南風三太郎 さん プロフィール

  •  
南風三太郎さん: 医学部GO! 宅浪で無制限一本勝負
ハンドル名南風三太郎 さん
ブログタイトル医学部GO! 宅浪で無制限一本勝負
ブログURLhttps://ameblo.jp/mezase-igakubu-juken/
サイト紹介文医学部合格を目指しています。勉強記録や受験結果を公開し、医師や医学生の世界もアメ限記事で書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2017/02/27 19:24

南風三太郎 さんのブログ記事

  • 退職代行サービス 勤務医の利用も可能?
  • 面白い記事を読みました。退職代行サービスです。 勤務医は、理不尽な長時間労働を強いられ、医療事故や医療ミスに対する恐怖心が重なり、心身を病んで退職を考えることも多いと聞きます。しかし、大学医局への忠誠心や過剰な勤勉さが仇となり、退職を言い出せず、自殺に追い込まれるケースがあります。 こういう時、退職代行サービスが役に立ちそうです。介護職の利用が多いようですが、勤務医も利用すればよいと思います。退職の [続きを読む]
  • 医師免許は勝ち組へのパスポート その6 医師は食物連鎖の頂点
  • 日本の人間界では、総理大臣等特殊な立場の人間を除くと、食物連鎖の頂点は医師であると僕は思っています。 お客さんであるはずの患者が医師に頭を下げます。院内の他の職種(看護師や事務員)やMRさん(医薬情報担当者)も医師に頭を下げます。無関係の人でも、医師に対しては無条件に尊敬の念を抱いて頭を下げます。逆に、医師が頭を下げることはほとんどありません。あったとしても医師同士です。 医師は偉そうにして、給料も [続きを読む]
  • 体温並みの気温が、なぜ暑く感じるのか?
  • 連日暑い日が続いていますが、僕は自宅で冷房をかけて、黙々と受験勉強しています。 それにしても、体温並みの気温が、なぜ暑く感じるのでしょうか? 自分自身の体と同じ温度の空気に接するわけですから、熱の移動がなく、暑くも寒くも感じないはずです。 これは、僕が抱いている素朴な疑問で、未解決問題です。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • フリーランス麻酔科医は、ジ・エンド?
  • 新専門医制度の麻酔科専門医更新で、新たな要件が加わりました。 「申請時点で単一の医育機関病院や病院施設に週3日以上勤務し、麻酔科関連業務に専従していること」 最近増加しているフリーランス麻酔科医(←説明は省略します)を排除する目的で、日本麻酔科学会(=大学の麻酔科医局集団)が要件を追加した印象です。なぜ週3日で常勤扱いなのかは謎ですが…。 上記リンク先には、その目的を「麻酔管理の質を高める観点から」と [続きを読む]
  • 受験生にとっての夏とは………不合格者決定戦である
  • 夏が過ぎても勝負は続くのですが、とりあえず勝負の夏が来ました。 現役時代ですが、夏休みの前に高校の先生が言った言葉を思い出しましたので、書きます。 「夏休みにしっかり勉強しても合格するとは限らないが、勉強しなかったら確実に不合格になるよ。夏休みは『不合格者決定戦』だと思うように」 受験生にとって、夏休みは「ふるい落とし」の期間です。今から思えば、僕が2浪することは、高3の夏休み時点ですでに決定してい [続きを読む]
  • 【2浪】第1回駿台全国模試 その3 結果
  • 英語 114点数学 129点物理  65点化学  54点英数理2 362点(偏差値69.2)判定 第1死亡志望B 第2志望以下A〜B 第2志望以下ですが、模試で初めてA判定を取れました。僕は第1志望以外受験することはありませんが、素直にうれしいです。やっと未来が見えてきました。点数的には、化学以外は目標をクリアできました。課題は、英作文(←いつも)と化学の計算です。模試を通じて課題を洗い出し、穴を [続きを読む]
  • 幸せな、引きこもり生活………これぞ宅浪の真骨頂
  • 今は模試シーズンの合間で、僕は、日用品や食料品の買い物・参考書や問題集の物色・散髪など、最低限必要な外出以外、家に引きこもって勉強する毎日が続いています。日中は、家に僕一人…誰とも会話せず、静かな環境でガリガリ勉強する…これぞ宅浪の真骨頂です。これが、医学部合格への近道だと、僕は信じています。 勝負の夏(笑)ですが、僕は予備校の夏期講習には興味ありません。家に引きこもり、サッカーワールドカップを見 [続きを読む]
  • 精神科の患者 対 精神科医 その2 精神科医に拳銃を持たせると…。
  • 精神科医から「精神科医にも拳銃を持たせてくれ」という要望が出ました。そこで、仮に精神科医に拳銃を持たせた場合、どのような事態起きるのか考えてみました。 1.患者が怖がって、来院患者数が減る。→→病院や診療所の経営が傾く。 2.看護師も、拳銃を持つ→→患者に危害を加えられるのは、医師だけではない。 3.精神科医の拳銃自殺が増える。→→精神科医の自殺は、もともと多いらしい。2.により、看護師の拳銃自殺も [続きを読む]
  • 危険なロケット
  • 6月30日、民間のロケットが打ち上げに失敗し、地上に落下して炎上しました。 人的被害はありませんでしたが、結構危険ですね、コレ。人的被害が出ても、全然不思議ではない状況です。北朝鮮のロケットのほうが、まだマシかもしれません。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【2浪】第1回全統記述模試 その3 結果
  • 英語 163点(72.0)数学 155点(64.6)物理  67点(61.7)化学  82点(74.5) 国理 68.2理系 68.4判定 都市・準地方C 地方B 英語は、採点基準が甘いのか、思ったより点をもらえました。逆に数学は厳しく、点数が伸びませんでした。物理で転記ミスがありました。こういうミスは、1点を争う医学部受験においては命取りになりかねません(←今年春の受験では、1点どころの差ではあり [続きを読む]
  • 精神科の患者 対 精神科医 その1 どっちもどっち
  • 精神科の患者は、医療従事者に危害を加える場合があります。それを理由に、精神科医から「精神科医にも拳銃を持たせてくれ」という要望が出て、患者側から批判が出ています。精神科の患者と精神科医は、患者と医師という関係でありながら、なぜか敵対関係です。 精神科の患者が他人に危害を加えても、刑法第39条に規定により、無罪になることがあります。精神科の患者は、他人の人権を侵すくせに、自分たちの人権は守るよう主張 [続きを読む]
  • 大阪医大の学生が逮捕されました。
  • 医学(医学部)関連のブログでは、あまり話題になっていない感じがしますが、大阪医大の学生が逮捕されました。背景に、進級の厳しさや留年に対する恐怖心があったのでしょうか(事実確認をしたわけではないです)。 大阪医大と言えば、関西の私立医学部では一番の名門です。偏差値も高いです。それなのに、この不正行為で(おそらく)人生を棒に振ることになります。もったいない…。あと、教員の不正行為も副次的に見つかったよ [続きを読む]
  • 病気がちの医師の立場 その3
  • 勤務医は「奴隷」、開業医は「地縛霊」、フリーランス医は「ホームレス」のシリーズで、それぞれの医師の立場を書きましたが、病気がちの医師は、このうち勤務医、つまり「奴隷」にしかなれません。 開業しても、医師が休みがちだと患者はリピーターになりません。いつ休診になるか分からないところに定期的に通院したいなんて、誰も思いませんから。薬が切れるリスクがありますし、他のところに受診しようにも急に休まれると紹介 [続きを読む]
  • 医師免許は勝ち組へのパスポート その5 医師の世界は弱肉強食?
  • 大学病院や大病院では、全部ではないでしょうが、医師の出世レースや権力争いがあるそうです。しかし、出世レースや権力争いから脱落しても、医師免許を失うわけではありませんし、医師不足の世の中、働く場はいくらでもありそうです(病気がちの医師は別です)。独立(開業)も可能です(病気がちの医師は別です)。むしろ出世レースから脱落する方が、収入が上がったりプライベートな時間が増えたりして、生活が楽になるケースが [続きを読む]