パタンナーの転職Q&A さん プロフィール

  •  
パタンナーの転職Q&Aさん: パタンナーの転職Q&A
ハンドル名パタンナーの転職Q&A さん
ブログタイトルパタンナーの転職Q&A
ブログURLhttp://mentality365.com/
サイト紹介文ファッション業界(特にパタンナー)で働く人の転職を応援するブログです。
自由文ファッション業界(特にパタンナー)で働く人の転職を応援するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 253日(平均0.9回/週) - 参加 2017/03/01 19:39

パタンナーの転職Q&A さんのブログ記事

  • 転職活動をするのにおすすめの時期を紹介!
  • 転職活動の時期にも採用されやすい時期と採用されにくい時期があるってご存知ですか?ここでは具体敵に求人数が増える時期や減る時期、おすすめの転職、退職のタイミングについて解説させていただきます。企業側の求人が増える時期は3月と9月転職市場では、ずばり3月と9月がもっとも求人数が増える時期です。この時期になると人材会社や求人広告会社は繁忙期と言ってとても忙しくなりますね。例えば、9月に求人を増やす企業は、 [続きを読む]
  • パタンナーのアルバイトは未経験でもできますか?
  • 未経験からでもパタンナーとして働くことは可能なのか、不安で調べている方もいらっしゃると思います。アルバイトから始めることもできるのであきらめず、求人をこまめにチェックするようにしましょう。パタンナーアルバイトは未経験の場合どんな仕事をするの?パタンナーアルバイトの仕事は主に、パタンナーのアシスタント業務です。具体的には、仕様書作成の手伝い、パターンカット、手書きパターンであればトレース、トワル用の [続きを読む]
  • パタンナーの勉強におすすめの本は?
  • パターンメーキングの本は、専門学校の教科書以外にも様々あります。今回は、私がパタンナーとして働き始めた頃に勉強の参考にしていた本をいくつか紹介させていただきます(現在もときどき読み返すたびに発見がある本ばかりです)ご紹介する本以外にも、手芸屋さんだったり古本屋さんだったりと意外な場所で見つける事もできるかもしれませんので、パタンナーとしてレベルアップしていくためにも常に情報アンテナはたてておくと良 [続きを読む]
  • パタンナーが海外出張する2つのケース
  • 海外で働くことに憧れのある方にとって、パタンナーって海外出張することがあるの?という点はきになるポイントだと思います。ここでは現場のことや、お給料面や旅費など海外出張を楽しむポイントをお伝えしますので、参考にして見てくださいね。パタンナーの海外出張の目的パタンナーで可能性のある海外出張のシチュエーションとしては2つほど考えられます。1つは外資系のアパレル企業やデザイナーズブランドに所属しているパタン [続きを読む]
  • パタンナーに向いてる人、向いてない人
  • 現在、服飾の専門学校に通っている方や、「自分はパタンナーに向いているのだろうか?」と、悩んだ経験はあるかもしれません。パタンナーとして現役で働いている方でも「この仕事って自分に本当に向いているのかな?」と不安になる瞬間もあるでしょう。ここではパタンナーに向いてる人ってどんな人だろう?ということをテーマに考えていきましょう。パタンナーに向いてる性格って?私が今まで出会ってきたパタンナーはどちらかとい [続きを読む]
  • 【アパレル業界の応募書類】パタンナーの志望動機は何を書けばいい?
  • 転職活動中のパタンナーの方の中には、パタンナーとしての技術や感性さえあれば、応募書類の書き方なんてそんなに気にしなくていいのでは…とお考えの方もひょっとしたら多いかもしれません。しかし、実際には応募書類に書く志望動機や自己PRの内容はとても大切です。なぜかというと、応募書類の内容次第で「実際に面接をして会ってみたいと思える人かどうか?」が見られているからです。当然のことかもしれませんが、面接にまで進 [続きを読む]
  • キャリアアップを目指すパタンナーによくある転職理由は?
  • パタンナーとして就職したけど、仕事場の環境が自分にあっていなかったり、憧れていた場所で働く事が決まったけど先輩が厳しかったり…。学生時代、パターンメーキングの授業についていけなかった事が就職してから結果として出てしまうということもあるかもしれません。今回は、パタンナーの現場が自分の思っていた現実とは違う…と感じている方向けに、パタンナーの転職理由について紹介させていただきます。パタンナーが転職理由 [続きを読む]
  • 【パタンナーの転職面接対策】志望動機や服装、実技試験の対策は?
  • パタンナーが転職活動を始めて、書類審査に通ったのでいざ転職面接へ…となると、数回にわたる面接と実技試験が待っています。一般的な質疑応答だけではなく、ポートフォリオ提出などと様々な方法で合否をくだされますが、企業としてみているのは「パタンナーとしてのレベル」であることは間違いありません。パタンナーの転職面接【心構えと志望動機編】パタンナーに限らず、ファッション業界の専門職ではまずは志望動機を明確に相 [続きを読む]
  • 30代からのパタンナーの仕事やプライベートの魅力は?
  • 新卒からパタンナーとして就職していれば、30歳を迎える頃には経験年数はだいたい5〜6年くらいなりますよね。順調に行けば、パタンナーのプロフェッショナルとしてバリバリ働いている頃です。今回はもうすぐ30代という方向けに、30代からさらに魅力が高まるパタンナーとしての働き方について紹介します!30代からはパタンナーチーフ候補になれる毎年パタンナーを新卒で採用する企業は少ないでしょうが、3年経験くらいで転職をして [続きを読む]
  • パタンナーは将来性のある仕事ですか?
  • パタンナーは、「相手が求めているものがなんなのか?」をしっかりと理解して仕事をすることがとても大切です。企業パタンナーであれば社内デザイナーが求めているもの、フリーランスのパタンナーであればクライアントの意向を正確に理解して形にできるパタンナーは、そう多くいないというのが実際のところなのです。アパレル、ファッション業界にいる以上、「将来的に自分はこういうものを作りたい」という希望は常にありますよね [続きを読む]
  • パタンナーに必要なセンスとは具体的にどんなもの?
  • パタンナーは、パターン技術などの専門的知識を持っているのを大前提として、ファッションに関する情報やセンスも持ち合わせている必要があります。専門学校の1年目はデザインの授業から始まりますよね(すでにパタンナーとして働いている人はなつかしい話…かもしれませんが^^:)基本としてデザインから勉強を始めるのは、一つの商品に関わる職人すべてが共通の専門知識やセンス(感覚)を学んでおく必要があるからです。ここ [続きを読む]
  • パタンナーからの転職先は?キャリアアップを目指すならやはりデザイナー?
  • デザイナーとのイメージの相違から、トラブルが起こってパターンを何度も作り直すはめに…。パタンナーとしてはストレスがたまる瞬間ですよね。これなら自分でもデザインができる!と思い、転職を考え始めているという方も多いのではないでしょうか。今回は、パタンナーとしてある程度の経験と実績を積んだ人が、選択肢に入れることができる転職先について解説させていただきます(20代後半〜30代前半で、パタンナー5年目以上の方 [続きを読む]
  • 20代後半のパタンナーに求められる仕事のスタンスは?
  • 専門学校を卒業し、社会人1年生からパタンナーとしての仕事を始めてちょうど数年が経つ頃。20代後半は仕事も慣れて、プライベートも楽しくなる頃ではないでしょうか(お給料もちょっとずつ上がっていくころですね!)今回は20代後半で仕事も乗ってきたタイミングのパタンナーの方向けに、今後はこういうことを目指して仕事をしていくとよいかも!ということを書かせていただきますね。20代後半は流行を作る役割を目指す流行に敏感 [続きを読む]
  • 海外勤務を希望するパタンナーが知っておくべきこと
  • 海外のデザイナーズブランドで海外勤務パタンナーとして活躍してみたい!とお考えの方へ。今回は海外で海外企業のパタンナーとして6年間、その後ディレクター兼デザイナーとして8年間仕事をしていた私の体験談を書かせていただきます。パタンナーは実力主義の世界ですから、海外勤務で働くのは決して楽ではありません。しかし、海外ではパタンナーとしての専門教育を受けた人はとても少なく、日本人のていねいな仕事には確かなニー [続きを読む]
  • パタンナー入社1年目の仕事は?新人時代の過ごし方で将来に差がつくかも!
  • パタンナーとして働き始めたばかりという方や、これからファッション業界への就職を目ざしているという方の中には、「パタンナーは1年目の仕事としてどんなことをするんだろう?」と不安に感じている方も多いかもしれません。パタンナーは実力主義の世界ですから、1年目の仕事でどんな経験をしたかや、仕事以外の部分でスキルアップのためにどういう行動をしてきたか?によって、任される仕事やお給料に大きな差ができてしまいます [続きを読む]
  • 日本と海外のパタンナーのお給料の違い
  • 日本と海外では、お給料の金額や計算の仕方が大きく違います(というか、働いている人たちのお給料というものについての考え方が違う感じです)私は一応、日本と海外の両方でパタンナーとして働いた経験がありますので、今回は海外のパタンナーと日本のパタンナーについてお給料の面で比較してみます。海外のパタンナーの給料事情日本ではパタンナーはブライダルやアパレルのメーカーに所属して年収250万円〜300万円ぐらいからキャ [続きを読む]
  • 海外の学校を卒業してパタンナーになるには?おすすめの学校をご紹介
  • 近年、ファッションを学ぶために海外留学を経験する学生の方は増えてきていますね。私が海外でパターンの勉強をした頃は「チャレンジャーだね…」なんて珍しがられたものですが、最近では海外留学も格安でできるようになっています。海外での日本人のイメージもどんどん良くなっていますから、生活していく上でもそれほど高いハードルというわけでもなくなってきている印象がありますね。ここでは海外の学校でパターンの勉強をした [続きを読む]
  • 年中無休のパタンナー…繁忙期はどんな感じで仕事をしてる?
  • 年2回〜4回ある展示会。サンプルと量産パターンに追われる毎日…。特に展示会が重なるタイミングは繁忙期で、業務もとても忙しくなります。そんな繁忙期も楽しみながら乗り越えられたらいいですよね。仕事に楽しみながら取り組んで入れば自然と実力もついてきますし、楽しそうに仕事をしている姿は必ず誰かが見ているものです。チャンスがめぐってきたときにパッ!と飛び乗れるように、繁忙期はぜひ精力的に仕事に取り組みましょう [続きを読む]
  • 【パタンナーの転職事情】年齢制限ってあるの?
  • 自分はデザイナーに向いているのか、それともパタンナーとしてやっていくべきか…。現在専門卒業前という方や、すでにアパレル、ファッション業界で働いている人でも今後の進路やキャリアアップについて悩んでいるという方は多いと思います。今回は、パタンナーへの転職成功に年齢的な限界があるのか?について、私自身の実体験をもとに解説させていただきます。 [続きを読む]
  • 恋愛にも使える「顔つなぎ」の心理テクニック【単純接触効果】
  • 営業では「顔つなぎ」が大切といわれます。特に用事がなくてもお客さんの会社の近くを通ったら「ちょっと近くまで来ましたので」と得意先を訪問するようにしているという方も多いかもしれませんね。とはいっても「先輩からなんとなくそうするように習ったけれど、本当に意味があるのかどうかはちょっと疑問…」と感じている方もおられるかもしれません。お客さんのところにちょっと顔を出すと言ってもかなり時間をとられますから、 [続きを読む]
  • 心理テクニックの使い分け【ネガティブフレームとポジティブフレーム】
  • 以前に、セールスなどで相手にうまく商品を買ってもらうように誘導するためには「危機感」という感情をあおると良いという話をしました。>>交渉の心理テクニック【ネガティブフレーム】の話ネガテイブな説得方法(ネガティブフレーム)を使うと、確かにセールスなどの交渉をあなたの有利に運ぶことができます。しかし、ネガティブフレームは効果が大きい分使いどころを間違えてしまうと信頼感を失ってしまうことにもなってしまいか [続きを読む]