Misuzu さん プロフィール

  •  
Misuzuさん: 死ぬまでに読みたい絵本
ハンドル名Misuzu さん
ブログタイトル死ぬまでに読みたい絵本
ブログURLhttp://ehon0016.hatenablog.com/
サイト紹介文子供と大人両方に読んでほしいけれど、特に大人が楽しめる、そんな絵本などを紹介するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2017/02/24 12:42

Misuzu さんのブログ記事

  • くんちゃんのだいりょこう
  • 『くんちゃんのだいりょこう』を読みました。くんちゃんのだいりょこう作者: ドロシー・マリノ,石井桃子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1986/05/26メディア: 大型本購入: 1人 : 5回この商品を含むブログ (28件) を見るあらすじある日、お母さんぐまとお父さんぐまと、子ぐまのくんちゃんが、散歩に出かけました。もうそろそろ、冬ごもりの季節になります。くんちゃんは、木の上の鳥に話しかけます。鳥 [続きを読む]
  • 読んで涼しく!おばけの絵本
  • 8月に入りました。まだまだ暑いですね。今年は梅雨明けが早かったからか、ずっと暑い印象です。そんな暑い夏に、読んで涼しくなるような、おばけの絵本はいかがでしょうか。今回は、全体的に「怖い」というよりも、楽しくてかわいいおばけたちを選んでみました。きっと、子どもから大人まで楽しめるはずです。おばけの絵本5冊おじいちゃんがおばけになったわけehon0016.hatenablog.com亡くなったおじいちゃんがおばけにな [続きを読む]
  • 夏に読みたい!花火の絵本
  • 夏の風物詩といえば、花火です。日本では、各地で花火大会が開催されています。毎年たくさんの人が、花火大会を見に行きます。今回は、そんな花火にまつわる絵本をご紹介します。花火の絵本4冊はなびはなび作者: 秋山とも子出版社/メーカー: 教育画劇発売日: 2003/06/01メディア: 大型本購入: 1人 : 2回この商品を含むブログ (5件) を見るまちの花火大会が描かれた一冊です。花火をつくる仕事をして [続きを読む]
  • 林明子原画展に行ってきました!
  • 現在、松屋銀座で開催されている「絵本のひきだし林明子原画展」へ行ってきました。林明子さんは好きな絵本作家さんだったので、これは絶対行きたいと思い、行ってきました。会場には、林明子さんの絵本作品の原画がたくさん展示されていました。このブログで紹介した絵本の原画もあり、感動しました。展示されていた林明子さんの絵本きょうはなんの日ehon0016.hatenablog.comとんとこりehon0016.hatenablog.c [続きを読む]
  • こんとあき
  • 『こんとあき』を読みました。こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)作者: 林明子出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 1989/06/30メディア: 大型本購入: 4人 : 44回この商品を含むブログ (115件) を見るあらすじきつねのぬいぐるみのこんは、赤ちゃんを待っていました。こんは、おばあちゃんに赤ちゃんのおもりを頼まれて、さきゅうまちからやってきました。こんは、座っていることに飽きて、居眠りを始めて [続きを読む]
  • とんことり
  • 『とんことり』を読みました。とん ことり (こどものとも傑作集)作者: 筒井頼子,林明子出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 1989/02/10メディア: 大型本 : 4回この商品を含むブログ (34件) を見るあらすじかなえは、山の見えるまちに引っ越してきました。お父さんとお母さんは、さっそく荷物の整理を始めます。かなえも手伝いますが、そのうち疲れて座っていると、玄関の方から小さな音が聞こえて……。か [続きを読む]
  • はじめてのおつかい
  • 『はじめてのおつかい』を読みました。はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)作者: 筒井頼子,林明子出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 1977/04/01メディア: ハードカバー購入: 7人 : 42回この商品を含むブログ (119件) を見るあらすじある日、ママがみいちゃんに、ひとりでのおつかいを頼みます。みいちゃんは、ひとりで出かけたことがなかったので、飛び上がります。ママは、赤ちゃんの牛乳が必要だと [続きを読む]
  • 夏休みに読みたい絵本リスト
  • 連日猛暑です。今年も夏がやってきましたね。夏といえば、夏休み。大人になるとまとまった休みが取れない方もいらっしゃいますが、子どもたちは毎年楽しみにしていることでしょう。私も、学生時代は夏休みが楽しみでした。宿題はあるけれど、色々なイベントもあるし、自由に過ごせる夏休みはまるで天国のよう。プールや花火大会、縁日の屋台など、夏は楽しいイベントがたくさんあります。そこで、今回は夏休みに読み [続きを読む]
  • ラチとらいおん
  • 『ラチとらいおん』を読みました。ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ)作者: マレーク・ベロニカ,とくながやすもと出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 1965/07/14メディア: 単行本購入: 3人 : 17回この商品を含むブログ (100件) を見るあらすじラチという男の子は、世界中で一番弱虫でした。ラチは、飛行士になるのが夢です。ところが、ラチは犬を見ると逃げ出します。みんなにも仲間はずれにされて、 [続きを読む]
  • ふたりはともだち
  • 『ふたりはともだち』を読みました。ふたりはともだち (ミセスこどもの本)作者: アーノルド・ローベル,三木卓出版社/メーカー: 文化出版局発売日: 1972/11/10メディア: ハードカバー購入: 12人 : 196回この商品を含むブログ (149件) を見るあらすじがまくんは、玄関の前に座っています。そこへ、かえるくんがやってきます。かえるくんは、がまくんが、どうして悲しそうなのか聞くと……。かえるくんとがま [続きを読む]
  • 七夕に読みたい絵本リスト
  • 関東では、梅雨明けが発表されましたね!もうすぐ七夕の日です。毎年、ショッピングモールやデパートには、七夕用の笹と短冊が用意されて、多くの人が願い事を書いています。日本では、色んな行事がありますが、その中でも七夕は特別な行事のひとつではないでしょうか。今回は、そんな七夕に読みたい絵本をご紹介します。七夕に読みたい絵本4冊たなばたたなばた (こどものとも傑作集)作者: 君島久子,初山滋 [続きを読む]
  • おやすみなさいフランシス
  • 『おやすみなさいフランシス』を読みました。おやすみなさいフランシス (世界傑作絵本シリーズ)作者: ラッセル・ホーバン,ガース・ウイリアムズ,まつおかきょうこ出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 1966/07/01メディア: 大型本購入: 1人 : 23回この商品を含むブログ (46件) を見るあらすじ7時になりました。フランシスの寝る時間です。お母さんとお父さんは、フランシスに寝る時間だと言います。フランシ [続きを読む]
  • 【映画化・児童書】ワンダー
  • 『ワンダー』を読みました。ワンダー Wonder作者: R・J・パラシオ,中井はるの出版社/メーカー: ほるぷ出版発売日: 2015/07/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (12件) を見るあらすじオーガストは、生まれつき顔が人とは違います。オーガストは、今まで家でお母さんに勉強を教えてもらっていて、学校に行ったことがありませんでした。しかし、5年生になる年に、学校に通うことになり……。読みどころ今回の [続きを読む]
  • かこさとしさんの絵本
  • 今年の5月に、92歳で亡くなった絵本作家・児童文化研究家の加古里子さん。亡くなられた後、様々なメディアで加古さんの特集を見る度に、改めて偉大な絵本作家だったのだと感じました。そこで、今回はこのブログでも、加古里子さんの絵本をご紹介したいと思います。加古里子さんの絵本3冊からすのおかしやさんからすのおかしやさん (かこさとしおはなしのほん)作者: かこさとし出版社/メーカー: 偕成社発売日: 2013/04/ [続きを読む]
  • 3.11以降の絵本
  • 今回は、ゼロ年代プラスの絵本の番外編です。これが、この企画の最終回になります。ゼロ年代の絵本は、ひと通り紹介し終わったのですが、この企画のタイトルをよく見てください。「プラス」とありますよね。このプラスは、3.11以降の絵本もご紹介するために、付けたものでした。2011年3月11に、東日本大震災が起こりました。その後、3.11を題材にした、或いは影響を受けた絵本がたくさん出版されました。あれから [続きを読む]
  • タンポポ あの日をわすれないで
  • 『タンポポあの日をわすれないで』を読みました。タンポポ―あの日をわすれないで (えほんのもり)作者: 光丘真理,山本省三出版社/メーカー: 文研出版発売日: 2011/10/01メディア: 大型本 : 1回この商品を含むブログを見るあらすじまいちゃんは、家族が手を振る中、走りながらスクールバスの方へ向かいます。いつもの1日のはじまりです。バスに乗ると、友達のさきちゃんとおしゃべりしながら、学校へ向かいます [続きを読む]
  • かぜのでんわ
  • 『かぜのでんわ』を読みました。かぜのでんわ作者: いもとようこ出版社/メーカー: 金の星社発売日: 2014/02/17メディア: 大型本この商品を含むブログ (4件) を見るあらすじ山の上に、一台の電話が置いてあります。この電話は、もう会えなくなった人に、自分の思いを伝えると、必ずその人に届くと言われています。今日も、山を登って誰かがやってきて……。実際にある「風の電話」を題材にした、感動の絵本です。見 [続きを読む]
  • あのひのこと
  • 『あのひのこと』を読みました。あのひのこと――Remember March 11,2011作者: 葉祥明絵・文出版社/メーカー: 佼成出版社発売日: 2012/03/15メディア: 大型本 : 3回この商品を含むブログを見るあらすじぼくは、海が好き。ぼくのおじいちゃんは、海で魚をとっている。海があるから、みんな生きていけるんだって、おじいちゃんがよく言ってた。でも、あの日。それは、突然襲ってきた……。3.11が少年の目線 [続きを読む]
  • かあさんのこもりうた
  • 『かあさんのこもりうた』を読みました。かあさんのこもりうた作者: こんのひとみ,いもとようこ出版社/メーカー: 金の星社発売日: 2012/10/31メディア: 大型本購入: 2人 : 10回この商品を含むブログを見るあらすじかあさんぐまは、ぼうやをだっこして、こもりうたを歌います。その歌声は、にいさんぐまやねえさんぐまがいる、子供部屋まで聞こえてきます。さらに、かあさんぐまの歌声は、森のてっぺんまで届き [続きを読む]
  • あさになったのでまどをあけますよ
  • 『あさになったのでまどをあけますよ』を読みました。あさになったのでまどをあけますよ作者: 荒井良二出版社/メーカー: 偕成社発売日: 2011/12/02メディア: 単行本購入: 1人 : 24回この商品を含むブログを見るあらすじ朝になったので、窓を開けます。山や木は、いつも通りそこにいます。だから、僕はここが好きなのです。日常の美しさが描かれた一冊です。見どころ今回の見どころは、日常の尊さです。 [続きを読む]
  • ゼロ年代+の絵本【2009年】
  • ゼロ年代+の絵本の企画も、今回でほぼ終わりです。ほぼと言うのは、あと1回番外編をやろうと思っているからです。ここまで来るのは、長かったような、あっという間だったような……。なんだか、感慨深いです。ということで、今回はゼロ年代+の絵本の第10回目「2009年版」です。また、ゼロ年代+の絵本の企画概要などは、こちらです。ehon0016.hatenablog.comそれでは、2009年版スタートです! ①おとうさ [続きを読む]
  • ないしょのおともだち
  • 『ないしょのおともだち』を読みました。ないしょのおともだち作者: ビバリードノフリオ,バーバラマクリントック,Beverly Donofrio,Barbara McClintock,福本友美子出版社/メーカー: ほるぷ出版発売日: 2009/05/01メディア: 大型本購入: 1人 : 6回この商品を含むブログ (16件) を見るあらすじむかし、とても大きな家に、マリーという女の子が住んでいました。その家の隅の小さな家には、ネズミの女の子が住んでい [続きを読む]
  • もっとおおきなたいほうを
  • 『もっとおおきなたいほうを』を読みました。もっとおおきな たいほうを (こどものとも絵本)作者: 二見正直出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 2009/11/10メディア: ハードカバー : 6回この商品を含むブログ (15件) を見るあらすじ王さまは、大砲をひとつ持っていました。それは、先祖代々伝わる、立派な大砲でした。王さまは、大砲をとても気に入っていて、うちたくて仕方がありませんでしたが、戦争がなかっ [続きを読む]
  • 【児童書】木の中の魚
  • 『木の中の魚』を読みました。木の中の魚 (文学の扉)作者: リンダ.マラリー・ハント,中井はるの出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/11/10メディア: 単行本この商品を含むブログを見るあらすじアリーは、ディスクレシアという難読症を持った、小学生の女の子です。まわりは、アリーのことを理解していません。そのため、アリーが失敗する度に、生徒は馬鹿にしたり、先生は怒ったりします。そんな中、新任のダニエル [続きを読む]