akasata2159 さん プロフィール

  •  
akasata2159さん: 中小企業の経営塾
ハンドル名akasata2159 さん
ブログタイトル中小企業の経営塾
ブログURLhttps://ameblo.jp/akasata2159/
サイト紹介文利益は出るがお金がない。誰でも儲かる経営計画書の作り方教えます。
自由文経営計画の作成により、会社が成長した例をご紹介します。
http://www.katotax-maskansa.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供640回 / 365日(平均12.3回/週) - 参加 2017/03/04 16:55

akasata2159 さんのブログ記事

  • 朝礼のおかげ
  • 毎朝、事務所で朝礼をします。 朝礼といってもものすごくシンプルです。 笑顔になります。 ありがとうございます。を3回、声にだします。 おはようございます。を3回、声にだします。 それだけです。 それだけですが、 1年続けると、 どんなに腹が立っても、冷静さを失いません。 その結果、 お客様は着実に増えています。 嘘だと思うなら、 職場で朝礼をしてみてはいかがでしょうか? [続きを読む]
  • 日本政策金融公庫の融資申込から実行までの手順は?
  • 自分で申し込む場合は、最寄りの日本政策金融公庫の支店に問合せます。すでに事業をはじめられている方の場合、過去2期分の確定申告書・決算書などを用意します。新たに事業をはじめられる方または事業をはじめて税務申告を2期終えていない方の場合、創業計画書や試算表などを用意します。これらの書類が用意できたら、公庫担当者と面談をし、融資実行の有無が決まります。融資の実行が決まると、公庫から必要書類が送られてきま [続きを読む]
  • 「友情」(武者小路実篤)
  • 友人同士で一人の女性を奪い合うというお話。 漱石の「こころ」でも下宿の男友達が一人の女性を好きになってしまいますが、 「こころ」においては、女性を奪った側の男性の罪悪感が延々とつづられているのにたいし、 この「友情」では、奪う側の男性に罪悪感がいっさいないのが、気になるところです。 欲しいと思ったら、とことん美化し、 手に入れられそうにないと思ったら、酷評するといった心理が描かれており、 奪う側の野島 [続きを読む]
  • 経営計画みたいなもの
  • 経営計画を立てるほどの 規模でなくてもいいんです。 社長が 今後、もっと人を増やすから、頑張ろう。 と語り、 頑張った結果、どんな未来が従業員さんに待っているのか。 を伝えられれば、 それは、経営計画みたいなものだと思います。 新設法人を中心に会計、税務を行っていると、 しばしば成長意欲のある前向きな経営者の方のお話をお聞きします。 会社の今後のビジョンやあるべき姿を 経営計画にまとめられたらいいなと思うと [続きを読む]
  • 公庫融資をご検討の方へ
  • 公庫融資をご検討の方へ 創業融資を軸としたHPをオープンしました。 http://kitaku-sogyoyushi.com/ 通常の会計税務以外では、日本政策金融公庫の融資サポートをしています。 事務所は赤羽駅から徒歩1分の距離にあり好アクセス!! 東京全域と書かれていますが、埼玉、群馬のお客様もいますので、 対応エリアには融通がききます。 サイト内のお客様の声も他社に比べ、充実してきています。 HPからのお問合せボタンにより、2 [続きを読む]
  • 借りる勇気、借りない勇気
  • サントリーの創業者は、 日本で初の国産ウィスキーを作るため、 お金をたくさん借りたようです。 この決断は、ひとつの勇気です。 その一方、借りない勇気もあるんじゃないでしょうか? 無謀な事業計画をもとに たくさんお金を借りようとしても あとあと資金ショートを起こすだけです。 公庫融資の相談にのっていると、 借りない勇気ということについて考えさせられます。 [続きを読む]
  • Twitterはじめました。
  • Twitterはじめました。よろしくお願いします。顧問料月額4980円〜北区赤羽の公庫融資に強い田口通税理士事務所@akasata2159創業融資による資金調達に力を入れています。確定申告のご相談もどうぞ。赤羽駅西口から徒歩2分 ヨーカドーの裏 田口通税理士事務所TEL03-5948-5063埼玉県 蕨市kitaku-sogyoyushi.com2016年11月に登録誕生日: 1982年3月24日 [続きを読む]
  • 経営計画立てる人と立てない人のちがい
  • 融資の際の創業計画書もそうですし、 補助金の際の経営計画書もそうですが、 ちゃんとした事業計画を立てる会社は、 情報の収集と整理が行き届いています。 それは、 外部の環境を見定め、 自社の弱みや強味を把握し、 的確な戦略を立てることにつながります。 その結果、 融資や補助金の申請もしやすくなります。 その逆にこうした計画を自分で立てないで 他人任せにしてしまうと、 融資も補助金も、入口の段階でつまづいてしま [続きを読む]
  • 大企業は組織再編、中小企業は資料取集。
  • 税務の世界において、 大企業は合併や分割など、 組織再編税制も絡んでくるので、 税務は当然、難しいです。 中小企業は 税務は難しくありませんが、 資料を集めるのが大変です。 何度電話しても出ない社長。 なかなか送ってこない納付書。 毎年、3月の10日をすぎないと そろわない確定申告のレシート。 AIが税務までカバーするといいますが、 それは計算だけです。 この資料収集の督促の大変さは、 クラウド会計の会社では、 あ [続きを読む]
  • 税理士証票等確認
  • 税理士会の綱紀監察委員になってます。 今日の午後だけで 30名くらいの税理士さんのバッジや証票を確認しました。 同業者の本人確認は、 偽税理士を防ぐためだそうです。 場所は北とぴあ。 東京税理士会王子支部だけで360名の税理士がいるそうです。 地方の支部だと、10名くらいのところもあるので、 偽税理士がいたらすぐに足がつきそうなものですが、 やはり、東京だと登録者が多いためか、 こうした確認作業も必要なのでしょう [続きを読む]
  • Facebookはじめました。
  • Facebookページをはじめました。 友だち申請と「いいね」をお待ちしております。 北区創業融資センター@赤羽駅前https://www.facebook.com/pg/%E5%8C%97%E5%8C%BA%E5%89%B5%E6%A5%AD%E8%9E%8D%E8%B3%87%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%B5%A4%E7%BE%BD%E9%A7%85%E5%89%8D-107962770123858/community/?ref=page_internal [続きを読む]
  • 創業計画で失敗しないために
  • 創業融資の相談を受けていると、 創業計画書の説明を受け、 はじめて事業計画を立てるというかたが、 全体の9割を占めます。 (あくまで実感ですが) はじめて事業計画を立てるかたの多くは、 事業が失敗した場合を想定していないようです。 そのため、 自己資金が少なすぎたり、 経験値が充分でなかったりします。 こうした場合、 より安全な事業計画を立てる必要にせまられます。 自己資金が少ない場合は、 自己資金そのものを [続きを読む]
  • 公庫融資をご検討の方へ
  • 公庫融資をご検討の方へ 創業融資を軸としたHPをオープンしました。 http://kitaku-sogyoyushi.com/ 通常の会計税務以外では、日本政策金融公庫の融資サポートをしています。 事務所は赤羽駅から徒歩1分の距離にあり好アクセス!! 東京全域と書かれていますが、埼玉、群馬のお客様もいますので、 対応エリアには融通がききます。 サイト内のお客様の声も他社に比べ、充実してきています。 HPからのお問合せボタンにより、2 [続きを読む]
  • 法人税の申告もしています。
  • 創業融資の相談を 連日のように受けていますが、 法人税の申告もしています。 ただ、 税金の計算をしてそれで終わりにはしていません。 申告後の 資金繰りの推移などについて 相談しながら、 増資や助成金などについても検討しています。 資金繰りと税務の相談は、セットがよいのかもしれません。 [続きを読む]
  • 会計事務所の職員、光と影
  • 会計事務所に10年勤務して独立したので、 光と影について書いてみます。 光 ・収入が安定 ・仕事がパターン化して覚えやすい ・お客様から感謝される 影 ・給与が低い ・仕事がルーティン化すると、マンネリになりがち ・所長税理士以外の職員は脇役扱い あくまで主観ですが、 どんな仕事にも光と影があると思います。 昔、ある床屋さんに 会計事務所の職員のイメージについて聞いてみたところ、 「頭、いいじゃん。」 と言ってい [続きを読む]
  • 公庫融資をご検討の方へ
  • 公庫融資をご検討の方へ 創業融資を軸としたHPをオープンしました。 http://kitaku-sogyoyushi.com/ 通常の会計税務以外では、日本政策金融公庫の融資サポートをしています。 事務所は赤羽駅から徒歩1分の距離にあり好アクセス!! 東京全域と書かれていますが、埼玉、群馬のお客様もいますので、 対応エリアには融通がききます。 サイト内のお客様の声も他社に比べ、充実してきています。 HPからのお問合せボタンにより、2 [続きを読む]
  • 創業計画書のうち、「事業の見通し」がしっかりかけているかどうか
  • 最後に「事業の見通し」です。ここには、創業当初の月の平均損益と、軌道に乗った後の月の平均損益を書きます。創業当初と軌道に乗った後では、売上高は、1.2倍〜3倍と、かなり業種によってぶれがありますが、なるべく保守的に書いたほうがよいでしょう。そうしないと、計画通りいかなくなったときに、資金ショートするリスクが高いからです。右側の空欄には、その内訳を書くことになります。だいたいみなさん①売上高と書いて、 [続きを読む]
  • 税賠事故を防ぐには
  • 税理士が税金の計算ミスをしたら、 更正の請求などで税金を取り返せない場合、 過大納付した税金を賠償してもらえるかもしれません。 税金の計算ミスの主なものは、 消費税の届出関係で 有利不利の判断が間違ってしまうことにあるようです。 それを防ぐには、 会計事務所側の管理体制もさることながら やはり依頼主とのコミュニケーションを密にすることかと思います。 お互いの連絡がこまめになることで、 届出の出すタイミング [続きを読む]