶつけてきました。内容は、「店員のミスで小さすぎるウエットスーツが脱げなくなった客」と、「強引に脱がそうとする店員」とのやりとり。一本目とは、「ボケ」と「ツッコミ」が逆。不合理な言動をする店員役が濱家で、その不 [続きを読む]
  • KOCリポート「にゃんこスター」
  • お笑い分析研究73号同内容笑いじゃない?………ことない!一点豪華主義!□□□□□□はじめに□□□□□□毎度のようにいちゃもんの付くお笑い賞レース。『キングオブコント2017』で、話題も批判もかっさらったのは、2位の「にゃんこスター」でした。にゃんこスターは、今年5月結成、スーパー3助さんとアンゴラ村長さんの男女コンビ。(以降敬称略)賛否両論なんですが、「斬新」「型破り」って評価するのも、「誉めるのそこ?」っ [続きを読む]
  • KOCリポート「かまいたち」
  • 「ネタの厚み」?……そのとーり!お笑い分析研究72号同内容。□□□□□□はじめに□□□□□□『キングオブコント2017』、いやぁ、面白かったなぁ。。。コントという枠の中でも、時間制限の枠の中でも、笑いの作り方って色々あるなぁと感動しました。オーソドックスなコントか、奇をてらったネタか、といった、ザックリとした所で判断しがちですが、個々の笑いがどういう笑いか、それを全体としてどの様に構成しているか、細かく [続きを読む]
  • 時事ネタは笑い?…笑いの言葉(7)
  • お笑い分析研究66号抜粋修正時事ネタは笑いにとって……?□□□□□□はじめに□□□□□□プレジデントオンラインのこちらの記事(http://president.jp/articles/-/22033?display=b)では、放送作家の方が、「笑いの基本構造」として以下の8つを挙げています。1.ボケ2.勘違い3.誇張法4.反復5.ダジャレ6.のっかり・スカシ7.時事ネタ8.差別・自虐ネタ「時事ネタ」について考えます。□□□□□□笑いですか?□□□□□□上記記事に [続きを読む]
  • 「のっかり・スカシ」の効果…笑いの言葉(6)
  • お笑い分析研究66号抜粋修正順不同です。□□□□□□はじめに□□□□□□プレジデントオンラインのこちらの記事(http://president.jp/articles/-/22033?display=b)では、放送作家の方が、「笑いの基本構造」として以下の8つを挙げています。1.ボケ2.勘違い3.誇張法4.反復5.ダジャレ6.のっかり・スカシ7.時事ネタ8.差別・自虐ネタ「のっかり・スカシ」について考えます。□□□□のっかり・スカシとは?□□□□「のっかり・スカ [続きを読む]
  • 笑いの基本構造?笑いの言葉(0)
  • 笑いを説明する言葉、笑いを分類する言葉は、色々ありますが、、、お笑い分析研究66号抜粋修正。ちなみに、幾つかの項目の詳細を後日投稿予定。。。□□□□□□はじめに□□□□□□プレジデントオンラインのこちらの記事(→http://president.jp/articles/-/22033?display=b)から。。。放送作家の方の説く「笑いのテクニック」。「8つの基本構造の特徴と効果を知っておけば、笑いのネタに困ることはない!」…そうで、基本構造と [続きを読む]