sparetime さん プロフィール

  •  
sparetimeさん: Amazon:プライムビデオ おすすめ映画情報
ハンドル名sparetime さん
ブログタイトルAmazon:プライムビデオ おすすめ映画情報
ブログURLhttp://sparetime-movie.com/
サイト紹介文Amazonプライムビデオのおすすめ映画を紹介しています!プライム会員は無料なのでお試しください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 214日(平均1.8回/週) - 参加 2017/02/28 19:39

sparetime さんのブログ記事

  • 麒麟の翼 劇場版・新参者
  • 2012年に公開された日本のミステリー映画。東野圭吾の同タイトルの小説を原作としている。2010年に放送されたドラマシリーズ「新参者」の劇場版であり、2011年にテレビスペシャルとして放送された「赤い指」の続編にあたる。また、2014年には本作の続編として「眠りの森」が地上波で放送されている。ただし、続編ではあるが、時系列的には「新参者」よりも前の設定である。 「麒麟の翼」は、本作の主人公である加賀恭一郎が登場す [続きを読む]
  • シークレットサービスってどんな組織なの?
  • シークレットサービスとは首相や大統領、王室などの要人、貴賓の警護をする人を指します。一般的にシークレットサービスをいえばアメリカ大統領の警護をしている人を思い浮かべますが、あの人たちは厳密に言うと「アメリカ合衆国シークレットサービス」と言い「United States Secret Service」の頭文字を取って「USSS」と呼ぶこともあります。管轄はアメリカ合衆国政府になります。日本ではセキュリティーポリス(SP)がシークレッ [続きを読む]
  • イーグル・アイ
  • 2008年に公開されたSFサスペンス映画。監督は「トリプルX:再起動」のD・J・カルーソー監督、製作総指揮としてスティーブン・スピルバーグ監督が関わった映画として知られている。 主演は「トランスフォーマー」シリーズのシャイア・ラブーフ、助演は「ミッションインポッシブル3」ジュリア役のミシェル・モナハンとなっている。その他にも「アルマゲドン」でNASA総指揮官ダン・トルーマンを演じたビリー・ボブ・ソーントンなど、 [続きを読む]
  • FBIとCIAの違いってなに?
  • FBIとCIA映画を観ていると良く出てくる単語ベスト10にはランクインするであろう「FBI」という単語。それとセットのように出てくる「CIA」という単語。 州警察が「ここから先はFBIの仕事」と言ったり、CIA捜査官が「FBIが到着する前に完了せよ」と言ったりします。なんとなく管轄が違ったり、担当する事件が違ったりするのだろうなというのはわかるけど、説明しろと言われるとよくわからにという人向けの解説です。 FBI 連邦捜査局 [続きを読む]
  • 16ブロック
  • 2006年公開のアクション映画。監督は「リーサル・ウェポン」シリーズのリチャード・ドナー監督、主演はブルース・ウィリスである。長年ブルース・ウィリスの吹替えを担当していた野沢那智氏が最後の主演吹替え作品となる。 ブルース・ウィリス以外は日本であまり馴染みのないキャスティングとなっているが、セリフ回しやリチャード・ドナー監督の演出、感動のラストシーンで、ブルース・ウィリス作品の中でも名作とされるほどの映 [続きを読む]
  • 複製された男
  • 2014年に公開されたミステリー映画。ポルトガルのノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同タイトル小説が原作となっている。 主演は「バロークバック・マウンテン」(2005)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートしたジェイク・ジレンホールである。近年、日本でも知名度が上がり、巷では「ジェイク・ギレンホールが出演している映画にハズレなし」と言われるほどである。本作の他には「プリズナーズ」や「ミッション:8ミニッツ」な [続きを読む]
  • プリズナー
  • 2008年に公開された修復的司法を題材としたドラマ映画。日本では劇場未公開だが、2013年にWOWOで放送され、同じ年にDVDが発売された。 修復的司法とは、「ある犯罪の当事者が一堂に会し、犯罪の影響や今後のことを話し合い解決していくプロセス」と定義されている。簡単に言うと、加害者や被害者、その家族が面会して話をするということだ。一般的に加害者が被害者と面会することはできないが、それをすることで、再犯の防止や後遺 [続きを読む]
  • あと1センチの恋
  • 2014年公開の恋愛ドラマ映画。イギリスとドイツの合作である。セシリア・アハーンの「愛は虹の向こうに」を原作としている。イギリス・ドイツ映画ということで、日本公開当初は上映する劇場が少なかったが、立見席も満席になるほどのヒットとなり、急きょ上映劇場が増えたというエピソードがある。 主演は太眉がチャームポイントのリリー・コリンズ。2歳の頃から子役としてテレビドラマに出演し、10代になるとファッション雑誌のモ [続きを読む]
  • あの頃ペニー・レインと
  • 2000年に公開されたドラマ映画。本作の監督であるキャメロン・クロウ監督の実体験をもとに、自ら監督・脚本・制作を担当し作り上げた作品である。キャメロン・クロウ監督は本作で、自身初となるゴールデングローブ賞作品賞とアカデミー賞脚本賞を受賞している。公開から十年以上経過した現在でも、青春映画、音楽映画として高い評価を得ている。 主演は本作が映画デビュー作となったパトリック・フュジット。11歳の頃から俳優活動 [続きを読む]
  • オーケストラ!
  • 2009年公開のフランス映画。日本での公開は翌年の2010年である。フランス映画ということもあり、監督・出演者ともに日本では無名の方が多いが、公開当時から高評価を受け、劇場によっては立見席すら満員になるほどであった。日本公開から数年経った現在でも、Amazonレビューなどでも高評価である。 邦題はオーケストラとなっているが、本作の内容は交響曲ではなく、協奏曲がテーマとなっている点に注意が必要。そんな違いを気にす [続きを読む]
  • 世界侵略:ロサンゼルス決戦
  • 2011年公開のSFアクション映画。日本では東日本大震災が発生した3月11日が公開日だったため、半年延期となった映画である。監督は「タイタンの逆襲」(2012)のジョナサン・リーベスマン監督、主演は「ダークナイト」トゥーフェイス役が有名なアーロン・エッカートである。 ロサンゼルスが舞台となっているが、撮影のほとんどはルイジアナ州の特設セットで行われている。同時期に先に公開された本作と同じく、ロサンゼルスが [続きを読む]
  • エンド・オブ・キングダム
  • 2016年公開のアクション映画。ホワイトハウスが占拠されるという衝撃的なストーリーで話題となった「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編にあたる。監督は変更となったが、脚本や主要なキャストは前作から続投となっている。続編ではあるが、ストーリーに直接的なつながりはないので、前作を観ていなくても十分に楽しめる内容となっている。 ホワイトハウスがテロの標的になった前作よりも、さらに衝撃的なストーリーとなっ [続きを読む]
  • エンド・オブ・ホワイトハウス
  • 2013年公開のアクションスリラー映画。本作の続編として「エンド・オブ・キングダム」が2016年に公開されている。続編とは言え、ストーリは完全に独立しているため、本作を観ずに続編を観ても楽しめる内容となっている。 ストーリーはホワイトハウスがテロリストに占拠されるというショッキングな内容である。2001年に同時多発テロ事件が起き、ビンラディンの身柄も抑えたが、世界中でテロが起きていたのが本作が公開された時 [続きを読む]
  • モーテル
  • 2007年に公開されたスリラーホラー映画。監督は「プレデターズ」(2010)のニムロッド・アールトンである。ニムロッド・アールトン監督のハリウッド進出作品として、「レヴェナント 蘇えりし者」のマーク・L・スミスが8年間構想を練った脚本を映画化した。 製作当初は主人公の妻はサラ・ジェシカ・パーカーが演じる予定だったが、紆余曲折あり最終的にケイト・ベッキンセイルが演じることとなった。デビュー当時から「絶世の [続きを読む]
  • エクス・マキナ
  • 2015年公開のSFスリラー映画。「ジャッジ・ドレッド」などの脚本を手掛けたアレックス・ガーランドの初監督作品となる。初監督作品ながら、アカデミー賞視覚効果賞など多くの映画賞にノミネート、受賞しているので、大成功といえるだろう。 主演は「リリーのすべて」などのアリシア・ヴィキャンデル。「エクス・マキナ」と「リリーのすべて」は2015年公開で、両作品共に高評価を受け、アリシア・ヴィキャンデルはその年のゴー [続きを読む]
  • シンドラーのリスト
  • 1993年公開の第二次世界大戦中のドイツを舞台にした歴史映画。監督はスティーブン・スピルバーグ。スピルバーグ監督といえば、「E.T.」「ジュラシックパーク」などのSF、アクション映画を思い浮かべる人も多いが、戦争映画も「プライベート・ライアン」など良い作品が多くある。 本作は9割以上がモノクロのシーンである。ラストシーンと一部のシンドラーに心理的影響を与えるシーンのみカラーとなっている。歴史を記録したフ [続きを読む]
  • エリザベス
  • 1998年公開のイギリス映画。エリザベスⅠ世の即位直前から即位直後の前半生を描いた歴史映画である。2007年に監督・主演続投で続編「エリザベス:ゴールデン・エイジ」が公開されている。 アカデミー賞7部門をはじめ、ゴールデングローブ賞などにも多数ノミネートしている。そのうち、アカデミー賞メイクアップ賞やゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)などを受賞している。メイクや主演のケイト・ブランシェットの [続きを読む]
  • ディープ・インパクト
  • 1998年公開のSF映画。「ピースメーカー」などのミミ・レダー監督がメガホンを取り、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を担当している。 巨大彗星が地球に衝突すると聞くと思い浮かぶのは「アルマゲドン」ではないだろうか。パクリ映画と思われてしまうかもしれないが、「ディープインパクト」の方が「アルマゲドン」よりも2か月先に公開されている。また、ストーリーも全く異なり、本作はSFパニック映画でありながら、 [続きを読む]