w113hd さん プロフィール

  •  
w113hdさん: 細工は流流仕上げは果たして…。
ハンドル名w113hd さん
ブログタイトル細工は流流仕上げは果たして…。
ブログURLhttp://w113hd.hatenablog.com/
サイト紹介文教育全般について徒然なるままに。2019年中受予定。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 194日(平均1.6回/週) - 参加 2017/03/02 17:32

w113hd さんのブログ記事

  • サピックスオープン結果
  • 前回の記事から少し時間があいてしまいました。9月3日のサピックスオープン、初トライでした。今まで、「模試受ける?」と聞いてもあまり乗り気でなかった息子。気が乗らないならいいか、と積極的には勧めていませんでしたが、今回は二つ返事で「受ける!」と。5年生になってから成績も安定し、夏休みを経て少し自信がついてきたらしく、力試しをしてみたくなっていたタイミングだったようです。終わった直後の感想は「むずかった [続きを読む]
  • 学校説明会【開智日本橋】
  • 開智日本橋中学校の説明会に行ってきました。ドア to ドアで40分。アクセスはまあまあです。IB候補校ということで、個人的にとても注目している学校です。今はまだ候補校の段階ですが、今日の説明会によると再来年には認定校になる予定だとか。IBの授業が受けられるのは4つあるコースのうち、帰国生対象のグローバルリーディングクラス(GLC)と純ジャパ対象のデュアルランゲージクラス(DLC)の2コースのみ。DLCは広尾のSGとち [続きを読む]
  • 弱点分析
  • 夏期講習も終了し、淡々と、そしてややのんびりと家庭学習に取り組んでいる今週。社会の地理範囲を終え、算数も今週いっぱいで予習シリーズ上下総浚いが完了します。このタイミングでどれだけ習得できているのか、どこかにまだ穴があるのか、簡単に見渡せるようにデータ化してみました。まずは算数。エクセルにすべての問題の正誤情報を入力してみたところ、基本問題全383問中、25問が不正解。上巻の「柱体とすい体」、下巻の「容 [続きを読む]
  • なんでも数式にしてみる
  • 1週間のブレイク期間が終わり、再び back to 塾 days.休み期間中はほぼノー勉強でした。田舎へは学校の夏休みのドリルだけ持参。塾の課題に比べてずっと負荷が少ないため、1日30分、最初の3日で全部終わってしまいました…。4日目から日記以外やること無し。ま、想定内です。問題集を捨てよ、外へ出よう。田舎の自然の中、オオバコ相撲をしたり、オナモミをくっつけて遊んだり、笹船を作って流したり。桃狩りに出かけて嫌というほ [続きを読む]
  • 立秋
  • 今日、お風呂から上がった息子が、「窓の外から虫の声が聞こえたよ」と言いました。秋の気配を感じてふとカレンダーを見ると立秋。毎日暑いですが、少しずつ季節は入れ替わっているようです。夏期講習も3/4が終わり、今日から少し長めのブレイク。東京を離れ、田舎でのんびり過ごします。田舎では塾の宿題はひとまず脇へ置き、放置していた学校の宿題を終わらせること、これだけが目標です(読書感想文と自由研究は除く)。自作のP [続きを読む]
  • 夏期講習の息抜きに
  • 塾の夏期講習、昨日でちょうど半分が終了しました。今日1日お休みをはさんで、あと4日×2回。折り返し地点ということで、昨日は塾後、息子と待ち合わせて映画館へ行き、「銀魂」を観ました。映画館のような閉ざされた空間で大きなスクリーンで観るのと、自宅のリビングでDVDを観るのとでは没入感がまったく違い、この没入感が脳みそのリフレッシュに大きく寄与してくれるような気がします。夢中で見て、たっぷり笑って、「あ〜、 [続きを読む]
  • PDCAシート、のようなもの。
  • 夏休みも早1週間が過ぎました。夏期講習は1日4時間、4日ごとに1日お休みが入るという、わりとゆったりめのペースで進んでいます。子どもは夏休みですが、親は当然仕事なので日々の勉強は一人で回してもらわねばなりません。夏期講習以外の時間をどう自律的に過ごしていけるか。ひとまず1週間ごとに振り返るPDCAシートのようなものを作って、その週の量的目標と質的目標を設定し、1週間の学習計画を自分で立ててもらうことに。息子 [続きを読む]
  • 学校説明会【都市大付属】
  • 東京都市大学付属中学校の説明会に行ってきました。ドア to ドアで35分。アクセスよしです。この学校の感想は一言で言うと、施設が充実!特に理科室は物理、生物、化学でそれぞれ二つずつ実験室があり、実験の授業はクラスを半分にして隔週行うのだとか。そして見学していて感じたのですが、廊下が広い!ちょっとした談話スペースが設置できるほどの幅が確保されています。廊下の掲示板は電光掲示板。食堂も広く、売店は文房具から [続きを読む]
  • 嗚呼、夏休み!
  • 夏休みに入り、夏期講習が始まる前の隙間のタイミングで北海道へ行ってきました。旅程はざっくり釧路湿原→阿寒湖→摩周湖→知床で2泊3日。この3日間は机での勉強は一切しなかったものの、自然について学ぶとてもいいフィールドワークとなりました。釧路湿原ではそこに生息する生き物や自然についてだけでなく、なぜ今湿原の面積が減少しているのか、それを食い止めるためにどんな取り組みが行われているのか。河川が蛇行している [続きを読む]
  • 学校説明会【本郷】
  • 本郷学園の学校説明会に行ってきました。ドア to ドアで40分。アクセスはまあまあです。特に際立った特徴がない学校だな、というのが率直な感想。説明会は内容の大半は部活動の紹介に充てられていて、この学校の特徴と言えば部活、みたいな印象が残りました。本郷独自の数学検定がある、というのも特徴として挙げられていましたが、それがあるからここを選ぶ、というほどではないかな。気になったのは1クラス40人以上いてちょっと [続きを読む]
  • 説明会&授業体験【広尾】
  • 広尾学園の学校説明会&授業体験に行ってきました。ドア to ドアで45分。アクセスはまあまあです。説明会と授業体験は同じ時間帯に行われ、親が説明会に参加している間、子どもは理科と算数の授業を体験していました(算数は場合の数だったのでタイムリー)。全体的な印象としては「わかりやすく、現実的な学校」でした。理念は「自主・共生」、そのための教育として重きを置いているのが「問題解決能力、コミュニケーション能 [続きを読む]
  • 夏休みの自由研究は
  • 毎年何をやるかで頭を悩ませる夏休みの自由研究。「今年はどうするのー?」と聞いたところ、「株をやってみたい」とな。シミュレーションでもいいのかもしれないけど、いくばくかでも自分のお金を投じたほうが真剣になれるだろうし、本人は稼ぐ気満々なので(笑)子ども用に証券口座を開設することにしました。家庭ですでに持っているアカウントもあるのですが、自分の名義があったほうが嬉しいだろうし、投資資金も数万円と小口 [続きを読む]
  • 場合の数の洗礼
  • 算数は予習シリーズ5年下が終わり、新規の単元はなくなったということで復習のフェイズに入りました。先日、5年上の範囲がどのくらい定着しているか総合的に確認するテストがあったのですが、やはりというかなんというか、ボコッと大きな穴としてあぶり出されたのが「場合の数」。ほかは食塩水にちょこっと取りこぼしがあったものの概ね得点できていたのに、場合の数だけは見事ボロボロ。これが「場合の数」の洗礼なのか。夏期講習 [続きを読む]
  • 学校参観【海城】
  • 海城中学の学校参観へ行ってきました。我が家からはドア to ドアで30分。アクセスよしです。最初の校長先生のあいさつは、文字ぎっしりのパワポをなぞるような、とても自身の言葉とは感じられないような、なんとも心に響かないものでかなり残念なスタートでしたが、続く教科主任?( 校長先生の話にがっかりして、次の先生の肩書きをちゃんと聞いていなかった)の先生のお話は実のあるものでした。たっぷり時間をとって説明された [続きを読む]
  • 『はたらく細胞』と人体
  • 息子お気に入りのマンガ『はたらく細胞">はたらく細胞』。体内の細胞を擬人化し、それぞれがどんな働きをしているかを描いたものですが、専門知識の緻密さとそれをストーリーに飛躍させるさじ加減がすばらしい。免疫システム、血液の流れや働きなどはこれでかなり深く理解した様子です。で、最近理科の授業で動物やヒトの体の単元をやって、またこれを読みなおしていました。習った知識が既知の情報とリンクするのが楽しいよう [続きを読む]
  • 熱望校
  • いわゆる「熱望校」というものをあげるとしたら、1つだけ「ここ」と思う学校があります。それはISAK(International School of Asia, Karuizawa) という、軽井沢にある全寮制のインターナショナルスクール(高等学校)。以前から注目していたのですが、先日この学校を立ち上げた代表理事の小林りん氏の講演を聞く機会があり、注目が一気に熱望へと変わりました。この学校の魅力をあげたらきりがないですが、私が思う「教育とはこ [続きを読む]
  • 塾からのメッセージ
  • 毎月のメールマガジンをはじめ、塾からは折に触れていろんなメッセージが届きます。先日のメッセージもとても深く頷くものでした。要約するとこんな感じです。競争よりも成長への意識を。合格ギリギリのレベルの学校を目指す前に、入学後本人がモチベーションを維持できるかどうかを見極める。6年間300人中200番台でもコツコツ学べるか。保護者は平静を保てるか。「すごいね」と言われた合格発表の日以降、一度も勉強で褒められた [続きを読む]
  • 四季の言葉
  • 国語の学習で詩や俳句などを扱うようになり、先日は俳句の季語を集めた単元をやっていました。「季節の言葉っていっぱいあるんだな〜」なんてつぶやいていたので、いやいやこんなもんじゃないよ、ものすっごくたくさんあるんだよ、と、つい自分の本棚から歳時記を引っ張り出してきてしまいました。私は昔、俳句をちょっとかじっていた時期があるのですが、歳時記を初めて見た時の感動は忘れられません。言葉は文脈の中で習得するの [続きを読む]
  • 夏休みの計画
  • 夏の予定もそろそろ決まりつつあります。北海道旅行、帰省、塾の夏期講習、学校のプール講習…。それでも夏休みが予定でびっちり、ということもなく、何もない週も2週間ほど残ります。学校の宿題や家庭学習に当てつつ、のんびり過ごして終わりそう。夏期講習は息子とも相談して、「これは受ける」「受けたい」「受けない」等々の取捨選択をし、受講する講座も決まりました。各教科の主な学習内容は算数…「速さ」と「比」の土台完 [続きを読む]
  • 付表の語
  • 「五月雨を集めて早し最上川。これってフヒョウの句だね」と息子。「フヒョウの句?いや、芭蕉の句でしょ?」という、かみ合わない会話をしたある日。「フヒョウ」は詠み人の名前ではなく、付表、つまり常用漢字表についている表で、通常の音訓とは異なる読み方をする語のリストです。冒頭の五月雨が付表の語とのことで、それを見ての発言でした。そして昨日、ニュースを見ながら、「あ、また付表の語発見。けっこう日常生活に [続きを読む]
  • 学校参観【渋渋】
  • 渋谷教育学園渋谷の学校参観に行ってきました。自宅からはドア to ドアで30分。アクセスよし、です。学校説明会は校長先生の発信するメッセージを重視しています。子どもが日常を過ごす空間において、そこの長である大人がどんなメッセージを発信するのか、そしてどのくらい「伝える力」を持っているか。6年間の影響は少なくないと思います。渋渋は校長先生も副校長先生も、伝え方がとてもうまいと感じました。それはプレゼンが [続きを読む]
  • 狂言への誘い
  • 「今日、学校の国語の授業で狂言をやったんだよ。『しびり』ってやつ。ママ知ってる?けっこうおもしろいよ。そのあとNHK for schoolで『柿山伏』も見て、それもおもしろかった」と息子。私が伝統芸能好きなことを知っているので、私好みのネタだと思って話してくれたようです。もちろん大好物です。すかさず食いつき、「ねぇねぇ、じゃあ今度、本物の狂言の舞台、観に行こうよ」と誘ってみたところ、快諾の返事。よっしゃ!これま [続きを読む]
  • 全国統一小学生テストは見送り
  • この間のサピックスオープンは結局受けず、その他の模試もスルーして6月に突入しました。明日は全国統一テストですが、「今回はやめとく」とのことでこちらもあっさり見送り。秋からは模試も本格参戦になるだろうから、統一テストを受けるなら今回がラストチャンス。でも本人が乗り気でないならまあいいか、と申し込みをせずにいました。そして昨日、朝食を食べていた時のこと。「あのさぁ、統一テストさ」(え?今気が変わっ [続きを読む]
  • 算数のゾーン
  • 昨日は運動会の振替休日。息子は丸一日ひとりで留守番をしながら、たまっていた録画を見たり、勉強をしたりして過ごしていました。勉強は、算数の仕事算の単元の復習にたっぷり時間を割いたよう。「体調よくて集中できると算数が超楽しいんだよ〜」とのこと。先週は溶連菌で40度近い熱が出て、運動会出場も危ぶまれていたので、ようやく本調子を取り戻したようです。予習シリーズ5年もニュートン算を終え、そろそろ終わりに近づい [続きを読む]
  • 初めての学校説明会
  • 4年のときは受験するかどうかが未定だった上、親はかなりぼーっと過ごしていたのでこれまで学校説明会というものに足を運んだことはありませんでした。というか文化祭すら、自宅最寄りのところに1か所行ってみただけというていたらく。今年はきっちり押さえなくては、と気になる学校の文化祭、説明会を年間スケジュールに落とし込んだら、これはかなり計画的に動かなくてはマズイ…ということに気が付きました。11月の3連休 [続きを読む]