レッドドラゴン さん プロフィール

  •  
レッドドラゴンさん: レッドドラゴンの鳥見旅行記
ハンドル名レッドドラゴン さん
ブログタイトルレッドドラゴンの鳥見旅行記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/reddragon5860
サイト紹介文夫婦の海外バードウォッチング旅行記です。ツアーに参加せず個人旅行で好きな鳥を観察。現在約1300種。
自由文年2〜3回の海外鳥見旅行を続けています。現在までに見た鳥は約1300種類となりました。主な探鳥地は、南アフリカ、ボツワナ、ウガンダ、コスタリカ、オーストラリア、マレーシアなど。主なターゲットの鳥はカワセミ、キヌバネドリ、ハチクイ、ブッポウソウ、ハチドリ、タイヨウチョウ、オーストラリアムシクイ、キツツキ、フクロウなどです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2017/03/01 18:36

レッドドラゴン さんのブログ記事

  • アフリカヤツガシラ(African Hoopoe)
  • 地面で食事中。タテフコショウビンの近くにいたのがアフリカヤツガシラ(African Hoopoe)、頭が葉の間に隠れて見えませんでした。戻り道でも同じ場所、今度は地面におりています。虫を探して食事のようです。辺りを動き回っていました。2016/10/26 Baines Camp,Botswana,EOS7D2+100-400mm参考になったら 頂けると幸いです。にほんブログ村 バードウォッチングにほんブログ村 野鳥写真 [続きを読む]
  • タテフコショウビン(Striped Kingfisher)
  • ペアで仲良く(^^) Baines Campはボツワナ・オカヴァンゴ湿原のモレミ保護区南端にあります。朝のサファリに出発してすぐタテフコショウビン(Striped Kingfisher)に会いました。朝日を浴びて背中の青がきれいです。午前中のサファリを終えて戻ってきたらペアになってました♪ 仲良く同じ方向を向いて、なにか話しているみたいです。2016/10/26 Baines Camp,Botswana,EOS7D2+100-400mm参考になったら 頂けると幸いです。にほ [続きを読む]
  • マミジロバンケン(White-browed Coucal)など
  • 夕陽を見ながらSundownerを。そろそろ日差しが真横から赤く照らす時間、枝にマミジロバンケン(White-browed Coucal)の姿。枯れ木にとまるハイイロコサイチョウ(African Grey Hornbill)のペア。大きな嘴をあけています。地面ではウシハタオリ(Red-billed Buffalo Weaver)が草の実を啄んでいました。サファリカーの前に夕焼けがひろがります。ここで車を停めて夕方の飲物(Sundowner)を頂きました。アフリカの大草原に沈む夕日を見な [続きを読む]
  • アフリカスイギュウ(Buffalo)の群れ
  • 睨まれました(^^; 草原にアフリカスイギュウ(Buffalo)の群れがいました。みんな草を食べていますが右端の小高い丘を拡大すると、見晴らしのいい所から辺りを警戒している♂がいます。全体が移動し始め 車のすぐ前に。何頭かに睨まれました。危険なしと判断したようで移動を続けます。流石に砂埃が舞い上がりました。近くにはアカリーチュエ(Red Lechwe)の家族も。2016/10/25 Baines Camp,Botswana,EOS7D2+100-400mm参考になったら [続きを読む]
  • ミドリモリヤツガシラ(Green Wood-Hoopoe)
  • 羽を開くと白い帯。ロッジに着いて一休みすると夕方のサファリです。大きな枯木のうろにミドリモリヤツガシラ(Green Wood-Hoopoe)の真っ赤な嘴が見えました。そばにもう1羽やってきたのは嘴の黒い若ですね。。飛ぶと濃緑の羽の中央に白い帯が目立ちます。更に進むとクロワシミミズク(Verreaux's Eagle-Owl)がこちらを睨んでいます。なんだ、人間か、とばかりに半眼になってしまいました。2016/10/25 Baines Camp,Botswana,EOS7D2+ [続きを読む]
  • シュモクドリ(Hamerkop)
  • ロッジの陽気なお出迎え♪ ロッジへ向かう道はものすごい悪路です。ところどころ道全体が水没して、シュモクドリ(Hamerkop)が魚を探していました。何回見ても不思議な頭です(^^; ケープキリン(Southern Giraffe)がブッシュに顔を突っ込んで葉を食べていました。近くで見ると見上げる高さです。飛行場を出て1時間、Baines Campに到着。歌とダンスで陽気に出迎えてくれました(^^) 2016/10/25 Baines Camp,Botswana,EOS7D2+100-400mm [続きを読む]
  • リードバック(Reedbuck)など
  • ロッジへの途中でもサファリ。飛行場に迎えに来ていたガイドのFredの運転でロッジに向かいます。途中道端にアフリカゾウ(African Elephant)や、クーズー(Greater Kudu)の姿。リードバック(Reedbuck)は初見です♪ ライラックニシブッポウソウ(Lilac-breasted Roller)が鳴いている下には、オグロヌー(Blue Wildebeest)が歩いていました。車に乗って30分、ロッジは更に先のようです。2016/10/25 Baines Camp,Botswana,EOS7D2+100-40 [続きを読む]
  • ヨハネスブルク空港をVIP待遇で通過
  • 大混雑もフリーパス♪ プライベート機の恩恵は空港でも。飛行機からターミナルまで送迎してくれた係員は我々の荷物を全て積んでどんどん進んでいきます。ボツワナへの搭乗手続きも行列無関係で実施、大混雑のセキュリティゲートも係員と話をすると最優先でゲートを通してくれました。ビブに書いてあるExecutive Servicesの威力でしょうか。2年前にも乗った4発エンジンの中型機に乗り込み、13:30にはボツワナの南玄関マウン空港に [続きを読む]
  • プライベート機でヨハネスブルクへ
  • 最高の体験♪ 南アフリカのクルーガー国立公園周辺からボツワナに一般の飛行機で行くと必ずヨハネスブルクで宿泊が必要になります。両地区のサファリをこの会社に頼んだ時は我々も空港1泊を覚悟していました。ところが彼らからのオファーは素晴らしく、ヨハネスブルクまでチャーター機を用意してその日のうちにボツワナに到着するというものでした。勿論チャーター機の料金は馬鹿になりませんが世界一危険なヨハネスブルクで空港 [続きを読む]
  • サンショクウミワシ(African Fish Eagle)を攻撃するシロクロゲリ(Blacksmith Lapwing)
  • 小さな体で超強気♪ 朝食後ロッジから飛行場へ向かいます。出発してすぐ木の上にサンショクウミワシ(African Fish Eagle)がとまっていました。いきなり頭をかすめていく鳥が。ワシもびっくりしているようです。折り返して戻ってきました、シロクロゲリ(Blacksmith Lapwing)です。サンショクウミワシも頭を縮めて身構えています。多分地面にシロクロゲリの巣があるのでしょうね。ケリの仲間は子育て時にかなり攻撃的になります。Sab [続きを読む]
  • セイキムクドリ(Greater Blue-eared Starling)
  • ロッジでのんびり。翌日がボツワナまで長時間移動になるので昼からはロッジでゆっくりすることに。友人の部屋へ行く途中に出てきたセイキムクドリ(Greater Blue-eared Starling)。遠くの梢にはブロンズミドリカッコウ(Dideric Cuckoo)も。今日も部屋のすぐ前をアフリカゾウの群れが横切っていきます。南アフリカの夕日とは今日でお別れ。明日からはオカヴァンゴです。2016/10/24 ChitwaChitwa,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm,iPhone [続きを読む]
  • ヒョウ(Leopard)
  • 可愛いしぐさのヒョウでした。朝のサファリの終わり頃レンジャーは朝食に頭がいっているのか、真横の丘にいたヒョウ(Leopard)を私が見つけて教えると車は急停止。朝寝中を起こされたのか大きく伸びをして、面倒くさそうに起き上がりました。丘を降りて、真っ直ぐ車の方に向かってきます。すぐ脇の触れそうな距離まで来て、ゆっくり歩いていきました。2016/10/24 ChitwaChitwa,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm参考になったら [続きを読む]
  • アフリカヤツガシラ(African Hoopoe)
  • パンクにも慣れました(^^; アフリカヤツガシラ(African Hoopoe)が枝の上にいました。何度見ても独特の姿に魅せられます。我々の車 Land Rover Defender が途中でパンクして修理中です。前回のボツワナでも体験しました。南アフリカのサファリはボンネットの先端に椅子がついてTrackerが乗るのがボツワナなどとの違いですね。RangerのAndres。陽気でノリがいいですが多少気分にムラがあるかも。2016/10/24 ChitwaChitwa,SouthAfrica [続きを読む]
  • シロハラムクドリ(Violet-backed Starling)
  • 落ち着いた色合い。道路沿いの枝にシロハラムクドリ(Violet-backed Starling)がとまっていました。頭部が濃い赤紫で目は黒いので目立ちませんね。囀っていたら、急に片方の翼を開きました。威嚇でしょうか。先に進むと遠くの梢にライラックニシブッポウソウ(Lilac-breasted Roller)。2016/10/24 ChitwaChitwa,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm参考になったら 頂けると幸いです。にほんブログ村 バードウォッチングにほんブログ [続きを読む]
  • ムナオビオナガゴシキドリ(Crested Barbet)
  • 派手な色合い。Chitwa Chitwa4日目のサファリ、枯木の上にムナオビオナガゴシキドリ(Crested Barbet)がいました。黒赤黄色の派手な模様が目立ちます。先に進むとブチハイエナ(Spotted Hyena)に遭遇。恐れる様子もなくこちらを睨んでいます。間近で会いたくない動物ですね。2016/10/24 ChitwaChitwa,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm参考になったら 頂けると幸いです。にほんブログ村 バードウォッチングにほんブログ村 野鳥写 [続きを読む]
  • チャガシラハネナガインコ(Brown-headed Parrot)
  • 器用な足つきです♪ 猛暑になったので午後のサファリは全員休んで友人夫妻の部屋に集合することに。向かう途中でチャガシラハネナガインコ(Brown-headed Parrot)に出会いました。片足で豆の莢を持って食べています、背中と腹の緑が綺麗ですね。時には逆さになったりしながら、実に器用に食事していました。引いて写すと背景と全く同じ色で溶け込みます。夜はサバンナの中でBoma Dinnerを楽しみました。2016/10/23 ChitwaChitwa,Sou [続きを読む]
  • ヤブリス(Tree Squirrel)
  • 可愛い姿です。レストランから見えるところにヤブリス(Tree Squirrel)もきていました。目がクリクリして可愛いですね♪ 真っ赤なトンボも現れました。ショウジョウトンボに似ていますね。2016/10/23 ChitwaChitwa,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm参考になったら 頂けると幸いです。にほんブログ村 バードウォッチングにほんブログ村 野鳥写真 [続きを読む]
  • ヤモンヤブチメドリ(Arrow-marked Babbler)
  • レストランの庭に。サファリから戻ってテラスで朝食。テーブルのすぐそばにヤモンヤブチメドリ(Arrow-marked Babbler)がやってきました。岩の上のペア、確かに斑点が矢紋のようです。1羽がクルミのような実をくわえました。正面から見ると目付きはあまりよくないですね(^^; 2016/10/23 ChitwaChitwa,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm参考になったら 頂けると幸いです。にほんブログ村 バードウォッチングにほんブログ村 野鳥 [続きを読む]
  • メンハタオリドリ(Lesser Masked Weaver)
  • ロッジへの戻り道。シロサイを見た後は朝食の時間、ロッジへ向かいます。途中メンハタオリドリ(Lesser Masked Weaver)や、ムナオビオナガゴシキドリ(Crested Barbet)に会いました。サンショクウミワシ(African Fish Eagle)の若も飛んでいましたが、いずれも車を停めてじっくり見ることができなかったのが残念です。2016/10/23 ChitwaChitwa,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm参考になったら 頂けると幸いです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • アカハシウシツツキ(Red-billed Oxpecker)
  • 動物なら何でもつつきます(^^; 暫く車を走らせるとシロサイの姿、背中にはアカハシウシツツキ(Red-billed Oxpecker)が乗っています。動物自体にそれほど近付けないのでウシツツキのアップは珍しいです。ケープキリン(Southern Giraffe)の首にも。虫を狙って嘴を突き立てます、流石に痛いでしょうね。2016/10/23 ChitwaChitwa,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm参考になったら 頂けると幸いです。にほんブログ村 バードウォッチ [続きを読む]
  • ヒョウ(Leopard)
  • 木の上でリラックス♪ 高い木の枝の上でヒョウ(Leopard)が寝そべっていました。車が近付くとうるさそうに眼を向けます。興味ないようで左を見たり、右を見たりしていました。こんな感じの高い枝の上でした。そばに重装備のカメラマンたちがきました。レンジャーに聞いたところBBCのWildEarthというテレビクルーだそうです。2016/10/23 ChitwaChitwa,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm,iPhone参考になったら 頂けると幸いです。 [続きを読む]
  • クロハラチュウノガン(Black-bellied Bustard)
  • 胸をそらして歩きます。リカオンと別れて車を走らせるとクロハラチュウノガン(Black-bellied Bustard)が脇に出てきました。ノガンの仲間は胸をそらして歩きます。羽のまだら模様は茂みの中では目立ちませんね。木の上ではヒメハチクイ(Little Bee-Eater)が見守っていました。2016/10/23 ChitwaChitwa,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm参考になったら 頂けると幸いです。にほんブログ村 バードウォッチングにほんブログ村 野鳥 [続きを読む]
  • リカオン(African Wild Dog)
  • 今回はすぐ近くで。2年前のアフリカサファリでは遥か遠くでしか見られなかったリカオン(African Wild Dog)、この朝はいきなり目の前に登場しました。ブチの模様、あまり美しいとも思えませんが特徴ありますね。動いていった先には群れがいました。その後軽快な足取りで狩に出かけていきました。2016/10/23 ChitwaChitwa,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm参考になったら 頂けると幸いです。にほんブログ村 バードウォッチング [続きを読む]
  • 雄ライオン(Lion)のディナー
  • ロッジへの戻り道。サファリカーを降りたシロサイのそばにはChitwa Chitwaの標識がありました。オグロヌー(Blue Wildebeest)を見ながらロッジへ向かいます。日が落ちて一気に暗くなったところでライオン(Lion)の♂が食事中でした。朝、♀たちが狩りで仕留めたバッファローです。♂は朝は満腹だったので出てこなかったようです。Chitwa Chitwa2日目のサファリが終了しました。2016/10/22 ChitwaChitwa,SouthAfrica,EOS7D2+100-400m [続きを読む]
  • シロサイ(White Rhinoceros)
  • 車の外で見ると怖いですね。夕日に照らされてシロサイ(White Rhinoceros)が草を食べていました。夫婦でしょうか、正面から見ると口が横に広いシロサイの特徴が良く分かります。ここでレンジャーが車を降りて見物しようと言い出しました。かなり近くで緊張感があります。突然1頭がこちらを向きました。望遠でなくiPhoneで撮ってもこの近さ。睨まれているのが分かりますね。じっと固まっていたら元の方向に戻っていきました。あまり [続きを読む]