thaze さん プロフィール

  •  
thazeさん: Theo HAZEの記録
ハンドル名thaze さん
ブログタイトルTheo HAZEの記録
ブログURLhttp://thaze.hatenablog.com/
サイト紹介文Theo HAZEの独断と偏見による雑記
自由文現代美術家 Theo HAZE(テオヘイズ)の雑記。20代:巡礼の旅&音楽、30代:田舎暮らしや海外への美術&パリコレの旅etc...この世の不思議や聞き知った裏話など、独断と偏見によって綴っています。

現在の仕事:現代美術(彫像、絵画、インスタレーション)
その他の仕事:三味線奏者、シンガーソングライター

家族:妻と子供3人
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2017/02/24 08:33

thaze さんのブログ記事

  • お節介
  • ボクがsoul的に危惧するのは色々な外の情報や流行ばかり追い続けて死ぬ時にあー、もっと自分の道を歩いたらよかったなっと思うコトである。ちなみにボクは毎日死んでいるそして、毎日生き返る。眠るコトはそのまま起きなければ、死ぬコトなのだ。何のやり残しもなくあー、やりきった〜。って眠りたいよね。 [続きを読む]
  • 未来を予知
  • 嶋本先生の金言で一番衝撃的だったのは21世紀はコラボレーションの時代だ。っといっていたことである。1990年代に言っていたのだけどこれは今考えるとおそろしいなっと思う。実際に服飾ブランドはコラボレーションの連続だし、リバイバルのリバイバルのリバイバルとか(笑)いわゆる予言であった。高度な霊感は未来を予知してしまうことも度々ある。もう出尽くしただろう。っといつの時代も言っていたようであるが [続きを読む]
  • 飛び込みでLAのギャラリーでOKもらった
  • LAのギャラリーに置いてもらえることになりました!イェーイ!LAでランドマーク的場所、ピンクのポールスミスの向かい側です!記念にステッカー貼ってみたほんまコネとバックなしで個人でよくここまでやったな。っと自分の魂を褒めた(笑)まぁ、いうても引き合いなんですけどねすべて。これからこれから。しかし、全く何も算段がなかったわけでなく行く前からどのギャラリーに営業に行くか見当をつけ [続きを読む]
  • 西洋と東洋の違い、色々
  • 西洋と東洋の描き方の違いはもちろん色々とあるけども東洋、主に日本だが絵の描き方は点からはじまり内から外にをみてしまうのに対して西洋は外から内に構図をわって作っていく。日本人の自然な感覚でいくと少しカオスな印象になり西洋はスッキリした印象を好む。やはり黄金律で割っていくと西洋の人に伝わりやすい印象がスッキリしたものに仕上がる。これは音の好みでも言えることで日本人は明治維新以降に大分と西 [続きを読む]
  • 死の向こう
  • 子供の頃から死ぬのが怖くて小学校四年の時にずっと死ぬことを考えていた。親が死んだらどうしよう。友達が死んだらどうしよう。なんせ、死ということに漠然とした不安がずっとつきまとっていた。思春期の頃に人並みにクラブに打ち込んだり恋愛話をしたりして過ぎていくのだが、また大学時代に同級生が自殺したり事故で亡くなったりしたコトがあり、またそれらが浮上してきた。当時日本のアイデンティティを感じるために三 [続きを読む]
  • セルフポートレートの意味
  • セルフポートレートの説明を一応しておきたいと思います。何故これがセルフポートレートというのかというと、ボクはある時からオニをモチーフにして作品を作っているのですが、オニの鬼という文字は中国では霊を表します。死ぬというコトを鬼道に入るとかいうのはそのためです。鬼という字が何故あのような形かはまだ知りませんが、鬼という概念は宿曜経という東洋の占星術から来ているようで、宿命という言葉の宿もここから [続きを読む]
  • 村上海賊の娘
  • 村上海賊の娘という本を読みました。ご先祖が出ている話なので興味を持ったのです。母方は苗字がら能島といい、物語に出てくる能島村上武吉という大将の筋の流れだったようなので読みました。その中で村上景という主人公が出てきますが彼女の身体的特徴にとても興味をもちました。彼女は手足が長く、目が大きく醜女っと表現されていますが、ウチの母親がゴギャンの絵を見た時にこの絵に出てくる人は私にソックリやわ〜っ [続きを読む]
  • 有馬稲荷神社へ
  • 制作を一日お休みして有馬稲荷神社へ奉納演奏に行きました。アーティストなので当然のことですが、ボクは朝起きて寝るまで寝食以外はずっと描いてます。晩酌もしないので、多分思っている以上にずっとアートに携わるコトをしています。なんせストイックだな。っと思います(笑)ので、息抜きといえば自然の中で奉納演奏をしたりするくらいなのです。両方ともストイックだな。っと思います(笑)アーティストも霞を食 [続きを読む]
  • 星から
  • 何年か前から魂は星から来たんだな。っと感じていて百年くらいかーっとか、物事を五百年くらいで感じていけるようになった。そうするとやはり肉体はガッと動けるのはだいたい50年なので後の世の人がどういうコトを感じてくれるのかな。っというコトばかり感じながら制作するようになった。ボクがここにいなくなったイメージで作っている。っていうコトは誰が今描いてんの?みたいな。結局、三百年もたつとそれも [続きを読む]
  • SHIBUYA AWARDS 2018
  • 「SHIBUYA AWARDS」に入選しました。 450人の応募の中から35人の入選作品展があります。2日は会場におりますので、ご興味ありましたら是非お越しください。■会場:東急電鉄・東京メトロ渋谷駅13番出口方面地下広場■日時11月2日(金) 12:00〜20:00 (RECEPTION 18:00〜)11月3日(土) 10:00〜20:0011月4日(日) 10:00〜17:00 ■特別審査員今村 有策 Yusaku Imamura “Takibi”小山 登美夫 Tomio Koyama “小山登美 [続きを読む]
  • 味覚と視覚の関係
  • タイにいった時になんせ辛いものが多かった。ある程度以上の辛さであれば、よく解らない。が、向こうの人は辛さの中で色々とストーリーがあるのだろうな。っと思ったのだが色に関してもそれは言えることで例えば南仏の人がビビットすぎる色合いを見るとシャッターをパタンと下ろすように、ある土地土地の特性で、ある程度の範囲が快と感じるようにボクたちの体、思考回路は環境によって作られている。そのあたりを [続きを読む]
  • S.H
  • これだよねこれ♪あしもとばかりみてないで、たまには空を見上げよう♪スティーブンホーキング氏の言葉で印象的だったのは次の百年で太陽系のどこへでも旅行にいけるだろう。っというコトと宇宙人がいる。っというコトだ。近い将来、それが当たり前の時代が訪れるのだと思う。最近アメリカの西海岸を中心にそのような宇宙に関する動きが活発化していっている。ふと、スティーブアオキさんのインスタで無重力体 [続きを読む]
  • 嫌いなモノをたくさん見る
  • 嶋本先生の言葉はいちいち確信をついてきた。それは先生は大学は哲学を専攻していたようで、そのあたりの体験も強く表出していたように思う。中でもこれは大切だなっと思ったコトを徐々に紹介したいと思うがまずは嫌いなモノをたくさんみなさい。である。嫌いなアートをたくさんみるというコトである。え?っと思う方もいるかもしれない。アーティストって自分の好きなコトをやってたらいいだけじゃないの?自分 [続きを読む]
  • エリザベス女王の手帳
  • 大学に入って、嶋本先生の最初の授業で学生たちは嶋本先生が当時テレビなどのメディアなどにも出演していたので好奇心半分、何もしらない思春期ならではの何か突っかかりたい気持ち半分で登場を待っていた。そして教室に嶋本先生が入ってきて出席の手帳を手にとった。ひととおり出席確認をした後「アートとはこういうコト」「この手帳が、エリザベス女王の手帳だと言ったらすごいコトである。」っと言った。生 [続きを読む]
  • 嶋本先生との出会い
  • ボクの師匠は嶋本昭三先生という現代アートを絵に描いたようなアーティストで、戦後最大の抽象美術表現団体、具体美術協会に所属し、具体という名前を提唱した方でありました。https://ja.m.wikipedia.org/wiki/嶋本昭三https://ja.m.wikipedia.org/wiki/具体美術協会そんな嶋本先生との出会いはとても印象に残っている。ボクは大学に入るまでは、いわゆる印象派が好きで、花を描きたいと思っていた。ので、いわゆる現代 [続きを読む]
  • LAのモールあれこれ2
  • ハロウィンのグッズが充実しすぎています。さすが、映画の国。このあたりの気合いはすごいですね。昨日行ったホームセンターでもハロウィンの気合いはすごかったです本当に怖い。このドラゴンは三万五千円くらいです。火を吹いて煙もでます。しかし、本当に怖い。大っきいし、動きます。これは別の意味で怖いです。これも。今の時代こっちの方が逆に怖いかもしれませんね。追っかけられるのはこっちの方がいやかも。。ボクの作 [続きを読む]
  • LAのモールあれこれ。
  • 今日はLAトーランスのモールに行ってきました。ホテルからモールまで10分ほどなので歩きます。巨大なモールです。https://www.simon.com/mall/del-amo-fashion-center色々なファッションのお店を中心に並んでいるわけですが、日本の雑貨店を発見フィギアです。壊れやすいから触るな。っと書いてあります。いつも思いますが、日本のモノは華奢に感じます。そのあたりも意識して作品を作ってます。ナルトとドラゴンボールが人 [続きを読む]
  • マーベル映画
  • ただいまロサンゼルスにいます。飛行機に乗ったんですが飛行機に乗るとマーベル映画を絶対にみてしまう。マーベル?(笑)っていう方もいると思うがなんせ良くできていると思う。初めの方はリアルとバーチャルの間のバランスがとても好きであった。マーベルはリンクと、話の拡大がすごくしやすいのだと思う。そして、この度のインフィニティウォーをみたが北欧神話に出てくる、オーディンやロキを宇宙人と捉えているとこ [続きを読む]
  • チグハグな世界
  • いきなりだが、世界はチグハグである日本にいると全て整然としていて、安心安全を常々謳っているがこの地球上にいる限り、どことも、ここはこうだけどこう。みたいなものがある。何事にも長所と短所と思える部分があって面白いなっと思ったのは西洋人は個人主義で日本人は全体主義だという漠然とした意識の違いがあるかと思うたしかにそういうところはあるがヨーロッパの建物をみると全体 [続きを読む]
  • 歪みがでたな。
  • 最近この人は歪みが出るなっと思ってる人が見事に歪んでいくので、自分の感覚がとても精度が上がっているな。っと感じるやはり利己的であったり、うわべだけの優しさであったり、ベタですけど、そういうことをしていると歪むんですよね。ので、やはり人生っていうのは思いやりがあってこそのモノだな。っと近頃ヒシヒシ感じます。愛。まごころですねまごころ。結局生きても100年くらいです。今、ここに [続きを読む]
  • 輪廻転生とゴートゥーヘブン
  • 死んだら輪廻転生とゴートゥーヘブンっていう考え方によって現世に対する考え方はとっても違うと思う。輪廻転生であるとやはり、来世…っという思いがどこらかしかにあってなんか寝たら明日があるような、全体的にはややゆるい気がする。ゴートゥーヘブンかヘルだと永遠の眠りなのでやっぱ一回きり。っという事で何に関してもよくよく緻密に。一つの動作のエネルギー量の密度が高く感じる。が、輪廻転生であっても [続きを読む]
  • 昨日甲子園の閉会式で素晴らしい虹をプレゼントしてくれたようだ。同じ時間帯に奈良、京都、東北でも虹がかかっていたようだ。そして、これまたお友達が教えてくれたのだけど、今年の台風の影響で伊丹のお寺の裏山から弥勒菩薩が出てきたらしく。とうとう、始まったようです。 [続きを読む]
  • 引き寄せについて
  • 今日は引き寄せという言葉について少し自己啓発本とかを読んだ方はよく引き寄せという言葉を聞いたことがあると思いますが、アレはもう少しいうと引き合うのだと思います。惑星と惑星が同じ距離を保つように全ての物事は絶妙なバランスで成り立っているのです。そして似通った波動だから引きあってしまうものなのだと思います。類は友を呼ぶ でしょうか(笑)この世界はモノでも人でも空間でも振動していて [続きを読む]
  • 大塩平八郎の子孫
  • 現代2018年。今から20年ほど前に大塩平八郎の子孫の方とあったコトがあり、その一族は今、現代でも近親相姦らしいのであった。それはなぜかというと能力がメチャクチャ高い人か能力がメチャクチャ低い人が生まれるからっという説明であった。教授くらいかどっちかみたいな。そして、私は低い方なので隔離されるかもしれないのだ。っというコトであった。っというのはそれを聞いてゾロアスター教をはじめ古代は近親相 [続きを読む]