ポストホルン さん プロフィール

  •  
ポストホルンさん: 標高900mの畑、戸隠での野菜づくり
ハンドル名ポストホルン さん
ブログタイトル標高900mの畑、戸隠での野菜づくり
ブログURLhttps://posthorn.muragon.com/
サイト紹介文49年ぶりに帰郷した戸隠が終の棲家となりました。画像付きのかなり詳細な野菜づくり日記です。
自由文『農家日記』も「野菜づくりノート」も書いています。
前の年の今頃は何をどう育ててどんな様子だったか、、、。いま一つ参考になりません。写真を添付したブログの方がよほど役に立つのではないだろうか、、と。
気負わずに、淡々と記録していきたいものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 229日(平均5.6回/週) - 参加 2017/03/02 17:12

ポストホルン さんのブログ記事

  • サツマイモ‥‥少しは手入れをしないと、ダメ?
  • 昨日収穫した野菜、したがって今日出荷した野菜は種類も数も多くて、午前中の袋詰めなどにはたっぷり3時間かかりました。 スーパーマーケットとホームセンターで買い物もしたし、帰宅したのは2時半ごろ。しかも、霧雨も降ってきました。 今日出荷した野菜の中で、特に売れ行き好調だったのはモロッコインゲンとミニトマト「アイコ」で、午後4時までに完売、、、。 ミニトマトは、もう品薄で、高冷地の畑で、しかも雨除けなし [続きを読む]
  • 今日の収穫
  • 早朝には霧雨が降っていましたが、そのうちにそれも止み、予報通りの曇りの一日でした。 畑にいた間中、雨は降らず、かといって日も射さず、これぞ曇りという見本のような典型のような、「優秀」な曇りの一日でした。 暑くもなく、寒くもなく、案外にこういう日が、畑日和であると思いました。 畑に行けば、それは必ず何かしら収穫して、帰宅後に調整して、翌日直売所に出荷するのですが、今日は、2品目が初収穫でした。 収穫 [続きを読む]
  • カリフラワー
  • 昨日、自分で植えておきながら、これは何だろう?とずっといぶかしく思っていた野菜がカリフラワーであることが分かったので、今日は早速食べてみました。 畑の小屋で茹でてから冷まし、マヨネーズはなかったので、ドレッシングでちょっと味をつけて、、、。独特の食感。 写真に撮ったのは、食べなかった方の半分ですが、カリフラワーは勿論知らないではないですが、私にはやはり奇妙な野菜に属します。 こうしてまず自分一人が [続きを読む]
  • 雨の畑でくつろぐ
  • 今日は畑仕事にはまったく向かない、雨がちの冴えない一日でしたが、一人で畑で楽しみ、くつろぐことができました。 この「ムラ」、つまり集落の集荷場に、初めてインゲンの「マンズナル」を出荷するのでなんか緊張し、集荷のトラックが回ってくるのは9時ぐらいだけど、6時20分にはブツを持って行きました。 妻には、そのままちょっと畑に行ってくるからと告げたのですが、正午近くになって帰る時に、南の方を見ても、霧が深 [続きを読む]
  • 順調に行っている?
  • ブログを何日も休んでしまったけど、それは、(1)収穫・出荷と、(2)片付け・耕耘・畝づくり・種まきとの時間配分がうまくいかなかったことが一番の理由です。 今後も、このことは、うまくは解決できないでしょう。 今日もそうだったけど、朝の6時ごろ、だれよりも早くピーマンを集荷場に出荷してから長野市街の直売所に向かい、他にはどこにも寄らずに帰宅すれば、まだ8時半ぐらいである、、、。 一日目いっぱい畑で作業 [続きを読む]
  • アスパラガスとニラ
  • この二つの野菜に共通することは、多年草であることです。他に多年草野菜といえば、ミョウガが思い浮かびます。 多年草野菜は、いわばほったらかしでも春になれば芽生えてくるので頼もしい、、、。しかし、それに甘んじているようでは、ロクなものにはなりません。 私の場合、特にダメで今年の売り上げわずかに千円ぐらいというミョウガが、話になりません。 今回は、ミョウガ対策は後に回して、アスパラガスとニラです。 アス [続きを読む]
  • あと3か月ある
  • 今日から10月、、、。ということは、今年もあと3か月です。 こんな当たり前のことを言っても面白くもないですが、寒冷地に属する当地でも、年によっては正月に雪がないこともあります。 平年並みの気候だと、12月半ばまでは畑に行かれるでしょう。今年もまだ3か月(足掛け)と、いわば慰めるのです。 今年も背丈3m近くに伸びた萩を、今日は伐りました。伐ったら、小屋の前から①の区画を見るのに、ずいぶんすっきりしま [続きを読む]
  • 秋の一日に遊ぶ
  • 今日は快晴の一日で、7時ぐらいには畑に行き、10時ごろ帰宅して妻をピックアップし、夕方5時半まで帰りませんでした。 ブログのタイトルに「遊ぶ」という語は入れましたが、畑を去る時の軽トラの荷台には、15種類ぐらいの野菜が載っていましたから、実りの多い一日だったと言えます。 収穫した野菜の中に、野沢菜の間引き菜がありますが、抜いて打ち捨てる間引き野沢菜は、味噌汁に入れたりするととても美味しいです。現に [続きを読む]
  • 大根が不可解
  • 小同窓会という宴が終わり、また日常の営みに戻りました。 朝7時半に、近くの野菜集荷所にピーマンを出荷しに行ったら、あまり出ていなくて、ピーマンもぼちぼち終わりなのだなあ!と、寂しく思いました。 実際に、畑に行ったら、私のピーマンも以前のようにガラガラなるのではなく、品質も悪くなっているようでした。 代わりに、秋野菜の代表でもある大根などの季節になってきました。 ただし、私が9月の始めから大根を出荷 [続きを読む]
  • 恐るべき混雑
  • 昨日今日と、旧友7名と再会して楽しい時間を過ごしました。 驚いたことは、昨日今日の長野駅周辺の混雑ぶりと、今日の小布施町の混雑・人込みでした。 戸隠で泊まるこの小同窓会では、必ず立ち寄ることに結果的になっている鏡池などは、駐車場も空いていて、何のストレスもありませんでした。 ここは、元々は戸隠山からの湧水が流れていたところを、宝光社地区が堰き止めて溜池を作ったら、戸隠で一番の撮影スポットとなったの [続きを読む]
  • 夏の名残り
  • 数日前のよく晴れた日には、ミンミンゼミとキリギリスの鳴き声に、少し驚きました。 今日は、格別注意したのではありませんが、もうそれらは聞くことができませんでした。 畑を立ち去る時の空は、いかにも秋の空です(昨日の空)。 それでも、夏の果菜の一つであるナスは、まだけっこう実ります。皮が突っ張った感じで、品質はやや低下してきました。 ピーマンとミニトマトは、まだ盛んに実ります。インゲンは、二度目として播 [続きを読む]
  • やはり、ニンニクはつくろう
  • 数日前にネットで注文したニンニクの種球が届きました。 1kg入りが3袋で1000円ちょっとのものを3点頼んだので、合計9kgです。 箱を開けてみて、なかなか立派なニンニクなので満足しています。種球が大きくなければ、大きなニンニクの玉にはならないってことは、言えると思います。 この値段では、当然のことながら中国産のニンニクですが、ここで育てれば戸隠産のニンニクになります。 有名な青森県田子町のニンニ [続きを読む]
  • 畑にテント
  • こちらでは台風の暴風雨もなくて、助かりました。 収穫間近の品種のリンゴを採るか採らないか、リンゴ農家はむずかしい判断を迫られたと思いますが、昨日直売所への出荷で長野市街に下った際には、急いで収穫する様子は見られませんでした。 台風一過の青空ですが、昨日の写真で、昨日はブログは休みました。 2か所への出荷や買い物で、美しい秋晴れのけっこう長い時間を、畑ではなく長野市街で過ごしてしまいました。 そのこ [続きを読む]
  • ピーマンのおかげで忙しい
  • 今日のフラッシュ撮影は2枚だけです。 昨日は畑で撮ってきたけど、今日はそれさえもできず、畑から家に帰ってから、、、、。 去年までもピーマンは、直売所への出荷品目でしたから、いろいろな品種を育てましたが、当地のJAの指定品種「京波」は、ガラガラと実る点で実に優秀です。 ピーマンてこんなになるんだと、驚いています。しかも私の約250本のピーマンは、他の生産者より多分初期生育が遅れた分、いまが収穫最盛期 [続きを読む]
  • ラジオ文芸館
  • 今日は精勤の一日でした。朝6時に畑に行き、畑を去ったのは夕方6時でした。 ピーマンの農協出荷は、毎週土曜日は集荷なしなんですが、直売所への出荷も自分からやめておきました。 明日以降は台風で2日ぐらい畑に行かれないかも知れないので、雨の心配のない今日一日は畑で頑張ろうと、、、、。 夕方6時といえばもう薄暗くなります。その中で鮮やかな黄色のキクイモの花も、シャッターを切ればオートでフラッシュ撮影となり [続きを読む]
  • 秋野菜の種まき
  • 漠然としたタイトルは、今さらながらに、播き時がむずかしいという意味合いです。 9月も半ばになると、高冷地のここでは、もう播いても遅い、ものにならないものもあるので、焦っているという意味合いです。 私の場合、多少のこだわりもあるので種袋は多くは注文しますが、今回は100円ショップでさえ買ってみました。 四川児菜(子持タカナ)は初挑戦ですが、種袋の裏を見ると、寒冷地の栽培には向きませんと、はっきり、ま [続きを読む]
  • ミニトマトと大根
  • もう昨日のことになりますが、畑の営みでは、ミニトマトを全部採りきれなかったことと、大根を大いに収穫したことがトピックスです。 ミニトマトは10メートルほどしかつくっていませんが、左右にあるので20メートル。このわずかばかりのものを、半分しか採れませんでした。 来年は、ミニトマトにもいろいろありますが、サカタのタネの「アイコ」を、今年の4倍は育てようと思います。 というのが、いろいろある中でこのミニ [続きを読む]
  • オープンハウス?
  • 昨日、小同窓会の幹事役の大阪の友人から同報メールが届きました。 23日11時に長野駅に集合してまず最初の行程は、「ポストホルン農場のオープンハウスで乾杯」とありました。ポストホルンのところは、私の姓ですが。 畑の小屋の前に日除けの仕掛けをし、椅子も用意しておくから、、、と、幹事に伝えたのがオープンハウスになりました。 手入れ不十分の畑にみなが来てくれるのは面映ゆいです。私以外には農に携わる人はいな [続きを読む]
  • 雨に濡れる萩
  • 今日も昨日と同じように雨が降り、薄暗い一日となりました。 畑からの帰りがけ、最後の写真として、今が盛りの萩を採りました。 宮城野萩というものですが、私が帰郷して畑を弄るようになった最初から、小屋のそばで咲いています。 当初は、八つある区画のうち3区画しか我が家のものではなくて、あとは親戚筋の家が耕作していました。今では、全8区画が我が家に戻ってきて、もう4,5年になります。 非力だから全部をコント [続きを読む]
  • 何とも暗い一日
  • 昨日までの4,5日の晴れの日々とは打って変わって、今日は日の目を見ない陰鬱な一日でした。予報通りであり、こういう日があることは致し方ありません。 しかしながら、天気のことだけでなく、隣国のミサイルや核実験のこともあり、国内の政治のこともあり、私の今日一日の動き悪さのこともあり、どうもたまらん一日でした。 要は、午前中は雨でしたから畑には行かれませんでしたが、朝も早めにこの集落の集荷所にピーマンを出 [続きを読む]
  • 畑に12時間
  • またまたブログを2日休みましたが、いつも通りの毎日ですから、書けないことはなかったはず。 野菜づくりについて、農家日記より詳細で写真入りの記録なので、休まない方がいいのだけど、、、。 昨日の写真ですが、9月に入ってから今日まで雨の心配のない畑日和が続いています。仕事をするのが、野菜づくりに関わるのが楽しい、、、そんな日々です。 ここ数日のメインの仕事場は、①の区画の上部(北側)で、今日この場所は完 [続きを読む]
  • 月が見える夜
  • 今日は最高気温が22度ぐらいで寒いほどでしたが、雨の心配のないここ3日ほどは、畑の仕事が楽しかったです。 昨夜も今夜も、段々満ちてくる月がくっきりと見えて、明日も晴れそう。嬉しい限りです。 2日ブログを休んでしまったけど、夜の祭りがあったり、昨夜は野菜の袋・箱詰めに時間がかかりました。 ネギについて、宗旨替えではありませんが、この品種を試してみることにしました。一昨日、松代一本ネギの種が届きました [続きを読む]
  • 冬越しの野菜の準備
  • 8月も終わり、、、。終わり近くになって夏らしくなってきたので、やれやれ、よかったというところです。 直売所に出荷に行ったとき、そこに種袋のラックがあるのですが、冬越しの野菜の種を衝動買いしました。冬菜とか雪菜とか、、、、。 これらは、8月9月に播けば年内に収穫することになりますが、10月の後半以降に播けば、少し大きくなったところで雪の下で冬を越すことになります。 すべてアブラナ科の野菜で、寒さには [続きを読む]
  • 収穫したら写真を撮る
  • 毎日毎日慌ただしくて、畑からの帰りがけに写真をちょっと撮るだけという感じですが、少し気を落ち着かせようと思います。 幸いに今週は格別な用事がない1週間で、、、いや、ある、、、木曜日には夕方の祭りがありますが、まあフリーな時間が得られる1週間です。 今日は、野菜を収穫するに従ってその写真を撮りましたが、いま何が採れるかといういい記録にはなります。決して長続きすることはない一時の思い付きですが、、、、 [続きを読む]
  • 初めての農協出荷
  • (昨夜、途中まで、、、、) 「農協出荷」という語が適当かどうか分かりませんが、今朝は初めてこの集落の集荷所へピーマンを持って行きました。 誰にも、会いませんでした。大体、朝何時ごろ農協の車が集荷に来るのかも知りませんが、7時半ごろたった3個の段ボール箱を持って行ったら、すでに40個ほど出ていました。 この集落の集荷所は、はっきりしませんが、40年以上も無人で空き家の、もとは細々とした商店の一階です [続きを読む]