ぱこ さん プロフィール

  •  
ぱこさん: Happy go Lucky
ハンドル名ぱこ さん
ブログタイトルHappy go Lucky
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sweetpea_23dec
サイト紹介文東京在住OL 子供の頃からアート好き。 美術館ゆるゆる散歩記録など。好きなものを暢気に更新中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2017/02/27 20:50

ぱこ さんのブログ記事

  • ブログ再開予定
  • 仕事絡みの試験勉強で、美術館訪問&ブログ更新を中断〜都内の美術館なら、行って見て帰ってきて2〜3時間なんだから、それくらいの時間は十分にあったのだけど。行く前にネットとかで調べて〜見に行ったらカフェ寄ったりなんだかんだフラフラして〜帰ったあともまたネットで調べたり口コミ検索したりしちゃう。結果、勉強する気なくなる という。切り替えがパッとできる大人になりたいものです。とりあえず秋にまた別の試験があるの [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【26】武蔵野市立吉祥寺美術館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====ぐるっとパスの有効期限も残りわずかとなってきました。今週末は少し足をのばして多摩エリアへ。行ったのはこちら武蔵野市立吉祥寺美術館〜コピス吉祥寺という商業施設の7階ワンフロアが美術館になっていました。美術館というよりは展示ギャラリーという感じでしたが、展示され [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【25】東洋文庫ミュージアム
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====南の島というとリゾート!長期休暇!としか思い浮かべないわたくしですが、東洋文庫ミュージアムでその歴史に少し触れてきました。平日も19時まで開館してるのがありがたいですねぇ定時ダッシュで帰ればギリギリ間に合います!おぉー圧巻なモリソン書庫。壁一面の本が夢だとい [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【24】松岡美術館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====東京都庭園美術館を出て、この日最後の訪問はこちら松岡美術館です。今回初めて訪れましたが、なぜ今まで来なかったのか激しく後悔!よい美術館ではないですか!!みたのは「日本画展 人、動物、自然と「古伊万里 華やぎのうつわ」。う、、、また器だわ。しかもまた古伊万里。1 [続きを読む]
  • 初めての歌舞伎座
  • 会社の取引先からいただいた歌舞伎チケットが、巡り巡って私の手元に。歌舞伎なんて観たことないし、なーんにもわからないけどこんな機会めったに無いのでありがたく頂いて行ってきました!観たのは「團菊祭 五月大歌舞伎 雷神不動北山櫻/女伊達」11時開演だったので、少し早めに10時半に着くように出かけました。いただいたチケット入れを開けると、イヤホンガイド引換券・筋書引換券・幕内弁当引換券・歌舞伎座ギャラリー入場券 [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【23】東京都庭園美術館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====目黒区美術館を出て、目黒駅方面へ歩きます。商店街アーケード内にある大陸食堂で、野菜あんかけラーメンと半チャーハンのセットを。く、苦しい…食後の腹ごなしがてら、ぐるっとパスの旅は続きます。駅の反対側にある東京都庭園美術館へ。リニューアル後はじめて来ました。ど [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【22】目黒区美術館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====東京都写真美術館を出て、そのまま歩いて目黒へ向かいます。とてもいい天気で、20分弱の徒歩で汗をかきながら到着。こちら目黒区美術館〜企画展「没後50年 藤田嗣治 本のしごと」を見ました。藤田嗣治と聞くと、乳白色の美しい裸婦像や可愛らしい猫の絵画を思い浮かべますが、 [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【21】東京都写真美術館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====ぐるっとパスの有効期限までひと月を切りましたが、まだまだ行ってない美術館・博物館がたーくさんあります。この日降り立ちましたのは、恵比寿駅〜東京都写真美術館にやってきました。企画展「光画と新興写真 モダニズムの日本」が開催中でした。1930年後の日本で一部流行し [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【20】昭和館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====うーん 無料とはいえ、なんだか消化不良のまま渋谷の街へ。こういうときはお茶するに限る…マメヒココーヒーで、フルーツサンドとカフェラテを。雰囲気が渋谷ぽくなくて、神保町にありそうな落ち着いた感じですぐに気に入りました。フルーツサンドも美味しい〜と思ったら、近く [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【19】渋谷区立松濤美術館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====お腹も満たされ、ぐるっとパスの旅は続きます。戸栗美術館からほど近い渋谷区立松濤美術館へ。この日は渋谷区民は無料の日で、たくさんの人がいました。スーパーの袋持ったままの人もいて、街の美術館ですねーこちらでは、「チャペック兄弟と子どもの世界」展をみました。あま [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【18】戸栗美術館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====林芙美子記念館を出て、チャリでどんぶらこ〜どんぶらこ〜西新宿を駆け抜けて、南下して向かうは渋谷!この日ふたつめの目的地、戸栗美術館です。初めて来ました。ママチャリでうろうろしているのが怪しいくらい、超高級住宅街。芸能人とか住んでいそうだ。陶磁器専門の美術館 [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【17】新宿区立林芙美子記念館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。===== ゴールデンウィーク後半のある日、ぐるっとパスの旅はチャリの旅になりました。1日500円で電動自転車が借りられることを知り、予約。人生二度目の電動自転車〜どこまででも行けそうだ〜!というわけで日焼け止めベタベタにぬって、新宿区中井にある林芙美子記念館へ。作家林芙 [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【16】たばこと塩の博物館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====刀剣美術館で少し厳かな気持ちになったところで、この日最大の徒歩移動〜両国から本所吾妻橋まで25分歩きます。…うわ びっくりしたー!置物?!なんでこんなとこに犬?!寝てました。途中でどこかコーヒーでも飲もうと思っていたけど、ちょうどいいお店が見つけられなくてひた [続きを読む]
  • 花鳥礼讃 渡辺省亭・水巴ー父と子、絵画と俳句の共演
  • GW前の話になりますが、4/29の特別開館で斉田記念館に「花鳥礼讃 渡辺省亭・水巴ー父と子、絵画と俳句の共演」を見に行ってきました。待ち遠しくしていた企画展。小さな展示室ひとつだけですが、そこそこの人が来てました。感想としては、、もっと省亭の絵が見たかった〜俳句や美術世界の展示もあるので仕方ないけど、やや物足りなし。展示室は、入口入って右半分に省亭の絵画、中央のケースには『省亭花鳥画譜』や『美術世界』な [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【15】刀剣博物館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====江戸東京博物館を出て、ツツジまだ咲いてるかも〜などと思い、旧安田庭園に寄ることにしました。新緑!青鷺発見!葉は青々と茂って、ツツジはこの暑さですぐ傷んでしまいそうでした。さて、次に向かうは刀剣博物館。旧安田庭園出てすぐです。初めてだーおお、外観も刀剣っぽい [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【14】江戸東京博物館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====GW前半最後の本日神保町でのランチを終えた私は、満腹の状態で両国へ向かっておりました。本日午後は、ぐるっとパス2018の旅の続きを行うのです。目的地はここいやーもう家族連れだらけ。でもここ子供もとっつきやすそうだし、時間つぶれるしいいのかもしれません。ていうか、 [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【13】印刷博物館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====漱石と仲良くなれそう…そんな意外な気持ちを胸に抱きつつ、この日最大の徒歩移動〜漱石山房記念館から文京区水道にある印刷博物館まで25分の歩きです。なぜなら目の前をバスが行ってしまったから…凸版印刷に併設されているこちらの博物館、なかなかのボリューム&凝った展示で [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【12】新宿区立漱石山房記念館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====オペラシティアートギャラリーを出て、都庁前駅まで歩きます。大江戸線に乗って向かうは牛込柳町〜駅からは10分くらいでしょうか…着きましたのはこちら漱石山房記念館早稲田南町にあるこの記念館は、夏目漱石が住んだ場所にあります。実際の建物は戦災で焼失していますが、漱 [続きを読む]
  • 部屋で生えている。
  • hananaさんのブログをみて、水道橋の貸しスペースで、なんだか不思議なパフォーマンスをやっていると知り、散歩がてら見に行ってきました。hananaさんのブログ↓Hanana 池大雅展と、佐藤直樹展駅の向こう側は飲み屋しか無いと思っておりほとんど近付いたことがなかったので、場所がわからず迷いました…急な階段を登ると、シュッシュッという音が聞こえてきました。おっと!制作中のご本人と目があってしまった。気まずい。でもお [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【11】東京オペラシティアートギャラリー
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====新宿歴史博物館を出て、四谷三丁目の交差点にある、香港麺 新記でランチ。うーん すごく美味しくて写真撮り忘れた。汁そばも餃子もラー油も絶品。また行かねば!さて、満腹のまま地下鉄に乗って、向かうは西新宿駅。都庁の横をテクテク歩いて…着きました オペラシティアートギ [続きを読む]
  • 名作誕生ーつながる日本美術
  • 先週金曜日の夜、東京国立博物館へ「名作誕生ーつながる日本美術」を見に行ってきました。今回は、ぐるっとパス使用ではありません〜 楽しみにしていた特別展なので、別にチケットを手配済み。ていうか、特に上野公園の6美術館&博物館は、ぐるっとパスだと割引になるだけなので、前売券とか金券ショップを使った方がお値段的におトクなのです。入場券にしなくてもお客さんが来る自信を感じますね…それはさておき、今回の企画展と [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【10】新宿区立新宿歴史博物館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====よく晴れた日曜日、2週間ぶりのぐるっとパスの旅〜四谷三丁目に降り立ちました。向かうは新宿区立新宿歴史博物館。新宿…そこは私にとって苦手な街…駅は大きく〜人が多くて〜店はどこも混んでいる〜そんな新宿の歴史を、なんと旧石器時代からたどる展示でした。区内で発掘され [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【9】旧岩崎邸庭園
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====下町風俗資料館から湯島方面に歩いて5分もかからないところに、三菱財閥 三代目岩崎久彌の居宅を公開している旧岩崎邸庭園があります。庭園と言いつつ、建物がメインですね〜ていうか!なんと洋館の外装工事中でこんなことになってましたよ。工事用ネットにわざわざ洋館の写真 [続きを読む]
  • ぐるっとパス2018の旅【8】下町風俗資料館
  • =====これは、東京在住 アラサーOLが、ぐるっとパス2018のチケットを有効期限のその日まで、どれだけ活用できるかという静かなる戦いの記録である。=====先週日曜日は、予定があったため2カ所だけ行くことにしました。まず、下町風俗資料館へ。花見客(今年は桜があっという間に満開になって散ってしまいました)にぎわう上野の不忍池のほとりにあります。1Fは、大正時代の町並みや暮らしを再現したエリア2Fは、上野を含む台東区… [続きを読む]