コンプライアンスハーツ共同事務所 さん プロフィール

  •  
コンプライアンスハーツ共同事務所さん: 実際にあったRAQ(めったにない質問と回答)
ハンドル名コンプライアンスハーツ共同事務所 さん
ブログタイトル実際にあったRAQ(めったにない質問と回答)
ブログURLhttps://ameblo.jp/shikijin/
サイト紹介文個人情報保護を中心とした企業のコンプライアンス体制構築を綴っています。
自由文「使える規程・地に足の着いたリスクマネジメント」をモットーに仕事をしている行政書士コンプライアンスハーツ共同事務所です。とくに、個人情報保護についてのご相談はぜひ⇒https://c-hearts.biz/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 230日(平均5.1回/週) - 参加 2017/03/04 11:36

コンプライアンスハーツ共同事務所 さんのブログ記事

  • コピー歓迎と清き一票
  •  ウチの行政書士事務所のHPに掲載している個人情報保護方針がコピーされたみたいです。不満じゃないんです。個人情報保護の仕事をしている者としては、むしろ光栄です。 でもね、個人情報保護の仕事をしているが故に、いろいろな工夫がされているんです。一見すると、不備があるように見えるところがあるんですよ。できるだけ短い文章にするために。 仮に、その不備があるように見える点を突っ込まれても、作った私なら不備の指 [続きを読む]
  • ちょっとした罪悪感を利用される
  •  例年、3月決算の社会福祉法人・NPO・協同組合の総会運営・事業報告書作成のお仕事を5月から6月にいただきます。忙しいという点では6月が一番ですが、法人さんには支払いのルールがありますから、だいたいが業務完了の翌月払いになります。したがって、毎年7月の入金が他の月より多くなります。 ところが、10数年間、年間で一番入金が多いのは10月です。今年も、3月から取り掛かった案件がようやく9月末に完了して10月払いになっ [続きを読む]
  • 個人情報担当窓口の必要性
  •  本稿で引用する法律は個人情報保護法で、ガイドラインは個人情報保護委員会の個人情報保護ガイドラインです。個人情報の担当窓口はなぜ必要なのか 一般消費者向けに商品を販売する企業の多くには、お客様の相談窓口が設けられています。これは窓口の一元化による業務効率の問題もありますが、相談への対応が悪いとクレームに発展することもあるので、相談・クレーム対応のスキルを有する者が対応するために窓口を一元化している [続きを読む]
  • 無い知恵を振り絞って資格を活用する
  •  私は行政書士ですが、同業者からは変わった仕事をしている人と思われているようです。私にとっては誉め言葉だと思っているので、何ら差し支えないというより好ましいことですが、たまにどうして変わった仕事ばかりしているのですかと問われることがあります。  私にすれば、行政書士業務をしようと思っているのではなく、私にできる仕事をしているだけです。 もちろん、他士業の独占業務を侵すことはしませんし、許されないこ [続きを読む]
  • コロッケからスィーツまで
  •  いつもお世話になっている弁護士さんの大好物がコロッケ。幸いなことにコロッケなら私でも買えるので、手土産はいつもコロッケにさせていただいています。 いちおう芦屋の有名精肉店に買いに行くのですが、いくら芦屋とはいえ、コロッケは1個100円ちょっと。いくら好きとはいえ、10個は多すぎだろう。5〜6個ぐらい? しかし、それでは手土産として安過ぎる・・・ そこで、同じ芦屋に数ある有名スィーツ店の中から、弁護士秘書 [続きを読む]
  • 政治色のない選挙カーのお話
  •  私は、選挙区の異なる吹田市と豊中市の境目に住んでいます。したがって、両選挙区の候補者の選挙カーが走り回ります。 その上、周囲は高層住宅街なので、スピーカーから出る音が周囲の建物に反響し、主張する政策どころか、どちらの選挙区のどなたかもわからない、ただの騒音にしか聞こえません。 別段、うるさくて迷惑だとは思いませんが、何を訴えているのかわからないので無駄だなとは思います。  以前、1階に居酒屋があ [続きを読む]
  • 守秘義務と×××な借金の解決手段
  •  私は「法律上の」守秘義務がある行政書士という仕事をしていますが、一般企業でも契約や社内規程で重い守秘義務を課しているケースはいくらでもあります。そもそも、仕事に関わらないことでも、他人の秘密を勝手に第三者に明かさないのは当たり前だと思っています。 したがって、私には「法律上の守秘義務がありますから安心です」とわざわざ言いませんが、これが役に立つ場面があります。  たまに、残念なことに借金でにっち [続きを読む]
  • 酔っぱらいの相手の経験がまさか役に立つとは
  •  仕事も含めた日常生活の上で、喜怒哀楽を表に出さないようにすることは、よくあることだと思います。 逆に、喜怒哀楽をうまく表現することが大事な場面もあります。このうち、「喜」と「楽」を表現するのが私は苦手です。でも、もっと難しいのは「驚き」を表現することですねぇ。  以前、顧問先の担当者(総務の女性)に、「実は、まだ社内では内緒なのですが、Aさん(営業の男性)と結婚するんです」と打ち明けられました。お [続きを読む]
  • 動揺さえしなければ大丈夫
  • 大学受験にしろ、資格試験・検定試験にしろ、当日に緊張のあまり実力を十分に発揮できないという人達がいます。私はあまり緊張しないタイプですが、それでもいろいろな試験を受ける時に、つまらないことで動揺して焦ることはありました。  どんなことで動揺するかというと、まず、第1問目に選んだ答が「1」の選択肢の時。最初から1か? こんなことで動揺するのですから、如何に気が小さいか(´・ω・`) 対策は簡単です。 [続きを読む]
  • 何をするためのルール・基準なのかを確認する
  •  幸いに事故にならなかったものの、事故になってもおかしくはない事例が生じた場合、ヒヤリハット報告書を作成し、ミーティングの際にその事例を情報共有して事故防止に努めるという作業は、多くの職場でなされていると思う。 私の場合、個人情報事故(紛失・漏洩等)を防止する観点から顧問先のヒヤリハット報告書の点検やミーティングに参加する。  しかし、多くの職場でヒヤリハット報告書の数が少ない。さすがに、ヒヤリハ [続きを読む]
  • もう何刀流だかわからない 凄すぎて理解不能
  •  プロ野球日本ハムの大谷選手が日本球界での見納めになるかもしれないということで、おそらくファンサービスもあってのことだろう、4番・投手で出場したそうだ。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000129-spnannex-base投げては完封、打ってもヒットと結果も残している。凄いことだ。  世の中には他にも凄い人がいて、こちらは東大医学部在学中で、司法試験にも合格し、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでもベ [続きを読む]
  • 個人情報の有用性万歳
  •  発送が遅れていた通信機器が無事に到着した。  が、 配達してくれたヤマトさんから「こちらでお間違いないですか?」と尋ねられた。 それもそのはず、送り先の私の住所が「豊中市〇〇〇4丁目」までしか記載がない。おそらく名前と電話番号が過去の配達データと一致していたから配達してくれたのだろう。 ただでさえ発送が遅れてイライラしていたのが、宛先不明で送り返されていたらイライラが怒りにワンランクアップするとこ [続きを読む]
  • 他人がしくじった後の対応に学ぶ
  •  穏やかな天候の下、近所の小学校が運動会のようだった。子供の歓声がマンション街にこだまして賑やかだった。 「うるさい」ではなく「賑やか」と感じられるのは、まだ私の心に余裕があるのだろうか。  実は、朝から苛立つことはあった。今日、ひかり電話の開通日だったのだが、送られてくるはずの通信機器が到着していない。昨日、今日とdocomo(受付はdocomoだったので)に連絡して分かったことが、通信機器の発送と工事を担当 [続きを読む]
  • 「法庫」の思い出と青空文庫
  •  法令を検索する際には、多くの人が法令データ提供システムを利用されると思いますが、このサイトは2001年からの運営です。それ以前には法庫(1998年から運営)にお世話になりました。 この法庫というデータベースが一個人の管理者の手に成るものと知った時には、とても驚いた記憶があります。昨年の10月に管理者さんがお亡くなりになって、現在では更新されないことが非常に残念ですが、今でも感謝しています。  ネットが [続きを読む]
  • 錚々たるメンバーが、私にそれを聞くか?
  •  顧問先の税務調査。だいたい3年に1度の割合でやってくるようだ。その最中に顧問先の社長から私に電話。税理士でもない私に何の用事かというと、弁護士さんや税理士さんに支払う顧問料と違って、行政書士の私だけ顧問料から源泉徴収をしていないのはなぜかという質問だ。 3年前も6年前も同じ質問が税務調査の最中に来た。3年に1度のことなので、社長が覚えていないのはやむを得ないとして、税務調査の最中ということは、そ [続きを読む]
  • 努力は報われないという前提で
  •  努力が嫌い、と言うと何か不真面目なように思われるが、必死に努力して100点満点をとりましたと言うよりは、さして努力をしていないように見えて100点満点ですを目指したい。 そのためには、最近はTVタレントとして有名な林修先生が「自分が勝てる場所で努力しなきゃ」と仰るように、勝てる場所を見つけることが必要になる。  そこで、同業者の情報はもちろん、私と直接関係のない業種の情報にもできる限り接するように [続きを読む]
  • 役に立たない超能力もどき
  •  8月末でウチの事務所のメンバーの一人が抜けました。結婚・家業を継ぐ・新規事業に専念の3つの理由で、他県の地方都市に転居しました。生活には車が必須の地域なので、お祝い代わりに、中古ですが車を譲りました。お互いに行政書士ですので、車庫証明や名義変更は何とか自分でできます(笑)。  使用頻度の少ない車でしたが、なくなるとそれなりに不便なので買おうかなと思うのですが、私が買うと呪いがかかってしまうようで [続きを読む]
  • 個人情報に関してたまに寄せられる苦情
  •  たまにある苦情。 「この携帯、契約したばかりなのに無言電話がかかってくる。教えたのはこちらの店だけだから、この店から漏れたに違いない。」  こう言わると、早速に調査する。お客さんに記入してもらったり、聞き取ったりした書面が紛失していないか。入力したデータが持ち出されたり、紛失していないか等々・・・   慎重を期するため調査には手間がかかる。  私の経験上なので、たかだか10数件の例に過ぎないが、ある [続きを読む]
  • 秋口に増える個人情報の問合せ
  •  最近、若者向けのオートロック付き賃貸マンションでは、定期的なパスワードの変更を居住者の携帯電話にメール・SMSで知らせることが多い。このメリットは、変更のお知らせが簡単なので比較的に頻繁にパスワードを変更でき、これによってセキュリティが保てることと、パスワードを忘れても携帯電話で24時間確認できることだ。 最近の若者は携帯電話をほぼ常に持っているので、頻繁な(2か月か3か月)変更にクレームはなく、 [続きを読む]
  • 申請書でも契約書でもない書面の作成
  •  たぶん、私は行政書士業界でも有数のお出かけしない行政書士だと思う。仕事の種類が少ないという情けない話ですが…。 ところが、今日は数少ない出頭要請が顧問先から来た。だいたい出頭要請があるのは、事故が起こったときか、悪質なクレームが来たときか、イレギュラーな対応が必要な時なので、「直ちに」とは言わないまでも「可及的速やかに」出頭することになる。今日はイレギュラーな対応が必要な場合だった。  報酬を行 [続きを読む]
  • まさかの営業電話撲滅、但し参考に値しない
  •  介護事業所は利用者のアクセスの便宜を考慮して、WAMNETや市町村のHPで電話番号・FAX番号が公開されている。中には、事業所情報をExcelデータやPDFで一括してダウンロードできる場合もある。 これらの情報を営利目的に使用するなという注意はHP上に記載されているが、守られることなく多数の営業用FAXが介護事業所に送られてくる。最近では、FAXの内容を印刷前に液晶画面で確認できる機種が普及しているので紙とインクの無駄遣 [続きを読む]
  • 「表向きは」値引きしません
  •  もう20年以上の付き合いのある海鮮居酒屋の店主が以前にお寿司主体のメニューで営業していた頃、「土日だけ5,000円で寿司食べ放題にしてみようかと考えるているけど、どう思う?」と尋ねてきた。 トロもウニもアワビもあり、ネタの質もよく、種類も揃った店だ。 「じゃあ、土日は高いネタは置かないの?」と私が聞き返すと、「いや、いつもと同じで。」と店主。「トロ・ウニ・アワビばかり食べられたら、大損じゃない。」と私 [続きを読む]
  • 弱点はそこではないのに、そこにお金を使ってしまう
  • 仕事の付き合いがある会社の担当者は、20代半ばの男性だった。彼は、見た目は冴えないが仕事ぶりは誠実だった。たまに一緒に飲むと、彼が女性にもてない話ばかりだったのが面倒だった。まぁ、もてないのは見た目が冴えないことではなく、話に中身がないことと見た目がよければもてる(女性は男性を見た目で選んでいる人ばかり)と誤解していることだと感じていた。  その彼が仕事を辞めて引っ越すことになった。彼の住んでい [続きを読む]
  • 事務処理能力の向上を道具に頼る
  •  最近、私がパソコンでできることが多くなってきたので、もう少し処理能力の高いパソコンを欲しいと思うようになりました。何事も上達するとよい道具が欲しくなるから、パソコンのスキルが上達したのかなとやや自惚れています。 名人は道具に左右されないだろう、という突っ込みは却下です。  事務処理系の仕事は、ある程度お金をかけて道具を揃えれば、ほぼ間違いなく効率はあがるので道具を揃えたことに満足感があります。  [続きを読む]