よこたん さん プロフィール

  •  
よこたんさん: 「うたおうか」外伝
ハンドル名よこたん さん
ブログタイトル「うたおうか」外伝
ブログURLhttps://ameblo.jp/yokokotan4/
サイト紹介文歌うたいよこたんのブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2017/03/03 11:55

よこたん さんのブログ記事

  • 11月に本番って
  • 体調管理が難しい。子どもが風邪ひくと自分は後回しでケア必至になりますし、しかも至近距離で世話していてもらいやすいじゃないですか。三人いるとリレーみたいになったりして、耐えてきたハズがまさかのアンカー?!みたいになったり…(*_*)ようやっと一波を乗り越えて歌えるようになったかと思えば、風邪第2波が子ども達にやってきました。早朝4時に鼻づまりと点滴のエラー音に起きてはしゃぐ長男。少し遅めに起きてきた次女は [続きを読む]
  • 優雅に?ティータイム
  • ジンジャーティーにマヌカハニーを溶かしてほっと一息。最近はオーブンがよく働いております。かぼちゃとにんじんのカップケーキりんごのケーキかぼちゃのクッキーなんか温かそうで、ふくらんでいく様子にほっこり。…と、優雅にお菓子作り…というわけでもないのですが。風邪が細菌性の炎症に移行しては長く残ってしまう体質を改善したいなと思い、砂糖の量を減らしたり甘味料を変えたりしたお菓子を自作したりしている最近です。 [続きを読む]
  • ”いじめという《犯罪》を『こども六法』で無くしたい”
  • 初めてクラウドファンディグに参加してみました。支援。自分も「どうして学校は無法地帯なんだ」と感じていたので。物を壊されても、侮辱されて集団で暴力を振るわれても、「いじめ」…??器物破損に暴行、障害事件ですよね。なぜ犯罪者が普通に学校に通えて野放しにされるのか。なぜ何もしていない被害者の落ち度にされてしまうのか。児童相談所や少年院へはなかなか繋がらないという現実。まず認識を変えること。大切だと思いま [続きを読む]
  • リハビリ開始
  • 風邪でろくに練習もできずにいたピアノを磨いて、鏡のように反射する様を眺めて悦に入る(笑)まだ一年ちょっとなのでキレイです。風邪ひいていてもこの時期は学校行事や園への入園関係で色々あり、休みたくてもなかなか休めず…。頭ガンガンしながら外出。久しぶりに煎じ薬まで作ったり。お口から草原の香り☆多忙により結構こじれ、ウイルス性から細菌性へ移行している兆しが出てますが…(^-^;今日病院へ行って抗生物質やらなんや [続きを読む]
  • 少しまったりしますm(_ _)m
  • ここのところちょっと家事と子供関連の用事でバタバタしていてあまり人様のブログを読めてません。ごめんなさい。…ということをわざわざ書くのが、人と繋がる力の強いアメブロになる前には無かった感覚ですね。(^^)長女から風邪バトンがまわり、私も例に漏れず。そんなわけでしばらく、なるべくやることを減らして過ごそうと思います。更新頻度も落ちると思いますm(_ _)m気の早いお知らせですが、やっと少し息子が落ち着きつつあ [続きを読む]
  • おにぎりに感謝せよ
  • 今日は12時間以上家事。ハウスダストアレルギーを発症し、掃除、掃除、掃除、掃除、掃除…。えーと、もう23時過ぎなんですけど…Σ(´Д` )まじかー。疲れた。日本、家事多いよね。お風呂習慣と、衣替え、布団を含む冬支度や夏仕度。…で、お袋の味?一汁三菜??無理!いやいや、今日のご飯はむしろ旦那ですよ・笑(私は作ってない。温めただけ!)ちなみに、運動会のお弁当も旦那ですよ!笑(場所取りが私←大概紅一点)運動会終わ [続きを読む]
  • それ楽しいの?
  • 某対面式のゲームにて、こういうことがあったらしい。①一日の殆どをそれだけに費やして、そういう人達で切磋琢磨して試合に勝ちに行く、いわゆる「ガチ勢」。…学生に多い(基本的に守られている立場で時間があるから)。②そこまでやり込んでいないけれど、楽しく試合にも参加する人達。もちろんその時の勝負自体は真剣。①の人達が②の人達になんかゆるい感じの呼び名をつけて見下していた。ところが、試合で優勝したのは②に属す [続きを読む]
  • 意味なんかなくても
  • 昨夜、泣くためにソードアートのユウキ(絶剣)のエピソードの最終回を見返していた(わからない人ごめん)。フルダイブシステムを使えば…仮想空間でなら「生きられる」という重病の登場人物の最期。このシステムが無ければ、病院にいて、つらい治療を受けながらほとんど横になっているだけだけれども、仮想世界の中でなら肉体をもって、そこにダイブしている人達と普通に交流が可能になる。もちろんゲームなので、「普通の日常生活」 [続きを読む]
  • 強さを主張する弱さ
  • 若くても成熟したような思考をする人もいれば、歳だけとっていてちゃんと躾られなかった幼児のような大人もいる。どこかで何か、成長を阻害するようかきっかけがあったのかもしれないけれど、後者のような人は、いくら年齢を重ても変わらない。自分と他人が違うということがわからなくて、常に人との関係を上下や利用価値などで判断し、飾ることに必死なのに中身は無い。そもそも、何かが心に触れて変化するという動きが無い。した [続きを読む]
  • 日本の音楽教育
  • 私は「音楽の先生になる」と言って(口実にしてw)、音楽系に進む許可をもらったわけだけども、どうしてそれが「=西洋音楽」に限定されるのだろうかと当初はよく思っていた。ピアノが西洋の楽器だとも思っておらず、正直、庶民には色々とよくわからない世界で。コードとかでバンバン弾けて、耳コピできます!の方が生活に則している感じがするのに、古典派、ロマン派…とかなんとか、西洋音楽のお勉強ばかり。歌も、演歌の歌唱法な [続きを読む]
  • 脳みその神秘とか
  • ミラーニューロン。人は真似る能力を持っている。そして、共感・シンクロする能力を持っている。よくも悪くも。自分がなりたいものの近くにいることって大事。そして、なりたくないものの近くにいないこともまた大事。お芝居で、一人、ものすんごい上手い人が舞台に登場すると、なぜか周りのみんなまで間の取り方だとか抑揚がうまくなっちゃったりすることがよくある。カリスマ!!とか言われている人がいる時は成立していたものが [続きを読む]
  • 営利目的の線引き
  • 以前、公民館にコンサート開催について問い合わせた時、「頼んだ人」に謝礼として主催者が払うのはいいけれど、主催者自身が貰うのはダメなんだときいた。「こういう企画をやったらみんな喜ぶだろうな!」と思っても、自主企画で本人が貰っては営利目的になるんだそうで。よって、コンサートはもちろんだけれども教室をやっている先生が発表会で使うのもダメ!なんだそう。こないだ、普段はとって900円くらいの場所で2000円とって [続きを読む]
  • インターネットすごい
  • インターネットが無ければ目にすることがなかった意見に出会える。リアルだと話をしても「??」と思われるようなことでも、広い世界には似たようなことを考えている人がいて面白いなーと思う。化学反応が起きるような、そんな関わり合いがあったら楽しいなー。余談。息子がオムツを替えてくれと合図してきたので、ズボンを脱がして替えてやったら、ズボンを頑なに離さず頭に被って逃げ、おもむろに中にトミカを入れ始めた。トミカ [続きを読む]
  • 運動会お疲れ様
  • 世間のお父さんお母さん、運動会お疲れ様でした(笑)(昨日じゃない人もいるけど。)暑かった…!!!翌日に疲れが残るようになってきた30代。長女の時には感じなかったはずの疲労感でボーッと…していたいのに、昨日できなかったぶんもたまった大量の洗濯物やらなんやらで、もー無理。…長女、戦力。ありがたいっ!!(長女と次女は5歳違い)出産は24、29、30。一昔前の「30までに産み終わる」的な感じのタイミングなので、今なら結構 [続きを読む]
  • 無意識こわい
  • あーーーーー。 童謡コーナーの後に、アリア。 …動揺。(←ごめん) なんちゅーか、「歌のおねえさん的歌唱」をしてしまい、アリア向けの歌い方じゃなくなる。 無意識でいつもより子音〜母音の移行が簡略化されている。 ( ゚д゚)!!! 普段やらないことをやると勉強になりますなー。うむ。 頭使って練習あるのみであります。 独白。 この曲はもっとキレイに歌えるハズなんだよなー。っていうか、この曲はもっと楽しくてキレイ [続きを読む]
  • 期待
  • (今日は普通に日記?です^^) もしかして…若い頃の経験がかなり偏って特殊だっただけなんじゃないか?若い頃の数年間がたまたま運悪く、やばい人に囲まれていただけなんじゃないか? …と思うようになってきた。 「そんな経験そうそう無いよ!(←だから安心しろという意味で)」と言われていたから、きっとそうなんだろう。うん。ガラスの仮面のような出来事に、「あぁ、音楽をやるとこういう目に遭うのか。」と思った私は正直 [続きを読む]
  • マイク向けの声?
  • 今日はなんだか演歌が脳内再生されていたので、ついでにジャンルによる歌い分けについて実験していたんですが、マイクにのりやすい声質ってあるなーと。和風テイスト↓洋風テイスト↓思うに、スマホのマイクだと前者の方が拾いやすいなと(笑)「クラシックコンサート」と言っていても、後半にミュージカルとか流行りものでマイク使うなんていうのも結構ありますし、色々試してみてもいいのかなと。また、なんだかんだ言って演歌・歌 [続きを読む]
  • 声帯模写のススメ
  • ツイッターにもこないだシェアしたのだけれど、この記事とてもわかりやすかったのでこちらでもシェアしておきます。↓http://k-voicetraininglab.com/voice-of-the-starting-line/ 「持ち声がいい」って言われる人って、なにげ声をたくさん出す習慣のある人だったりすることも多くて。 ダンスの先生の声も、「あー…めっちゃいい声だわ。」とか思って聞いてましたが(声フェチ)、歌唱技術云々の前段階の「日常の習慣」がみんな本 [続きを読む]
  • 9月もうすぐ終わるし
  • ※普通に日記です(最近エッセイ的な投稿が多かったので)。 次の月曜日はもう10月ですよ。 マジか!!( ゚д゚) 前回退院してから、ひと月ちょっと、何も医療トラブルが起こりませんでした。昨年末に初めて退院して以来、こんなに落ち着いて過ごしたのは初めてです。 すごいっ!(?°`ロ°)?…密かに感動している母です。 いやもちろん細かいところでは点滴のルートが切れて布団に血が飛び散って「洗濯大変だったなー」とかはあ [続きを読む]
  • 「再現性」の実証と普及
  • 一時期バズったらしい記事なのだけれど、ツイッターでもシェアした記事。 凡人が、天才を殺すことがある理由。ーどう社会から「天才」を守るか? 人間関係がよく描かれていて非常に面白かった!! 創造性・再現性・共感性…という点も、自分のスキルを振り返るのに参考になるなと。 私は歌に関しては師匠に「方法論」で教わって、練習の仕方も教わって、今に至る。もちろん、それ「だけ」ではなかなか自分の中でうまく繋がらない [続きを読む]
  • マジ格好いいわぁ!!!
  • 創り上げては壊して、また創って…そんな作業の繰り返し。その日の体調、女の生理周期…とかで色々変わるので。 でも、それ以外のところでも、「何を優先するのか?」というところで最近少し迷いがあって、動画を漁っていた。…で、やっぱ年齢を重ねても美しく歌えるのが理想だな…と思って、検索かけて見つけた動画がこちら。 8月の終わりに公開された動画。 演奏は今年のものだそうです。えーと…齢は71歳…ですね。ええ。 [続きを読む]
  • 声をあげること
  • なにか「それはおかしい」と告発しても潰される。…のは、きっとどこも同じなんだろう。「それはおかしい」という声を消すために、声をあげる者を様々なかたちで妨害していられないようにしたり、その人間自体の価値をあたかもなきものでかるかのようにレッテルを貼ったりして言葉自体を無効化したり。既得権益がある世界は色々と面倒くさい。「安全なところにいる人間達」が黙っているのも、いじめの構造によく似ていると思う。自 [続きを読む]
  • 芸事への執念
  • 前回、初期値が異常な人の才能について書いた。才能の有無は実際にある。そして、ものすっごい差がある。ある人が何年もかかることを、ほんの数ヶ月でやってのけるような人も実際いる。でもその才能も、磨かないと光らない。そして面白いのは、簡単にできることに人は執着しなかったりするということ。私が出会った元々バリバリ歌えるタイプの人で、結局プロになったのは、5人いて1人だけ。そしてその人も所謂「バリキャリ系」で [続きを読む]