ソニートニュース管理人 さん プロフィール

  •  
ソニートニュース管理人さん: ソニートニュース|みんなで作るブログメディア
ハンドル名ソニートニュース管理人 さん
ブログタイトルソニートニュース|みんなで作るブログメディア
ブログURLhttps://www.2ch.work/
サイト紹介文ソニートニュースとは、誰でもライターになれるブログメディアです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供438回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2017/02/27 22:59

ソニートニュース管理人 さんのブログ記事

  • [現地レポート]関空に行ってみました。【写真多め】
  • どうも、tyanmenです。本当はこの記事を昨日書き上げたかったのですが、昨日はハードスケジュールだったので体力的に無理でした。いざ関空へ最寄駅から泉佐野まで行き、その後特急ラピートに乗り換えて関西空港に行きました。これで2回目ですね。(ポンボケしました)昔、関空から帰るために夜中22時に特急ラピートに乗って泉佐野まで向かっていたのですが、泉佐野で乗り換えてからリュックがないことに気がつき、荷物まで難波に行っ [続きを読む]
  • 最近流行りの無添加煙草を買ってみた。
  • こんにちは、こんばんは。久しぶりに記事投稿したdripcoffeeです。今日買ったのはドイツの会社が作っているプエブロナチュラル10(420円)です。アメリカンバージニア葉が使用されていて甘い喫味になっています。また無添加なので素朴な味わいが楽しめます。燃焼時間も長め比較的安く購入できるのでコストパフォーマンスも中々の一品。ちなみに19本入りです。またプエブロはタール6mlも販売されています。開封した感じ。具体的にレビ [続きを読む]
  • 「MagicSingh」って何者?日本未上陸のクローズアップマジシャンに驚愕
  • まずはこのシンプルな割りばしマジックを見てほしい。https://www.2ch.work/wp-content/uploads/2018/09/割りばしマジック.mp4人気の動画アプリ「TikTok」でこんな摩訶不思議なクローズアップマジックを、ガンガンアップし続けているのが、今回紹介する「@MagicSingh」氏です。Magic Singhさんって?インド系イギリス人のマジシャン1985年9月1日生まれ本名は「Amardeep Singh Dhanjal(FaceBook)」シーク教徒なのでターバンをして [続きを読む]
  • 台風21号による関空の被害状況について[追記あり]
  • どうも、関空が壊滅的で精神的ダメージを受けたTyanmenです。今回は今まで集めてきた被害状況をまとめていきたいと思います。第1ターミナル現在一期島(第1ターミナル側)ではボーディングブリッジの多くが損傷を受けています。そして地上施設は膝まで浸かり、地下施設は変電所と情報処理施設が水浸しになり使用不可という状況とのことです。飛行機を格納する格納庫の屋根が吹き飛んでいます。飛行機の運行に必要な車なども水没して [続きを読む]
  • ソニートグラビア9月号「しのまる」
  • ソニートグラビア9月号は、関西で活動するキラキラ18歳の初心者コスプレイヤーしのまるさん! パッチリ大きな瞳が印象的。ぜひ応援してください! ツイッターのフォローもヨロシクね☆彡 プロフィール名前:しのまるジャンル:コスプレイヤーです!所属:特に所属はしておりません( ¨? )年齢:18歳ヽ(。・ω・。)ノ主な活動地域:主に関西中心ですが、名古屋などに遠征したりします♪公式ツイッター:@shinotan_2 ソニートグラビア9 [続きを読む]
  • 【仮性包茎の治し方】たった500円で解決できる方法が発見されるw
  • お久しぶりです。Webライターの池田です。?? (? ˘ω˘ )? ??突然ですが、「あなたの皮は剥けていますか?」何をいきなり…と思ったかもしれませんが、今回のテーマは「仮性包茎」です。仮性包茎と言えば、7割くらいの日本人男性が悩んでいるという大きな悩み。常に亀頭が露出しているいわゆる「ズル剥け」という状態はたった30%以下らしく、成人男性の3人に2人は皮が被っていることで悩んでいるようです。参考:30代男性は [続きを読む]
  • 学術たんって知ってる?
  • こんにちは。スミスと申します。今回が初めての投稿でして読みづらい点等あるかもしれませんがよろしくお願いします。さて、本日はTwitterで密かに盛り上がっている学術たんについて紹介します。学術たんとは、Twitter上で様々な学問に関することをキャラクターになりきって呟くアカウント群です。初期は「さぶじぇくたん」と呼ばれており、勉強に癒やしを求めた某有名進学校の生徒によって作られたと言われています。今では文学や [続きを読む]