バッテン長崎の人 さん プロフィール

  •  
バッテン長崎の人さん: バッテン長崎の人
ハンドル名バッテン長崎の人 さん
ブログタイトルバッテン長崎の人
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tkankyofore2020
サイト紹介文長崎の良いところ発信、植物観察、旅日記、日々感じること、自分での新発見、写真付きで日記や趣味を書く
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 234日(平均2.0回/週) - 参加 2017/03/02 02:08

バッテン長崎の人 さんのブログ記事

  • 黄昏の夕暮れどき、我が家へ帰る
  • 昼から現場調査に友人と出かけ、役所で頂いた地図を頼りにしたものの、なかなか現場に行き着かない、地番、現住所で位置が各も違うと言う事を初めて知った。1つの情報だけでは安心は出来ない事を身を持って知り得たことは、非常にいい経験をした。家路に着いたは黄昏ゆく夜空を見ながら、今日の経験は人生で言えば遅きに期した感はあるが、あの黄昏ににて何時でもあり得て、見る角度、見る時間によって、見る人により色々と、見方 [続きを読む]
  • ゆく道すがら、ひまわりの枯れゆく光景に、、
  • 家路への道すがら、ひまわりの枯れゆく光景に私は、息つまる思いをしながら、枯れてゆくひまわりを観ながら自分の人生を翻ってみた。向日葵は今まで人々の癒しながら、今その姿を終え様としている。翻って我が人生を見つめる。何か中途半端な自分が浮かんでくる。もう間際な時にどうしようも無いのだけど、今までの人生で、懸命にやり遂げたものがあるか、命をとしてやったものがあるか?何もない。その際になって思っても、ただた [続きを読む]
  • コスモスに思いをよせて。
  • 少年は幼児期、両親と離れ、母方のじいさん、ばあさんと遠い田舎に生活をしていた。食べるものは芋ばかり。米がなかった訳ではない。お米は大事なお金と同じ。お祝い事のときは白ご飯がでてた。小学校時代は弁当も芋が弁当箱にたくわんと供に入ってて、昼食じは野原や川辺で皆と遊びねがら取った。寂しい思い出のような、楽しかった様な思い出。学校帰りは、なぜか1人で帰ることが多かった。秋晴れのときは、秋桜が妙に目に入り。 [続きを読む]
  • 長崎の市花紫陽花
  • 長崎の花ー紫陽花 長崎の市花が何故に紫陽花になったのかは私にはよく分からない。紫陽花は長崎だけに咲く花ではない。多分、歴史的なところから長崎の花が紫陽花となったのだろう。シーボルトが愛した女をおたくさんといい、それが紫陽花となり、長崎の恋愛物語から、長崎に紫陽花が多く咲く花ではない。先日、動かない足を懸命にリハビリしていた時に紫陽花とあった、10月に咲いたのを見たのは初めて。私の恋人ではない。ただ紫 [続きを読む]
  • 遠き故郷を思う
  • 最近、良くとうき故郷を思う。水車がコットンコットンとお米付く音が聞こえる。ピンク色のレンゲソウが黄色い、菜の花が延々と続く春の楽園。大きい川に鮎が泳いでる。時に川に入り、皆と遊ぶ。お腹が空くと川海老をとりて、味噌で煮て食べる。川海老の小さいのを餌にして、よくキス釣りに行った、その頃のキスはひじたたきの大きさ、私は、釣りと、言えば60年間、キスを追い続けた。キスのあたりは、何とも言えない、心地よさがあ [続きを読む]
  • ここに我が娘あり
  • その、昔私の誕生日は9月15日で誰も気付いてくれなかった。東京にでてから、自分で友人達に今日は、我輩の誕生日である、よって、諸君は、我輩のために祝うべしと、言っても、そんな言ってもそんな余裕がある時代ではなかった。昼、食事もまともに出来なかった‼?因に学食でうどん20円位。それでいてその金がない。時に会う先輩が定食を食べさせてくれた。それが60円、スペシャルと言っても120円、我等はそれを食べられるチャンス [続きを読む]
  • 自然は良いときと人間を襲って苦しみ
  • [user_image 25/a3/5304103631c83c08b8b1be6a5dfdd117.jpg]この5〜6年は自然災害に人類は翻弄されて、なすすべもなく、今年の天候も暑い日があり、神は日本に、いや世界中を自然の脅威を見せ付けた。また、日本政府も何かときな臭くなって来た。独りの人間が権力持ち続けると、何か勘違いをする。我々平民は、泣きながら我慢するのみ。 [続きを読む]
  • 暑さにも病気にも負けず
  • 私は日本難病で週2回リハビリに行ってますが、リハビリに来られている、人はそのほとんどが私より歳上の人と、思いますが、皆さん懸命にリハビリをやっている。はてどなき、戦いです。私の場合、リハビリしても、薬を幾ら飲んだとしても、難病の薬は世界中探してもありません。ドクターが良かれと調合したものです。医者は死に方は笑って教えてくれません。ま、当然ですが。上の写真は、手が動かない、話しの出来ない?人達が懸命 [続きを読む]
  • 残念なクラス会
  • 56年ぶりに、クラス会を計画したが、住所不定で、往復ハガキが帰ってくる。中学時代のクラス会。恩師に出来るだけの、教授を受け次世代へ引き継ぎたいと、急に思い立ち計画したが、思いを同じくする人は現れず、でも、大事な事なので、続けて行くつもり。まだ情熱があるうちに。 [続きを読む]
  • 私は料理が大好きです。
  • 小学校時代は目覚まし、時計を解体しそれを再組立する遊びが好きだった、家の中にある機械はほとんど私が壊れると修理していた、小学生の時母が大病で半年位、寝たきりとなり、小学4年の頃、母に言われた食材を買って又母の指導宜しきを得て、7人分の料理に明け暮れた。多分?私は料理が好きだったのだ。大学3,4年は自炊してた、同級生から1日、500円集めて6人文賄った。料理の腕は確かなものになっていった。妻は25年前に、多感 [続きを読む]
  • クラス会
  • 56年ぶりに、クラス会を自分勝手に計画してみた、 同窓会ではなく。住所の調査やら鬼籍に行ってしまった人、何やかやで一週間近く時間がかかった。思いもよらず時間が要した。楽な気持ちで計画したが、1人で計画したがちょっと、きつい思いがした。同窓会ではなくクラス会だからとたかをくくっていたのが?間違い?56年も経っているから、誰とて知ってはいない。当日どうなるか楽しみ、参加者も楽しんでくれればいいのだが?9月28 [続きを読む]
  • 幼稚園の力強と未来への力強さを見た。
  • 昨日、幼稚園の増築の調査に西海橋まで行った。新築後5年が過ぎた。この幼稚園は神奈川県にある日比野設計の作品ですが、この幼稚園を初めとして九州に8物件、広島に3物件と広がって行く。日本でも幼稚園の設計では1,2位の会社、海外もやっていて、海外からも絶賛されている。ちょっと話はそれましたが、昨日の現地調査してて、園児達の元気の良さ、質問攻めにはビックリでした。人間の脳は2歳から4歳で決まると脳科学者が言ってる [続きを読む]
  • 真夜中の仕事
  • 真夜中まで仕事していたら、やたらと腹の虫がなく。多少お腹が空いてきたかなと、最近私の仕事場の近くに、セブンイレブンが出来たので、そこへとことこと歩きながら、周囲を見てると、花の一群に 出会う、つかの間の時間、花にみいっていた。此花見ると、小学校の頃に戻る。野や畑、川をはしりまわったことおもいだす。遥かなる昔昔のものがたり。もう帰れない世界。 [続きを読む]
  • 長崎の昔なごりの家
  • 表通りに面した道は狭くその道に沿ってなかえとはいりいくと、途中真っ暗なところありて、そこを通り抜けると、多少広くなり、道はさらに幾らかの家は導いてくそれる。これはフランスの家作りに似た方式に思える。浜町近辺に見られる‼?浜町は商人の家、家が多かった‼? [続きを読む]
  • 紫陽花はこんなに‼
  • 暫く長崎を離れて、いたら、紫陽花は30?を越える花となり、異才を放っていた。紫陽花は長崎の市花ですが恥ずかしいけど他の市が美しく沢山ある、長崎はその時期だけ、鉢植えでごまかしているようで、長崎人として少し気恥ずかしい。 [続きを読む]
  • つかれる、仕事の終りに。
  • 都城市ナウ都城市役所のげんかんのには、あこの街、自然を大切にしてる。街中を通る街路樹もかなり大きい都城市役所の玄関には直径2Mもある、屋久杉の幹がある。役所との打ち合わせ完了。屋久杉とお別れ。この待ちにはいつ来てもおいしい、ものとの出逢いがない。一度おいしい焼酎にであった事がある、彩と言うおさけ、これに勝るものに、まだ出会った事がない。 [続きを読む]