バイカラ さん プロフィール

  •  
バイカラさん: bi-coloured-uk <a " />
ハンドル名バイカラ さん
ブログタイトルbi-coloured-uk
ブログURLhttps://ameblo.jp/bi-coloured-uk/
サイト紹介文カギ針編みのことやイギリスでの日常生活など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 228日(平均1.9回/週) - 参加 2017/03/01 20:18

バイカラ さんのブログ記事

  • ④サンド・ワールド
  • ①ウェイマス②Nothe Fortへ③Nothe Fort 砂の彫刻を見に、サンド・ワールドに行こう。 ジュラシック・スカイラインとは正反対の方向で、シー・ライフ水族館の近くにあります。 うーーーん。確かに、すごいよ!興味深いよ!芸術だよ!でもさー、10分、いや、5分あれば全部見終われる規模で、、、、、、、あの入場料って。 期待してたからなぁ、、、ちょっと残念。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ③Nothe Fort
  • ①ウェイマス②Nothe Fortへ 受付で入場料を支払い、施設内の説明を受けます。その女性が娘に「いろんな所にネズミが隠れているから、全部で何匹いたか教えてね」と。このマジック・ワードで、やる気が出てきた娘。「早く!早く!」と、やる気満々です。 余談ですが、ここのトイレ、とってもキレイでしたよ!↓↓↓この男性がトイレの番人でした↓↓↓ それでは、ぶらーーーと回って行きましょう。 受付に戻り、説明を [続きを読む]
  • ②Nothe Fortへ
  • ①ウェイマス ハイ・ストリートからタウン・ブリッジを渡り、渡り終わったら左に曲がります。ここからは、道なりに、どんどん進んで行きましょう。 すると、サインと共に階段が現れます。 (私達はこの階段を利用したんですが、そのまま真っすぐ歩いて行っても、到着するみたいです。) 木漏れ日の中を歩いて行くと、リスさんとばったり。が、「カワイイなー」と思ったのも束の間 怖がる娘の周辺をチョロチョロするもんだか [続きを読む]
  • ⑨ネットリー・アビー
  • ①サウサンプトンからワイト島へ②オズボーン・ハウス③オズボーン・ハウス −別荘内−④オズボーン・ハウス −ガーデン−⑤オズボーン・ハウス − ウォ-ルド・ガーデン −⑥カリスブルック城へ⑦カリスブルック城 −プライベート・ガーデン −⑧カリスブルック城 ワイト島からサウサンプトンに戻ります。 また来るよー、ワイト島! サウサンプトンまで約1時間の旅。もう一つ行ってみたい所があるから、、、、そこに寄ってみ [続きを読む]
  • ⑧カリスブルック城
  • ①サウサンプトンからワイト島へ②オズボーン・ハウス③オズボーン・ハウス −別荘内−④オズボーン・ハウス −ガーデン−⑤オズボーン・ハウス − ウォ-ルド・ガーデン −⑥カリスブルック城へ⑦カリスブルック城 −プライベート・ガーデン − ワイト島の城として君臨し、チャールズ一世が幽閉されていた、カリスブルック城。そろそろ、行きましょうか。 まずは、上に行かないと、だけど、、、、、。この階段、見てるだけでも [続きを読む]
  • ⑥カリスブルック城へ
  • ①サウサンプトンからワイト島へ②オズボーン・ハウス③オズボーン・ハウス −別荘内−④オズボーン・ハウス −ガーデン−⑤オズボーン・ハウス − ウォ-ルド・ガーデン − のんびりするのにも飽きたし、また、お出掛けしましょうか。ニューポートのバスターミナルからバスに乗って、カリスブルック城へ行ってみよう!ウェブサイトでは、Southern Vectis 6, 7, 12, 38 のバスがお城の近くへ行くとのこと。 なんですが 7番のバス [続きを読む]
  • ⑤オズボーン・ハウス −ウォールド・ガーデン−
  • ①サウサンプトンからワイト島へ②オズボーン・ハウス③オズボーン・ハウス −別荘内−④オズボーン・ハウス −ガーデン− 壁に囲まれたお庭+ウォールド・ガーデン+に寄ってから、帰ろう。 すぐ発見。 中に入ってみます。 ここには、花々はもちろん、フルーツや野菜なども植えられています。 娘が「かわいいー」と言いながら、何度も往復していた一本道。 出発地点であるギフト・ショップまで、あともうちょっと!の所 [続きを読む]
  • ④オズボーン・ハウス - ガーデン -
  • ①サウサンプトンからワイト島へ②オズボーン・ハウス③オズボーン・ハウス - 別荘内 - +美しい+素敵+が満載です。 広々としたお庭。 他の人達がここから真っすぐ歩いて行く姿を、ただただぼーっと見つめてみる。女王のプライベート・ビーチに行くのかな?娘に聞いてみたら「、、、、いかん。」だって。じゃあ、もう少しここでゆっくりしてから戻ろう。 あ、そうだ。ここに来る途中+ウォールド・ガーデン+のサインが [続きを読む]
  • ポピー
  • こんにちは。 明日から夏休みだというのに、昨日の夜は冷え込みました、、、。今日も最悪の天気です。 今日でレセプション・イヤー終了なので、記録させてください。 プリスクールに通った期間は、約8ヵ月、午前中のみ。しかも、同じくプリスクールから今通っている学校に行く子は、娘のみだと知って、去年の今頃は、「大丈夫かなー」「やっていけるかなー」と、毎日心配していたんですが、、、、蓋を開けてみれば、レセプショ [続きを読む]
  • ③オズボーン・ハウス
  • ①サウサンプトンからワイト島へ②オズボーン・ハウス 受け付けにいた男性にチケットを渡し、少し説明を受けます。「フラッシュ無しなら、写真撮影はOK」と言われました。さぁ、行きましょう! スタッフの方々があっちこっちにいて、素早く的確に、次のルートを指示してくれます。スタッフ教育、徹底しています。 絢爛豪華な装飾品の数々。キラキラ、ピカピカ、ガチャガチャ。 天井でさえ隅から隅まで、美しい。 地下に [続きを読む]
  • ②オズボーン・ハウス
  • ①サウサンプトンからワイト島へ まずは、女王が愛したワイト島と言われるぐらいだし、女王の別荘+オズボーン・ハウス Osborne +へ行ってみよう。 ライドからはSouthern Vectis 4、ニューポートからはSouthern Vectis 5、イースト・カウズからはSouthern Vectis 4 と 5のバスが、オズボーン・ハウスへ向かいます。 この一本道をまっすぐ歩いて行きます。歩いて歩いて、、、、歩きます。結構、歩きます。元気だった娘は「まだー [続きを読む]
  • ①サウサンプトンからワイト島へ
  • こんにちは。 夫の海外出張が夏にある、、、、らしいと。毎度のことですが、最後の最後まで、はっきりした日時は分からないと言うので、行ける時に行っておこうと、少し早い夏休みを取り、ワイト島に遊びに行ってきました。 サウサンプトンからレッド・ファンネル社のフェリーで、ワイト島のイースト・カウズに渡ります。 ↓↓↓サウサンプトンにあるレッド・ファンネル社↓↓↓ ↓↓↓中はこんな感じ↓↓↓ 受付の女性は親切だ [続きを読む]
  • ⑥ラルワース・コーヴとステア・ホール
  • ①ラルワース・コーヴとダードル・ドア②ラルワース・コーヴからダードル・ドアへ③ラルワース・コーヴからダードル・ドアへ④ダードル・ドア⑤マン・オブ・ウォー スヤスヤ眠る娘を担ぎながら、何とか、無事に、ラルワースまで戻って来ることが出来ました。すると、ホントに寝てたのか?と、疑いたくなるぐらい、ピッタシのタイミングで、眠りから覚める娘。  ムキーーーー!!!。。。 ま、いい。これでやっと自分の足で歩い [続きを読む]
  • ⑤マン・オブ・ウォー
  • ①ラルワース・コーヴとダードル・ドア②ラルワース・コーヴからダードル・ドアへ③ラルワース・コーヴからダードル・ドアへ④ダードル・ドア ↓↓↓ダードル・ドア↓↓↓ どのくらいここにいたかなー。のんびりしたし、そろそろ行きましょうか。階段を上り、分岐点まで。そして今度は、マン・オブ・ウォー湾の方へ向かいます。 かなりの急斜面で、こちらの階段も段差が大きいです。慎重に、慎重に。ゆっくり、ゆっくり。 私 [続きを読む]
  • ④ダードル・ドア
  • ①ラルワース・コーヴとダードル・ドア②ラルワース・コーヴからダードル・ドアへ③ラルワース・コーヴからダードル・ドアへ 着いたー!!! さぁ!ビーチへ続く階段を降りよう。途中、分岐点があります。左に行くと+マン・オブ・ウォー湾+、そして右に行くと+ダードル・ドア+です。私たちは、まず、ダードル・ドアへ。 なんでこんな段差の大きい階段にしたんだろう???歩きにくいし、いちいちしんどい。はやる気持ちを抑 [続きを読む]
  • ③ラルワース・コーヴからダードル・ドアへ
  • ①ラルワース・コーヴとダードル・ドア②ラルワース・コーヴからダードル・ドアへ よし!そろそろ、また、歩き出しましょうか。まだまだ目的地はずーーっと先だし。 向こうの方にある、ポコっとなっている所に向かって、ただただひたすら歩くだけ。多少のアップダウンがある道、、、でも、あの大きな坂道を登った後だから、こんなの全然余裕。青い空と青い海、眺めも最高だし、娘の機嫌も直った! しばらく歩くと、ダードル・ [続きを読む]
  • ②ラルワース・コーヴからダードル・ドアへ
  • ①ラルワース・コーヴとダードル・ドア 準備は整った!娘の機嫌も良い!さあ、出発しよう! 駐車場を通り抜けるとゲートがあり、+この先、トイレやごみ箱はありません+のサインが貼ってあります。 知ってるわよー。だから、ここで降りたんですもーん!と、意気揚々と歩きだした私達。なのですが、、、、思いのほか傾斜が急で、無駄に体力を消耗するだけで、なかなか前に進まない。歩いても歩いても [続きを読む]
  • ①ラルワース・コーヴとダードル・ドア
  • こんにちは。 先週はずーっと天気が悪かったので、なかなか決められずにいたんですが金曜日からだんだん天気が良くなり始めたので、10日の土曜日、ユネスコの世界自然遺産ジュラシック・コーストにある「ダードル・ドア」 と「ラルワース・コーヴ」に行ってきました! ↓↓↓ダードル・ドア +Durdle Door +↓↓↓↑↑↑ダードル・ドア+Durdle Door +↑↑↑↓↓↓ラルワース・コーヴ +Lulworth Cove+↓↓↓↑↑ [続きを読む]
  • ノーズゲイ・モチーフ⑥
  • こんにちは。 今日も肌寒いイギリスです。そして、今日は選挙の日、、、、、、、。さて、このモチーフもやっと最終回です。パターンはこちらです。 モチーフ6枚を繋げてみました。オリジナル・パターンでは、モチーフ2枚の裏面を合わせ、両モチーフのバックループスだけを取り、細編みで繋げていくようですが、私はめんどくさかったので、全ループスを取り、引き抜き編みでザクザク繋げました。 うん、や [続きを読む]
  • 自転車
  • こんにちは。 風は強いは、雨は降ってるは、、、最悪の天候ですが、今日から学校再開です。やっと自分の時間が取れるようになりましたが、モチーフの残りのパターンを載せる前に昨日、とっても嬉しい出来事があったので、記録させてください。 ついに、この日が来たんですよ!やる気も根性も、これっぽっちも見せなかったあの娘が、とうとうやってくれたんです!やっと、補助輪無しで自転車に乗ることが出来ました!&nb [続きを読む]
  • ノーズゲイ・モチーフ⑤
  • こんにちは。 なんだか、最近、また寒いんですが、、、、昨日に引き続き今日も強風です。モチーフの残りの部分のパターンを載せておきます。 パターンはこちらです。 *特に何も書かれていなかったので、私は長編み5目の玉編みにしました。 26: パターン通り 27: 次の13目に細編み1を1つずつ - (25段目の)長編みの表引き上げ編みに長編み表引き上げ編み - 次の5目に細編み1を1つずつ (1つ目は長編 [続きを読む]
  • ノーズゲイ・モチーフ④
  • こんにちは。 前回の続きです。 パターンはこちらです。 14: 2段目の繰り返し 15: 次の18目に細編み1を1つずつ - (13段目の)長編みの表引き上げ編みに長編みの表引き上げ編み x 3 - 次の18目に細編み1を1つずつ (1つ目は長編みの表引き上げ編みの次の目) - 鎖編み1 & ひっくり返す 16: 2段目の繰り返し 17: 次の17目に細編み1を1つずつ - (15段目の) 長編みの表引き上げ編みに長編みの表引き [続きを読む]